育毛剤に含まれるアルコールは良くない!?配合の理由や効果を解説!

育毛剤には様々な成分が含まれています。

 

有効成分が数十種類含まれていることも珍しいことではありません。

 

血行促進系成分、頭皮改善系成分、男性ホルモン対策系成分などが入っているのです。

 

一方で、「アルコール」や「エタノール」といった表記を見かけることも多いです。

 

アルコールもエタノールも基本的にはアルコールであることには変わりないのですが、なぜ含まれているのか気になったことがあるかと思います。

 

そもそも揮発性の高いアルコールを皮膚に塗布しても平気なのか、といった事を思っている方も多いでしょう。

 

こちらは育毛剤になぜアルコールが含まれているのか、さらにアルコールの問題点やメリットについてもお話します。

 

さらにアルコールが含まれていない育毛剤はあるのか、といったことにも迫ります。

 

目次

 

アルコールが頭皮に与える影響

 

基本的には強い作用は与えないとされているが・・・

アルコールは健康的な肌であれば皮膚に強い作用を与えることはない、とされています。

 

そもそも飲めるほどのものでもあるので、皮膚に大きな悪影響をもたらすことはない、と考えられるのです。

 

しかし、強い作用がないというのはあくまで健康的な頭皮である場合です。

 

頭皮は健康的でしょうか。ニキビができている、といったことがありませんか?炎症ができている、といったことはありませんか?

 

仮に頭皮に傷などができていると、そこからアルコールが染みこんでしまう、といったことが考えられるのです。

 

アルコールには一定の刺激があり、傷ついた皮膚から入り込んでしまうと、一定の影響を与えてしまう、とされているのです。

 

毛乳頭細胞を破壊してしまう恐れについても指摘されることもあります。

 

アルコールは一定の安全性はある、と考えられています。

 

しかし、状況によっては大きな問題が出てきてしまうこともありえるのです。

 

アルコールを含んだ育毛剤を利用する時には、頭皮の状況を確認する、といったことが極めて重要です。

 

▲目次に戻る

 

アルコールの入っている育毛剤は爽快感あり

アルコールには脂肪を溶解させる、といった機能があります。

 

特に男性の頭皮には多くの皮脂があります。

 

アルコールが入っている育毛剤を利用すると、毛穴に詰まってしまった皮脂も溶け出してくる、といった機能があるのです。

 

頭皮から一時的に皮脂がなくなるので、結果的に清涼感が出てきます。

 

男性用育毛剤にアルコールがよく含まれている理由がハッキリと見えてきたのではありませんか。

 

ちなみにアルコールは早い段階で揮発してしまうので、脂肪の溶解能力に関しては時限的です。

 

▲目次に戻る

 

 

アルコールとエタノールの違い

 

エタノールについて

エタノールはアルコールの一種とされています。

 

ですから、「アルコール=エタノール」といった考え方もできます。しかし、アルコールはエタノールとは限りません。

 

アルコールの中にはいくつかの種類があり、その中の一つがエタノールなのです。

 

アルコールはエタノール以外にも、メタノールやプロパノールといったものがあります。

 

ちなみにアルコールの種類によって毒性が強いものとそうでないものがあります。

 

アルコールの中では、メタノールが特に毒性が強いということでも知られており、育毛剤の利用として適していません。

 

メタノールはお酒に利用されていたことがあるのですが、その毒性の影響で失明する方が多かったのです。

 

エタノールについては基本的に安全性が高いとされているので、育毛剤に含まれていても大きな問題を発生させるようなことは考えにくいです。

 

しかし、エタノールも劇物に認定されているので、飲むことは禁止されています。

 

※ちなみにエタノールは酒税がかかるので利用すると費用がかかる、といった特徴があります。

 

一方でメタノールに関しては酒税がかかりません。

 

▲目次に戻る

 

無水エタノールについて

ほぼ100%のアルコールで出てきており、掃除などの利用に適している、とされているものです。

 

汚れが落ちやすいので、油汚れが多い場所のクリーニングに利用されることもあります。

 

無水エタノールはアルコール度数が高いので、揮発性が極めて高い、といった特徴もあります。

 

