fagaへの育毛剤の効果

最近は男性だけでなく、女性の薄毛(女性型脱毛症)をターゲットにした育毛剤も増えています。

 

男性の場合、男性ホルモンの影響による脱毛症状のAGAが薄毛の原因の90%以上を占めます。

 

女性の薄毛の主な原因は、加齢や生活習慣でのホルモンバランスの乱れによって起こる特定の部分だけが薄くなる女性脱毛症だけでなく頭皮全体の髪が薄くなっていくびまん性脱毛症。

 

他にも、同じ部分を引っ張る髪型により起こる牽引性脱毛症、フケやかゆみなどの頭皮環境の悪化によって起こる抜け毛、過度な食事制限によるダイエットによって髪への栄養が行き渡らなくなる栄養不足での薄毛といった形で、非常に多岐にわたっています。

 

そして、女性の薄毛の原因で、最近急激に増えているのが本来女性が発症しにくいと言われていた男性ホルモンによる生え際のM字部分とつむじ部分が薄くなるFAGA(女性男性型脱毛症)です。

 

ただ、FAGAには女性用育毛剤が高い発毛促進効果を発揮します。

 

今回の記事では、FAGAの原因及び治療法、FAGA対策の脱毛予防に効果のあるおすすめの女性用育毛剤を紹介していきます。

 

目次

 

FAGAの症状と原因

FAGA(女性男性型脱毛症)は、文字通り女性のAGA(男性型脱毛症)になります。

 

AGAは男性特有の薄毛症状であると考えられてきました。

 

AGAの原因は男性ホルモンの活性化です。

 

体内の男性ホルモンの働きが活発化し、その男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることでAGAの症状が引き起こされます。

 

ちなみに、髪の毛を作る毛母細胞に栄養を供給したり、発毛指令を出しているのが毛乳頭細胞です。

 

DHTはこの毛乳頭細胞の働きを阻害します。

 

毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターという部位とDHTが結合すると、毛乳頭細胞から「髪の毛を作れ!」ではなく、「髪の毛を抜けさせろ!」という指令が出るようになります。

 

それによって、引き起こされるのがAGAによる薄毛症状です。

 

なお、毛乳頭細胞に存在するアンドロゲンレセプターは頭頂部・生え際の毛乳頭細胞にのみ存在します。

 

したがって、男性の薄毛の症状と同じようにAGAを発症した女性の薄毛は、頭頂部がはげる「てっぺんハゲ」、生え際が後退する「M字ハゲ」という2つのタイプが代表的なものになります。

 

ちなみに、側頭部や後頭部の毛乳頭細胞にはアンドロゲンレセプターが存在しないため、AGAの影響で薄毛になることはありません。

 

ところで、AGAのそもそもの原因は男性ホルモンの活性化です。

 

実は女性の体内にも少量ですが男性ホルモンが存在します。

 

しかし、通常は女性ホルモンの分泌量が圧倒的に多いため、男性ホルモンがその存在感を示すことはありません。

 

ただし、女性ホルモンは加齢・ストレスといった要因によって、その分泌量が大幅に減少する特徴があります。

 

女性ホルモンの分泌量が減少すると、相対的に男性ホルモンの働きが強まります。

 

その結果として、女性でも男性のAGAと同様のメカニズムで薄毛が進行することがあります。

 

これがFAGAの原因です。

 

ちなみに、加齢によって女性ホルモンの分泌量は減少するため、加齢に伴ってFAGAの薄毛症状が現れるのは分かります。

 

しかし、近年は若い女性でもしばしばFAGAで薄毛になる場合があります。

 

若い女性のFAGAの場合、その原因の一つとしてストレスが考えられます。

 

過度なストレスにより体内のホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンの分泌量が減少した結果、男性ホルモンの割合いが高くなりFAGAによる薄毛症状が現れることがあります。

 

▲目次に戻る

 

 

FAGAへの対策方法

女性のagaであるFAGAの薄毛改善対策としては2つの方法が考えられます。

 

1つ目がAGAクリニックのようなFAGA(女性男性型脱毛症)専門の治療を行っている毛髪クリニックや病院を受診すること。

 

2つ目がFAGAの薄毛対策効果を持つ女性用育毛剤を使うことです。

 

この2つの中でFAGA(女性男性型脱毛症治療)におすすめの方法が、女性用育毛剤を使用する方法になります。

 

FAGA専門の薄毛治療クリニックだと医薬品を使って治療するため、強い副作用があったり、治療費が高くなったりとメリットよりもデメリットも目立ってきます。

 

一方の育毛剤による対策だと、副作用もなく安全な方法で価格も安くFAGA対策ができます。

 

以下に、FAGAに効果のある女性用育毛剤の選び方と、このサイトでピックアップしたFAGAに効果のある女性用育毛剤を紹介していきます。

 

女性用育毛剤

FAGAを自分で治療したいのであれば、育毛剤の使用がおすすめです。

 

最近はFAGA対策効果を持つ女性用育毛剤も増えてきています。

 

その代表例がリアップリジェンヌ。

 

