植毛手術の2種類の方法の比較と手術の流れ

今までいろんな薄毛対策を行ってきたが、まったく効果がなく最終手段として植毛手術にチャレンジしたい、そう思っていませんか?

 

特に自分の髪の毛をドナーとする自毛植毛は、うまく定着すればずっと生え続けるため髪の悩みとオサラバできる薄毛治療方法です。

 

ですが、植毛手術と名の付く通り肌を傷つける外科手術である以上、術後の痛みや傷跡が目立つなどの失敗もあるという事実を理解しておかなければなりません。

 

そんな中、ほとんどの人が植毛にかかる費用にばかり目がいきがちですが費用は二の次です。

 

まずは植毛の手術方法を知り、失敗の確率の低い安全な植毛方法を選択することが第一。

 

この記事では、自毛植毛や人工毛植毛などの植毛手術の方法を比較し、失敗の可能性が低く、痛みや傷跡が目立ちにくい安全な植毛の手術方法について解説していきます。

 

合わせて、安全性の高い手術方法を行っている植毛クリニックも紹介するので、安全に植毛手術を行いたい人は読んでみてください。

 

目次

 

失敗の少ない自毛植毛の手術方法

自毛植毛は、自分の毛をドナーとして使用する手術方法で、以下の2種類あります。

 

・頭皮ごと切り取るFUT法(Folicular Unit Transplantation:フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)
・ダイレクト法とも呼ばれる毛包組織だけをくり抜くFUE法(Follcular Unit Extraction:フォリキュラー・ユニット・エクストラクション)

 

そして、FUE法の中でも、医師の手により移植する手術方法や、ALTASというロボットを使用する手術方法、親和クリニックで行われているMIRAI法や、フラップ法と呼ばれる手術があり、それぞれ手術方法が違います。

 

自毛植毛の手術方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、人工毛を移植する人工毛植毛に比べ安全性が高く、クリニックの大半が人工毛植毛より自毛植毛の手術を実施しています。

 

記事の公判でも詳しく解説しますが、もっとも安全性が高く、傷跡が残りにくい植毛手術の方法は、FUE法と言われる形式で行う手術で、ALTUS(アルタス)というロボットを使う方法です。

 

ルネッサンスクリニックの公式サイトを見る

 

自毛植毛手術と人工毛植毛手術のメリットとデメリット比較は、以下のページにまとめてあるのでご覧ください。

 

植毛のメリット・デメリット
人工毛植毛のメリットとデメリット

 

▲目次に戻る

 

 

失敗の多い危険な人工毛植毛手術の方法

人工毛植毛手術は、自分の毛ではなく、ナイロンやポリエステル等で作られた髪の毛を使用します。

 

麻酔を打たれた後、あらかじめ用意された人工毛を細い特殊な針を使って1本ずつ移植部分の頭皮に植え付けていきます。

 

人工毛植毛手術では自分の毛を採取する必要がないため、生え際やつむじの薄毛部分だけではなく後頭部や側頭部の髪も少ない人、自分の髪の毛を減らしたくない人などの自毛植毛手術のようにドナーを採取する手間がかかりません。

 

また、ドナーが不要で人工毛を使用するため毛量も自由に調節可能です。

 

そのため、人工毛植毛手術は植毛手術に時間を掛けたくない人にとって受けやすい植毛の方法です。

 

ただ、人工毛植毛手術に使用する人工毛は生きている髪ではないため他の髪の毛周期や発毛サイクルと同じように発毛することはなく、長さや質感も事前に決まっているので、自分の髪と比べ、時間の経過とともに人工毛そのものに太さや色などの違和感が出ることもあります。

 

▲目次に戻る

 

 

自毛植毛の手術方法比較とおすすめ

自毛植毛手術にはFUT法(ストリップ法)とFUE法、フラップ法の3つの植毛方法があります。

 

FUT法(Folicular Unit Extraction:フォリキュラー・ユニット・エクストラクション)

 

FUT法(ストリップ法)の手術方法

自毛植毛の手術方法は、大きくドナー採取の方法で変わってきます。

 

FUT法(ストリップ法)は、ドナー移植の際に後頭部や側頭部の皮膚を細長い帯状に切り取り薄毛の箇所に移植する遊離移植法といわれ、植毛手術の際は医師がメスを使って頭皮を切っていきます。

 

頭皮からドナーを採取する際には採取する場所に局部麻酔をするので痛みを感じず手術を受けられ、採取後の縫合中の時間を使って採取されたドナーの株分けがされているので植え付けが始まります。

