抜け毛に効果がある男性と女性の育毛剤ベスト3!

抜け毛を抑えるには、自分の抜け毛の症状やタイプにマッチングした育毛剤を選択することが非常に大切になります。

 

自分の抜け毛の原因に育毛効果をもたらしてくれない育毛剤を選ぶと、抜け毛が減るどころか「時間とお金を無駄にし、さらに抜け毛が多いまま」となってしまいます。

 

この記事では、抜け毛に効果のある男性用、女性用育毛剤を選べるようになる以下の2つの情報がわかります。

 

・自分の抜け毛が発生してしまう原因
・抜け毛対策に対して特に育毛効果が高い育毛剤

 

目次

 

抜け毛対策に効果のある育毛剤ランキング

以下で男性と女性の薄毛改善に、それぞれにおすすめできる発毛促進効果の高い育毛剤を紹介していきます。

 

各育毛剤は、天然由来成分配合で抜け毛に対して高い育毛効果を持っています。

 

できるだけいろんな薄毛の原因に対応できる総合力の高い育毛剤を集め、ランキングにしました。

 

「抜け毛が増えてきたな」と思ったら、少しでも早く育毛剤を利用し抜け毛対策を行いましょう。

 

抜け毛対策が遅れてしまうと、即効性も得られず抜け毛が始まる前の髪や頭皮の状態の改善までに時間がかかってしまうおそれもあるので要注意です。

 

抜け毛対策におすすめ男性用育毛剤ベスト3

男性用育毛剤でおすすめは以下の3つの商品です。

 

・チャップアップ
・イクオス
・ポリピュアEX

 

チャップアップ

医薬部外品チャップアップは言わずと知れた、通販型育毛剤で人気商品です。

 

しかも、チャップアップはハゲや抜け毛対策が出来る美容成分も配合され育毛剤として大いに期待できるのです。

 

チャップアップには以下の3つの有効成分が配合されています。

 

・センブリエキス
・グリチルリチン酸
・ジフェンヒドラミンHC

 

上記の育毛成分の中で血行不良を原因とした抜け毛に対応できるのがセンブリエキスとジフェンヒドラミンHCです。

 

さらに頭皮環境悪化には、センブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCのすべてが対応してくれます。

 

なんとチャップアップに配合されている3つの有効成分だけで、頭皮環境悪化と血流悪化の二つのタイプの抜け毛の原因に対処できるわけです。

 

他にもチャップアップには、以下の8種類の男性ホルモン対策ができる育毛成分もたっぷりと配合されています。

 

・ジオウエキス
・ビワ葉エキス
・ヒオウギ抽出液
・ヒキオコシエキス
・チョウジエキス
・シナノキエキス
・オウゴンエキス
・ボタンエキス

 

抜け毛の原因に対して圧倒的な育毛効果が期待できるのがチャップアップです。

 

チャップアップには初期脱毛などの副作用もないので抜け毛に悩んでいる男性は特に注目してくださいね。

 

使用感もよく定期コースの解約もサポートセンターへの電話1本で可能。

 

定期コースであれば永久返金保証制度もあるため初めて買う人でも安心。

 

価格もお得な設定になっているので初めての人でもお得に購入できます。

 

チャップアップの公式ページを見る

 

このサイト内のチャップアップに関する詳しい情報が知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

イクオス

天然無添加の育毛剤として注目を集める「イクオス」に関しても薄毛予防対策が出来る商品です。

 

しかも、イクオスは特に男性の抜け毛に対して高い育毛効果が認めされているのです。

 

イクオスには独自成分として「アルガス-2」が配合されています。

 

アルガス-2に関しては、ミノキシジル配合育毛剤やキャピキシル5%配合の育毛ローションよりも高い育毛実感が確認されています。(千葉頭皮環境研究会調査データより)

 

男性ホルモンによる抜け毛対策になる育毛成分もオウゴンエキス・大豆エキス・ビワ葉エキス・クララエキス・ヒオウギ抽出液の5種類も配合しています。

 

