女性用育毛剤バイオテック長春毛精(ちょうしゅんもうせい)の特徴

長春毛精

 

女性と男性の薄毛になる原因は異なっています。ですから、女性が男性用育毛剤を利用したとしても、良い結果が現れないといったケースが多くなっているのです。女性は、女性用の育毛剤を利用したほうが育毛効果の出る確率が高まります。

 

このページでは、あの育毛サロンで有名なバイオテックの女性用育毛剤である長春毛精(ちょうしゅんもうせい)に関して徹底解説します。果たして、長春毛精にはどのような特徴があるのでしょうか。どのような育毛成分が含まれているのでしょうか。

 

女性で薄毛に悩んでいる方は必見です。

 

 

30代、40代女性の抜け毛の原因

 

女性ホルモンの減少

女性は、30代になると徐々に女性ホルモン量が減少していきます。40代になると更年期障害の時期を迎えることになるので、女性ホルモンが一気に減少してしまいます。

 

女性ホルモンは、血行を促進させる作用があります。さらに、髪の毛の成長期間を長くする機能を持っているのです。

 

髪の毛は血液によって栄養が運ばれて生えてきます。仮に血行不良の状態になってしまうと、髪の毛の元気がなくなってしまうわけです。髪の毛の成長期間が短くなってしまえば、髪の毛が成長し切る前に抜けてしまいます。
その結果、髪の毛が産毛の状態で抜けるような状態になってしまうかもしれません。

 

産後脱毛にも関わる女性ホルモン

妊娠中は髪の毛が抜けなくなりますよね。妊娠している間には、髪の毛が増えているような感覚もあるわけです。
しかし、出産をすると一気に髪の毛が抜けて薄毛になってしまいます。それが「産後脱毛」といった症状です。

 

産後脱毛にも女性モルモンが非常に大きな役割を果たしています。女性は、妊娠中は子供を生むために、より女性らしい機能が必要になります。だからこそ、妊娠中には女性ホルモンをたっぷりと分泌しているわけです。
しかし、出産してしまえば女性ホルモンが必要なくなります。そこで一気に女性ホルモンが減るわけです。妊娠中には、成長期が伸ばされていた髪の毛などが一気に減少するような状態になってしまい、産後脱毛をしてしまいます。頭皮の分け目などの地肌が目立つほどの薄毛になってしまう女性も少なくありません。

 

血行不良が原因の薄毛

女性の場合は、冷え性になる確率が極めて高くなっています。女性は、血液を体中にめぐらせるポンプの役割を持っている筋肉が男性よりも少ないといった特徴があるわけです。その結果血液のめぐりも悪くなり、血行不良を招きます。
髪の毛は血液から栄養を受け取っているので、血行不良になると髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

 

血行不良が原因で、髪の毛が成長しにくくなってしまったり、細くなってしまったり、といった状況を生んでしまいます。

 

ストレスによる血行不良について

近年では、女性の社会進出も当たり前になりました。30代や40代になっても会社でバリバリ仕事をしている女性が多くなったのです。
そんな30代や40代の女性は、ストレスが溜まっています。ストレスには血管を収縮する、といった作用があります。血管を通る血液量が少なくなってしまい、末端の血管まで血液が行き渡らなくなってしまうのです。

 

ストレスが高まっている状態が続いてしまうと、頭皮にも血液が至らなくなってしまいます。ストレスの血行不良により髪の毛を成長するための栄養が足りなくなってしまうので、薄毛が発症してしまうわけです。

 

髪型による薄毛

女性の場合は、髪の毛を縛ることが多いです。そこで発症してしまいやすいのが「牽引性脱毛症」と呼ばれるものです。
ポニーテールやアップスタイル系の髪型をしてしまうと髪の毛が引っ張られてしまい、毛根に対して負担がかかってしまうのです。特に1日中そのような髪型をしている女性は、髪の分け目などが薄くなってしまう確率が高いです。

 

薄毛に悩んでいる女性は髪型にも工夫する、といったことが極めて重要になります。

 

誤ったヘアケアをしている

女性の場合は、髪の毛にそれなりの気を使っていると思います。気を使っているからこそ、薄毛の影響を受けてしまう、といったことが往々にしてあります。

 

  • 頭皮に合わないシャンプーを利用している
  • 頭皮に合わない整髪料を利用している

 

