チャップアップの副作用

育毛剤との付き合いは長くなります。育毛剤を使って1週間や2週間で育毛効果が出るわけではありません。育毛剤を2ヶ月や3ヶ月利用して、やっと髪に変化を感じられるようになるのです。さらに育毛効果が出た場合には、その育毛効果を維持するためにも育毛剤を利用し続ける必要があります。

 

育毛剤は1日に1回塗布して終わりではありません。1日あたり2回の育毛剤を塗布をするタイプがほとんどです。

 

育毛剤とは親密な付き合いをしていかなければならないわけですが、そこで気になってしまうのが育毛剤の安全性です。
こちらでは大人気育毛剤である「チャップアップ」の副作用についてお話します。

 

チャップアップに危険性はあるのでしょうか。それとも安全なのでしょうか。徹底解説します。

 

 

まずはチャップアップの育毛成分から危険度を確認すべし

 

・無添加である
・無香料である

 

育毛剤の副作用として最も出やすいのが、頭皮の肌荒れです。その頭皮の肌荒れをもたらすものとして注意しなければならないのが、育毛剤の添加物と香料なのです。育毛剤の添加物と香料にお肌が反応してしまい、結果的に頭皮に副作用が出てきてしまいます。

 

その点、チャップアップは副作用の問題がありません。無添加でありますし、無香料でもあるのです。チャップアップには危険性のあるものは含まれていない、と考えて間違いありません。

 

・香料なし
・着色料なし
・鉱物油なし
・石油系界面活性剤なし
・パラベンなし
・紫外線吸収剤なし
・シリコンなし

 

このように、チャップアップはこだわりを持って作られていることが分かります。
本来であれば、育毛剤に添加物を入れたいところなのです。育毛剤に防腐剤などを入れることで、品質が保持できます。育毛剤の商品管理に関してもだいぶ楽になります。しかし、チャップアップはそのような考え方は持っていません。利用者の安全を考えて、無添加・無香料を達成したのです。

 

そもそもチャップアップに含まれている有効成分とは?

 

センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
ジフェンヒドラミンHC

 

上記の3つの育毛成分がチャップアップに含まれている育毛有効成分です。育毛有効成分というのは、厚生労働省によって育毛効果が認められているものです。

 

その3つの育毛成分についても、頭皮の副作用として大きな危険性は指摘されていません。

 

・センブリエキス・・・リンドウ科の植物のセンブリのエキス、花・葉・茎・根から抽出したエキス
・グリチルリチン酸ジカリウム・・・甘草の根から抽出された成分、グリチルリチン酸二カリウム(2K)と呼ばれることもある
・ジフェンヒドラミンHC・・・H1受容体拮抗薬のうち、古い第一世代抗ヒスタミン薬に属する化合物のひとつ

 

チャップアップに含まれるセンブリエキスとグリチルリチン酸ジカリウムに関しては、天然由来の成分となっています。植物のエキスを利用したものとなっているので、自然界に存在しているわけです。そういったものを利用して、何らかの副作用が起きてしまう、ということは基本的に考えにくいですよね。

 

問題は、ジフェンヒドラミンHCでしょう。確かに、ジフェンヒドラミンHCは医薬品として利用されています。しかし、医薬品としては飲み薬として利用されていたのです。ジフェンヒドラミンHCは炎症の抑制作用があるとのことで、チャップアップにも利用されています。
ジフェンヒドラミンHCに関しても、強い副作用が出る、といった報告はありません。飲み薬として眠気が出てくる、といったものがありましたが、育毛剤として塗布する分には眠気も出てこないのです。実質的にジフェンヒドラミンHCにも大きな危険性はありません。

 

※ジフェンヒドラミンHCは、眠気の副作用を利用してドリエルなどの睡眠改善薬に利用されています。

 

そもそもチャップアップには副作用を抑制させてくれるような育毛成分が多く配合されている

育毛剤の副作用の多くは、

 

頭皮の炎症
頭皮の痒み
フケの増加
乾燥

 

などとなっています。要は、育毛剤の使用によって頭皮環境を悪化させてしまうような副作用が出てくる可能性が高いのです。実は、副作用に関しても、チャップアップは対策が万全です。

 

チャップアップに含まれるセンブリエキスには、保湿作用があります。グリチルリチン酸には、頭皮の炎症を抑えるような機能があります。ジフェンヒドラミンHCには、頭皮の炎症を抑えたりかゆみを抑えたり、といった効果が期待できるのです。

 

チャップアップには副作用が出てきにくくするような成分が、この他にもたくさん入っています。アルニカエキスやオドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、ローマカミルレエキス、ローズマリーエキス、といったものです。

 