頭皮環境の悪化による抜け毛のタイプに対しても、イクオスには有効成分のセンブリエキス・グリチルリチン酸2K・ジフェンヒドラミンHCIの3つがしっかりと対応してくれます。

 

他にもコンフリーエキス・ニンニクエキス・クロレラエキスも頭皮環境の改善に役立ってくれる育毛成分です。

 

イクオスには、ジオウエキス・シラカバエキス・ドクダミエキス・天然ビタミンE・マツエキス・ニンジンエキスなどの血行促進成分も多数配合しています。

 

イクオスは2016年に大幅なリニューアルを実施し、配合成分の内容量が31種類から一気に61種類に増えました。

 

これだけボリュームアップした商品は他にはそうそうありません。

 

様々な抜け毛の原因に対して対処できる高機能な育毛剤へと、イクオスは変身を遂げたのです。

 

45日間の全額返金保証付きなので安心です。

 

イクオスの公式ページを見る

 

イクオスに関する詳しい情報を知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

ポリピュアEX

ポリピュアEX独自の新成分であるバイオポリリン酸(酵母エキス)を配合している育毛剤として注目されています。

 

ポリピュアEXに関しても男性の抜け毛の原因に対してしっかりと作用してくれる育毛剤です。

 

ちなみに、ポリピュアEX は、2016年5月現在で300万本も出荷している育毛剤です。

 

多くの方が実際に薄毛治療に愛用している育毛剤なのです。

 

ポリピュアEXに配合されている注目の新成分であるバイオポリリン酸ですが、頭皮の保湿機能があることが分かっています。

 

バイオポリリン酸は、頭皮環境の改善に役立ってくれる育毛成分なので、頭皮の乾燥の影響による抜け毛に悩まされている方には心強い育毛成分です。

 

他にもポリピュアEXには、有効成分として、にんじん抽出液とグリチルリチン酸ジカリウムの2つを配合しています。

 

にんじん抽出液には頭皮の血行を促進する作用があるので血行不良による抜け毛に対応できます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには頭皮の抗炎症作用があるので、頭皮環境の悪化による抜け毛に対応できるのです。

 

ポリピュアEXには、男性ホルモンによる抜け毛に対応できる育毛成分も配合しています。

 

さらにポリピュアEXには、ヒオウギ抽出液を配合しており、男性ホルモンによる抜け毛を促進させてしまう成分ジヒドロテストステロンの生成に対応してくれます。

 

ポリピュアEXに配合されているこれらの育毛成分を、最大限にナノ化(小さく)し、頭皮への浸透力も今までの2倍にパワーアップしています。

 

ポリピュアEXの公式ページを見る

 

ポリピュアに関する詳しい情報を知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

抜け毛対策におすすめ女性用育毛剤ベスト3

女性の薄毛に幅広く対応できるオススメの育毛剤を以下の3つ紹介します。

 

・マイナチュレ
・花蘭咲(からんさ)
・ベルタ育毛剤

 

マイナチュレ

マイナチュレは女性用の育毛剤として広く知られており、他にもシャンプーやコンディショナーなどを同じ商品名でシリーズ展開しています。

 

注目してほしいのが、マイナチュレは女性用育毛剤なのに多くの育毛成分を配合している、という部分です。

 

基本的な女性専用の育毛剤の中には10種類程度しか育毛成分を配合していませんが、 マイナチュレには有効成分3種類・天然植物由来27種類・アミノ酸10種類などたくさんの育毛成分が入っているのです。

 

マイナチュレの育毛有効成分としてはセンブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・酢酸DL-α-トコフェロールが入っています。

 

センブリエキスと酢酸DL-α-トコフェロールには頭皮の血行促進性分があるので、女性に多い血行不良による抜け毛びまん性脱毛症に対応できます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには頭皮の抗炎症作用があるので、頭皮環境の悪化による抜け毛に対処できるのです。

 

女性の抜け毛の原因の一角をなしているといっても良い「頭皮の乾燥肌」などの頭皮トラブルにも対応できます。

 