上記のような状態が続いてしまうと、頭皮の負担が大きくなってしまいます。頭皮に強いダメージが与えれると、頭皮の皮脂が過剰分泌されてしまうのです。その結果、頭皮の過剰な皮脂によって毛穴が塞がれてしまい、結果的にフケなどが大量発生したり炎症を引き起こしたりしてしまうのです。

 

頭皮環境が悪化すると、髪の毛に送られるべき栄養が送られなくなります。血液の中の栄養が頭の皮膚の修復に利用されてしまうのです。

 

パーマや毛染めを高頻度で実施している

パーマ液やカラーリング液については、髪に付けるものであって、頭皮につけるものではありません。パーマ液やカラーリング液は非常に強い刺激を持っており、アレルギーを引き起こしてしまうこともあるほどです。
何もパーマやカラーリングを行ってはならない、と言っているのではありません。問題はパーマやカラーリングの頻度です。

 

高頻度で行ってしまうと、定期的に頭皮が刺激の強い溶剤にさらされてしまいます。なるべく頻度を開けて利用すべきです。

 

また、自分でパーマやカラーリングを行うと溶剤が頭皮につきやすいので、美容院などで行ってもらう、といったことも考えるべきです。

 

 

女性用育毛剤長春毛精のメーカーのバイオテックってなに?

 

バイオテックは育毛サロンである

「バイオテック長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」は育毛剤です。ですから、バイオテックは化粧品系の会社ではないのかと思っている方もいるかもしれません。しかし、実際には違います。
バイオテックは、「発毛・育毛専門サロン」となっています。

 

育毛サロンの一つであり、様々な脱毛症を改善してきたという実績も持っているのです。

 

育毛サロンバイオテックの施術内容とは

バイオテックでは、ヘッドスパが実施されます。普段自分で行っている洗髪方法に問題があると、毛穴に皮脂が詰まったままとなっています。バイオテックであれば、エステティシャンがしっかりと頭皮の皮脂を揉み出し洗いをしてくれるので、毛穴の奥に詰まった皮脂もしっかりと洗い流してくれます。

 

頭皮が綺麗になったところで、バイオテック独自の発毛促進剤を塗布します。普段の頭皮よりも浸透性が高まった状態で利用することになるので、育毛効果が得られる確率が高まります。

 

さらに、頭皮にオゾン照射を実施します。頭皮と髪の毛にオゾンを照射することで、丈夫な髪の毛の生成に役立つような状態になるのです。

 

最後に髪の毛に毛髪保護整髪料、といったものを塗布します。髪の毛にとって、紫外線やホコリといったものは大敵です。毛髪保護整髪料を利用すれば、紫外線やホコリから頭髪を守ってくれるわけです。

 

様々な育毛アイテムを取り揃えている

長年に渡り育毛サロンとして活躍しているバイオテックですが、そのノウハウを詰め込んだ各アイテムを取り揃えています。

 

・BIO WITH ONEシリーズ・・・男性用発毛促進アイテム、ローション、シャンプー、トリートメントスキャルプオイル
・AGAIAシリーズ・・サプリメント、シャワーヘッド、ヘアグローブラシなど
・BIMAGEシリーズ・・・女性用アイテム、薬用育毛剤、スカルプケアオイル、シャンプー、トリートメントなど
・薬用ナノ長春毛精(ちょうしゅんもうせい)・・・医薬部外品タイプの育毛剤
・ダネルシリーズ・・・髪と頭皮ケアアイテム、ダネルヘンナ、ダネルインディゴ、ダネルハーブス
・メンズボーテシリーズ・・・スタイルング剤
・GreenGrow シリーズ・・・サプリメント

 

バイオテックで本当に薄毛が改善するのか?