 

頭皮にドナーを移植する際は、頭皮に1〜2mmのスリットを空けていき、そこにグラフトに分けられた毛を移植していきます。

 

FUT法は外科手術になりますが、包帯をするだけで日帰りでも受けられます。

 

▲目次に戻る

 

FUT法のメリット

FUT法の場合、後頭部の髪の毛を広範囲に切り取ることができるので、生え際や頭頂部の薄毛による脱毛部分が広い人ほど適している植毛法です。

 

また、毛包単位ではなく皮膚ごと移植することで、移植後の密度のバランスが安定しやすく毛の生える方向や密度の違和感が少なくなり自然な仕上がりになりやすいです。

 

そして、FUT法なら頭皮を切り取ってから株分けをするので、頭皮から毛包ごとに切り取るより毛根切断率が低く、採取したドナーが傷むドナーロスになる割合が低くなり、自分の毛を無駄にすることが少なくなるというメリットがあります。

 

また、FUT法は毛包ごとに切り取るより手術が短時間で終わるのでドナーへの負担も少なくなり、その後の定着率も高くなります。

 

▲目次に戻る

 

FUT法のデメリット

FUT法は頭皮に大幅にメスを入れるので、縫合しても後頭部に一直線の傷跡が残るので、傷跡が見えてしまうような髪型ができず制限がでますし、植毛手術をしたことがばれたくない人にとっては精神的負担が大きいと言えます。

 

FUT法は頭皮を切り取るため医師の技術によっては傷口が大きい場合が多く、植毛手術後に麻酔が切れると患部が痛むことが多いです。

 

さらに、患部に赤みが出たり腫れたりといった「ダウンタイム」が起こる割合が高く、頭皮を切らないFUT法ではダウンタイムが2〜3日間なのに対し、FUT法の場合10日から〜2週間ほどダウンタイムがあります。

 

また、髪が全体的に薄くなっており、まとまって切り取れる後頭部の頭皮の場所がないとFUT法ができない可能性もあります。

 

▲目次に戻る

 

マイクログラフト法の手術方法

マイクログラフト法はFUT法同様に、メスを使って頭皮を切り取って、薄毛箇所に移植する植毛方法です。

 

ただし、FUT法とマイクログラフト法の違いはFUT法が髪の毛を毛包単位で採取するのに対し、マイクログラフト法は毛髪単位で採取が行われるということです。

 

髪の毛の根っこに当たる部分が毛包であり、毛包からは平均して1〜3本程度の毛髪が生えていると言われています。

 

現在日本においてはFUT法に次ぐ施術例が報告されている方法がこのマイクログラフト法(毛包単位移植術)です。

 

▲目次に戻る

 

マイクログラフト法のメリットとデメリット

マイクログラフト法で植毛手術を行うメリットは、毛髪単位で植毛出来るため、毛の向きや角度のつけ方といった細かい調整が可能になるということです。

 

熟練した医師によるマイクログラフト法であれば植毛した箇所に全く違和感が出ないほど自然な仕上がりにすることもできます。

 

植毛後に自然な仕上がりを期待できるというのがマイクログラフト法で植毛する最大のメリットです。

 

ただし、マイクログラフト法は医師の技術に大きく左右される植毛方法です。

 

そのため、医師の技術が十分でなかった場合、マイクログラフト法で植毛施術を行っても、自然な仕上がりにならない場合があります。

 

植毛後の仕上がりが医師の技量に左右されるというのはマイクログラフト法の大きなデメリットです。

 

そして、マイクログラフト法はドナーを毛髪単位で細かく採取することになるため、手術に時間がかかるというデメリットもあります。

 

また、植毛を行う場合、植毛した毛が抜け落ちずにそのまま生え続ける率である「定着率」が重要です。

 

マイクログラフト法にはこの定着率が低いというデメリットもあります。

 

▲目次に戻る

 

FUE法(Follicular Unit Transplantation:フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)

 

FUE法の手術方法

FUT法が頭皮の皮膚を切り取るのに対し、FUE法は、髪の毛の毛包単位(毛穴単位)でドナーを採取する植毛手術の方法になります。

 

FUE法は、まず最初にドナーを採取する場所の髪を刈り上げ、毛包を取り出しやすい状態にします。

 

その後、頭皮に小さなパンチで穴をあけ2〜3本ごとの毛包単位で、健康な毛が生えている後頭部や側頭部からドナーを採取します。

 

採取したドナーは、採取した直後の「グラフト」という毛根単位の状態を、長さによって分類し株分けします。

 