マイナチュレの主成分はミツイシコンブです。

 

ミツイシコンブには高い保湿性があるとされており、頭皮に潤いをもたらしてくれるのです。

 

他にも、マイナチュレに配合されているセンブリエキスやアロエエキスにも頭皮への高い保湿機能があります。

 

マイナチュレの公式サイトを見る

 

マイナチュレの詳しい情報を知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

花蘭咲(からんさ)

花蘭咲には、天然植物の育毛成分が10種類しか配合されていませんが、その分一つ一つの育毛成分を高配合していることでも知られています。

 

花蘭咲の主成分としては「エビネ蘭」を配合しています。

 

他の育毛剤でエビネ蘭に目をつけているものはほとんどないので、花蘭咲は独自性のある育毛剤といっても良いでしょう。

 

花蘭咲に配合されているエビネ蘭に関しては第117回日本薬学会にて育毛効果があることが発表されています。

 

もともとエビネ蘭は漢方にて血行促進作用があることが知られているので、頭皮の血行不良による抜け毛にも対応できます。

 

さらにエビネ蘭には、頭皮の抗炎症作用もあるので、フケやかゆみに悩んでいる方におすすめの育毛成分なのです。

 

頭皮環境の悪化が原因の抜け毛にも対応できるのが、花蘭咲に配合されているエビネ蘭です。

 

花蘭咲(からんさ)には他にもセンブリエキスや唐辛子チンキが配合されています。

 

その二つの育毛成分には頭皮の血行促進作用があります。

 

花蘭咲は、頭皮の血行不良による抜け毛が発生している女性にとって心強い育毛剤です。

 

花蘭咲には、女性用育毛剤にありがちな頭皮への刺激となる成分の香料や界面活性剤なども配合されていません。

 

着色料も含まれていないので、育毛剤が原因で頭皮環境を悪化させ抜け毛の原因になってしまう、ということも考えられないのです。

 

エビネ蘭の効果を発揮する為に頭皮マッサージをしながら使用するのがおすすめです。

 

花蘭咲の公式ページを見る

 

花蘭咲の詳しい情報を知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は「無添加ナノ育毛剤」と呼ばれています。

 

ベルタ育毛剤は無添加であり、しかも32種類の育毛成分がナノ化され配合しているのが大きな特徴です。

 

育毛成分のナノ化ということですが、要は育毛剤の粒子が細かくなっているということです。

 

育毛剤の育毛成分の粒子が細かくなることで、毛穴よりも小さい育毛成分が毛穴の奥までしっかりと到達できます。

 

ベルタ育毛剤にはセンブリエキス・グリチルリチン酸2K・酢酸トコフェロールの3つの有効成分が入っています。

 

頭皮の血行不良による抜け毛や頭皮環境の悪化による抜け毛予防に対応できます。

 

ベルタ育毛剤は業界最大級の56種類の育毛成分を配合しています。

 

保湿機能のあるヒアルロン酸ナトリウム・水溶性コラーゲン液・サクシニルアテロコラーゲン液・プラセンタエキス・海藻エキスなども、ベルタ育毛剤にはたっぷりと入っているのです。

 

頭皮が乾燥肌による抜け毛にも対応可能です。

 

薬用ベルタ育毛剤には、アミノ酸もたくさん入っており、毛母細胞や毛乳頭に対する活性化作用も期待できます。

 

単なる抜け毛対策だけではなく、頭皮ケアも含め総合的な育毛、養毛にも役立ってくれるのがベルタ育毛剤なのです。

 

牽引性脱毛症だけでなく、びまん性脱毛症に悩む女性にもピッタリです。

 

詳しい商品説明は以下の公式サイトをご覧ください。

 

ベルタ育毛剤の公式ページを見る

 

ベルタ育毛剤の詳しい情報を知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

ここで紹介した育毛剤は、医薬品成分が配合された医薬品ではないためすべて副作用がなく安全な育毛剤なので、副作用が心配な人にもオススメです。

 

育毛剤の副作用の心配に関しては以下のページで詳しく解説しているので、育毛剤の副作用が気になる方は参考にしてください。

 

