薄毛の種類と原因

 

前のページで髪の毛が生えてくる仕組みを理解したら、薄毛の種類と原因を把握し自分の症状はなんなのかをまずは突き止めましょう。

 

 

種類がわかれば髪が抜けている原因と対策がわかります。

 

 

脱毛には以下の種類があります。

 

男性型脱毛…最近、テレビCMなどでもよく耳にするAGAと言われている症状。
右の画像のように大きく分けて、額のM字の部分が後退していくタイプと頭頂部が薄くなってくるタイプ、M字部分と頭頂部の両方が薄くなっていくタイプに分けられます。

 

原因は、髪の毛が生えてくる仕組みでも説明した、髪を生やす指令を出している毛乳頭・毛母細胞という部分に、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼという酵素が結合した悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が攻撃するからです。

 

対策としては、DHTを抑えるのが一番で現在ではCMでもやっているようにAGAの治療薬としてフィナステリド(プロペシア・フィンペシア)があります。
ですが、一時管理人も試したことあるのですが性欲減退の副作用が出て怖くなり使用を中止しました。
性欲減退の他にも肝機能障害などの副作用が出ることもあります。

 

そこで当サイトでは、「副作用のある薬は使いたくない…」「以前フィナステリドを試したが副作用が出た・効果がなかった」人でもできる育毛対策をメインにお伝えしています。(※詳しくは育毛剤の選び方育毛シャンプーの選び方で解説しています)

 

 

女子男性型脱毛…最近では男性型脱毛症は男性だけの悩みではありません。女性の社会進出に伴い男性化した原因でしょうか、女性でも額のM字部分から薄くなってしまう症状が出る人が多くなっています。
それ以外にも、更年期障害に伴う女性ホルモンの減少により男性ホルモンが強く働き脱毛してしまうこともあります。

 

原因・対策は上の男性型脱毛と同じ方法が有効だと考えます。ただし、フィナステリドは副作用が強いので女性に関しては使用制限がつくことが多いです。
副作用がある以上、あまりオススメできる方法でないので育毛剤を使用してみるのも1つの手だと思います。(※詳しくは育毛剤の選び方で解説しています)

 

 

脂漏性脱毛…頭皮の皮脂は重要だといろんなページでも書いていますが、その皮脂が過剰に出すぎると頭皮が炎症を起こすことがあります。
原因は年齢による皮脂の分泌や脂っこいものを摂る食生活などがあります。ひどくなると抜け毛につながってしまいます。

 

管理人は、頭皮の皮脂が多くてベタつくので毎日市販の洗浄力の強い石油系シャンプー(メ〇ットなど)を使い続けていたら、皮脂の取りすぎと乾燥が原因でか、かえって皮脂の分泌が多くなってしまっていました。
重度の脂漏性皮膚炎だったので、病院へ行きこのサイトで紹介している洗浄力が弱くほどよく皮脂を残せるスカルプシャンプーを使うことで今では改善しました。

 

対策としては、育毛シャンプーを使って皮脂を適度に残しながら清潔に保つのがいいでしょう。
(※詳しくは育毛シャンプーの選び方のページで解説しています)
症状がひどい場合は、一度病院へ行くことをオススメします。→管理人の病院体験記

 

 

粃糠性脱毛…管理人も併発していました。粃糠(ひこう)とはフケのことで、エアコンを1日中つけっぱなしの部屋にいるなど頭皮が乾燥してしまった場合に起こります。
ひどいと皮膚が乾燥による刺激やダメージを防ごうと固くなり白い大きなフケが部分的に粉を吹いた状態になって表れます。通常のフケはものすごい小さくて正方形のようなフケですが、糠性脱毛によるフケは左右非対称の乾燥した大きなかたまりのフケになります。

 

これも放っておくと、脱毛につながります。
洗浄力の弱いシャンプーで、適度に皮脂を落とすようにしてください。皮脂が極端に少ない人だと洗いすぎも注意です!
(※詳しくは育毛シャンプーの選び方のページで解説しています)

 

 

円形脱毛…円形脱毛症は原因がいまだにはっきりとはわかっていない症状です。部分的に集中して髪の毛がすべて抜けてしまう症状(※円形とは限りません)で、ストレスが主な原因だと言われています。

 

ただ、この場合ほとんどの人がストレスなどの原因を解消すればまた元通りに髪の毛が生えてきます。

 

 

年齢毎による薄毛の原因

年齢毎によって薄毛が起こる原因も様々です。
10代や20代前半などの若い年齢だと、AGAの発症は30代40代に比べると比較的少なく、その代りに生活習慣の乱れによる薄毛が多くなります。
以下のページでは、10代や20代の年齢毎の薄毛の原因について詳しくまとめました。

 

年齢毎の薄毛の原因

 

 

薄毛の原因の治療法

薄毛の原因にはいろいろな治療法や対策方法があります。
各薄毛の原因に対して、どんな治療法があるのか、下に詳しく解説したページを集めました。

 

薄毛の原因の治療法

 

 

薄毛の原因がagaだった場合の対策方法

AGAが薄毛の原因だった場合、AGAの症状が進行していく原因や、病院や自分でできるAGA対策方法まで下のページで詳しく解説しました。

 

薄毛の原因がagaだった場合の対策方法

 

薄毛の種類と原因記事一覧

薄毛の原因がagaだった場合の対策方法

自分の薄毛の原因がAGAなのかどうか?男性が薄毛になる場合、男性型脱毛症、通称「AGA」と呼ばれる症状がその90%以上を占めています。AGAかどうかはハゲかたの形と抜け毛の形から判断できます。AGAの場合、ハゲ方の形に特徴があります。頭頂部がはげるてっぺんハゲ、生え際からこめかみに向かってはげていく...

» 続きを読む