その後、頭皮に1〜2mm程度の小さなスリットを入れ間隔や密度を調整しながらドナーを植え付けていきます。

 

FUE法での植毛手術後は頭部への刺激を避け2〜3日で通常の生活が送れるようになります。

 

▲目次に戻る

 

FUE法のメリット

FUE法は、メスを入れず毛包単位でドナーを採取するので頭皮の出血や傷跡が少なく、頭皮の皮膚をまとまって大きく切り取るFUT法に比べ体への負担が少ない上、傷跡も目立ちにくく、特に移植本数が少ないと傷跡はほとんど見えず植毛手術をしたこともばれにくくなります

 

そして、植毛手術後の傷口が小さいことで、FUT法のように術後に痛みを感じることが少ないのも特徴です。

 

FUE法は頭皮の赤みや炎症も起こりにくく、ダウンタイムが短いのでFUT法に比べて比較的早く普段通りの生活をすることができます。

 

また、毛包ごとに移植するので、頭皮の皮膚ごと移植するFUT法より髪の密度や植毛範囲を自由に決められるので、植毛したい箇所が狭い場合はFUE法の方が適しています。

 

▲目次に戻る

 

FUE法のデメリット

FUE法の手術をする際には、ドナーを採取するのに毛包から採取するために、髪を短く刈る必要があります。

 

移植する本数が増え1000本以上の本数になると、ほぼ丸刈り状態になることもあるので、髪型をあまり変えたくない人にとっては負担が大きい植毛方法でしょう。

 

また、FUE法はFUT法より傷口が小さく目立ちませんが、ドナー採取後の頭皮に1mmほどの白い傷跡が多数残ります。

 

毛包を一株ずつ採取していくFUE法は、非常に細かい作業なので手作業で採取するのに時間が掛かります。

 

採取している間にドナーが痛んでしまい、ドナーロスが起こるリスクが高く、頭皮への定着率が下がる可能性もあります。

 

▲目次に戻る

 

FUE法の植毛ロボット「ALTUS(アルタス)」ならデメリットのドナーロスや定着率の低下を防げる

FUE法の手術では人の手で採取する方法もありますが、ALTUSというドナー採取専用のロボットを使う手術方法もあり、AGAルネッサンスクリニックやアイランドタワークリニックなどのクリニックで導入されています。

 

ALTUSを使用したほうがより正確に自毛を採取でき、毛包を取り出す際に毛根を切ってしまう「毛根切断率」というミスが少なくなるので、人の手で採取するより毛包のダメージを抑えられます

 

また、ALTUSはドナーの採取のスピードが速く、人の手による採取より時間がかからない分、植毛手術の最中に毛包が傷んでしまうドナーロスが少なくなり、移植後の頭皮への定着率もよくなります。

 

ルネッサンスクリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

フラップ法(頭皮弁移植法)

 

フラップ法の手術方法

フラップ法は、後頭部や側頭部を四角形の形で3辺のみを切り、切られた頭皮弁を薄毛の場所に動かして移動させるという大胆な手術による植毛方法です。

 

フラップ法は頭皮ごと移植するのでメガセッション(大量移植)でき、また毛包を一つずつ取り出すのではなく一度に多くの毛を移植できるので時間も掛からずに済む手術方法です。

 

薄毛の範囲が広い人や、一気にたくさんの毛を移植したい人には画期的な手術方法に思えます。

 

ですが、移植した部分に血流が通らず頭皮弁が壊死するリスクを抱えており、フラップ法の手術の方法自体も危険性が高いので現在はフラップ法で植毛するクリニックは減りつつあり、FUT法やFUE法に比べマイナーな植毛の手術方法になっています。

 

▲目次に戻る

 

フラップ法のメリット

フラップ法は頭皮弁ごと移植できるので、毛包を一つずつ取り出す手術に比べ比較的短時間で済みます。

 

フラップ法は短時間で済むことで、ドナーロスのリスクも低くなり自分の毛を無駄にせず植毛できるというメリットもあります。

 

また、頭皮をそのまま薄毛の箇所に持ってくるので、毛の密度や濃さは均一なままになります。

 

そして、一度に8000本近くの大量の毛を移植することができるので、M字部分の薄毛の範囲が広い人など、一度にたくさんの毛を移植しなくてはならない人に適しており、本数や密度が足りず再度植毛しなくてはならないリスクが抑えられるのがフラップ法の特徴です。

 

▲目次に戻る

 

フラップ法のデメリット

フラップ法は皮膚を大幅に切り取る手術なので、傷跡が大きく残ります。

 

