m字の植毛の値段

m字ハゲは、つむじハゲに比べ面積が狭く、植毛する場合は、数百本程度で足りることが多いのが特徴です。

 

m字部分の薄毛が初期状態の場合、少ない本数で足りますが、かなり薄毛が進行していると以下のように植毛本数に応じても金額も増えます。

 

・初期のm字の薄毛を改善するのに約30〜50万円
・進行が進んでいるM字を改善するのに約100万円

 

この記事を読めば、各クリニックの値段がわかり、自分のM字ハゲにはどのくらいの費用がかかるのかがわかります。

 

目次

 

M字ハゲの植毛の値段はどのくらいかかるのか?

 

M字の薄毛の初期症状に必要な本数と値段

おでこのエリアが薄くなり始めたm字ハゲの初期段階では植毛の量はあまり多くなく、こめかみ部分が少し薄い程度なら数百本程度で足ります。

 

毛穴から1〜4本ほどの髪の毛が生えているのを1セットとした「グラフト」、「株」という単位では、およそ300〜500株程度で、平均1株あたり1000円なので、m字の薄毛を改善するのに約30〜50万円ほどかかります。
m字の植毛する本数が少ない場合は、グラフト、髪の毛1本あたりの料金が安く固定料金がかからないクリニックがおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

M字の薄毛のかなり進行した症状に必要な本数と値段

おでこが広がり、m字ハゲがかなり進行している状態では、少し多めの量を植毛しなくてはならず、約1000グラフトほどの植毛が必要になることが多いです。

 

1000グラフトを植毛すると平均的な1グラフトあたり1000円で換算すると100万円ほどの金額が掛かります。

 

m字ハゲがかなり進行していて植毛の量が多い場合は、頭皮ごと移植するFUT法の方が効率的に植毛できます。

 

m字の薄毛が進行していて植毛本数が多いとどうしても値段が高くなってしまうので、なるべく、植毛本数が多くなるほど安くなる料金体制の植毛クリニックを利用した方が良いでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

人気植毛クリニックのM字植毛の値段比較

 

ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニックには頭皮ごと移植するFUT法と毛包単位で植毛するFUE法の2種類があります。

 

ヨコ美クリニックは株数(グラフト数)で金額を計算し、他の植毛クリニックのように数十万する手術の基本料金はかからず初期費用が抑えられます。

 

m字の薄毛の進行が初期状態の場合は、植毛の本数がそれほど必要ありませんので、毛包を1つずつ採取していき本数が細かく指定できるFUE法がおすすめです。

 

m字の薄毛の進行が初期段階の場合、少量でも植毛できるFUE法なら、1株800円なので300本程度で24万円ほどになります。

 

m字がかなり後退していて植毛範囲が広い場合は、生え際のハゲを隠せる程度の1000株を植毛する必要があり、金額はFUT法では60万円、FUE法なら80万円ほどになります。

 

ヨコ美クリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

ニドークリニック

ニドークリニックの植毛は広い範囲に植毛できるFUT法による治療のため、生え際の薄毛が広がっている人に向いています。

 

ニドークリニックの場合、髪の毛の本数単位で金額を計算します。
植毛の値段は髪の毛1本800円で、この本数が多いほど安くなります。

 

また、ニドークリニックは他のクリニックでは20万円近く掛かることが多い治療費が不要になっています。

 

m字の薄毛が初期の場合、450本から700本で36〜50万円の価格設定なので、ちょっとした生え際の薄毛を隠せるくらいの髪の毛500本ほどで40万円ほどの値段になります。

 

一方、m字の薄毛が進行していて2000本ほど必要な場合、2250〜3000本で105〜125万円という価格設定になっているので、90〜100万円ほどだと考えられます。

 

ニドークリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックでは、植毛で移植するスピードが早く、植毛した毛が頭皮に定着して生える「生着率」が高い、i-Directというクリニック独自のFUE法の植毛を実施しています。

 

植毛の費用は1グラフトあたり1200円で、グラフトの本数が増えるほど割安になります。
さらに、アイランドタワークリニックでは、治療の基本料金の20万円が加わります。

 

m字の薄毛が初期状態の場合、400グラフトほどでは基本料金を含めた金額が68万円になるので、200〜300グラフトほどの本数でいい場合はもう少し安くなります。

 

一方、m字部分の薄毛がかなり後退していて1000グラフトほど植毛する場合は、基本料金を含めた金額で800〜1200グラフトあたり116万〜164万円になるので、約140万円ほどになります。

 

アイランドタワークリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

紀尾井町クリニック

紀尾井町クリニックではFUE法、FUT法の2種類の植毛があり、FUE法はグラフトごとに計算し、FUT法は頭皮を切り取る面積に応じて金額が決まり、FUE法、FUT法のどちらも手術費の20万円が上乗せされます。

 

値段は1グラフトにつき1200円で、FUE法の場合、m字の薄毛が初期段階なら200〜400グラフトで手術費を含めて44万〜68万円になります。

 

紀尾井町クリニックでm字部分の薄毛がかなり進行している場合800〜1000株ほど植毛することになり、96万から〜120万円でこれに基本料金がプラスされ116万〜140万円ほどになります。

 

