病院で処方されている薄毛対策用の育毛剤のメリット・デメリット

薄毛を改善させる医薬品がいくつかでてきています。臨床試験(医薬品を販売前に効果や副作用について確認するテスト)を経ているので、薄毛に対する高い発毛効果が期待されているわけですが、実はメリットとデメリットがあるのです。

 

今回は、AGA治療薬でもある発毛剤の真実に迫ります。頭髪専門の病院であるAGAクリニックや皮膚科で処方されている薬と一般的に販売されている育毛剤との比較も行います。

 

AGAクリニックや皮膚科で処方される医薬品系の発毛剤を利用するか、それとも市販で購入できる育毛剤を利用するかで悩んでいる方は、自分に合う育毛剤が見つかると思うので必見です。

 

 

病院の頭髪治療と育毛剤はどちらのほうがおすすめ?

 

市販の育毛剤のメリットとデメリット

 

メリット

・安い
・副作用がない
・最新育毛成分が次々と生み出されている

 

<市販の育毛剤の価格について>
市販の育毛剤の価格も千差万別ですが、平均化すると、ひと月あたり5,000円から10,000円程度なのです。比較的低価格で育毛が出来るので、経済的に負担の少ない育毛対策を望んでいるという方にはおすすめです。

 

<市販の育毛剤の副作用について>
市販の育毛剤には、基本的に天然成分が含まれています。頭皮に刺激の少ない植物エキスを利用しているので、頭皮に大きな負担をかけてしまう、ということは考えにくいです。
市販の育毛剤の中には、皮脂の過剰分泌や、ふけやかゆみなどの頭皮環境を改善させるような成分も含まれているので、頭皮の荒れなどの副作用を未然に防いでくれるような育毛剤も存在しているのです。

 

※育毛剤の中には防腐剤や着色料、そして香料といった添加物を一切含んでいないものもあります(添加物はアレルギーを発症させる恐れあり)。

 

<市販の育毛剤の最新育毛成分について>
ひと昔前の育毛剤と今の育毛剤を一緒のものだとは思っていませんか?
近年の市販の育毛剤は、昔の育毛剤とは全く異なります。新しい有効な育毛成分が次々と生み出されているのです。

 

・キャピキシル
・ピディオキシジル
・M-034
・バイオポリリン酸

 

上記のような、一昔前では存在しなかった育毛成分が含まれている育毛剤が非常に多くなりました。さらに、近年の育毛剤は頭皮環境を正すなどの頭皮の表面上への効果だけでなく、毛穴の奥の細胞に対する働きかけ、というものにも目を向けているのです(毛母細胞を活性化させる効果など)。頭皮の上から血行を良くする、というような機能だけではなくなってきたんですよ。

 

デメリット

・病院でできる頭髪治療ほどの育毛効果が期待できない

 

<育毛効果が限定的である>
通販などで購入できる市販の育毛剤の場合は、医薬部外品であり薬ではないため、医薬成分を配合できないといったネックがあります。つまり医薬部外品の育毛剤には、医薬品の育毛剤である、ミノキシジルやプロペシアを含んではならないため、育毛効果もその分医薬品の育毛剤に比べて期待できないのです。
最近販売されている数が増えてきている医薬部外品タイプの育毛剤は、厚生労働省が認める有効成分が含まれているだけで、医薬成分を高濃度で含んでいるわけではありません。

 

中にはしっかりとした試験を行っている育毛剤もありますが、しっかりと臨床試験を行ってから販売される医薬品の育毛剤と違い、すべての育毛剤の効果が確約されているわけではないのです。

 

 

病院で処方される育毛剤のメリット・デメリット

 

メリット

・市販の育毛剤よりも高い効果が期待できる

 

<病院の育毛剤の効果について>
AGAクリニック(病院)では、育毛効果が高い治療が受けられます。
AGAクリニック(病院)でメインで利用されているのが、ミノキシジルとプロペシアですが、それらの薬剤は臨床試験で高い発毛率が確認されているのです。確実に効果がある、とされているものを利用しているメリットがあります。

 

例えば、大正製薬のデータによると外用薬ミノキシジル5%配合製剤を52週間利用すると、11.1%の方が顕著な改善をして、66.7%の方が中程度改善をした、ということが分かっています(http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/より)。

 

プロペシアに関しても、48週間の投与で58.3%の方に改善効果があったことが明らかにされています(https://www.msdconnect.jp/static/mcijapan/images/pi_propecia_tab.pdfより)。

