AGA最新治療ヘアメディカルについてハゲ治し隊が徹底解剖!

 

ヘアメディカルのメリット3

ヘアメディカルがよくわからない人のためにメリットについて3つだけ紹介します。

 

1、AGA治療のみを対象にした発毛専門病院

薄毛治療をしている皮膚科などは最近増えてきましたが、発毛専門病院は実はこのヘアメディカルが最初なんです。

 

そんな、さきがけともいえる病院なので、今までの相談件数もかなりの量になります。
過去の治療実績によりできた治療法は、すべてパッケージ化された治療方法ではなくその人にあったオリジナルの治療方法を行っているんです。
なんとその数600パターン以上!

 

今までいろんな相談や症状を見てきた医師がその人の薄毛の原因に合った治療方法を提案してくれます。

 

だから効果が高いんですね。

 

ちなみに、自分は治療が必要なのかわからない…って人もいるかと思います。
そんな人はヘアメディカルの無料カウンセリングなら自分に治療が必要なのかがわかるんです。

 

もちろん治療がいらない場合は無理にすすめられることもないのでその点も安心できますよね。

 

 

2、薄毛になりやすいのかどうかの検査が受けられる

ヘアメディカルでは、アンドロゲンレセプター遺伝子検査・ミネラル検査が受けられます。

 

アンドロゲンレセプター遺伝子検査は、検査によって明確な数値が出されるので自分が遺伝的に薄毛になりやすいのかがわかります。
また、ミネラル検査では髪に必要なミネラルの成分が足りているかを調べることができ、わかりやすく言うと髪の健康診断だと思ってもらえれば結構です。

 

不安な人は、こういった検査を利用してはっきりさせておくのも良いかもしれないですね。

 

 

3、女性専用のクリニックがある

最近増えている女性の薄毛のために、女性スタッフ、女性医師による女性専用のクリニックがあるのもヘアメディカルのメリットの1つです。
スタッフから先生まですべて女性なので恥ずかしがらずに相談できるのがいいですよね。

 

クリニックには女性の皮膚科、精神科、形成外科の専門医がいるのでいろんな角度から薄毛の原因を分析してくれます。
医師による的確なアドバイスがもらえるので安心して髪の相談ができますよね。

 

心配な人は相談だけでも無料なので、気持ちが楽になりますよ。

 

ヘアメディカルの治療の流れ

ここではヘアメディカルに行くとどんな流れで診察してもらえるのかを簡単に説明したいと思います。

 

無料カウンセリング

まずは無料カウンセリング
ここでは治療内容の説明や髪の悩みについて相談できます。

初診

無料カウンセリングで治療を希望すれば、初診に移ります。
ここでは、頭皮の経過をみるための写真撮影や医師による診察になります。

血液検査

次に血液検査です。
薬の処方をしても体に問題がないかの検査のために血液を採ります。
※希望の場合のみ上にも書いた遺伝子検査やミネラル検査が受けられます。

治療開始

検査の結果が出て、薬が問題ないようであれば診察後、薬の処方になります。

 

1回目の薬の処方が終われば、後は月に1回薬の受け取りと診察に通うことになります。

 

女性専門AACクリニック銀座の治療の流れ

 

無料カウンセリング

女性スタッフとのカウンセリングで治療内容や費用の説明をしてもらえます。
どんな治療をするのかきちんと説明してもらえるので安心ですよ。

初診

頭部を写真にとったあと医師による診察があります。
ここで治療が本当に必要なのかがわかり、不要な場合であれば無理に治療を受ける必要はありません。(5000円)

各種検査

薬が体に合っているかの判断をするため血圧測定(5000円)を行う

再診

1週間後に結果が出るので再診します。
検査に問題がないようであれば薬の処方をしてもらえます。
費用15000円〜32000円(薬の処方)

 

 

ヘアメディカルの料金

ヘアメディカルの料金を簡単に説明しておきます。

 

薬のみを処方してもらう治療であれば月額11000円に加えて薬代1か月分6000〜になります。
なので、安くて17000円で通うことができます。

 

薬のみの処方ではなく、診察時に各種検査が必要な場合、アドバンスト発毛治療に切り替わり、初診が10000円。
2回目から診察料・薬代こみで15000円〜32000円になります。

 

血圧測定やマイクロスコープでの頭部診察など薬のみより細かな診察をしてもらえるので、不安な人はこちらがおすすめです。

 

 

ここまで、薄毛専門治療のヘアメディカルについて説明しましたが、ヘアメディカルの良いところはとにかく無料で相談できるところです。
いろんな方法を試したけど効果がなかった人は、AGA治療が必要なのかどうかがわかるので相談だけでもしに行くといいかもしれません。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加