リアップジェンヌはミノキシジル配合で有名なリアップシリーズの女性用商品です。

 

女性用育毛剤は薬機法上で医薬部外品、化粧品に分類される商品が多い中で、こちらのリアップリジェンヌは医薬品として認められています。

 

国の厚生労働省からも高い育毛効果を認められている育毛剤です。

 

リアップリジェンヌをAmazonで確認する

 

ただし、強い医薬成分を使用しているため頭皮に炎症が起きたりする副作用があるため、全員におすすめできる育毛剤ではないのも事実です。

 

そこで、下記で紹介しているFAGAへの効果も高く安全な医薬部外品の女性用育毛剤をおすすめします。

 

▲目次に戻る

 

 

FAGAのおすすめの対策方法

ちなみに、FAGA対策を行う場合、おすすめは育毛剤を用いて治療を行っていく方法です。

 

理由としては女性の場合、男性と違ってM字部分と頭頂部の部分のAGAによる薄毛症状があまり進行していない軽微な場合が多く、育毛剤を使用するだけでも十分に改善効果が見込まれることが挙げられます。

 

また、育毛剤をおすすめするもう一つの理由は副作用が無いこと。

 

例えば、AGAクリニックで用いられるミノキシジル。

 

女性の薄毛治療の場合、ミノキシジルを2%の濃度で配合したロゲインというAGA治療薬が用いられるケースがあります。

 

先ほど紹介した市販のリアップジェンヌでもミノキシジルの濃度は1%。

 

リアップリジェンヌの1%でもデリケートな女性の頭皮には刺激が強いと言われているのに、2%濃度のロゲインであれば、頭皮トラブルの可能性はさらに高くなります。

 

ロゲイン以外にも、クリニックで処方されるAGA治療薬には副作用の心配があるものが多く存在します。

 

したがって、安全にFAGA対策をすすめたいなら、育毛剤を使用するのが良いでしょう。

 

ちなみに、FAGA対策におすすめの育毛剤については後ほど紹介します。

 

▲目次に戻る

 

 

FAGAに効果のある育毛剤の選び方

FAGAに効果がある育毛剤を選ぶ場合、配合成分に注目しましょう。

 

FAGA対策のための育毛剤に求められる働きは下記の3つ。

 

・男性ホルモンを抑えるためのホルモンバランスを整える効果
・抜け毛となっていた髪を成長させるための頭皮の血行を促進する効果
・フケやかゆみによって抜け毛となっていた頭皮環境を改善する効果

 

男性ホルモンによって抜けていたM字部分とつむじ部分の髪を守るには、男性ホルモン抑制効果のある成分が配合された女性用育毛剤を選ぶ必要があります。

 

育毛剤に配合されているホルモンバランスを整える効果を持つ代表的な成分としては、男性ホルモン抑制成分であるイソフラボンを含んだ大豆エキスや、オウゴンエキスの名前を挙げることが出来ます。

 

また、国から育毛効果を認められた有効成分のセンブリエキスは優れた血行促進効果を持っており、FAGAによって成長し切れてなかった髪の毛にも血液を通して栄養を送ることができる注目の成分です。

 

そして、最後が頭皮環境を改善する効果を持つ成分。

 

頭皮環境の悪化を放っておくと髪に栄養がうまく行き渡らず細く抜けやすい毛になり抜け毛の原因になってしまいます。

 

そのため、頭皮環境を改善する頭皮ケア効果のある成分の配合内容もチェックしておきましょう。

 

頭皮環境改善効果のある成分としては、高い抗炎症効果を持つグリチルリチン酸2K、抗酸化作用を持つ酢酸トコフェロール、保湿効果を持つコラーゲン・プラセンタのような成分を挙げることができます。

 

女性のAGAであるFAGAを育毛剤によって改善していくのであれば、これらの成分が配合された女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

FAGAにおすすめの女性用育毛剤

上記ではFAGA治療に効果のある育毛剤の選び方を紹介しました。

 

それを踏まえて、女性用育毛剤をチェックしていくと、FAGAの治療におすすめの女性用育毛剤は4つに絞られます。

 

その4つの育毛剤が、ベルタ育毛剤・マイナチュレ・花蘭咲・長春毛精です。

 

ここからはそれぞれの育毛剤について細かくチェックしていきます。

 

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は女性用育毛剤でも3本の指に入るほど人気のある育毛剤です。

 

ベルタ育毛剤の配合成分数は何と56種類。

 

市販されている女性用育毛剤の中ではトップクラスの配合成分数です。

 

一般に育毛剤の育毛効果は配合成分の数に比例します。

 

その点から考えても、ベルタ育毛剤には非常に高いFAGAへの育毛効果が期待できます。

 

ホルモンバランスの改善・血行促進・頭皮環境改善のいずれに着目しても、優れた育毛成分が配合されており、FAGAへの育毛対策を考えた場合に女性用育毛剤としての死角はありません。

 

どの育毛剤を購入するか決められないなら、まずは最も配合成分が充実しているベルタ育毛剤を試してみるのも良いでしょう。

 

ベルタ育毛剤の公式サイトを見る

 