 

 

デメリット

・国民健康保険が効かず費用が高い
・発毛剤には副作用がある
・定期的に通院しなければならない

 

<費用について>
AGAクリニックでは単剤処方(1つの薬剤のみの処方)といったものも実施していますが、基本的にはその人の薄毛の症状に合わせて複数の薬剤を組み合わせたオーダーメイド治療といったものを行っています。プロペシアとミノキシジル、さらにサプリメントによる治療を実施しているのです。
AGAクリニックの費用に関しては月あたり30,000円前後が相場となっており、育毛剤による対策に比べると3倍近い費用がかかってしまうことになります。

 

※東京AGAクリニックのオーダーメイドAGA治療薬の1ヶ月あたりの費用例・・・25,000円から(http://www.aga-clinic.com/price/)

 

薬剤の費用だけではなく再診料や検査料(血液検査)などもかかってくるので、年間で50万円以上かかってしまう事例も報告されています。

 

しかも、これらの費用は国民健康保険の適用外です。
つまり診察代、薬代、すべて自費になるということです。
なんで薄毛治療に保険適用されないのかというと、保険適用にするかどうかを決めている厚生労働省が、日常生活に支障をきたす怪我や病気、症状等にしか保険適用しないと定めているため、薄毛治療は保険適用外となっているんです。

 

 

<副作用について>
発毛剤に効果があるということは、薬自体の作用が強いので副作用が発生する可能性もその分高い、ということです。

 

・ミノキシジルの副作用・・・低血圧、頭皮の肌荒れなど
・プロペシア・・・精力減退、EDなど

 

治療が継続できないような副作用が発生する恐れもあります。
特に注意すべきはミノキシジルタブレットです。ミノキシジルタブレットを飲むと全身の血管を拡張する作用があり、心臓に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。心臓の痛みや動悸、息切れ、さらに不整脈が発生する恐れもあります。

 

※犬に対するミノキシジルタブレットの動物実験で、「心臓が破裂した」という結果も出ています。(日本臨床毛髪学会のHPより(http://www.jschr.org/dansei01.htm))

 

<通院について>
AGAクリニックでは、月に1回程度の通院が必要になります。
基本的には薬を貰いに行くだけですが、そもそもAGAクリニックは完全予約制なところが多いです。決まった時間に行かなければならない、ということに面倒さを感じている方もすくなくありません。

 

 

まとめ

薄毛がどの程度進行しているのか
薄毛治療にどの程度の費用をかけられるのか
副作用に対する思い

 

上記のようなことを考えて、どちらを選択するか決めてください。

 

薄毛の症状が進行しており、お金をかけても問題なく、副作用についても怖く感じない、という方はAGAクリニックによる治療がおすすめとなります。
薄毛がまだ初期の段階で、あまりお金をかけたくなく、副作用も心配という方は育毛剤を利用すればよいのです。

 

どのテーマに重きを置くかでも判断は異なってくると思います。薄毛治療は遅れてしまうと進行してしまうのですが、後悔のないように考えた上でどちらの治療法を選ぶか決めましょう。

 

 

病院で出してもらえる育毛剤(発毛剤)

 

・プロペシア
・ミノキシジル(ロゲインなど)外用薬
・ミノキシジル(ミノキシジルタブレットなど)内服薬
・アロビックス(フロジン液)
・ザガーロ
・パントガール

 

AGAクリニックではさまざまな発毛剤を取り扱っています。それらの中から適切なものを選択したり、併用したり、といったことが可能なのです。

 

以下にそれぞれの発毛剤を簡単に解説します。

 

プロペシア

プロペシアは、男性型脱毛症に対応する発毛剤です。
男性型脱毛症のみに発毛効果を発揮し、他の薄毛の原因には対処できません。

 

プロペシアには、髪を弱らせる酵素の5αリダクターゼの阻害効果があり、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの分泌量を抑制します。
飲み方は、1日あたり1錠服用します。

 

ミノキシジル(ロゲインなど)

頭皮に塗る外用薬ミノキシジルには血管を拡張させる作用があり、血行を良くする効果が期待できます。
ミノキシジルによって血管が拡張されると、髪の毛を作る栄養がたっぷりと送り込まれるようになります。さらに、毛母細胞にも栄養が行き渡るようになるので、細胞の活性化作用も期待できるのです。

 

