ストレスによる抜け毛の原因と育毛剤の効果

ストレスによって抜け毛が増えてしまったと感じ悩んでいる方はたくさんいます。

 

職場環境の変化(転勤など)や住環境の変化(引っ越しなど)、さらに人間関係の悩みなどでストレスを抱えてしまい、結果的にそのストレスによる血管収縮作用で髪の毛を作る細胞に栄養が行き渡らなくなってしまいハゲてしまうという事例は多いです。

 

ストレスによる抜け毛は、精神的な影響を受けやすい女性に多く、神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)などと言われることもあり密接に結びついているわけですが、そのストレスと抜け毛の原因が何なのかというものはあまり知られていないでしょう。

 

漠然と「ストレスが高まると抜け毛が増える原因になる」といった認識だけを持っている方が多いのではないでしょうか。

 

以下でストレスと抜け毛の原因を明らかにし、「ストレスによる脱毛には育毛剤が育毛効果を発揮してくれる」という対策方法もお話します。

 

ストレスの影響で薄毛や抜け毛が加速した人は必見です。

 

目次

 

ストレスで抜け毛が増える原因

ストレスで抜け毛が増える原因は以下の6つです。

 

・血行不良が原因
・睡眠障害が原因の抜け毛
・内臓の不調
・円形脱毛症
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレスで起こる亜鉛不足

 

血行不良が原因による抜け毛

ストレスには自律神経を乱す作用があります。

 

自律神経は体の機能をコントロールしているものであり、自分の意志とは関係なく刺激や情報に反応するものです。

 

呼吸をしたり血液を体中に巡らせたり内臓を正常に働かせたりするのが自律神経の役割です。

 

自律神経が乱れてしまうと、交感神経と副交感神経などの神経にも影響を与えます。

 

ホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

その結果、体のバランスが崩れてしまい体調不良に陥ってしまう可能性も出てきます。

 

健康を維持するためには自律神経が整っていなければなりません。

 

※交感神経と副交感神経については、次の「睡眠障害で」詳しく説明しています。

 

その自律神経は血行にも影響を与えています。

 

血流の維持をするためには、自律神経のバランスが良い状態を維持していくことが必須なのです。

 

ストレスによって自律神経に乱れが生じてしまうと、血液の流れが阻害されてしまいます。

 

問題は、血液と髪の毛は密接に結びついている、というところです。

 

髪の毛は、毛乳頭細胞や毛母細胞に栄養を送られることによって生えてきます。

 

その毛乳頭細胞や毛母細胞に栄養を与える役割をしているのが血液なのです。

 

発毛してくるのも、髪の毛の原料(タンパク質やアミノ酸)が血液によって髪の毛を作る細胞(毛母細胞や毛乳頭細胞)に栄養が送られているからです。

 

ストレスには自律神経を乱して血管を収縮させる作用があります。

 

血管が収縮すると流れる血液量が減り、毛乳頭細胞や毛母細胞に送られる栄養も減ります。

 

ストレスによる血行不良は髪の毛の成長スピードの鈍化、抜け毛の促進の原因となる可能性があるわけです。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤の血行促進作用

ストレスが血管の収縮作用や内臓の不調をもたらす原因となり、その結果として血行が阻害されて薄毛や抜け毛が発生してしまうことは述べました。

 

ストレスを日ごろの運動などで解消することができればいいのですが、そうでない場合は育毛剤で血行不良を改善するサポートをすることが重要です。

 

要は、「血行促進作用がある育毛剤を対策方法として利用すればストレスからくる内臓の不調や血行不良による薄毛や抜け毛は防げる可能性がある」のです。

 

そもそも育毛剤の多くには血行促進作用のある育毛成分が配合されています。

 

【育毛剤に配合されている血行促進系の育毛成分例】
・センブリエキス
・ニンジンエキス(オタネニンジンエキス)
・ショウキョウエキス
・酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体)
・唐辛子チンキ
・ニンニクエキス
・ジオウエキス
・イチョウ葉エキス
・クジンエキス
・セファランチンなど

 

頭皮の血行促進作用は育毛剤の主要な育毛効果の一つです。

 

血行促進作用のある育毛成分を複数含んでいる育毛剤も珍しくありません。

 

