20代前半で薄毛になる原因とその対策方法

 

男性ホルモンの影響(AGA)

20代前半の男性の薄毛はAGAが原因の場合があります。AGAは「男性型脱毛症」というもので、男性特有の薄毛の症状になります。
男性にハゲが多いのはこの男性ホルモンによる薄毛のAGAが存在するためです。

 

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンによって引き起こされます。
DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結びつくことで生み出されます。

 

頭皮には髪の毛を作る毛母細胞に栄養を供給する毛乳頭細胞と呼ばれる細胞がありますが、DHTには毛乳頭細胞と結合して、毛母細胞への栄養供給を阻害するという働きがあります。
その結果、毛母細胞に栄養が供給されなくなり、髪の毛の生成が進まなくなります。
これがAGAという症状です。

 

また、AGAは特定の部位に薄毛が集中するという特徴があります。例えば、生え際から剃り込みを入れるようにハゲていくM字ハゲや頭頂部がO型に薄くなっていくつむじハゲなどはその典型になります。

 

 

20代前半で男性ホルモンが原因の薄毛になった人の対策

AGAが原因で抜け毛が増え薄毛になってしまっている場合、育毛シャンプーを使ってみる、生活習慣を見直す、髪の毛に良いと言われる食材を摂取するといったような対策では育毛効果が期待できません。
なぜなら、AGAという症状はDHTという物質が原因になっており、このDHTを抑制してやることでしか根本的な治療が出来ないためです。
このDHTの発生を抑えるためには、そのもとになっている男性ホルモンの活性化を抑えてやる必要があります。
つまり、AGAが原因となっている場合、男性ホルモンの活性化を抑えるためのAGA治療が必要になってきます。
AGA治療を行っていく場合、2つの選択肢が存在します。
1つ目はAGAに効果のある育毛剤を使ってAGA治療を行っていく方法、もう一つはAGA治療を専門で行っているAGAクリニックを受診してAGA治療を行っていく方法になります。

 

初期の薄毛症状であれば、育毛剤を使っても、AGAクリニックを受診しても育毛効果が期待できます。
ただし、少し髪の毛が薄いといった段階では無く、完全に禿げ上がってしまっているような場合であれば、育毛剤を用いたAGA治療には無理があります。
完全に禿げ上がってしまっている人の多くは、毛母細胞が髪の毛をつくる働きを停止してしまっています。
育毛剤というのは基本的に頭皮の血行を促進したり、髪の毛をつくるのに必要な栄養を供給するのがその役割になっています。
しかし、毛母細胞が髪の毛をつくる働きを停止してしまっていると、いくら血行を促進したり、栄養を供給したとしても、髪の毛が生成されることはありません。
したがって、毛母細胞が完全にその働きを止めてしまっている場合、再び毛母細胞の働きを蘇らせるような治療を行う必要があります。
このような毛母細胞の働きを蘇らせる治療はAGAクリニックでしか受けることが出来ません。
したがって、完全に禿げ上がってしまっている場合にはAGAクリニックを受診してAGA治療を受けるしか選択肢はありません。

 

しかし、AGAクリニックでの治療は育毛剤と比較して費用負担が大きくなります。
ただ、30代以上の男性になると、AGAによる薄毛が進行し始めて10年以上経過しているという人も多く、AGAの症状がかなり進んでいる人も珍しくありません。
AGAの症状も普通の病気と同じで、治療が遅くなって、進行すればするほどその治療にかかるお金や時間の負担も大きくなります。
したがって、30代以上の男性でAGAによる薄毛症状が現れて何年間も専門的な治療を行ってこなかった人については、AGAクリニックを受診して専門的な治療を受ける必要があるケースがほとんどです。
これに対して、20代前半の若い男性の場合、AGAによる薄毛症状が進行し始めてそれほど時間が経っていないケースがほとんどです。
中には高校に入った頃から薄毛が進行し始めて、5年以上薄毛に悩んでいるといった人もいるかもしれません。
しかし、そんな人は少数派です。
20代前半の若い男性の場合、ほとんどはAGAの薄毛症状が進行し始めて1年も経過していない人になります。
長くてもAGAの薄毛症状が進行しはじめて、数年程度でしょうか。
つまり、20代前半の若い男性の場合、AGAの症状は軽度の段階であることがほとんどなので 、金銭的な負担が少ない育毛剤の利用をおすすめします。

 

 