薬品系の育毛剤の効果と副作用

 

発毛サロンの長春毛精などの人気育毛剤を含めたおすすめランキングは以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

大きく分けた抜け毛の原因

抜け毛が発生する原因には、以下の3つがあります。

 

・頭皮の血行不良
・頭皮環境の悪化
・男性ホルモンの増加

 

男性ホルモンによる抜け毛

女性は発症しない男性特有の抜け毛の原因の1つに、男性ホルモンが原因で発症する男性型脱毛症があります。

 

男性ホルモンによる抜け毛のメカニズムは、以下の流れです。

 

・睾丸から男性ホルモンの「テストステロン」が発生

・体内にある酵素の「5αリダクターゼ」と「テストステロン」が結合

・「ジヒドロテストステロン」が生み出される

・ジヒドロテストステロンが毛母細胞の働きを阻害

・毛母細胞の働きが悪くなることで、毛髪のヘアサイクルが乱れて抜け毛の量が増えてしまう

 

テストステロンは睾丸から発生するので、生涯に渡って分泌され続ける特性があります。

 

そのテストステロンと5αリダクターゼ という酵素が結びついて 生み出された、より強力な男性ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞の働きを阻害することが男性型脱毛症の大きな原因なのです。

 

ただし、誰でもテストステロンと5αリダクターゼの2つの物質が結合してしまうわけではありません。

 

体質によって結合しやすい人と結合しにくい人がいるのです。

 

・ジヒドロテストステロンが発生しやすい人・・・AGAになりやすい体質が遺伝されている人
・ジヒドロテストステロンが発生しにくい人・・・AGAになりやすい体質が遺伝されていない人

 

男性型脱毛症(AGA)は遺伝性のものなので、遺伝されていない人に発生することはありません。

 

また、母方遺伝とされており、母親の家系でAGAの人がいると自身にも発生する恐れがあります。

 

AGAの原因であるジヒドロテストステロンの主な作用は、毛母細胞に対して脱毛を促してしまうというものです。

 

要は、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまいます。

 

通常の成長期の期間は、4年から6年程度とされているのですが、ジヒドロテストステロンの影響を受けた毛根の髪の毛は数カ月から1年で抜けてしまいます。

 

髪の毛が生えたとしても短いスパンで抜けるので、脱毛量が増えてしまうわけです。

 

そういった方は、脱毛予防として男性ホルモンを抑える成分が配合された育毛剤を使用する必要があります。

 

そうすることで、今まで薄毛対策として男性ホルモンによって抜けていた毛が抜けることなく成長するため、ヘアサイクルでいう成長期の髪の毛の寿命を延ばすことが可能になります。

 

育毛剤がヘアサイクルに与える詳しい影響について詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

 

育毛剤を使っても変化なし その場合どうすればよいのか?

 

▲目次に戻る

 

女性にAGAが発症しないのはなぜか?

女性にAGAが発症しないのは、簡単に言ってしまえば睾丸がないからです。

 

女性の体にも男性ホルモンが一切ないわけではありませんが、男性のように大量に分泌させる器官(睾丸)を持っていないため、女性には男性ホルモン「テストステロン」が大量に発生することはありません 。

 

確かに、女性も人によってはAGAの遺伝を引き継いでいることは確かです。

 

しかし、女性はテストステロン量が男性に比べて圧倒的に少ないので、ジヒドロテストステロンが生み出されないのです。

 

例外として、男性ホルモンのテストステロンを女性の体に入れた場合にはAGAが発生する可能性があります。

 

例えば、女性で生まれた方が性同一性障害であった場合にはホルモン治療を受けるわけですよね。

 

そのホルモン治療(男性ホルモンを注射で投与する治療)を受けた結果、女性もAGAが発症してしまう恐れがあります。

 

しかし、自然な状態では女性にAGAは発生しないのです。

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境の悪化による抜け毛

頭皮環境の悪化による抜け毛やハゲは、男性にも発生する可能性がありますが、特に女性に多い抜け毛の原因の一つです。

 