頭皮環境が悪化している状態で育毛剤を利用すると副作用が発生しやすいわけですが、チャップアップに関しては、まずは頭皮環境にしっかりと対処してくれます。副作用を未然に防いでくれる育毛剤、といった評価もできるかもしれません。

 

 

チャップアップは医薬品ではないので危険性は低い

 

チャップアップに医薬成分は利用されていない

発毛剤にはなぜ副作用があるのでしょうか。その理由は、発毛剤に医薬成分が利用されているにほかなりません。

 

現在、発毛剤として国内で認可されているのは、リアップとプロペシアです。リアップにはミノキシジルといった医薬成分が含まれています。プロペシアには、フィナステリドといった医薬成分が含まれています。

 

どちらの医薬成分に関しても、実は発毛効果自体が副作用なのです。ミノキシジルは高血圧の改善薬として作られました。ミノキシジル利用者の頭髪が増える、といった状況が生まれたので、さらに研究開発されて発毛剤として認可されるにいたりました。
フィナステリドに関しては前立腺肥大症の改善薬として作られました。こちらも同じように、頭髪が増える、といった現象が生まれたのです。そこで発毛剤としての研究開発がされて実用化に至りました。

 

よく考えてみると怖くはありませんか。本来の製造目的とは異なる効果として発毛効果があったわけです。それをメインの効果として利用しているのです。発毛剤は副作用が出てくるのも当然、と言っても過言はありません。

 

チャップアップは医薬部外品、といった扱いになっています。チャップアップ発毛剤と同じような医薬成分が含まれているのではないか、と思われていることも事実です。しかし、チャップアップの医薬部外品と発毛剤はまったく異なります。
医薬部外品とは効果が一定以上あると認められた育毛成分を利用しているものです。厚生労働省が認めているのですが、その育毛成分の中には天然の植物エキスもあります。医薬成分とはまったく異なるのです。
だからこそチャップアップの安全性は極めて高い、と判断できるわけです。

 

そもそも発毛剤の医薬成分にはどのような副作用があるのか

 

ミノキシジルについて

ミノキシジルには、頭皮の肌荒れが起こる可能性があります。さらに強引に血管を拡張する機能があるので、低血圧になってしまうこともありえます。

 

チャップアップも塗布型なので頭皮が荒れる可能性はありますが、頭皮環境を良くする育毛成分も含まれているので、頭皮が荒れるリスクは極めて低いです。
チャップアップにも血行促進機能がある育毛成分は含まれています。しかし、チャップアップにはミノキシジルのように血管を強引に拡張してしまうような機能はありません。穏やかな育毛効果しかないのです。チャップアップを利用したら低血圧になってしまった、といった報告もまったくありません。

 

フィナステリドについて

フィナステリドは、性的な副作用が多く報告されています。勃起不全が起こってしまったり、性欲減退が発生してしまったりとの報告が多くされているのです。珍しいところを上げると、睾丸が痛くなってしまう、といったものや女体化が起こってしまった、というものがあります。

 

チャップアップにも男性型脱毛症対策ができるような育毛成分が含まれています。特にチャップアップの育毛サプリメントには、ノコギリヤシといった育毛成分が含まれています。ノコギリヤシは、天然のフィナステリドとも呼ばれるものですが、実際のフィナステリドのような副作用報告はほとんどないのです。ノコギリヤシも植物系のものなので、医薬成分のような強い作用が出てしまうようなことはありません。

 

チャップアップには、プロペシアと同じような育毛効果が期待できるにも関わらず、副作用の心配はほとんどない、ということがわかってもらえたのではありませんか。

 

 

チャップアップ唯一の注意点|体質や肌質によっては注意しよう

 

チャップアップはアレルギー体質の方は問題が起こる可能性あり

いくら安全性が高いとはいえチャップアップには様々な育毛成分が含まれています。その育毛成分の数は数十種類にもなるわけです。その育毛成分の中の一つでもアレルギー症状がでてしまえば、頭皮におおきな問題が起こってしまうかもしれません。

 

アレルギーに関しては、植物エキスでも行ってしまうことはあります。ただし、植物エキスで発生するアレルギーに関してはそれほど確率が高いわけではありません。添加物と比べると極めて稀、といえます。

 

アレルギーに関しては発見が遅れてしまいがちです。髪の毛に隠れていると、頭皮の赤みが発生しても気づかないのです。

 

チャップアップを塗布したら頭皮を確認して下さい。頭皮に赤みが発生している場合には、アレルギーが発症している可能性があります。さらに、頭皮に痒みが出てきたり、フケの量が増えたり、といった症状が出ている場合もアレルギーの可能性が極めて高くなります。

 

チャップアップでアレルギーが発生してしまった場合には、残念ながらチャップアップの利用の継続はできません。アレルギーはなかなか自然に治る、ということはないのです。軽いアレルギー症状であったとしても、継続的にお肌に問題がでてしまうことになります。かえって薄毛になってしまうかもしれません。