掃除で利用した場合もすぐに蒸発するので、2度拭きをする必要はまったくありません。

 

近年では、無水アルコールを手作りコスメの生成のために利用している方も増えてきました。

 

可溶化といった機能があり、様々な成分を混ざりやすくしてくれる機能があるのです。

 

育毛剤に含まれている無水エタノールも、入っている成分同士を混ざりやすくするために利用されているわけです。

 

※引火性があるので火気に近づけてはなりません。揮発性があるので密閉して保管しなければならない、といった特徴もあります。

 

▲目次に戻る

 

 

アルコール入り育毛剤の使用を避けた方が良い人

 

アルコールアレルギーのある人

自身のお肌にアルコールアレルギーがあるか、それともないのか、といったことはあまり意識していない方も多いかも知れません。

 

そういった方は、目立たない腕などの部位を利用してパッチテストを行って下さい。

 

育毛剤を塗布して、その部位に絆創膏などを貼って24時間ほど放置するのです。

 

時間が立ってバンソウコウを剥がしてみても特に変化がなかった場合には、アルコールアレルギーではありません。

 

一方で、赤くなっていたり不具合が見受けられたりした場合は、アルコールアレルギーの可能性があるのでアルコール入りの育毛剤の利用は適していません。

 

アレルギーでなかったとしても、肌が弱い方にもおすすめできません。

 

アルコールには一定の刺激があるのです。育毛剤を利用するとなると、1日あたり2回など定期的に頭皮にアルコールが塗布されることになります。

 

そのたびに刺激が与えられるようになってしまうと、日常的に頭皮に炎症が起こってしまう可能性もあります。

 

敏感肌の方は、様子を見てアルコール入りの育毛剤を利用して下さい。育毛剤を利用するたびにかぶれがでている方は、お肌との相性が悪い、といったことも考えられます。かえって薄毛を招く原因にもなりかねません。

 

▲目次に戻る

 

乾燥肌の人

薄毛というと脂漏性脱毛症をイメージする方が多いかもしれません。

 

しかし、実際には乾燥肌に陥っている方も少なくありません。

 

特に注意して欲しいのが、乾燥肌の方がアルコール入りの育毛剤を使ってしまう、ということです。

 

アルコールに関しては脂肪を溶解させる働きがあり、皮膚の天然保湿成分である皮脂を取り去ってしまうのです。

 

乾燥を助長させてしまうことになるので、危険性が増してしまいます。

 

乾燥肌の方はアルコールを含んでいる育毛剤の利用はおすすめできません。

 

アルコールフリータイプの安全性の高い育毛剤の利用をおすすめします。

 

▲目次に戻る

 

パーマやカラーリングをしている人

特に女性の中には、パーマやカラーリングをしている方は多いでしょう。

 

実はそういった方とアルコール入りの育毛剤は相性が極めて悪いことが分かっているのです。

 

パーマ液やカラー時に関しては、アルコールによって溶かされてしまいます。

 

結果的に、早くパーマの効果がなくなってしまったり、色落ちも激しくなったりしてしまうのです。

 

高頻度でカラーリングやパーマを行ってしまえば、それだけ頭皮に大きな影響を与えることにもなりかねません。

 

パーマ液やカラーリング剤で頭皮にアレルギー症状がでてしまうことも十分に考えられます。

 

パーマ液とカラーリング剤のアレルギー発症率はアルコールの比ではありません。圧倒的に発症率が高いのです。

 

仮にアルコール入りの育毛剤で薄毛にならなかったとしても、カラーやパーマで薄くなってしまっては意味がありません。

 

定期的にパーマやカラーリングをしている方は、少しでも頻度を減らすためにもアルコールフリーの育毛剤を活用して下さい。

 

▲目次に戻る

 

妊娠中や出産直後の人

妊娠している時や出産した直後に関しては、普段とホルモンバランスが大きく異なっています。

 

要は、ホルモンバランスが乱れている、といった状態になっているので、皮膚の状態が悪化しやすいのです。

 

そんな状況の時にアルコール配合の育毛剤を利用してしまうと、頭皮に肌荒れが起こってしまいます。

 

肌が通常時よりも敏感になっているので、痛みを発症させてしまうこともありえます。

 