ストレスが原因の血行不良や内臓の不調により起こる抜け毛で薄毛になっている方には育毛剤による血行促進対策をおすすめします。

 

頭皮の血行促進効果の高い育毛剤を以下のページにまとめています。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

睡眠障害が原因の抜け毛

ストレスが高まると不眠症になってしまいます。

 

ストレスが高まることによって交感神経(昼間などの活動している時間帯に活発化する神経、緊張やストレスを感じているときにも活発化する)の働きが強くなって優位な状態になります。

 

日中に頻繁に活動している交感神経は体に緊張を与えてしまうため、本来であれば睡眠時は交感神経の働きが収まっており、逆にリラックス作用のある副交感神経というものが優位に立っていなければなりません。

 

しかしストレスが高まっていると、いつまでたっても交感神経が優位に立ってしまい、そもそも眠気というものがやってこなくなってしまうのです。

 

通常、睡眠中に分泌された成長ホルモンが発生させるはずの発毛シグナル(IGF-1)が、ストレスからくる睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が減り、髪を作る毛母細胞を活発化させることができず髪の毛が成長しづらくなってしまうのです。

 

個人差があるのですが、基本的に多くの人は寝ている時に髪の毛が最も成長しています。

 

寝ている時に人間の脳からは成長ホルモンというものが特に大量に分泌されます。

 

その成長ホルモンによって我々の身体の細胞は活性化するのです。

 

例えば大人になっても筋肉は成長するわけですが、その筋肉も成長ホルモンの影響を強く受けて増大していきます。

 

成長ホルモンは髪の毛の成長にも深く関わっており、成長促進作用や毛母細胞・毛乳頭細胞の活性化にも役立っています。

 

成長ホルモンが健康な髪を作る効果を持つ理由は2つあります。

 

1つめは、成長ホルモンが髪の主成分であるタンパク質のケラチンを合成してくれることです。

 

成長ホルモンには、食事などから摂取した栄養を髪や身体の各器官を作ったり修復したり、身体を動かすエネルギーとして使用する作用である代謝の促進させる働きがあるので、体内の栄養素を髪の主成分であり髪を成長させるために必要なタンパク質のケラチンに変えてくれるんです。

 

2つめは、成長ホルモンが発毛シグナルを分泌させてくれるからです。

 

成長ホルモンの分泌により肝臓から発毛シグナルIGF-1(インスリン様成長因子-1)が分泌されます。

 

このIGF-1(インスリン様成長因子-1)が髪を作る毛母細胞と毛乳頭を活性化させ血流アップにもつながるのです。

 

このように、成長ホルモンは健康で強い髪の毛を作るには欠かせない要素となっているんです。

 

ちなみに、睡眠不足に陥ると成長ホルモンの分泌が減るだけでなく、さらにストレスが高まります。

 

我々には寝ている時に脳がリラックス状態になってストレスが解消する、といったメカニズムがあるのです。

 

不眠症などの睡眠障害に陥ると、睡眠中にストレスを解消することができずストレスが高まりやすい状態になってしまいます。

 

ストレスは血管を収縮させ血流を悪化させる働きがあるので、血液を使って成長させる髪の毛にとっては髪の毛を作る血液が足りず、髪を弱らせ抜け毛の原因ともなるので要注意です。

 

▲目次に戻る

 

ストレスによる睡眠不足には育毛剤の毛母細胞活性化作用がおすすめ

ストレスが原因の睡眠障害の場合、睡眠時間が減ることによって、睡眠中に分泌している髪の成長や毛母細胞の活性化に関わる成長ホルモンが減少してしまいます。

 

実際に成長ホルモンには、髪に必要なたんぱく質を合成するだけでなく、毛母細胞を活性化させる発毛シグナルも出しています。

 

ストレスによる睡眠障害は、成長ホルモンの分泌を減少させ毛母細胞の働きを悪くしてしまうのです。

 

しかし、育毛剤には毛母細胞活性化効果があるものもあります。

 

【育毛剤に配合されている毛母細胞の働きを活性化させる成分例】
・海藻エキスM-034
・センブリエキス
・ニンニクエキス
・パントテニールエチルエーテル

 

ストレスによる睡眠不足が原因で抜け毛が起きている可能性がある場合は、毛母細胞を活性化させる育毛剤の使用をおすすめします。

 