バイオテックは、賛否両論あるわけですが、実際に薄毛が治ったという方もいます。
バイオテックでは男性型脱毛症(AGA)はもちろんですが、頭皮環境悪化による薄毛にも対応しています。ですから、女性の薄毛に対しても一定の育毛効果を有している治療を行える可能性が極めて高いわけです。

 

特にバイオテックでは、重要物質IGF-1といったものに注目しています。毛母細胞の活性化に役立っており、髪の毛の生成に大きく関わっているものです。
バイオテックでは、IGF-1の生成を促す、といったことが出来る施術を行っています。薄毛を根本的に改善させるといったことが期待できるわけです。

 

 

こんな症状に悩む人におすすめの育毛剤

バイオテック長春毛精(ちょうしゅんもうせい)がどんな方におすすめなのか、ということを明らかにしていきます。もしも自分に該当するのであれば、長春毛精を利用してみる価値があるかもしれません。

 

頭皮環境が悪化している女性

・頭皮が乾燥している
・フケが多い
・痒みがある
・頭皮に赤みがあるなど炎症が起こっている
・頭皮ニキビがある

 

上記のような頭皮の症状に悩まされている女性にバイオテックの長春毛精はおすすめです。
長春毛精には頭皮の血行促進系の機能もあるので、頭皮に栄養を与えやすい状態となっているのです。皮膚の損傷も早く改善される可能性があります。

 

また、頭皮のフケや痒みを予防させるような成分もしっかりと含まれていますし、炎症を抑制させてくれるような機能もあります。

 

びまん性脱毛症に陥っている女性

びまん性脱毛症とは血行不良によって引き起こされてしまう薄毛です。局所的に髪の毛がごっそりと抜けてしまうわけではありませんが、全体的に少しずつ薄くなってしまうような症状があります。
びまん性脱毛症を改善させるためには、血行を促進する必要があります。長春毛精には血行促進成分がしっかりと含まれているので、血行不良による薄毛にも対処できるわけです。

 

頭皮がべたついている女性

女性でも頭皮の皮脂の大量分泌が起こってしまっている方はいます。頭皮を触ると指に皮脂がべっとりとついてしまうような方は注意しなければなりません。

 

現状では頭皮に何も問題が起こっていなかったとしても、頭皮の皮脂の大量分泌が起こっているといずれはいづれは頭皮に問題が起こってしまうかもしれません。頭皮の皮脂は菌の餌になってしまうので、オイリー肌な方は頭皮に菌の大量繁殖が起こってしまうかもしれないのです。

 

長春毛精には、頭皮の皮脂の抑制や除去効果のある成分もしっかりと含まれているので、頭皮にベタつきがある方の利用にも適しています。

 

頭皮が敏感肌な女性

頭皮が敏感肌になっていると、ちょっと刺激を与えただけでも赤くなってしまいます。頭皮の炎症が起こりやすい状態となってしまうわけですが、実は育毛剤によって引き起こされてしまう可能性も少なからずあるのです。

 

育毛剤にも刺激が強いものも含まれているので、それらが頭皮に悪さをしてしまうかも知れません。

 

長春毛精に関しては、まず香料が利用されていません。そして着色料も利用されていないのです。アレルギーが特に発生しやすい添加物は利用されていないので、その分安全性が高い、といえます。

 

他の育毛剤を使ってみて、頭皮に問題が起こってしまった経験がある方は長春毛精の利用を検討しても良いかもしれません。

 

逆にどういった女性は長春毛精の利用に適していないのか?

男性型脱毛症(AGA)が発症している方は、長春毛精を利用しても高い育毛効果が得られません。女性向けの育毛剤なので、男性をターゲットとして作られているわけではありません。
例えば、男性でAGAに多い前頭部や頭頂部など局所的に薄毛になっている方が利用したとしても大きな育毛効果は期待できません。

 

ちなみに男性ホルモン対策ができる育毛成分としては、「ヒオウギエキス」や「冬虫夏草エキス」、そして「オウゴンエキス」がありますが、それらが一つも長春毛精には含まれていないのです。

 

男性型脱毛症ですが、基本的に女性が発症することはありません。男性ホルモンが関わっているので、テストステロンがほとんどない女性には発生しないタイプの脱毛症なのです。

 

 

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)の育毛効果

 

抜け毛の抑制

薄毛は、抜け毛が増えることによって開始されることが多いです。通常よりも抜け毛が増えてしまうということは、何らかの現象が身体に起こっている、と考えるべきです。頭皮環境の悪化もありえますし、体内にも何かしらの影響があるかもしれません。

 

長春毛精には、抜け毛を抑制させる機能があります。髪の毛に栄養をたっぷりと送り込むことによって、髪の毛をしっかりと成長させてくれます。さらに頭皮環境を整えてくれるので、髪の毛が生えやすい環境づくりもしてくれるわけです。