FUT法は1cm四方あたり27万円で、m字の薄毛が初期で薄毛の箇所が3cmほどであれば、植毛は手術費用込みで37.8万円、m字が後退していて7.5 cm四方ほど必要な場合手術費込で54万円になります

 

紀尾井町クリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

AGAルネッサンスクリニック

AGAルネッサンスクリニックでは、移植する際のグラフトの間隔を等間隔にできる、ARTASというロボットを使用したFUE法と、FUT法の2種類が受けられます。

 

AGAルネッサンスクリニックの場合、植毛にかかる費用はグラフトの数で計算し、グラフト数が多いほど割安になる料金体制になっています。

 

m字の薄毛が初期状態の場合、FUE法のARTAS、FUT法ともに500グラフトで49.8万円と設定されているため、もう少し少ない300グラフトほどだとグラフト数に応じた金額はおおよそ29.8万円になります。

 

一方、m字の薄毛がかなり進行している場合は、FUE法のARTAS、FUT法ともに1000グラフトで88万円ほどになり、もっと増やしたい場合はFUE法のARTASで3000グラフトほど植毛することも可能です。

 

AGAルネッサンスクリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

高須クリニック

高須クリニックでは植毛の費用を本数で求めますが、この本数とは毛穴から生えている毛の単位、つまり毛包の単位を指すので、他のクリニックのグラフトと基本的な考え方は同じです。

 

高須クリニックでは植毛本数に応じて単価が変わるようになっており、本数が多いほど割安になる料金体制になっています。

 

高須クリニックの値段はm字の薄毛が初期状態で、300本ほど必要な場合50万円になります。

 

一方、m字の薄毛がかなり後退していて1000本ほど植毛したい場合は130万円になります。

 

高須クリニックは他の植毛クリニックより少し高額になり、植毛本数が少ないほど割高になるので、m字の後退が初期段階で必要本数が少ない方より、かなり後退してしまって植毛本数が多い方におすすめです。
高須クリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

スキンクリニック

スキンクリニックでは、Choi式植毛器という、頭皮に穴を開ける作業と移植が同時にできる機械を使用するChoi式というFUE法の植毛を行っています。

 

スキンクリニックは、他の多くの植毛クリニックと異なり、植毛の費用をグラフトごとではなく、髪の毛の本数ごとに計算し、1000本単位で単価が変わってきます。

 

m字の薄毛が初期状態の場合、スキンクリニックでは500本で17万円という価格設定にしているので、薄毛が進行しておらず300本ほどならもう少し値段が安くなると考えられます。

 

一方、m字がかなり後退していて1000本ほど必要な場合は35万円かかります。

 

また、スキンクリニックは事前に血液検査を受けなくてはならないので、血液検査代の15,000円が上乗せされます。

 

AGAスキンクリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

親和クリニック

親和クリニックでは、高密度に植毛できるクリニック独自のMIRAI法と言われるFUE法の植毛が受けられます。
親和クリニックでは基本料金が20万円かかり、植毛する本数が多くなると1株あたりの単価が安くなる料金体制になっており、1000株以下は1株あたり1200円、1000株から2000株までが1株あたり1000円、2000株以上で1本あたり800円になります。

 

親和クリニックの値段はm字の薄毛が初期状態で、300株ほど移植する場合、36万円にプラス手術料金の20万円で56万円かかります。

 

m字がかなり後退していて1000株ほど必要なら、1株1000円単位で100万円になり、さらに手術料金が追加され120万円になります。

 

親和クリニックでは、植毛本数に応じた割引があるので、移植本数が多い人ほどお得になります。

 

親和クリニックの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

 

植毛はデメリットが多くおすすめできない

植毛は自分の髪の毛を移植して薄毛を隠せる画期的な治療法ですが、脱毛のリスクや高額な金銭的負担があり、デメリットが多い治療法でもあります。

 

植毛すると自分の髪が減ることになるので移植できる本数が限られるというリスクがあります。

 

また、植毛をしてもAGAなどの体の内部にある薄毛の原因は改善されていないため、完全な解決にはなりません。

 

さらに、植毛は医師による専門の手術なので負担金額が大きく、数十万〜数百万の高い金額を用意しなくてはなりません。

 

植毛よりも、育毛剤やAGA治療薬による治療の方が脱毛のリスクが少なく費用も数千円〜数万円程度で、根本的に薄毛を改善できるのでおすすめです。

 

育毛剤ランキング
AGAクリニックに通うハゲ治し隊隊員50歳のAGA改善記録!

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

植毛手術の方法
植毛の費用
つむじの植毛の値段
植毛のメリット・デメリット
自毛植毛のメリットとデメリット
人工毛植毛のメリットとデメリット
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング

つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

m字ハゲに該当する生え際部分は男性型脱毛症(AGA)で特に薄くなりやすい部位と言われています。

 

植毛では移植する部位や本数を自由に選べるので、額にだけ植毛することも可能です。

 

m字部分は、同じく薄くなりやすいつむじに比べ面積が狭く、植毛する場合は、数百本程度で足りることが多いのが特徴です。

 

m字部分の薄毛が初期状態の場合、少ない本数で足りますが、かなり薄毛が進行していると植毛本数に応じても金額も増えます。

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加