上記で紹介したストレスによる抜け毛に効果的な育毛剤を使用する際は、育毛剤の血行促進効果や毛母細胞活性化の効果を最大限に高めるために、忘れずに頭皮マッサージしながら育毛剤を塗布することを心掛けましょう。

 

毛母細胞を活性化させる効果のある育毛剤を以下のページでランキングにまとめました。

 

 

▲目次に戻る

 

内臓の不調

ストレスによって内臓の不調が起こると、髪の毛は栄養不足になって薄毛や抜け毛が増えてしまいます。

 

ストレスが高まると自律神経が乱れるわけです。

 

自律神経が乱れると内臓の働きにも不調が生じてしまいます。

 

自律神経には内臓の機能をコントロールする作用もあり、乱れてしまうとその機能を著しく低下させてしまうのです。

 

ストレスがあると下痢になったり便秘になったりした経験はありませんか。

 

自律神経がストレスによって乱れて交感神経が活発化してしまうと、胃液や腸液の分泌が減ります。

 

胃や腸の働きが弱まって便秘がちになってしまいます。

 

実は、体内に入った病気のウイルスなどから体を守る免疫機能は、半分以上が腸内に存在します。

 

そんな腸内が便秘になると食べ物が腸内で腐敗し、腐敗による毒素を腸内から血液を経て全身に送ったり、免疫力が低下し体調不良につながります。

 

このように生命維持にも関わる大事な腸の働きを改善させるために、血液のほとんどは便秘を改善するために使われ、髪の毛を成長させるための血液は後回しにされてしまいます。

 

つまり髪に使う血液が少なくなり髪の成長の鈍化と抜け毛につながるというわけです。

 

我々は腸から栄養を吸収しています。

 

腸によって食べ物などを消化して栄養を血液内に取り込み全身に送り届けているのです。

 

髪の毛の成長に関わっている栄養素も、腸内から吸収されたものです。

 

しかし、ストレスによって腸内の働きが弱まれば消化も吸収もされにくくなります。

 

髪の毛を作るための栄養が身体に取り込まれにくくなってしまうわけです。

 

毛母細胞や毛乳頭細胞に髪の毛を作る栄養が届かなくなり、髪の毛の成長がストップし脱毛が促進されるような状況に陥ってしまいます。

 

▲目次に戻る

 

ストレスと内臓の不調から起こる髪の栄養不足への育毛剤の効果

ストレスからくる内臓の不調による髪への栄養不足には、当然ストレスをなくし内臓の不調を早く改善させ髪に必要な血液を巡るようにする対策方法が第一ですが、育毛剤に配合されている頭皮の血行促進成分と毛母細胞活性化作用が効果的です。

 

上にも書いた育毛剤に配合されるセンブリエキスなどの血行促進成分や、海藻エキスM-034などの毛母細胞を活性化させる作用のある成分が、ストレスと内臓の不調により弱った髪や毛母細胞を活性化させてくれます。

 

ストレスを解消し内臓の不調を治すような生活習慣に変えることが先決ですが、髪の毛と毛母細胞のためにも育毛剤を同時に並行して使用していくことも考えましょう。

 

円形脱毛症の場合

ストレスによる抜け毛が続いてしまうと、円形脱毛症に発展してしまいます。

 

よく円形脱毛症と神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)を混合している人がいますが、どちらもストレスからくる血行不良が原因ですが、髪の抜け方に違いがあります。

 

円形脱毛症は、その名の通りごそっと円形で一気に髪が抜けますが、神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)は円形ではなく徐々にいびつな形となって髪が抜けていきます。

 

円形脱毛症は「自己免疫疾患」が関わっています。

 

要は、免疫システムに異常をきたしてしまうのです。

 

髪の毛を異物と判断して免疫が攻撃を加えてしまい、ごっそりと髪の毛が円形状に抜けてしまいます。

 

ちなみに円形脱毛症の初期段階であれば10円ハゲと言われる状態ですが、進行してくると頭髪すべてが抜けてしまったり、全身の毛が抜けてしまったりするケースもあります。

 

免疫システムも自律神経にコントロールされており、ストレスによって機能が乱されてしまうおそれもあるわけです。

 