頭皮にフケやかゆみなどの炎症が発生していると、髪の毛を作る細胞に対して栄養がスムーズに送られない状態になってしまいます。

 

本来、髪の毛に使われるべき栄養も、頭皮の炎症の修復に利用されてしまうのです。

 

髪の成長に必要な栄養が、頭皮の炎症の修復に使われてしまうと、 髪の毛が細くなってしまったり、コシがなくなってしまう状況も考えられます。

 

頭皮環境悪化によって髪に使用できる栄養が少なくなれば、毛母細胞や毛乳頭も休眠状態になってしまい、髪の毛の成長がストップして毛が抜けることもあるのです。

 

頭皮の炎症は男性と女性で発症原因が異なっていることが多いです。

 

・男性の頭皮に炎症が起こる原因・・・脂性肌
・女性の頭皮に炎症が起こる原因・・・乾燥肌

 

男性と女性の頭皮では、皮脂の分泌量が大幅に異なっているのです。

 

男性に多く分泌されている男性ホルモンですが、皮脂腺を刺激する役割も持っています。

 

女性はその男性ホルモンが極端に少ないので、皮脂腺があまり活動しません。

 

その男性ホルモンの影響もあり、男性は女性の3倍もの皮脂が分泌されてしまうのです。

 

女性の立場から見ると、男性の3分の1しか頭皮の皮脂が分泌されない状況になってしまいます。

 

頭皮の皮脂の量が多いと、頭皮の菌が大量に繁殖してしまいます。

 

菌は頭皮の皮脂を餌にしているので、大量に食べ物があることで、どんどんと数を増やしてしまうのです。

 

頭皮に菌が多くなりすぎると頭皮の皮膚が負担を受け、結果的に頭皮が炎症に発展してしまいます。

 

ちなみに頭皮ニキビができやすい方は、頭皮にアクネ菌が大量繁殖しているおそれがあるので気を付けましょう。

 

一方で頭皮の皮脂の量が少ないと、乾燥肌になってしまいます。

 

頭皮の皮脂というものは皮膚に潤いを与えて、外部の刺激に耐えられるようにする役割もあります。

 

しかし、女性のお肌には皮脂が少ないので、ちょっと触れただけでも皮膚が損傷してしまいます。

 

たとえば髪の毛をセットする時にクシを頭皮に少し触れさせただけでも、赤くなって炎症を起こしてしまう事があるのです。

 

他にも頭皮のフケが大量に出ているようなケースも抜け毛が増えてしまう原因になります。

 

フケも頭皮が乾燥していることで発生したり、かえって脂性肌になりすぎたりすることで発生することもあります。

 

また、頭皮に合わないシャンプーを利用することで頭皮環境が悪化して抜け毛が増えることもあります。

 

頭皮が乾燥状態になると、紫外線などの外部からの刺激に対して弱くなるため頭皮に炎症が発生し抜け毛が増えやすくなります。

 

脂性肌の人が、頭皮に皮脂を大量に残してしまうと、皮脂が好物な細菌が頭皮に増殖し、頭皮にかゆみやフケなどの炎症が起こり、抜け毛が発生します。

 

シャンプー剤自体に刺激があるものを利用した結果、抜け毛が増えてしまっている方も多いです。

 

スーパーや薬局等で市販されている高級アルコールシャンプーは、洗浄力の高さや頭皮に対する刺激が極めて強いので注意してください。

 

シャンプーを利用して頭皮に痛みを感じた経験がある方は、お肌にシャンプーがマッチングしていない可能性が高いので適切なものに変えるべきです。

 

生活習慣によって頭皮環境の悪化による抜け毛がある人は、頭皮の保湿や、頭皮の皮脂の分泌を抑える頭皮ケア成分、頭皮を殺菌する成分が配合された頭皮用美容液や育毛剤を使った治療法を試すべきです。

 

▲目次に戻る

 