そして、フラップ法の場合、採取した頭皮に移植した後頭皮弁に血流が流れないと失敗となり、その頭皮が壊死してしまうという危険な面があります。

 

実際、移植に失敗するケースが多く、現在は安全性が考慮されフラップ法を実施しているクリニックは少なくなっています。

 

さらに、無理やり薄毛の部分に移植することで頭皮に凸凹ができやすくなり、手術後の頭皮の状態が不自然になることがあります。

 

また、頭皮ごと移植することで後頭部や側頭部の髪がつむじや生え際に来ることになるので、元から生えている毛と生える方向が変わって、不自然な髪型に見えることがあります。

 

このようにフラップ法による植毛手術には失敗例が多くオススメできない方法です。

 

以下のページでも植毛手術の失敗例を解説しているので参考にしてみてください。

 

植毛手術の失敗した時のデメリット

 

▲目次に戻る

 

最も安全で効果的な植毛の手術方法

効果的な植毛方法としては、安全性を考慮して自毛植毛の方がおすすめできます。

 

自毛植毛の手術方法は複数あり、それぞれメリット・デメリットがあり、完璧な手術方法は存在しませんが、その中でもドナーの質や植毛後の定着率、成功例などを考慮すると、FUE法でALTUSを使う植毛手術の方法がベストだと言えます。

 

毛包単位でドナーを採取するFUE法は、手術跡が残りにくいですしALTUSなら正確に素早くドナーを採取できるので、毛根切断率が低い上にドナーロスが増えるリスクも減らすことができ、植毛手術後の定着率も人の手で採取するより高くなります。

 

安全に、ドナーを無駄にせず素早く移植できるという点で、最もおすすめできる植毛手術の方法はFUE法のALTUSになります。

 

ALTUSの植毛手術を行っているルネッサンスクリニックに関しては、以下の公式サイトをご覧ください。

 

ルネッサンスクリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

 

人工毛植毛の手術方法

人工毛植毛の手術では人工毛使用のため、ドナー採取の必要が無く、植毛手術の際は、自分の頭皮にあらかじめグラフトに分けられた人工毛を移植する作業から始まります。

 

人工毛植毛の手術方法は、ニードル法(単一植毛法)と自毛植毛と同じくFUT法とFUE法がありますが、現在は「ニードル」法が用いられることが多いです。

 

ニードル法(単一植毛法)とは、注射器の形をした特殊針で毛包を植え込む方法で、人工毛髪に合わせて毛の方向や角度、間隔などを自由に調節しながら移植していきます。

 

人工毛植毛手術の場合、人工毛で一度抜けると生えてくることはなく、元からある髪との違和感や切れ毛が出てくることがあり、半年〜1年の期間にメンテナンスを受け、再度植毛が必要になる場合もあります。

 

人工毛植毛のメリットとデメリットに関しては以下のページにまとめてあるのでご覧ください。

 

人工毛植毛のメリットとデメリット

 

▲目次に戻る

 

 

自毛植毛手術当日の流れ

ここでは、日帰りで手術できる自毛植毛の植毛手術当日の流れを簡単に見ていきます。

 

1、植毛の仕上がりをデザインするカウンセリングを行う
この植毛手術当日のカウンセリングによって植毛した後の髪の流れや生え際の自然さなどに関わってくるため、この植毛手術直前のカウンセリングは重要です。

 

2、移植するためのドナーを採取
このドナーの採取の方法は、頭皮を一定の面積切り取るFUT法(ストリップ法)と頭皮を切り取らずに、毛根のみを採取するFUE法によって異なります。
詳しくは上記のFUT法(ストリップ法)の手術方法とFUE法の手術方法をご覧ください。

 

3、植毛手術後は日帰りできる
植毛手術当日は、洗髪とアルコールなどの飲酒が禁止なのと、患部を安静に保つということ以外は、普通に日常生活を送ることができます。

 

▲目次に戻る

 

 

植毛手術後の注意点

植毛の施術後には以下の2つような症状が現れるため、できればまとまった休みが取れる連休や有給休暇の利用時に植毛することを考えるべきだと言えます。

 

・植毛手術は出血を伴うため痛みが生じる
・移植部分の頭皮が赤くなったり腫れたりする

 

植毛手術の後で一番気になるのかお仕事への復帰時期だと思いますが、簡単に目安として以下で解説していきます。

 

デスクワークなど体を激しく動かさないお仕事は翌日から可能

植毛手術は日帰りができ、体を激しく動かさない限りは翌日からお仕事が可能です。

 