 

髪の毛のコシを回復させてくれる

長春毛精は、髪の毛を太くさせるような育毛効果が期待できるわけです。髪の毛が細くなるとコシがなくなってしまいます。髪の毛のボリュームもなくなってしまいますし、地肌が露出してしまうといったことも十分に考えられるのです。

 

髪の毛を太くするためには栄養をしっかりと頭皮の毛穴の奥まで送り込むことが重要です。さらに、毛母細胞を活性化させることも必要になってきます。長春毛精に関しては毛母細胞を活性化させるような機能もしっかりと期待できるので、髪の毛を太く逞しく成長させてくれる可能性が高いです。

 

女性ホルモンの減少に対抗してくれる

長春毛精は塗布タイプなので、皮膚の外から作用を与えるものですが、ホルモンバランスに一定の効果をもたらしてくれるといったことが言われています。和漢植物エキスが利用されており、植物のエキスがホルモンバランスを整えてくれるわけです。

 

長春毛精を使えば自律神経が整い、さらにホルモンバランスも正常化します。産後脱毛や更年期障害による女性の脱毛にも一定の育毛効果が期待できます。

 

女性ホルモンの減少が感じられてきたら、長春毛精の利用を検討しましょう。

 

長春毛精の浸透力に注目

長春毛精は他の育毛剤に比べて浸透力が格段に高いとされています。育毛剤の浸透力は高ければ高いほどよい育毛効果をもたらしてくれます。どんなに育毛効果がある成分を含んでいる育毛剤であったとしても、浸透しなければ育毛の効果は限定的です。

 

長春毛精では、ナノエマルジョン技術といったものを利用しています。なんと有効成分について、100ナノ以下の超絶な微粒子化に成功しているのです。髪の毛の直径の1,000分の1の細かさとなっており、有効成分が頭皮の奥までしっかりと到達できるようになっています。

 

バイオテック長春毛精のナノエマルジョン技術に関しては、独自の特許製法となっているので、他の育毛剤とは得られる育毛効果が大きく異ると判断できます。

 

他の育毛剤を利用していて育毛効果がなかった方は浸透力に問題があったのかもしれません。長春毛精を活用し、頭皮の奥までしっかりと有効成分を行き渡らせてみましょう。いままでの育毛剤とは全く異なる育毛効果が得られるかもしれません。

 

 

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)の成分について解説

 

グリチルリチン酸2kについて

グリチルリチン酸2kは、頭皮環境を改善させる機能を持っている成分です。
グリチルリチン酸2kは、甘草(カンゾウ)から抽出した成分で、グリチルリチンの誘導体といったものです。ちなみにカンゾウは、砂糖の100倍から200倍の甘さがある、とされているものなのです。

 

グリチルリチン酸2kには、抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、頭皮環境を整えるような機能があります。頭皮に炎症が起きやすい方、アレルギー体質の方には利用して欲しい成分の一つです。

 

さらにグリチルリチン酸2kには殺菌作用があります。頭皮に菌が大量に繁殖してしまうようなことがあれば頭皮環境が一気に悪化してしまいますが、長春毛精を利用すれば頭皮の菌の繁殖も抑えられるわけです。

 

ショウキョウエキスについて

ショウキョウエキスは生姜のエキスのことを指しています。ショウキョウエキスの効果は様々あり、血行促進作用や保湿作用、さらに頭皮のフケやかゆみの予防から抗菌作用まであります。

 

女性の薄毛の原因の多くに対応してくれる万能的な働きを持っているショウキョウエキスが、長春毛精にはしっかりと含まれているのです。

 

感光素301号とは

感光素301号は、非常に珍しい成分といえるかもしれません。医薬部外品の有効成分の一つであり「カタナール」とも呼ばれています。

 

感光素301号には、様々な育毛効果があるとされていますが、特に注目すべきは毛周期に関するものです。髪の毛の周期ですが、薄毛の方は成長期が著しく短くなっているケースが多いのです。その結果、髪の毛の抜けている期間が長くなってしまい、薄毛になってしまいます。

 

感光素301号には毛周期を正常化させる機能があるとされています、要は、髪の毛の成長期間を長く出来るというわけです。ヘアサイクルが乱れてきている女性は感光素301号の含まれている長春毛精の利用が適切です。

