aga治療に育毛剤が効かない3つの理由

aga治療に自分が使用した育毛剤が効かない理由は、以下の3つの原因である可能性が高いです。

 

・自分の薄毛がagaではない
・aga治療に効果的な成分が配合されていない育毛剤を使っていた
・agaへの育毛剤の効果が表れ始める3ヶ月から6か月間使用していない

 

また、aga治療に育毛剤が効かない時の対策方法として以下の3つがあります。

 

・育毛剤を正しい使い方で実践する
・aga治療により効果の高い育毛剤に変える
・aga治療薬を利用する

 

この記事を読めば、育毛剤でagaを改善させる方法と、自分に合ったaga治療の対策方法がわかります。

 

目次

 

aga治療に育毛剤が効かない3つの理由

男性の薄毛の原因の約90%は生え際とつむじがハゲていくAGA(男性型脱毛症)です。

 

AGAによる薄毛にどうやって対処するかは、男性の薄毛を防ぐ上で最も重要なポイントです。

 

AGAの薄毛対策で非常に有効な方法の一つが、AGAの進行を抑える効果を持つ成分を配合した育毛剤を利用することです。

 

特に厚生労働省から医薬部外品に認定されている育毛剤は、AGA対策効果を持つ成分やその他の育毛成分など、有効性の高いさまざまな有効成分を含んでいます。

 

したがって、基本的にはインターネットの口コミなどを見て、AGA対策効果に定評のある市販の商品を購入しておけば、育毛剤でのAGAへの薄毛改善効果は期待できます。

 

ただ、医薬部外品で評判も良い育毛剤を使ったのに、ほとんど発毛効果がみられず改善率が悪くAGAによる抜け毛に効かないケースもあります。

 

この場合、「育毛剤が悪い」とメーカーのせいにしてしまいがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。

 

インターネットの口コミなどで評判の良い商品は、商品を実際に使って髪の毛が生えてきた人達の意見が反映されています。

 

評判がいいなら、それだけの実績があるということ。

 

したがって、まずは自分が使ってみた育毛剤がAGAに効かないと効果を疑う前に、以下で解説する育毛剤が効かない3つの理由に心当たりが無いかをチェックするようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

自分の薄毛の原因は本当にagaかチェック

薄毛になった時にまず確認したいのは、そもそも自分の薄毛の原因が本当にAGAなのかということです。

 

男性の薄毛の原因の約90%はAGAですが、100%ではありません。

 

約10%のケースではAGA以外が原因で薄毛になっています。

 

例えば、生え際やつむじ部分だけでなく全体的に髪の毛が薄くなっているといったケースや10円玉のような円形のハゲが出来てしまったというケース。

 

この場合、前者では髪の毛を作るための栄養の不足や頭皮環境の悪化が原因となっていると考えられます。

 

また、後者は円形脱毛症と言われる薄毛症状で、ハゲの一つの形としてよく知られています。

 

ちなみに、全体的に髪の毛が薄くなっているなら、髪を作るためのアミノ酸やビタミンなどの栄養素や、頭皮の血行を促進し髪の毛根に栄養を行き渡らせる血行促進効果を持つ成分を配合した育毛剤が薄毛の改善に効果を発揮します。

 

また、円形脱毛症の場合であれば、ストレスや自分の髪を間違って脱毛させてしまう自己免疫疾患などの特殊な原因により脱毛してしまいます。

 

そのため、市販の育毛剤では円形脱毛症の原因を改善する成分が配合されていないため、治療効果が見込めず、皮膚科を受診して専門的な治療を受ける必要があります。

 

円形脱毛症の病院での詳しい治療方法は以下の記事で詳しく解説してあるのでご覧ください。

 

 

ちなみに、AGAの薄毛症状には独自の特徴があります。

 

それが薄毛になる箇所が生え際と頭頂部に限定されているということ。

 

ちなみに、生え際の薄毛を「M字ハゲ」、頭頂部の薄毛を「てっぺんハゲ」ということもあります。

 

このM字ハゲとてっぺんハゲの2箇所を中心に薄毛が進行しているなら、その原因はAGAでほぼ決まりでしょう。

 

自分の薄毛の原因がAGAだったのにも関わらず育毛剤を使用して効果が得られなかった場合は、AGAに効果のない育毛剤を使用しているか、効果が表れるまで使用していないかのどちらかしかありません。

 

以下で詳しく解説していきます。

 

▲目次に戻る

 

 

aga治療に効果のある育毛剤を選んだか?