ただし、円形脱毛症の原因やストレスとの関係性はまだハッキリとは分かっていません。

 

「ストレスは円形脱毛症の「原因」ではなく、「誘因」要素である」といった指摘もあります(「スキンケア大学」 聖心美容クリニック札幌院 院長 前多一彦先生の記事より(http://www.skincare-univ.com/article/005413/)。

 

円形脱毛症の対策方法は、まずは頭皮の炎症を抑えることです。

 

免疫が過剰に反応して頭皮の皮膚に炎症を起こしているケースがあるので、医療機関や薄毛治療の専門病院でステロイド剤などを処方してもらってください。

 

さらにアレルギーが関わってくることもあるので、抗アレルギー系の医薬品の利用も円形脱毛症の治療方法の一つです。

 

円形脱毛症は自己対策ではなかなか治りません。

 

まずは医療機関や薄毛治療の専門病院で対処してもらうことが肝心です。

 

 

▲目次に戻る

 

ホルモンバランスの乱れ

ストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスの乱れも生じてしまいます。

 

男性型脱毛症になりやすい体質が遺伝されている人は、ストレスによるホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが高まってしまうと抜け毛の進行が早くなる恐れがあります。

 

男性型脱毛症は睾丸から分泌される男性ホルモンの「テストステロン」と、体内にある酵素の「5αリダクターゼ」が結合してできる「ジヒドロテストステロン」が原因でもたらされます。

 

ストレスによってホルモンバランスが乱れるようなことがあると、男性ホルモンのテストステロン過多の状況になりかねません。

 

テストステロンが増えすぎてしまうと、5αリダクターゼとの結合量も増えてしまいます。

 

結果的に分泌されるジヒドロテストステロンが増えてしまい、男性型脱毛症による抜け毛の進行を早めてしまうわけです。

 

男性ホルモンのテストステロンには頭皮の皮脂の分泌量を増やす役割もあります。

 

頭皮には大量の皮脂腺があるので、ストレスが高まると皮脂が大量に分泌され頭皮の炎症などの頭皮環境の悪化を招くこともあるのです(脂漏性皮膚炎)。

 

ストレスは脂漏性脱毛症と呼ばれる症状を引き起こす原因にもなるわけです。

 

※脂漏性脱毛症・・・ホルモンのバランス異常などで過剰に頭皮の皮脂が分泌され、それら(皮脂)が毛穴を塞ぐ事で毛穴周辺部や毛根が炎症を起こし、髪が抜けるという症状を引き起こす脱毛症のこと(Hair-Speciality CENTRALより抜粋(http://www.hair-speciality.com/central/datsumoushou_03.html))

 

▲目次に戻る

 

育毛剤のホルモンバランス調整作用

ストレスによってホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過多になり、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンが増えてしまうことは述べました。

 

そのジヒドロテストステロンは、酵素の5αリダクターゼと言うものと結合することでジヒドロテストステロンになり、抜け毛を促進してしまうのです。

 

育毛剤には、男性型脱毛症の原因の一つである5αリダクターゼの働きを抑制させる成分が配合されています。

 

【育毛剤に配合されている5αリダクターゼの働きを抑制させる成分例】
・オウゴンエキス
・ヒオウギエキス
・ソウハクヒ
・アロエエキス
・柑橘エキス
・ノコギリヤシ・・・育毛サプリメントの成分
・亜鉛・・・育毛サプリメントの成分

 

男性用の育毛剤には基本的に5αリダクターゼの働きを阻害させる育毛成分が配合されています。

 

ストレスによって男性型脱毛症による抜け毛が発生してしまった方の対策には育毛剤はおすすめです。

 

 

また、女性の場合も加齢や更年期が原因で女性ホルモンの分泌が減少すると、相対的に体内の男性ホルモンが占める割合が高くなります。

 

そうなると、女性でも男性ホルモンによる薄毛の女性男性型脱毛症(FAGA)が発症する可能性もあるので、上記のような男性ホルモンを抑える効果のある成分が配合されている女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

 

▲目次に戻る

 

ストレスで起こる亜鉛不足

ストレスが原因の亜鉛不足によって、抜け毛につながることもあります。

 

強いストレスを感じると、活性酸素が体内に多く発生します。

 

