プロペシアの価格

元々は前立腺肥大の治療薬として開発されたプロペシアは医療用医薬品のため、薬局やドラッグストアなどで購入することができません。

 

プロペシアを購入するには、病院やAGAクリニックでの処方か、個人輸入の3つの方法しかないのです。

 

例をとってAGAクリニックでの男性型脱毛症対策としてのAGA治療薬のプロペシアを使用する場合に、ひと月でかかる費用は以下になります。

 

・プロペシアのひと月あたりの料金・・・7,500円程度
・薬をもらう際の再診にかかる費用(診察料も含まれる)・・・2,000円から3,000円程度

 

育毛薬プロペシアを利用するとなると、ひと月あたり10,000円強の費用は見積もっておかなければなりません。

 

仮に4週間に1度(28日ごと)通うとして、プロペシアの費用を11,000円とすると、1日あたりのコストパフォーマンスは392円になります。

 

それにプラスして交通費がかかってくる可能性もありますよね。

 

バスの代金や電車の代金も上乗せするとなると、それなりの費用が発生するといったことは理解しておかなければなりません。

 

目次

 

AGAクリニックのプロペシアの費用はどの程度かかるのか

AGA治療専門クリニックに関しては、費用がAGAクリニックごとに異なっている特徴を持っています。

 

AGAスキンクリニックやルネッサンスクリニックに関しては、ひと月あたり、4,200円と低額に設定していますが、これにはカラクリがあります。

 

・4,200円というのは初月のみである(2ヶ月目以降は少し高くなる)
・プロペシアではなくフィナステリド錠である(フィナステリド錠は安価なジェネリック品)

 

月々4,200円から薄毛治療が始められるといった広告を掲げているAGAクリニックもありますが、毎月4,200円というワケにはいきません。

 

2ヶ月目以降は5,000円や6,000円以上かかってきます。

 

さらに、正規の国内用のプロペシアではないケースもあるのです。

 

AGAクリニックとしても、ビジネスとしてAGA治療を行っているので少しでも安く手に入るフィナステリド錠を利用しているケースが多くなっています(フィナステリド錠・・・有効成分フィナステリドの含有量については先発医薬品プロペシアと同じで、臨床試験によって安全性も高く発毛効果に関しては差がないとされている)。

 

※プロペシア・・・販売元がメルク社でフィナステリド治療薬
※フィナステリド錠・・・販売元:ファイザー社

 

注意してほしいのが、AGAクリニックでは様々な薬剤を利用した総合的な治療を勧めているということです。

 

AGA治療薬フィナステリド錠のみの治療は、あまり乗り気ではありません。

 

フィナステリド錠だけのハゲ治療を望んだとしても、オーダーダメイド治療法(様々な育毛効果の成分の薬剤を組み合わせた治療方法)を勧誘してくるケースが多く報告されているのです。

 

「4,200円につられてカウンセリングを受けてみたけど、結果的に契約したのはオーダーメイド治療だった」ということもあるわけです。

 

ちなみに、AGAクリニックに関しては初診料や再診料をとるところととらないところがあります。

 

利用したいクリニックがある場合には、事前に各ホームページなどで料金を確かめましょう。

 

※オーダーメイド治療のひと月の料金は、20,000円から40,000円が相場です。

 

▲目次に戻る

 

 

AGA治療に保険は効かない

保険が適用されれば「30%負担でAGA治療を受けられるのでは」と思っている方もいるかも知れませんが、薄毛治療に関しては保険の効かない自由診療で、保険診療ではないので全額負担となるので注意してください。

 

「皮膚科などでプロペシアの処方を受ける分には、保険の適用内ではないの?」と思っている方も多いかもしれませんが、一般の医療機関でプロペシアを処方してもらった場合も全額負担となります。

 

※AGAの治療は厚生労働省が定めた医療保険に適応される症状に含まれていないので、保険適用はされないのです。

 

※例外的に、精神的なものが関わっていたり病気が関わって薄毛になっている場合には、医療費控除であれば適応されることもあります。

 

【費用シミュレーション(一般医療機関の場合)】
・ひと月あたり・・・11,000円のケース
・1年間・・・132,000円
・5年間・・・660,000円
・10年間・・・1,320,000円

 

育毛薬プロペシアのひと月あたりの値段は10,000円そこそこかもしれませんが、10年間で100万円を突破してしまう計算です。

 

仮にこれがAGAクリニックでオーダーメイド治療を受けたとなると、金額が一気に跳ね上がってしまいます。

 

【費用シミュレーション(AGAクリニックでオーダーメイド治療を受けた場合)】
・ひと月あたり・・・30,000円のケース
・1年間・・・360,000円
・5年間・・・1,800,000円
・10年間・・・3,600,000円

 

▲目次に戻る

 

 

個人輸入代行業者を利用すれば安く購入できる

オオサカ堂などの個人輸入通販サイトを利用すれば、日本では販売されていないザガーロや海外の安い薄毛治療薬のジェネリック医薬品フィンペシアなどを送料無料で購入することができます。

 

個人輸入ジェネリックだと、通常のオリジナル薬プロペシアと比べて半額以下で購入できるため、長期で服用することを考えると圧倒的に個人輸入の方がお得になるわけです。

 

ただ、個人輸入はこのようなメリットだけではなく、購入した商品が偽薬の可能性と、副作用が発生した場合のリスクの高さが挙げられます。

 

そのため、このサイトでは価格が安いからといってプロペシアのジェネリック医薬品メーカーの商品を個人輸入して購入することはおすすめしていません。

 

以下の記事で、プロペシアの個人輸入での購入方法のメリット、デメリットについて詳しく解説しているので、参考にご覧ください。

 

プロペシアの購入方法

 

▲目次に戻る

 

 

価格や副作用に心配な人は育毛剤がおすすめ

ここまで解説したようにAGA治療薬のプロペシアの購入には、値段が高いだけでなく医師の処方箋が必要となり、ハードルが若干高くなっています。

 

また、安い価格で購入できる個人輸入代行サイトを利用するとなると、製薬会社以外が製造した偽薬などの粗悪品に当たると言うリスクも捨てきれません。

 

そこで、価格や副作用においての心配がある人は、プロペシアよりも医薬部外品の育毛剤をおすすめします。

 

医薬部外品の育毛剤であれば、価格も安く副作用もないので続けやすくなっています。

 

また、プロペシアのような男性ホルモン抑制効果も持った育毛剤と育毛サプリがセットになった商品もあったり、育毛剤に配合されている成分が80種類も超えている商品もあり、どんな薄毛や抜け毛の原因にも幅広く対応する改善能力も魅力の1つです。

 

育毛剤を使った育毛法について興味がある人は以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤の選び方
育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加