 

アレルギー症状に関しては、発生するたびに症状がどんどんと重くなる、といった可能性もあるのです。アレルギーが出てしまったらすぐにチャップアップを洗い流して安静にして下さい。チャップアップは、生命を脅かすようなことは塗布型育毛剤ではありえませんが、気をつけるべきことでもあります。

 

敏感肌の方の利用には気をつけること

チャップアップに問題があるのではなく、肌質に問題がある、というケースになります。
敏感肌の方がチャップアップを利用すると頭皮に痒みや赤みが発生します。

 

敏感肌になっている方は育毛剤の副作用が出やすいので、とりあえずお肌が落ち着くまでは育毛剤の利用をストップしてください。お肌の状況が良くなってきたら育毛剤の利用を再開する、といったことがおすすめです。

 

 

チャップアップの販売会社に副作用を確かめてみた

 

「頭皮が痒くなってしまった」
「頭皮がヒリヒリしてしまった」

 

チャップアップの販売会社によると、今までチャップアップの副作用としては上記のようなものがあがってきている、とのことです。チャップアップには重篤な副作用報告はない、ということがわかりました。
たとえば、チャップアップの影響で抜け毛が促進してしまった、といった報告もないわけです。

 

ちなみに販売会社にチャップアップの安全な利用方法についても聞いてみました。

 

「チャップアップを少量ずつお使いいただければと思っております。」

 

頭皮の感触を確かめるために、まずは少しずつチャップアップを利用する、といった事を勧めているのです。確かに、いきなりチャップアップを大量に利用して、頭皮に問題がこってしまえば大きなダメージを負ってしまうかもしれません。
一方で、少量であれば問題が起こったとしても、強い作用には晒されません。リスクを低減できるわけです。

 

ちなみに、チャップアップ利用前にはパッチテスを行うこともおすすめします。二の腕などを利用してチャップアップを塗布して下さい。その上から絆創膏を貼って1日過ごします。
翌日になって絆創膏を剥がしてみて、赤みなどが発生していなければ、とりあえずアレルギーについては心配ありません。
一方で赤みなどが出てしまった場合には、アレルギーの可能性が出てくるので注意して下さい。

 

 

チャップアップで副作用が出てしまった場合|全額返金サービスの利用方法とは

 

チャップアップ全額返金サービスの利用条件

・チャップアップの注文をしてから30日以内であること
・チャップアップ初回購入であること
・営業時間内(平日の午前10時から午後7時まで)に電話連絡をすること
・電話で連絡をしてから3日以内に商品・保証書・振込口座を記入した用紙・納品書を発送すること

 

上記のすべてをクリアする必要があります。一つでも達成できないものがあると、チャップアップの全額返金サービスの利用はできなくなってしまいます。特に注意して欲しいのがチャップアップの納品書です。チャップアップの納品書は到着時に捨ててしまっているケースが多いので、結果的にチャップアップの全額返金サービスが受けられない事態に陥ってしまう方もいます。

 

チャップアップ全額返金サービスの注意点

・返金が保証されるのは1本のみ(複数購入している場合は、2本目に手を付けた時点で対象外)
・返品の振込手数料、事務手数料は自己負担(一律1,000円)
・送料660円を差し引かれたお金が返金される

 

チャップアップ商品購入にかかったお金のすべてが戻ってくるわけではありません。基本的には、1,660円を差し引かれた現金が戻ってくることになります。
チャップアップを単品購入をした場合には7,400円がかかるわけです。そこから1,660円が差し引かれるので、戻ってくる金額は5,740円となります。

 

チャップアップの定期便を利用している場合には、さらに複雑になります。定期便の次回の発送準備中に入っている状態だと、500円が差し引かれ、さらに商品代金の10%が差し引かれた額が戻ってくることになります。チャップアップの返金サービスを利用する場合には、少しでも早く態度を明らかにすることが肝心なのです。

 

ちなみにチャップアップの定期便を利用して次回発送準備中に入っている時に返金サービスを利用すると、もともとの金額が9,090円です。そこから1,660円が差し引かれ、さらに500円と10%の909円も差し引かれます。結果、6,021円が戻ってくることになるのです。

 

チャップアップ返金サービスを利用する方は多いのか?

チャップアップの返金サービスを利用する人は、ほとんどいません。
そもそもチャップアップは評判の良い育毛剤なのです。

 

使用感満足度指数といったものが発表されているのですが、なんと「97%」にものぼっているのです。良い効果が出ている育毛剤チャップアップの利用をストップする、という方はいませんよね。

 

チャップアップの返金サービスを利用する方は、基本的に体質的に合わなかった方のみです。

 

人気No1

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加