血行不良による抜け毛

血管が収縮してしまったり血液量自体が少なかったりする場合には、血液が髪の毛までうまく巡らずに髪の毛を作る栄養が少なくなってしまうので薄毛になってしまう可能性が出てきます。

 

血行不良による抜け毛は、男性の薄毛の原因になることもありますが、基本的には女性に発症しやすい薄毛の原因となります。

 

血行不良になってしまう原因は人それぞれです。

 

血行不良を引き起こす原因例は以下の5つです。

 

・運動不足
・女性ホルモンの減少
・筋肉量の減少
・食生活の乱れ
・ストレスなど

 

特に血行不良の状態にしてしまいやすいのがストレスの過多です。

 

ストレスには血管を収縮させてしまう作用があるので、血液が流れる量が少なくなってしまいます。

 

ストレスにより血管が収縮することで、血液にある栄養が毛母細胞に送られにくい状態になってしまい、 結果的に毛母細胞や毛乳頭の働きが弱まってしまうのです。

 

女性の薄毛の原因として特に多くなっているのが「更年期障害」です。

 

40代なかばころから閉経に向けての準備段階に入るのが更年期障害ですが、主な更年期障害の症状に女性ホルモンの低下があります。

 

女性ホルモンには、血行を高める機能があるので減ってしまうと血行が悪くなり薄毛の原因となるわけです。

 

更年期障害によって髪の毛が細くなってしまったり、抜け毛が多くなってしまったり、といった症状が出てきてしまいます。

 

女性ホルモンには髪の毛の成長期間を長くする機能もあります。

 

女性ホルモンが少なくなってしまうと髪の毛の成長期間が短くなり、脱毛するまでのスパンが短くなります。

 

結果として、抜け毛や細毛が多い状態になってしまうわけです。

 

ちなみにストレスにはホルモンバランスを乱す作用があります。

 

20代や30代など更年期障害とは関係ない女性であったとしても、ストレス過多になれば女性ホルモンが減少してしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

また、ストレスにより円形脱毛症になってしまった場合は、育毛剤での改善は難しいので病院で医者に診察してもらいましょう。

 

ストレスによる抜け毛の原因と育毛剤の効果

 

▲目次に戻る

 

抜け毛の原因まとめ

ハゲや抜け毛には様々な原因があることが理解してもらえたと思います。

 

抜け毛の原因は単純なものではありません。

 

ホルモンバランスが抜け毛に関わっているケースもあれば、頭皮環境が抜け毛に関わっている可能性もあります。

 

血行不良が抜け毛に関連していることも多いのです。

 

抜け毛の原因が様々あるということは、「この方法であれば必ず抜け毛が改善する」というものがないので、自分の抜け毛の原因にマッチングした育毛対策をねらなければなりません。

 

抜け毛の対策として最もお勧めなのが育毛剤の使用であることは間違いありません。

 

しかし育毛剤に配合されている育毛成分もそれぞれ異なっているため、育毛剤を使用して表れる育毛効果にも様々な特徴があるわけです。

 

育毛効果を最大限に引き出すのであれば、自分の頭皮や薄毛の部位や症状にあった育毛剤を使うことが大事です。

 

まずは自分の頭皮の状態を確認してみて、ホルモンが影響した薄毛なのか、血行が影響した薄毛なのか、ということを調べましょう。

 

その上で育毛剤を選択することが望ましいのです。

 

【自身の抜け毛の原因を確認する方法の一例】
・前頭部や頭頂部のどちらかの部位が薄い・・・ホルモンによる薄毛の可能性が高い
・女性で45歳以上である・・・ホルモンによる薄毛の可能性が高い
・冷え性である・・・血行不良による薄毛の可能性が高い
・血圧が高い・・・血行不良による薄毛の可能性が高い
・慢性的に寝不足である・・・ストレスによる薄毛の可能性が高い(血行不良が関わっている)
・頭皮に炎症が起きている、フケ症である・・・頭皮環境悪化による薄毛の可能性が高い(粃糠性脱毛症)
・乾燥肌or脂性肌or敏感肌である・・・頭皮環境悪化による薄毛の可能性が高い

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加