正しい、生え際のM字部分のように人の目につきやすい部位への植毛は、傷跡が目立つ可能性があります。

 

そのため、体を激しく動かさないようなデスクワークなどの仕事でも、ある程度まとまった休日が取れる時に施術をするべきだと言えます。

 

ですが、髪型で隠せるようであれば翌日から仕事をしても問題はありません。

 

もし、髪型で隠せずに傷跡が目立つようであれば、傷口が治るまで一週間程度のお休みが必要になってきます。

 

激しい動きが伴う仕事は一週間程度の休息が必要

営業や肉体労働などの一般的に力を使ったり激しく動き回るような仕事は、傷口が開いたり髪への定着に影響するので一週間程度の休息が必要になります。

 

顔に傷跡が完治しない間に汗をかいたりなども激しい動きを困ってしまうと衛生面や定着率が落ちてしまいます。

 

そのため、連休や有給休暇などおやすみをうまく使い10日は休むようにしましょう。

 

植毛当日は包帯が必須

植毛当日は、術式によって差はありますが頭皮が出血するため、包帯を巻いて帰宅することになります。

 

頭の包帯は翌日に取れますが、 たとえ激しい運動などがない事務であろうと包帯をしているため、人と会うと植毛をしたことがバレてしまいます。

 

そのため、当日は包帯をしなければいけないことを考慮して予定を立てましょう。

 

翌日までアルコールは禁止

アルコールによって血流を良くすることで出血や頭皮の腫れを悪化させてしまう可能性があります。

 

そのため、当日から翌日また傷が良くなるまで飲酒や飲み会頭に参加しないような日程を組むことが大事になります。

 

痛みがひどい場合はクリニックで痛み止めも処方してもらえる

術式によって差はありますが頭皮から毛根ごと採取するため出血を伴います。

 

そのため大小にかかわらず痛みを伴うでしょう。

 

万が一痛みがひどい場合はクリニックで痛み止めを処方してもらうことも可能です。

 

以上、植毛手術後の六つの注意点について解説してきました。

 

植毛手術による傷跡や仕事復帰までの期間は、術式や移植数によっても変わってきます。

 

個人差もあるため詳しくは植毛手術を行うクリニックのカウンセリングで相談するのがおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

 

まとめ

自毛植毛と人工毛植毛の手術方法を比較して、自毛植毛の手術方法の方が安全でその後の髪の毛の定着率もいいです。

 

人工毛植毛手術の場合、ドナーが自分の髪の毛ではないので頭皮が拒絶反応を起こして炎症が起きたり、ショックロスが起きたりといったリスクが高く、半年から1年の期間でメンテンナンスに費用がかかる点においてもあまりおすすめできません。

 

植毛手術においては、自毛植毛の方がおすすめではありますが、そもそも自毛植毛には自分の高等部の毛をドナーとして移植するため全体的な髪の量が増えるわけではありません。

 

また、植毛してもM字部分や頭頂部の毛乳頭や毛母細胞は男性ホルモンの影響を受けAGAによる薄毛は進行するので、AGA治療薬による対策を並行せざるを得なく植毛手術は薄毛の根本的な解決方法とは言えません。

 

薄毛治療として植毛手術を利用する際は、AGA治療などの色々な薄毛の治療法を試しても全く効果が無かった場合の最終手段だと思って検討するようにしましょう。

 

そのため、まずは自毛育毛として医薬部外品の育毛剤を試したり、ミノキシジルやプロペシアによるAGA治療を行いましょう。

 

育毛剤ランキング

 

AGAクリニックの口コミ

 

また、ルネッサンスクリニックなどの植毛クリックでは、事前に無料カウンセリング予約ができ相談することができます。

 

植毛手術を検討するのであれば、この無料カウンセリングをうまく使い、費用の面や副作用についてなど医師と相談し、後悔することないようにしましょう。

 

ルネッサンスクリニックの公式サイトを見る

 

人工毛植毛、自毛植毛含めた植毛手術には大きなデメリットが付きまといます。

 

植毛手術中に起こる感染症や副作用もゼロではないための植毛手術のメリット、デメリットをしっかりと把握したうえで、自分に合った薄毛の治療方法なのかよく検討しましょう。

 

植毛のメリット・デメリット

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

植毛手術の方法
植毛の費用
つむじの植毛の値段
m字の植毛の値段
植毛のメリット・デメリット
自毛植毛のメリットとデメリット
人工毛植毛のメリットとデメリット
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング

女性の育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング

 

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加