円形脱毛症

20代前半の若い男性の薄毛の症状については通称「若年性脱毛症」と呼ばれています。
この若年性脱毛症の場合、AGA以外にもいくつか原因が考えられます。
その代表例が円形脱毛症です。
円形脱毛症を発症する際の大きな原因がストレスであると言われています。
詳しくは後述しますが、ストレスを感じると体の交感神経という神経が活発に働くようになり、体が緊張状態になることが多くなります。
体が緊張していると、体の中を走っている血管も収縮状態になってしまいます。
この結果として、体内における血液の循環が滞ってしまい、頭皮の血行が悪くなり、頭皮にある髪の毛をつくる細胞に十分な栄養が供給されなくなってしまい、髪の毛が育たなくなる。
これがストレスで円形脱毛症が発生するメカニズムになります。

 

 

20代で円形脱毛症が原因で薄毛になってしまった人の対策

円形脱毛症はストレス以外にも免疫疾患によって発生するケースもあります。
免疫疾患とは体を外敵から守る免疫細胞が誤って、髪の毛を作る毛母細胞を敵とみなして攻撃してしまうというものになります。
免疫疾患が原因で円形脱毛症が発生している場合、免疫の毛母細胞への攻撃を止めてやらない限りは髪の毛が生えてくることはありません。
免疫の毛母細胞への攻撃を止めるような効果のある成分は市販の育毛剤には含まれていません。
このような免疫の働きを抑えてやるためには、ステロイド剤のような薬品を使ってやる必要があります。
ただ、ステロイド剤は皮膚科を受診して、医師から処方してもらう必要があります。
したがって、免疫疾患が円形脱毛症の原因になっている場合、皮膚科で治療を受けない限り完治は困難になります。
そのため、円形脱毛症に悩んでいる人は一度皮膚科を受診することを強くおすすめします。

 

 

20代前半の生活習慣が原因の薄毛

 

パーマやカラーが原因の薄毛

20代前半と言えばおしゃれをしたい年頃。
パーマやカラーを楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。
ただし、このパーマやカラーというのは間違いなく髪の毛や頭皮にダメージを与えます。
パーマをかける際にはパーマ液という薬液を使います。
このパーマ液には非常に強力なアルカリ性の性質があります。
頭皮というのは基本的に弱酸性なので、パーマ液は頭皮に強いダメージを与えることになります。

 

また、カラーを行う場合、ブリーチという手法をもちいるケースが多いと思います。
ブリーチで使う薬液は髪の毛に大きなダメージを与えます。
ブリーチで使う薬剤は髪の毛の表面にあるキューティクルと言われる保護層を破壊して、髪の毛内部のメラニン色素を分解する働きがあります。メラニン色素が分解される過程で髪の毛に色が着きます。

 

ただ、キューティクルを破壊することで、髪の毛からハリ・コシが失われます。
ハリ・コシが無くなった髪の毛はちょっとの刺激で抜け落ちてしまい、結果的に抜け毛が増加してしまうんです。
パーマやカラーは育毛のことを考えた場合、百害あって一利なしです。本気で育毛するなら、パーマをかけたり、カラーを行うのは金輪際やめた方が良いでしょう。

 

過度なシャンプーが原因の薄毛

過度なシャンプーが薄毛の原因になっているケースも考えられます。シャンプーを頻繁に行うというと、頭皮を清潔にするため育毛には良いことのように思えます。
しかし、これは勘違いです。
市販のシャンプーには非常に強力な洗浄成分が含まれています。
市販の強力な洗浄成分のシャンプーを利用して洗髪を行うと、頭皮に存在する皮脂が洗い流されてしまいます。
頭皮の皮脂を洗い流しすぎると、体は頭皮に皮脂が足りていないと勘違いしてしまい、どんどん皮脂の分泌量を増やすようになります。
頭皮の皮脂が多くなると、頭皮から悪臭がしたり、皮脂をエサにして雑菌が繁殖してかゆみやフケなどの炎症を引き起こすことがあります。

 

したがって、頭皮の皮脂が過剰に分泌されている状態は育毛を考えた時には百害あって一利なしです。
この頭皮の皮脂の過剰分泌を引き起こすのが過度なシャンプーです。
適切なシャンプーの回数は頭皮がべとつくオイリーなタイプの人で1日1回、頭皮が乾燥しているタイプの人であれば2日に1回です。
朝にシャンプーを行い、夜寝る前にもシャンプーをする人は多いと思います。
ただ、これはシャンプーの回数が多すぎます。
シャンプーの回数は1日1回までということをしっかり押さえておきましょう。

 