妊娠中は女性ホルモンが高まっているので、それほど薄毛のリスクは有りません。

 

しかし、出産後はホルモンバランスの乱れも影響して産後脱毛、といった状況になってしまいます。

 

最近では高齢出産も多くなっており、産後出産から回復しない事例も増えてきました。そこで出産直後から育毛剤を利用する女性も多いのです。

 

頭皮環境が乱れやすい時期なので、より安全性の高い育毛剤を利用しなければなりません。

 

アルコールフリータイプの育毛剤の利用を検討しましょう。

 

▲目次に戻る

 

40代以降の人

20代や30代に比べて排出される皮脂の量が少ない、といった傾向があるからです。

 

20代や30代の若い時には、皮脂が困るほど出てしまいます。顔もテカテカしてしまいますよね。

 

しかし、40代以降になると、少しずつ排出される皮脂の量が少なくなっていくのです。

 

たとえば若い時は簡単に開けたビニール袋が手に水をつけなければ開けなくなってしまう、といった状態になってしまいますよね。

 

皮脂の量が少なくなってくれば、アルコールの皮脂の溶解作用が特に大きな厄災をもたらします。

 

少ない皮脂がさらに少なくなってしまえば、待っているのは乾燥です。

 

乾燥肌になると、頭皮はちょっとしたことでも傷ついてしまいます。

 

少しかいただけで炎症が起こってしまうのです。痒みが出てきたり、お肌が剥がれることによるフケも発生したりしてしまいます。

 

年齢が高い方で育毛剤を使おう、と思っている方はアルコールが含まれているか否かは確認すべきです。

 

▲目次に戻る

 

 

アルコールの濃度はわからない!?

 

濃度の記載義務がない

育毛剤には「アルコール」や「エタノール」といった表記があります。

 

しかし、どの程度の濃度で含まれているのかまでは記載されていません。

 

実は、入っている成分の表記義務はあるのですが、濃度を記載する義務まではないのです。

 

ですから、育毛剤にどの程度の濃度のアルコールが含まれているのか、といったことは記載されていません。

 

アルコールの配合量を育毛剤の選択材料にする、ということは不可能なのです。

 

▲目次に戻る

 

アルコールの濃度を知る方法はないのか?

お肌に対する刺激で確認する他ありません。そこで出てくるのが、前述したパッチテストです。

 

幾つかの育毛剤をパッチテストして、どの育毛剤が最も刺激が少ないかを試してみましょう。

 

最も影響が少なかった育毛剤が、アルコール濃度が最も低いたタイプの育毛剤、といった判断方法もあるのです。

 

ただ、こちらの方法はあまり現実的とはいえません。育毛剤ですが、1本あたり10,000円から15,000円してしまうようなものもあるのです。

 

決して安いものではないので、いくつも試す、といったことは不可能に近いです。

 

※育毛剤には低価格のお試し品もほとんどありません。

 

アルコールが含まれている育毛剤がどうしても嫌だ、という方は、アルコールフリータイプの育毛剤を利用しましょう。

 

実は圧倒的に数が少ないのですが、アルコールフリータイプの育毛剤も販売されているのです。

 

アルコール濃度がわからないことを気にしている方に関しても、含まれていないものの利用をおすすめします。

 

▲目次に戻る

 

 

育毛剤にアルコールが入っている理由とは

育毛剤には何の目的もなしにアルコールが含まれているわけではありません。

 

実は含めることによるメリットもあったのです。

 

こちらでは、育毛剤に含まれているアルコールの目的を徹底解説します。

 

雑菌の繁殖を抑制させるため

育毛剤は無添加系のものが多いです。

 

添加物の中には防腐剤や殺菌作用のあるものが含まれているのですが、育毛剤の場合は頭皮環境を悪化させないようにするためにも無添加タイプが多くなっているのです。

 

育毛剤に含まれているのは基本的に天然成分が多いので、そのままにしていると、品質が悪化してしまいます。

 

そこでアルコールを加えて品質を維持させているわけです。

 

お酒に関しては、ほとんど賞味期限がない、と言っても良い感じですよね。アルコールには品質を維持させる効果が有るのです。

 