活性酸素は体を酸化させる錆びのようなもので、細胞を攻撃し病気の基になってしまう物質です。

 

この活性酸素を排出させるために、体内の亜鉛を消費します。

 

亜鉛には体内で髪の原料となるケラチンを生成する働きがあるので、活性酸素の除去に亜鉛を大量に消費されてしまうと、亜鉛不足となりケラチンの生成ができなくなってしまうんです。

 

結果的に、髪に回される栄養素が少なくなり、細く弱い毛が生えることになってしまいます。

 

ストレスによる抜け毛の増加を感じている人は、亜鉛不足に気を付け亜鉛が配合されている育毛サプリメントを利用するのがオススメです。

 

亜鉛入りの育毛サプリが付いている育毛剤チャップアップがオススメです。

 

 

▲目次に戻る

 

ストレスで髪の毛が抜ける原因まとめ

・血行不良
・睡眠障害
・内臓の不調
・円形脱毛症
・ホルモンバランスの乱れ

 

上記の要因がストレスによる抜け毛に関わっているわけです。

 

注目してほしいのが、「ストレスを解消すること、または血行不良、さらにホルモンバランスの乱れに対応できれば薄毛は改善できる可能性がある」ということです。

 

極力、まずは薄毛の原因であるストレスを運動や趣味などで解消できるように努めましょう。

 

運動自体には、ストレス解消効果だけでなく、血液を送るポンプの役割を持つ筋肉を鍛え、血行促進効果もアップさせることができ、薄毛対策にはもっていこいの方法です。

 

もし、ストレスが原因の抜け毛の根本であるストレス解消が難しかったとしても、頭皮の血行を促進すれば髪の毛が成長しやすくなります。

 

ホルモンバランスの乱れが解消されれば、男性型脱毛症の症状も落ち着き抜け毛も減ります。

 

そもそもストレスには人間関係や仕事、生活習慣など、一朝一夕には解決できないものも多いのです。

 

ストレス対策が難しい場合には、少し視野を広げて育毛対策を実施することが大切です。

 

▲目次に戻る

 

 

育毛剤は頭皮の血行促進とホルモンバランス調整作用がある

 

育毛剤の血行促進作用

ストレスには血管の収縮作用があり、それが原因となって血行が阻害されて薄毛が発生してしまうことは述べました。

 

要は、「血行促進作用がある育毛剤を利用すればストレスによる薄毛は防げる可能性がある」ということなのです。

 

そもそも育毛剤の多くには血行促進作用のある育毛成分が配合されています。

 

育毛剤に配合されている血行促進系の育毛成分例

・センブリエキス
・ニンジンエキス(オタネニンジンエキス)
・ショウキョウエキス
・酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体)
・唐辛子チンキ
・ニンニクエキス
・ジオウエキス
・イチョウ葉エキス
・クジンエキス
・セファランチンなど

 

血行促進作用は育毛剤の主要な育毛効果の一つです。

 

血行促進作用のある育毛成分を複数含んでいる育毛剤も珍しくありません。

 

ストレスによって頭皮の血行不足になり、その影響で薄毛になっている方には育毛剤による血行促進対策をおすすめします。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤のホルモンバランス調整作用

ストレスによってホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過多になり、男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンが増えてしまうことは述べました。

 

そのジヒドロテストステロンは、酵素の5αリダクターゼと言うものと結合することでジヒドロテストステロンになり、脱毛を促進してしまうのです。

 

育毛剤には、男性型脱毛症の原因の一つである5αリダクターゼの働きを抑制させる成分が配合されています。

 

育毛剤に配合されている5αリダクターゼの働きを抑制させる成分例

・オウゴンエキス
・ソウハクヒ
・アロエエキス
・柑橘エキス
・ノコギリヤシ・・・育毛サプリメントの成分
・亜鉛・・・育毛サプリメントの成分

 

男性用の育毛剤には基本的に5αリダクターゼの働きを阻害させる育毛成分が配合されています。

 

ストレスが原因となって男性型脱毛症による抜け毛が発生してしまった方の対策方法には育毛剤はおすすめです。

 

ハゲ治し隊が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性用育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較
チャップアップを試してみた感想と口コミ
育毛剤イクオスの口コミと効果

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加