自分がAGAで薄毛になっている場合、AGA治療効果を持つ成分が多く配合されている育毛剤をしっかりと選んで使用できているのかを確認する必要があります。

 

AGAは男性ホルモンであるテストステロンが体内の5αリダクターゼ酵素と結合して、ジヒドロテストステロン(活性型男性ホルモン)に変化することが原因で発生します。

 

このジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターという部位と結合する性質を持っています。

 

ちなみに、毛乳頭細胞は髪の毛を生成する毛母細胞に育毛指令を出している細胞で、育毛における司令塔のような役割を果たしています。

 

この毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターにジヒドロテストステロンが結合すると、「髪の毛を成長させろ!」という指令ではなく、「髪の毛を抜けさせろ!」という指令が出されるようになります。

 

この指令にしたがって、M字部分と頭頂部がどんどん脱毛が進んでいくのがAGAのメカニズムになります。

 

AGA治療の鉄則は、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることです。

 

AGAクリニックなどで処方されるAGA治療薬でも、市販の育毛剤でもこの鉄則は同じです。

 

髪を脱毛させるジヒドロテストステロンが体内で生まれなければ、AGAによる脱毛症状が発生することもありません。

 

AGAの原因であるジヒドロテストステロンを抑える場合、アプローチ方法としては2つあります。

 

1つ目がジヒドロテストステロンの原料となるテストステロンの活動を抑制する、2つ目が原料となる5αリダクターゼ酵素の分泌を抑制するというものです。

 

ちなみに、市販の育毛剤では、女性ホルモンと似た働きを持つ成分をぶつけることで男性ホルモンを抑える働きを持つ成分としてヒオウギ抽出液、5αリダクターゼ酵素を抑制する成分としてオウゴンエキスなどが配合されています。

 

ヒオウギ抽出液には、イソフラボンと呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする成分が大量に含まれており、このイソフラボンがテストステロンの活動を弱める効果を持っています。

 

また、5αリダクターゼを抑制するオウゴンエキスはコガネバナと呼ばれる植物から抽出されたエキスで、AGA対策成分の定番中の定番です。

 

これ以外にもAGAによる薄毛を改善する働きを持つ成分はいくつかありますが、まずはこのヒオウギ抽出液、オウゴンエキスといった定番成分が自分の選んだ育毛剤にきちんと配合されているかどうかをチェックしましょう。

 

薬局やドラッグストアにある成分数の少ないヘアトニックなどの化粧品タイプのような商品だとAGAに効果が得られない可能性が高いです。

 

これらの成分が自分の選んだ育毛剤に配合されていないなら、その育毛剤はAGA治療効果があまり高くないためAGAに効かない可能性があります。

 

その場合は、このページ内の以下のAGAに効果が出ていない場合のおすすめ育毛剤をご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

 

3か月か6か月同じ育毛剤を使用したか?

口コミなどで評判の良い育毛剤を使ってもAGAに芳しい効果が出ない場合、育毛剤を使用している期間が短すぎる可能性があります。

 

そもそも押さえておいてほしいのは、どんなに優れた育毛剤を使ったとしても、薄毛治療効果が現れるまでは一定期間の継続使用が必要になるということです。

 

早くても3ヶ月、普通なら半年程度は同じ育毛剤を使い続けないと、その薄毛治療効果を確認することはできません。

 

その理由としては髪の毛のヘアサイクルが関係しています。

 

参考URL:http://hagenaositai.com/usuge-sikumi.html

 

この記事で解説されているように、育毛剤の効果が働きかけるのは、現在髪の伸びている成長期にある髪の毛だけです。

 

そして、成長期の髪の毛と休止期の髪の毛が全て入れ替わり、すべての髪に育毛剤の影響を与えるまでに、大体3ヶ月〜半年程度の期間が必要になります。

 

これが育毛剤を3ヶ月〜半年程度継続して使い続ける必要がある理由です。

 

ちなみに、もし半年使い続けても全く育毛効果が感じられないなら、その段階で育毛剤の効果に見切りをつけ切り替えるのも良いでしょう。

 

もしくは、頭皮がツルツルな状態や毛量がかなり減り頭皮が透けているような育毛剤の効果が出ないほどAGAの症状が進行している状態であれば、AGA治療を専門で行っているAGAクリニックを受診して、AGA治療薬などを用いた専門的な治療を受けるのもおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

 

aga治療に育毛剤が効かない場合のおすすめ育毛剤

さて、ここまで自分が使用している育毛剤がAGA対策に効かない時に考えられる原因について見てきました。

 

では、実際に自分が使っている育毛剤がAGA対策に効果がなかった場合、どの育毛剤がおすすめなのでしょうか?

 

その答えとして、ここではチャップアップを挙げたいと思います。

 

このチャップアップ、非常に人気のある育毛剤の一つで育毛剤について調べたことがあるなら、名前を聞いたことがある人も多いと思います。

 

チャップアップには、上記で紹介したAGAの原因である男性ホルモンを抑える働きのあるヒオウギ抽出液、オウゴンエキスがしっかりと配合されています。

 

また、これに加えて、AGA対策効果を持つビワ葉エキス、チョウジエキス、ダイズエキスなども併せて配合されており、AGA対策効果を持つ成分は極めて充実しています。

 

また、それ以外にも頭皮の血行促進成分、頭皮環境改善成分、髪の毛のための栄養素などもしっかりと配合しており、総合的に高い育毛効果を発揮できる商品です。

 

加えて、チャップアップは天然成分ベースで作られており、頭皮に非常に優しい育毛剤です。

 

本来なら、男性用育毛剤は頭皮への刺激が強すぎるため、女性が薄毛改善を目的として使うのはおすすめできませんが、チャップアップは女性用育毛剤に負けないくらい頭皮に優しい育毛剤です。