さらにアルコールには殺菌作用もあります。菌は湿気のあるところに発生してしまうので、育毛剤の中にも繁殖してしまう恐れがあります。

 

アルコール消毒、といった言葉もあるように、アルコールには菌を抑制または殺菌させる力があります。

 

育毛剤には基本的に消費期限といったものが設けられていませんが、その理由にアルコールが含まれているから、といったものがあるのです。

 

ただし、アルコール濃度がそれほど高いわけではないのでずっと品質維持ができるわけではありません。

 

開封後はなるべく1ヶ月から2ヶ月で使い切るようにして下さい。

 

▲目次に戻る

 

アルコール入りの育毛剤のすべてが悪いわけではない

説明したように、育毛剤に含まれているアルコールには品質維持の目的があります。

 

確かに、お肌には一定の影響を与えてしまう可能性があります。

 

一方で育毛剤はセット購入すると安い場合もあります。6本セットで販売されているものもあるのです。

 

仮にアルコールが入っておらず、品質維持がしづらい育毛剤であった場合はどうなってしまうでしょうか。

 

菌が繁殖した育毛剤を使うことになってしまうかもしれません。育毛剤の天然成分が劣化して効き目がなくなってしまっているかもしれないのです。

 

「育毛剤のアルコール=悪」と簡単に決めつけてしまうことは出来ません。

 

▲目次に戻る

 

清涼感を高めるため

男性の場合は、頭皮に対して気持ち悪い感覚がある、といった方が多いです。

 

その結果、1日あたり複数回のシャンプーをしてしまうのです。

 

もちろん、シャンプーを高頻度で行ってしまうのは良くありません。頭皮を痛めてしまったり、頭皮の乾燥を招いたりしてしまうのです。

 

育毛剤にはアルコールが含まれていますが、アルコールを利用すると頭皮はすっきりとした感覚になります。

 

ひんやりとした感覚もするのです。清涼感があることで効き目を感じる、といった方もいるので、その目的のために育毛剤が含まれているケースも少なくありません。

 

ちなみに、清涼感があるからといって育毛剤に効果があるとは限りません。あくまでイメージです。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤に配合されている成分を混ざりやすいようにするため

育毛剤には複数の有効成分が含まれていますが、それらの成分が混ざり合いにくいケースも多く報告されています。

 

医薬部外品のような育毛有効成分が多く含まれているタイプに関しては高い効果も期待できます。

 

しかし、せっかくの成分も分離してしまえば、得られる効果も得られなくなってしまうかもしれません。

 

アルコール(エタノール)には、成分を溶解させる、といった機能があります。

 

成分を壊してしまうのではなく、要は複数の成分がまとまりやすくなるのです。

 

水と油は混ざり合いにくいですよね。成分どうしても同じようなケースがあるのです。

 

しかし、アルコールを加えると双方が溶解するので、混ざり合いやすくなる、というわけです。

 

仮に、成分同士が分離してしまっている育毛剤を使うと、すべての成分が効率的に塗布できません。

 

育毛剤を塗布するたびに効果を与えてくれる成分に隔たりが出来てしまうのです。

 

▲目次に戻る

 

皮脂を落とし、育毛剤の浸透力を上げるため

アルコールには脂分を溶解させる、といった機能があります。

 

頭皮にある脂分といえば、皮脂があるわけですが、皮脂の分泌量が多い方は頭皮をコーティングしているような感覚になっているのです。

 

皮脂に覆われてしまった頭皮は、毛穴にも皮脂が詰まっている状態です。

 

そこに育毛剤を塗布したとしても、皮脂に邪魔されて浸透していきません。せっかくの有効成分も台無しな状態になってしまうのです。

 

そこで注目して欲しいのがアルコールの皮脂溶解作用です。

 

毛穴に詰まっている皮脂に対してもアルコールの作用があり、皮脂が溶け出してくれるのです。毛穴にも皮脂がなくなり、そのうえ育毛剤が浸透するようになります。

 

育毛剤には、厚生労働省も認めている有効成分が含まれているケースもあります。

 