睡眠不足が原因の薄毛

睡眠不足も薄毛の大きな原因になっているケースがあります。通常、髪の毛というのは日中起きて行動している時には生成されません。
この髪の毛の生成が始まるのは人間が眠りについた後になります。
人間が眠りにつくと人間の体の各器官に働きかけて、その修復などを行う成長ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が活発になります。
よく眠ると疲れが取れるのはこの成長ホルモンの働きによって体の各器官の損傷が回復することが大きな要因になります。
この成長ホルモンは髪の毛の生成にも強く関わっています。
したがって、しっかりと睡眠時間を確保してやることは成長ホルモンが分泌される時間を長くすることにつながり、それだけ髪の毛の生成が進むことにつながります。
逆に睡眠時間が短くなると、成長ホルモンが十分に分泌されず、髪の毛の生成がうまく進まなくなります。
髪の毛を伸ばすなら十分な睡眠時間を取ってやることは非常に大切です。
なお、22時〜翌2時までの間が最も成長ホルモンの分泌が活発になっている時間帯です。
なるべくこの時間帯には布団に入っているようにすると育毛を考えた上では理想的になります。

 

ストレスが原因の薄毛

20代前半の若い男性が薄毛に悩む場合、ストレスがその大きな原因になっている場合もあります。体には日常起きて活動している時に活発になる交感神経とリラックスした状態の時や睡眠中に活動する副交感神経があります。
ストレスがたまっていると、体は交感神経という神経が活発になる時間が増えてきます。
この交感神経は体を緊張状態にする働きがあります。
交感神経が活発になると、血管が収縮します。
血管が収縮してしまうと、体の血流が悪くなってしまい、頭皮にも十分な血液が行き渡らなくなります。
その結果、髪の毛を作る毛母細胞に栄養が十分に供給されなくなり、薄毛の原因につながってしまいます。
薄毛の原因につながるストレスをため込まないようにするためには定期的に運動を心がけたり、ストレスを取り去ってくれる睡眠を十分にとるのが良いでしょう。
また、ストレスのもとになっているものが明確なら、そのストレスの対象から一時的に離れてみるのも有効です。

 

食生活が原因の薄毛

20代前半の若い人の食生活の乱れが薄毛を引き起こしているというケースも良くみられます。
髪の毛というのはケラチンという物質から構成されています。
このケラチンを構成する際に欠かすことが出来ない栄養素がアミノ酸と亜鉛になります。
アミノ酸については体内で生成することが出来ないものがいくつかあります。
このようなアミノ酸のことを必須アミノ酸と呼んでいます。
必須アミノ酸の中でも、ケラチンの約15%以上を構成すると言われているシスチンはしっかりと摂取する必要があります。
シスチンについてはブロッコリーなどの野菜に多く含まれています。
また亜鉛についてもケラチンを生成する際には無くてはならない栄養素になります。
亜鉛は魚介類・肉類・乳製品等に多く含まれています。
加えて、ビタミンについても頭皮環境を整える上では欠かすことのできない栄養素です。
特に頭皮の皮脂の過剰分泌を抑制する効果を持つビタミンB2については積極的に摂取したい栄養素になります。
このビタミンB2はホウレンソウなどの野菜に多く含まれています。

 

このように、頭皮や髪の毛のことを考えたバランスの良い食事に変えることが大切です。

 

 

20代前半の女性特有の薄毛の原因と対策

 

20代前半の女性の過度のダイエットによる薄毛

次に20代前半の女性が薄毛になるケースについて見ていきたいと思います。
20代前半の女性が薄毛になる場合、ダイエットがその原因になっているというケースが多く見られます。
ダイエットで食事制限を行った結果、体に必要な栄養素が不足してしまったことが薄毛の引き金になっているというケースです。
人間の体は生きていく上で必要な栄養が不足してくると、生存に関係ない器官に供給される栄養を削って、生命を維持するのに必要な器官へ栄養を優先して供給するようになります。
この際、髪の毛への栄養供給は生命を維持するのに関係ない器官とみなされ後回しにされることになります。
そして、髪の毛を作る細胞に満足に栄養が供給されなくなり、髪の毛の生成がうまく進まなくなります。
その結果として、薄毛症状が発生することになります。

 

この場合の対策は簡単です。ダイエットをいったんストップして、しっかりと食事を通して、栄養を摂ってやるようにしましょう。
これだけで十分薄毛症状の改善が見込まれます。
なお、その際は上記の食生活の項目で紹介した食材を意識して摂取するようにしましょう。

 

20代前半女性の男性ホルモンが影響している薄毛

男性だけでなく、女性の体にも少量ですが男性ホルモンが存在しています。
ただし、普通の状態であれば女性ホルモンの働きが圧倒的に強いため、男性ホルモンの影響で薄毛になるというケースは考えられません。
ただし、生活習慣などに問題があると、20代前半の若い女性であっても女性ホルモンの分泌が減少してしまうケースがあります。
女性ホルモンの分泌が減少すると、相対的に男性ホルモンの働きが強くなってきます。
その結果、女性であっても男性ホルモンが原因となる薄毛症状に悩まされる場合があります。

