aga治療と育毛剤はどっちがおすすめなのか

AGA(男性型脱毛症)には複数の治療方法があります。

 

中でもメジャーな治療方法が、AGA病院やクリニックなどのAGA専門医療機関でのAGA治療。
もう1つが、通販で購入できる育毛剤での薄毛対策。

 

この記事では上記の2つの治療方法の違いと、いまのAGAに悩んでいるあなたにはどっちの治療方法がいいのかについて解説します。

 

目次

 

AGA治療の選択肢

AGA治療には、大きく分けてAGA治療薬(ミノキシジル、フィナステリド)、自毛植毛、人工毛植毛、育毛剤、増毛があります。

 

AGA治療薬には、発毛効果のある医薬品で男性ホルモンを抑え頭皮の血行促進によって発毛させます。

 

自毛植毛や人工毛植毛の植毛手術は、自分の髪や人工毛をドナーとし、AGAによって脱毛したM字ハゲやつむじハゲに移植していきます。

 

増毛は、育毛サロンによって今ある自分の髪の毛にエクステのようにして人工毛を結び付けていきます。

 

市販の育毛剤は、通販で購入できる医薬部外品の育毛剤とドラッグストアや薬局で購入できる養毛剤やトニックがあります。

 

そのうち、日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインには、AGA治療薬(ミノキシジル、フィナステリド)は推奨度A。
自毛植毛は推奨度B。
人工毛植毛は推奨度C。
育毛剤に配合されている成分塩化カルプロニウム、t-フラバノンの推奨度はC。

 

根拠があり、勧められるのは推奨度Bまで。

 

上記の対策方法は、それぞれメリットデメリットがあるのですぐに治療方法を選択するのは危険です。

 

特に、増毛や植毛はメリットよりもデメリットの方が大きいためおすすめできない方法です。

 

詳しくは、以下のリンクからご覧ください。

 

増毛の費用
植毛のメリット・デメリット

 

このAGA治療方法の中でもおすすめなのが、医薬品によって発毛させるAGA治療薬と副作用なく育毛効果を与えることができる育毛剤での対策方法になります。

 

理由は以下で詳しく解説していきます。

 

▲目次に戻る

 

 

AGA治療におすすめな2種類の方法

AGA治療におすすめな対策方法は、AGAクリニックでの医薬品による治療と医薬部外品の育毛剤です。

 

育毛剤の治療方法と効果

育毛剤でのAGA治療方法は、通販等で購入できる厚生労働省に認可されている有効成分が配合されている医薬部外品の育毛剤を使用します。

 

育毛剤は1日2回、朝と夜に清潔な頭皮に塗布します。

 

育毛剤の育毛効果が表れるまでには、個人差があるものの3ヶ月から6カ月はかかります。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤の効果

育毛剤の使用で得られる効果は、毛母細胞活性化効果、血行促進効果、頭皮環境改善効果、男性ホルモン抑制効果の4つがあります。

 

これらの効果はAGAによる抜け毛を防ぐためには全て必要な効果で、これらの効果を発揮する成分が配合されたタイプの育毛剤を購入する必要があります。

 

センブリエキスなどの有効成分が頭皮の血流を促進することで、毛乳頭の毛母細胞に血液を送り込むことができます。
血液を得た毛母細胞が細胞分裂を活性化し、髪を伸ばす発毛促進効果が得られます。

 

さらに、AGAによる薄毛に一番大事な男性ホルモン抑制効果が得られます。

 

AGAは、男性ホルモンテストステロンと5αリダクターゼが結合し脱毛ホルモンジヒドロテストステロンが発生し、髪を脱毛させます。

 

育毛剤の5αリダクターゼを抑制する成分が、ジヒドロテストステロンの生成を防いでくれます。

 

この2つの効果によってAGAにより髪の毛の抜け毛を守り、髪の栄養となる血液を送ることで発毛促進を促します。

 

頭皮環境改善効果は、フケやかゆみによって増える抜け毛を防ぎます。

 

育毛剤でのAGA治療のメリットは、この総合力の高さになります。

 

▲目次に戻る

 

頭髪専門クリニックでのAGA治療方法と効果

AGAクリニックでの治療方法は、男性ホルモンを抑える内服薬(飲み薬)プロペシアとミノキシジル外用薬(塗り薬)でのセット治療がメインになります。

 

プロペシアとミノキシジルの医薬品は、医師の処方箋が必要です。

 

そのため、月に1回程度の通院が必要になるため通販型の育毛剤と違って購入に手間がかかるというデメリットもあります。

 

▲目次に戻る

 

AGA治療薬の効果

AGA治療薬の効果について解説していきます。

 

プロペシアがAGAの抜け毛の原因である男性ホルモンを抑え、発毛剤リアップにも配合されているミノキシジルで、プロペシアによって抜け毛を防いだ細い髪に血液を送り強く太くしていきます。

 

これらのAGA治療薬は、発毛効果こそ育毛剤よりも高いが性機能に関する副作用や低血圧を引き起こしたりなどの肝機能に影響が出ることもあります。

 

そのため、人によって副作用の起こりやすさも症状の重さも違うため、発毛効果があるからといってすぐにAGA治療薬を選択するのはおすすめできません。

 

AGAクリニックでは、治療の前に無料カウンセリングを受けることができ、血液検査などにより副作用の発生確率を見極めてくれます。

 

AGAクリニックを選ぶ際は、発毛実績とカウンセリングでの親身になってくれるかどうかも念頭に入れて選ぶ必要があります。

 

女性の場合、性機能に影響を与えるプロペシアの使用は不可なので、女性専用の発毛剤やミノキシジルで治療していくのが基本です。

 

AGA治療薬は、副作用が発生する可能性が高いというデメリットに加えて費用が育毛剤よりも高い点も見逃せません。

 

ですが、最近ではプロペシアと成分が同じで価格が安いジェネリック医薬品のフィンペシアもあるので病院でのAGA治療の幅が広がっていることは確かです。

 

個人輸入で安く購入する方法もあるが、粗悪品や副作用が発生した場合、自己責任となるので危険。

 

▲目次に戻る

 

 

AGAには育毛剤とAGAクリニックのどっちがいい?

育毛剤とクリニックでのAGA治療薬のどっちを選択するのがいいのかは、生え際と頭頂部の薄毛の進行具合によって変わってきます。

 

AGA治療は発毛効果が高いが、副作用もあるため、初めてAGA治療を行う人やそれほどAGAの症状が進行していない人は、まずは育毛剤から試すこと。

 

通販で購入できる医薬部外品育毛剤のような極力副作用のない治療方法から始めることが大事なんです。

 

育毛剤を使っても効果がなかったり、育毛剤では手遅れなほど、かなり頭皮が見えるようにハゲてしまっている人はAGAクリニックでの治療が必要になります。

 

副作用のあるAGA治療薬は、AGAに効果のある配合成分の育毛剤商品を試してからでも遅くないと言えるでしょう。

 

このサイト内での口コミや効果、返金保証で比較した育毛剤ランキングは以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング

 

発毛実績の高いAGAクリニックは以下の公式サイトをご覧ください。

 

銀座クリニックの公式サイトを確認する
AGAスキンクリニックの公式サイトを見る

 

AGAクリニックの体験談は以下を読んでみてください。

 

AGAクリニックの口コミ

 

このサイトでの人気の育毛シャンプーランキングは以下の記事をご覧ください。

 

育毛シャンプーランキング

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加