【厚生労働省より育毛効果が認められている成分例】
・ミノキシジル・・・医薬成分なので育毛剤には含まれていません。発毛剤に含まれています。
・オウゴンエキス
・センブリエキス
・エビネランエキス
・M-034

 

上記したような成分が皮脂にガードされて毛穴に入り込めなければ、育毛効果を発揮できません。

 

アルコールが含まれていることで、より深い部分まで育毛有効成分が浸透できるようになるわけです。

 

ただ、皮脂を落とし過ぎると乾燥を招くこともあるので、アルコール濃度が高過ぎるのは危険です。

 

▲目次に戻る

 

頭皮の殺菌作用あり

フケやかゆみを抑えることにもつながってきます。

 

特に男性の頭皮のトラブルの多くは、菌の大量繁殖によるものです。

 

頭皮ニキビの発生や頭皮の湿疹に関しては、皮脂が多く分泌されることによって菌がそれを餌として繁殖してしまったのです。

 

菌が頭皮に多くいる状態が続いてしまうと、髪の毛が育ちにくくなってしまいます。

 

アルコールが含まれている育毛剤を利用すると、育毛剤を塗布しながら頭皮の消毒を行っているようなものです。

 

もちろん、それほど濃度が高いわけではないので効果は限定的ではありますが、菌の発生を抑制させる効果が期待できるわけです。

 

頭皮のフケや痒みに悩み続けている、という方はアルコール入りの育毛剤の利用をしてみると状況が良くなるかもしれません。

 

利用を検討してみる価値は十二分にあります。

 

▲目次に戻る

 

アルコールが育毛剤に含まれているワケまとめ

 

・育毛剤の中に雑菌を繁殖させないため・・・品質の維持目的
・育毛剤の消費期限を延ばすため・・・防腐剤の役割を目的としている
・清涼感を高めるため・・・効果やさっぱり感を高める目的
・育毛剤に含まれている成分を混ざりやすくするため・・・加工しやすくするため、育毛剤の効果を高める目的もあり
・育毛剤の浸透力を高めるため・・・育毛剤の効果を高める目的
・頭皮の菌の繁殖を抑制させるため・・・頭皮環境を改善させる目的

 

▲目次に戻る

 

 

アルコールフリーの育毛剤

育毛剤に含まれるアルコールには功罪があることがわかりました。

 

こちらでは二つの育毛剤を紹介します。片方はアルコールが入っていないタイプの育毛剤です。

 

もう一方はアルコールが含まれているものの、他の有効成分がアルコールの悪い部分を打ち消してくれるタイプの育毛剤です。

 

アルコールに注目した育毛剤選びを考えている方は必見です。

 

M-1育毛ミスト

M-1育毛ミストにはアルコールがまったく含まれていません。

 

アルコールフリーの育毛剤なのです。さらに、防腐剤も不使用とされており、完全無添加の育毛剤です。

 

頭皮に対する悪影響を全て取り除いている育毛剤、と言っても良いかもしれません。

 

医薬部外品タイプとなっており、効果も大いに期待できます。

 

育毛シグナルが300%アップした、と話題になっているのです(論文にて発表済み)。

 

コンテストでも受賞するなど(第7回世界毛髪研究会議より)、いま最も勢いのある育毛剤の一つです。

 

M-1

 

▲目次に戻る

 

チャップアップ

無水エタノールが含まれていますが、有効性分のM-034がアルコール成分の悪い部分に対処してくれます。

 

M−034には保湿系の機能もあり、アルコールによる過度な乾燥作用に対処してくれるのです。

 

アルコールの刺激を抑えられる作りになっています。

 

無添加無香料を達成している育毛剤でもあり、頭皮にアレルギーが発生してしまうようなリスクもありません。

 

日本臨床医学発毛協会会長の松山淳氏からも「優秀な成分を含む高品質な育毛剤であることは間違いありません」といった太鼓判を押されているのです。

 

育毛成分も多く含まれていますが、植物などの天然エキスを利用したものです。

 

血行を良くしたり頭皮環境を改善したりと、様々な機能を発揮してくれます。

 

AGAに行かなくても必殺の一本チャップアップ

 

 

ハゲ治し隊が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
育毛剤の選び方
女性の育毛剤の選び方

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加