ベルタ(BELTA)育毛剤 使ってみた口コミと効果のまとめ

 

▲目次に戻る

 

マイナチュレ

マイナチュレという女性用育毛剤は先ほど紹介したベルタ育毛剤と人気を二分している育毛剤です。

 

マイナチュレの配合成分数は51種類。

 

ベルタ育毛剤の56種類には若干劣りますが、女性用育毛剤ではトップクラスの成分配合数を誇ります。

 

また、マイナチュレの配合成分を見ると、ホルモンバランスを整える成分としてオウゴンエキスが配合されていることが分かります。

 

このオウゴンエキス、男性用育毛剤では定番のAGA対策成分です。

 

5αリダクターゼ酵素を抑制して、脱毛ホルモンDHTの生成を防ぐのに優れた効果を発揮します。

 

ただし、女性用育毛剤でオウゴンエキスを配合している商品はほとんど見かけません。

 

オウゴンエキスを配合しているマイナチュレには、FAGAの改善に優れた効果を発揮することが期待できます。

 

なお、マイナチュレは着色料・香料といった添加物が配合されていない無添加の育毛剤で、頭皮に優しいのも大きな特徴です。

 

マイナチュレの公式サイトを見る

 

マイナチュレの口コミ

 

▲目次に戻る

 

花蘭咲

花蘭咲の最大の特徴は、そのネーミングのもとになった「エビネ蘭」から抽出されたエビネ抽出エキスです。

 

ちなみに、花蘭咲の配合成分を細かくチェックすると、血行促進効果を持つ成分が数多く配合されていることが分かります。

 

商品の最大の売りであるエビネ抽出液にも血行促進効果が備わっていますし、それ以外にもセンブリエキス、ニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシン、ユズエキス、トウガラシチンキ、ビオチンといった成分も配合されています。

 

したがって、特にFAGAの女性に多い頭皮の血行の悪化している人におすすめなのがこの花蘭咲です。

 

例えば、冷え性の人は頭皮の血行も悪化している可能性があります。

 

そういった人はぜひ花蘭咲を使ってみましょう。

 

花蘭咲の公式サイトを見る

 

花蘭咲(からんさ)の口コミと評判のまとめ【マイケア】

 

▲目次に戻る

 

長春毛精

和漢12種類の生薬が配合されている育毛剤が長春毛精です。

 

長春毛精は人気育毛サロンバイオテックと中医学の権威である長春中医学院が共同開発した商品で、中国医学の考え方をベースにして作られているという特徴があります。

 

特に頭皮の保湿効果を持つ頭皮ケア成分が充実しており、アロエエキス、米胚芽油、スクワランといった成分が配合されています。

 

また、長春毛精はナノエマルジョン製法によって、育毛成分の小型化を実現。

 

今までの育毛剤では効果を発揮できなかった頭皮環境が悪化して毛穴が詰まっているような人が使っても、しっかりと育毛成分を浸透させることが出来ます。

 

フケ症の人は頭皮が乾燥して、フケで毛穴が詰まっている可能性もあります。

 

したがって、FAGAと頭皮環境悪化による薄毛の症状を併発している女性には長春毛精を使ってみる価値があるでしょう。

 

ちなみに、この長春毛精には多くの育毛剤に存在する返金保証制度がありません。

 

その代わり7日間分のお試しボトルを500円で購入できるため、気になる人はまずお試しボトルを試してみるようにしましょう。

 

長春毛精の公式サイトを見る

 

バイオテック長春毛精

 

▲目次に戻る

 

病院(AGAクリニック)

FAGAの薄毛治療のためにAGAクリニックを受診すると、パントガールのような女性向けの発毛剤や天然成分による栄養成分を調合したサプリメントを処方されることになります。

 

投薬治療がAGAクリニックにおけるFAGAの治療方法の基本です。

 

また、髪に栄養が行き渡らせる血行促進効果を持つミノキシジルの外用薬を処方されることもありますが、男性と違って女性の肌はデリケートです。

 

したがって、刺激のつよい成分であrミノキシジルが頭皮トラブルなどの副作用を起こさないように、その濃度は男性用のミノキシジル外用薬よりも抑えられています。

 

ちなみに、男性のAGAの場合、体内の男性ホルモンを抑えるAGA治療薬としてフィナステリド(プロペシア)を用いるのが定番です。

 

ただ、このフィナステリド、妊娠中の女性の体内に入ることで胎児に障害を引き起こす可能性が指摘されています。

 

そのため、フィナステリドの女性への処方は禁止されています。

 

したがって、女性はフィナステリド以外のAGA治療薬を用いてFAGAの治療を行っていきます。

 

なお、最近は女性専用のAGAクリニックも登場しており、男性と一緒に治療を受けるのには抵抗があるという女性でも、安心して薄毛治療を受けることができます。

 

女性専用AGAクリニックヘアメディカルの公式サイトを確認する

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

AGAへの育毛剤ランキング
agaに効果のある育毛剤
agaに育毛剤が効かないときには
aga治療と育毛剤はどっちがおすすめなのか
agaに効果のある市販の育毛剤

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加