 

AGA治療薬によくある副作用の初期脱毛もなく安全性も高いです。

 

したがって、女性でも使える男女兼用の育毛剤となっています。

 

また、定期コースで購入すれば、価格も7,400円となり、1万円を超える価格帯の育毛剤も多い中で非常にリーズナブルな価格で購入することが出来ます。

 

また、チャップアップの一つの大きな特徴が全額返金保証の期間。

 

チャップアップも他の多くの育毛剤と同様、初回購入分を対象に、全額返金保証の制度を設けています。

 

ただし、チャップアップが凄いのはこの全額返金保証の期間制限を設けていないことです。

 

他の育毛剤では30日間、長くても90日間程度の期間制限があり、それを過ぎると全額返金保証を受けることが出来ません。

 

これに対して、チャップアップは無期限で全額返金保証の適用を受けることが出来ます。

 

全額返金保証が無期限という点には、チャップアップの品質への自信がうかがえます。

 

AGAによるハゲ対策のために育毛剤を使いたいと思っているなら、まずはこのチャップアップを試してみることをおすすめします。

チャップアップの公式サイトを見る

 

このサイト内でのチャップアップに関しての使用方法や体験レビューなどの詳しい情報は以下のページをご覧ください。

 

チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

▲目次に戻る

 

 

どうしても育毛剤がaga治療に効かないならAGAクリニックで治療すべき

さて、ここまではAGA対策効果のある育毛剤の選び方、自分で育毛剤を使ってもAGA対策に効かない、薄毛が改善しなかった場合の考え方と対策方法について述べてきました。

 

ただ、頭皮の毛量がかなり少なかったりツルツルになっているなど、あまりにAGAの症状が激しく進行しているようだと、市販の育毛剤では治療効果が出ない場合があります。

 

この場合は思い切ってAGAクリニックを受診して専門的な治療を受けることをおすすめします。

 

AGAクリニックでのAGA治療法としては、投薬治療が一般的です。

 

医薬品であるミノキシジルやプロペシアといったAGA治療薬を用いて治療を行っていきます。

 

また、頭皮環境が著しく悪化している場合は、殺菌効果に定評のあるケトコナゾールシャンプーが組み合わせて使われることもあります。

 

なお、ミノキシジルという成分は市販の発毛剤であるリアップにも配合されている成分です。

 

ただし、リアップが頭皮に塗布するタイプのミノキシジル外用薬であるのに対して、AGAクリニックで処方されるのは内服タイプのミノキシジルタブレットもあります。

 

一般に外用薬タイプのミノキシジルよりも、ミノキシジルタブレットの方が発毛効果は高いと言われています。

 

ただし、ミノキシジルもプロペシアも副作用があることが分かっており、その使用には細心の注意をはかる必要があります。

 

副作用や耐性のあるAGA治療薬は、医師などの専門家でないと扱いにくくしっかりと相談してから服用する必要があります。

 

特にプロペシアのもとになっているフィナステリドという成分は妊娠中の女性の体の中に入ることで、胎児に障害を与えるという重い副作用が報告されています。

 

フィナステリドは女性が服用しなくても、手で触れるだけでも皮膚から体内に吸収されてしまう医薬成分になります。

 

したがって、パートナーと一緒に暮らしている男性はその管理に十分注意するようにしましょう。

 

ただ、そのような副作用を鑑みても、AGA治療薬であるミノキシジル、プロペシアの治療効果の高さは抜群です。

 

日本皮膚科学会がAGAの治療方針について定めた「男性型脱毛症診療ガイドライン」によると、ミノキシジル、プロペシアのAGA治療効果の評価は「A(行うことを強く勧められる)」という最高の評価になっています。

 

これに対して、市販の育毛剤にAGA対策のために配合されているアデノシンやセファランチンは「C1」、「C2」という非常に低い評価にとどまっています。

 

この結果を見ると、ミノキシジル・プロペシアがAGA治療薬として非常に優れていることがよく分かります。

 

参考:男性型脱毛症診療ガイドライン
URL:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

 

したがって、市販の育毛剤ではなかなか育毛効果が出ないような強力なAGA症状であっても、AGAクリニックで処方されるAGA治療薬であれば十分に治療効果を期待できると言って良いでしょう。

 

このサイトでおすすめしているAGA治療専門クリニックは以下の銀座総合美容クリニックです。

 

銀座総合美容クリニックの公式サイトと、このサイトでの体験談などの詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

AGAへの育毛剤ランキング
fagaへの育毛剤の効果
agaに効果のある育毛剤
aga治療と育毛剤はどっちがおすすめなのか
agaに効果のある市販の育毛剤

 

▲目次に戻る

 

「AGA治療に効くと評判の育毛剤を使ってみたがAGAに効果がなかった」
「育毛剤の使用をやめて別の治療方法を取るべきか、そのまま育毛剤を使い続けた方がいいのか、それとも別の育毛剤を使うべきなのか迷っている」

 

この記事では、そんな悩みを持っている人のために、もしも自分が購入した育毛剤がAGAに効果がなかった場合の対策方法について詳しく解説します。

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加