 

感光素301号の機能はヘアサイクルの正常化だけではなく、フケの予防効果もあります。
感光素301号は、非常に珍しいネーミングですが、危険性があるわけではありません。安全性の極めて高い成分であることも知られています。

 

ニンジンエキス

ここでいうニンジンエキスは、一般的なスーパーマーケットで手に入るようなものではありません。高麗人蔘などを指しているのです。

 

ニンジンエキスの効果としては、代謝機能の促進や血行促進、肌荒れの防止やフケの防止、といったものもあります。

 

漢方の世界ではニンジンエキスは万能薬とされています。さらにアンチエイジング効果もあるとされており、特にサポニンでお馴染みである主成分の「ジンセノサイド」に注目が集まっています。

 

ニンジンエキスは、「オタネニンジンエキス」、「オタネニンジン根エキス」と呼ばれることもあります。

 

酢酸トコフェロールについて

酢酸トコフェロールと聞くと、よくわからないネーミングに聞こえるかもしれませんが、ビタミンEの事を指しています。酢酸トコフェロールには血行促進作用があるので、お肌の活性化や髪の毛の成長力を高めるような機能があります。
抗酸化作用もあり、アンチエイジング効果も期待されているのです。ちなみに、頭皮のフケやかゆみといったものの予防効果も期待できます。

 

酢酸トコフェロールは安全性の高い成分として知られており、育毛剤だけではなく他にも様々な化粧品に含まれています。

 

大豆たんぱく水解物について

大豆たんぱく水解物は、育毛剤に含まれている成分としては非常に珍しいです。アミノ酸を主成分とされており、単純な加工で製造されています。添加物には分類されておらず、食品に分類されます。

 

大豆たんぱく水解物の持っている機能としては、保湿などがあります。頭皮環境を整えるために役立ってくれる成分なのです。

 

長春毛精には危険な成分が含まれていないのか?

長春毛精にはパラベンが含まれています。パラベンは添加物であり、防腐剤として利用されています。

 

パラベンについては、抗菌性が高いのですが、毒性が低く利用しやすい、といったメリットがあります。

 

刺激はそれほど強いものではありませんが、中には頭皮に問題が起きてしまう方もいるので注意しましょう。

 

他には長春毛精にはアルコールである「エタノール」が利用されています。しかし、エタノール濃度はそれほど高くないので心配する必要はありません。

 

 

今なら長春毛精が初回500円で購入可能

 

モニター参加で長春毛精を圧倒的に安く利用できる!

バイオテックの薬用育毛剤長春毛精ですが、たっぷり14日分が入ってたったの500円(税抜き)で利用可能です。しかも、送料無料となっていますし、「育毛はじめて読本」までプレゼントしてもらえます。

 

ただし、毎月先着5,000名様限定となっているので早く申し込みを行ってください。
また、1家族あたり1セット限りとなっているので、その点も注意してください。

 

長春毛精の都度購入価格

・育毛剤 長春毛精(約2ヶ月分) ・・・7.128円(税込み)

 

上記の値段は一般価格となっています。バイオテックのサロンメンバーであれば、6,480円で購入ができます。
長春毛精の1ボトルあたり2ヶ月分となっているので、1日あたりのコストパフォーマンスは約119円(一般価格)となっています。

 

長春毛精の定期購入価格

・育毛剤 長春毛精(約2ヶ月分) ・・・6,480円(税込み)

 

長春毛精の都度購入価格よりも648円お得に利用できます。長春毛精が2ヶ月に1回配送されてくるシステムとなっており、2ヶ月に1回わざわざ注文する必要もありません。自動的に配送されるシステムとなっているのです。

 

長春毛精を定期購入した場合の1日あたりのコストパフォーマンスですが、108円となっています。育毛剤のコスパとしては最高峰と言っても良いかもしれません。経済的な育毛剤です。

 

長春毛精の3本セットの購入価格

・育毛剤 長春毛精(約2ヶ月分)(3本セット)・・・19,926円(税込み)

 

長春毛精の1本あたりの料金は6,642円となります。定期購入価格よりは若干高めの設定となりますが、都度購入をするよりはお得になっています。

 

長春毛精3本セットの1日あたりのコストパフォーマンスは、約111円です。

 

長春毛精

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加