ミノキシジルは、血行不良による薄毛や男性ホルモンによる抜け毛の男性型脱毛症(AGA)に効果があります。

 

使い方は、1日あたり2回程度頭皮に塗布します。

 

ミノキシジル(ミノキシジルタブレットなど)

内服薬のミノキシジルタブレットは、飲むタイプのミノキシジルです。塗布タイプと基本的に作用は同じですが、全身に影響をあたえるので、ミノキシジルの持つ血管拡張の効果が極めて高いことでも知られています。
一方で、血管を薬によって拡張することにより血圧や心臓に負荷をかける副作用も多く報告されているので、危険視されている発毛剤の一つであることは指摘しておかなければなりません。

 

1日あたり1錠服用します。

 

アロビックス(フロジン液)

ミノキシジルと同じ塗る外用薬であるアロビックス(フロジン液)は、血管を拡張させる作用のある成分を頭皮に塗布します。アロビックス(フロジン液)皮膚科などでも取扱があり、ミノキシジルと同じような効果がありますが、作用はそれほど強くありません。

 

血管拡張作用が弱く発毛効果も限定的ですが、副作用の心配もそれほどない、といった特徴があります。

 

1日あたり2回程度塗布します。

 

ザガーロ

ザガーロは、男性型脱毛症の治療に特化した薬剤です。
プロペシアと似た作用がありますが、ザガーロのほうがより効果が高い、とされています。

 

髪の毛を弱らせる酵素の5αリダクターゼにはT型とU型があります。プロペシアはU型にしか効果を発揮しませんが、ザガーロにはT型とU型に効果を発揮してくれるのです。

 

ザガーロの副作用に関しては、プロペシアと同様となっています。性的な副作用には注意しましょう。

 

1日あたり1錠服用します。

 

パントガール

パントガールは、女性の薄毛に対応した発毛剤の一つです。
男性が利用してはいけないわけではありませんが、配合されているのは基本的に髪の毛の健康に必要な栄養成分なので、男性ホルモンによる抜け毛である男性型脱毛症に対応してくれるわけではありません。

 

1日あたり3錠服用します。

 

 

副作用が怖い人は市販の育毛剤を

 

発毛剤の副作用を侮るなかれ

病院で処方される発毛剤は体に対する強い作用があります。一般的な生活をおくることが出来なくなってしまう、といった恐れもあるのです。

 

例えば血圧を引き下げる作用の強い飲むミノキシジルタブレットを利用したことで、気を失って倒れてしまう、といった事例もあるのです。また、塗るタイプの外用薬ミノキシジルを頭皮に塗布したことで、頭皮に異常なかゆみが発生してしまい、仕事に集中できなくなってしまった、ということも。
プロペシアを利用したことで勃起不全になってしまい、夫婦関係が成立しなくなってしまう、という恐れもあります。

 

薄毛が進行してしまっている方であれば、ある程度のリスクを承知できるかもしれません。しかし、薄毛の症状の進行が初期の方が高いリスクを無理に背負うことはありません。副作用のない市販の育毛剤で様子を見て、それでも症状が進行した場合にAGAクリニックの発毛剤を利用する、といった判断でも良いのではありませんか。

 

副作用以外にも費用の問題もあります。AGAクリニックに行くと何かと費用がかかります。クリニックによっては月に5,000円だとか6,000円といったことを掲示している例もありますが、それはあくまで単剤治療です。AGAクリニックの目的は、月に5,000円だとか6,000円の安い単剤治療ではなく、高額なオーダーメイド治療を利用させることにあります。

 

AGAクリニックでは医薬品の費用だけかかるのではありません。再診のたびに再診料がかかるケースもありますし、血液検査費用なども発生します(血液検査は3ヶ月から6ヶ月に1回程度行われるケースあり)。

 

※血液検査費用・・・1回あたり3,000円から5,000円

 

病院で処方される発毛剤で良い結果が得られなかった場合には、さらに高額な費用がかかるメソセラピーやHARG療法を勧めてくるケースもあるのです(メソセラピーやHARG療法は年間で100万円近くかかることもあります)。

 

様々な育毛法を試して効果がなかったのであれば、AGAクリニックを利用しても良いかもしれません。しかし、育毛を初めて行なう方がいきなりAGAクリニックを利用する、というのはハードルが高いです。
AGAクリニックの利用は、市販の育毛剤を一定期間利用してからでも遅くはありませんよ。

 

ハゲ治し隊が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加