 

例えば、女性ホルモンのバランスを乱す生活習慣の例として偏った食生活は女性ホルモンの減少を招きます。
食生活の偏りに心当たりがあるなら、女性ホルモンと同様の働きをする大豆イソフラボンを含む大豆食品や、女性ホルモンの分泌を促すビタミンB6を含むマグロなどの魚介類を積極的に食生活に取り入れていくことがおすすめします。
また、ストレスも女性ホルモンの減少につながります。ストレスを感じるとコルチゾルと呼ばれるホルモンが分泌され、コルチゾルが女性ホルモンの分泌を抑制します。
したがって、女性ホルモンを増やしたいなら、自分なりのストレス解消法を見つけて生活に取り入れる必要があります。

 

 

20代前半で薄毛になってしまった人にはAGAクリニックと育毛剤による対策もおすすめ

上記ではさまざまな20代前半の薄毛の原因について紹介してきました。薄毛症状を改善するためには、自分の薄毛の原因をしっかり把握して、それに合わせた対応を行っていく必要があります。

 

特にAGAが原因になっている薄毛症状であれば生活習慣の改善だけで育毛していくことはほぼ不可能です。
DHTの働きを抑えてやらない限り、根本的なAGAの改善にはつながらないためです。
したがって、DHTの発生を抑えるための専門的なAGA治療が必要になります。
DHTの発生を抑える治療を行ってやるためには、AGAクリニックを受診する、もしくは育毛剤を使ってAGAの治療を行っていくことが絶対に必要になります。

 

 

AGAクリニックがおすすめな人

AGA治療を考えた時に最も発毛効果が高いのはAGAクリニックを受診して治療する方法になります。
AGAの症状がそれほど進行していない場合、発毛効果が認められているAGA治療薬を処方されることになります。
この投薬治療で、AGAの症状の改善がみられるケースがほとんどです。
ただし、AGAの症状が進行してしまって毛母細胞の働きが完全に停止している場合があります。毛母細胞の働きが停止してしまうと、髪の毛の生え変わりのヘアサイクルが回らなくなります。
このような場合、投薬治療だけでの治療は困難です。
したがって、頭皮に直接育毛成分を注射する育毛メソセラピーのような治療が必要になるケースもあります。
育毛メソセラピーのような治療法を使えば、市販の育毛剤では育毛効果が期待できないような末期のAGA症状の患者であっても、働きが弱くなった毛母細胞に直接働きかけることができるため、治療することが可能になります。

 

投薬治療なら診察料を合わせて毎月1万円程度、育毛メソセラピーのような頭皮の注射治療であれば、毎月10万円程度の治療費がかかる場合もあります。
AGA治療の治療費は決して安くはありません。
ただ、AGAによる薄毛症状がかなり進行している人にとってはAGAクリニックを受診するのが最善の選択です。

 

 

育毛剤がおすすめな人

AGAの症状がかなり進行している場合は間違いなくAGAクリニックでの治療がおすすめです。
ただし、AGAクリニックでの治療は上記で説明したようにかなり高額な治療費がかかります。
さらに、20代前半の若い男性の場合、AGAを発症して長くても数年程度しかたっていないような人が大半を占めます。
AGAを発症してからの期間が短いため、AGAの症状はそこまで進行していないケースがほとんどです。
髪の毛をつくる毛母細胞の働きが止まってしまうような段階まで、AGAが進行しているという人は20代前半ではきわめて稀です。

 

したがって、予算に余裕がない人や20代前半の男性でちょっと髪の毛が薄くなってきた程度の人であれば、市販の育毛剤を用いて治療していくのが良いでしょう。
市販の育毛剤にも血行促進効果のあるミノキシジルや男性ホルモンを抑制する効果のあるオウゴンエキスといったような育毛成分が含まれているものもあります。

 

このような育毛剤であれば、初期のAGA治療には十分な育毛効果が期待できます。
また、頭皮の炎症を抑えたり、頭皮に潤いを与える育毛成分が配合されている育毛剤もあります。頭皮環境の乱れが気になる人であれば、このような育毛剤を利用してみるのも良いでしょう。
育毛に必要な栄養分を豊富に含んでいる育毛剤も多く、AGA以外の原因で薄毛になっている人にも育毛効果が期待できるのが市販の育毛剤の強みになります。

 

ハゲ治し隊が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加