育毛剤パントガール

育毛剤といえば男性用のものを思い浮かべるケースが多いと思います。
しかし、薄毛は男性だけのものではありません。

 

女性でも薄毛に悩んでいる方はたくさんいるのです。

 

女性に男性型脱毛症が発症することはほとんどありませんが、びまん性脱毛症といったものが発生することもあります。
特に、40代後半の女性の多くは薄毛で悩んでいる、といった実態があるのです。

 

こちらでは、女性用育毛剤である「パントガール(Pantogar)」について解説します。
実際にどのような薬剤となっているのでしょうか。

 

薄毛の治療にどのように役立ってくれるのでしょうか。
副作用が発生してしまうことがあるのでしょうか。

 

薄毛に悩んでいる女性は必見です。

 

パントガール(Pantogar)とは?

 

女性用の内服薬である

今まで女性用の育毛剤といえば、塗布対応しかありませんでした。男性用発毛剤としては、アボルブやミノキシジルタブレット、そしてプロペシアがあります。一方で女性に関しては、天然成分など緩やかな作用しかない育毛剤しかなかったわけです。
女性用育毛剤はまだまだ性能が高いとはいえず、効果に対して不満を抱えていた方も少なくありません。

 

パントガールについては、女性に特化した育毛・発毛対策ができる「飲む育毛剤」です。

 

入っている成分とは?

・L-シスチン・・・1カプセル中20ミリグラム
・ケラチン・・・1カプセル中20ミリグラム
・パラアミノ安息香酸・・・1カプセル中20ミリグラム
・ビタミンB1・・・1カプセル中60ミリグラム
・パントテン酸カルシウム・・・・1カプセル中60ミリグラム
・薬用酵母・・・1カプセル中100ミリグラム

 

髪の毛の成長と発毛に必要とされるタンパク質やビタミン、そしてアミノ酸を効率よく含んでいます。

 

注目して欲しいのが、サプリメントに含まれているような成分を利用している、ということです。男性用の発毛剤のような医薬成分を使っているわけではありません。安心して利用できるのがパントガールなのです。

 

パントガールは女性用の飲む育毛剤ということで、実は髪の毛だけではなくお肌や爪、そして白髪ケアまで出来ます。非常に幅広い効果が得られるかもしれないのです。

 

男性用の飲む育毛剤(発毛剤)に関しては、基本的に髪の毛の機能に特化しています。他の機能はあまりもたらしてくれません。総合的な美容効果を求めている女性におすすめなのがパントガールです。

 

男性も服用可能である

男性型脱毛症(エージーエー)に対する効果は期待できませんが、パントガールは栄養補給に非常に適しています。ですから、男性の中で栄養不足で薄毛が起こっている、といったケースに関しては、高い効果が得られる可能性もあるのです。

 

男性が利用すると、何かしらの副作用が起きてしまう、ということはありません。入っている成分も安全性が高いものなので、男性ホルモンに何らかの影響を与える、ということもありません。

 

女性用の飲む育毛剤ですが、男性でも利用できるので性別関係なく服用できるものなのです。

 

※特に、偏食気味である男性には高い効果をもたらしてくれる可能性が指摘されています

 

カロリーは僅かなので太る心配はない

女性の場合は、サプリメントのカロリーを気にするケースも有るでしょう。パントガールを利用したら太ってしまうのではないか、と思っている方もいるかも知れません。

 

パントガールに関しては、カロリーが圧倒的に低いです。太る心配はないので気軽に利用可能です。

 

パントガール1カプセルあたりのカロリー数・・・0.5キロカロリー

1日あたりの服用数量が3カプセルなので、パントガールを飲むことによって摂取する1日あたりのカロリー数は1.5キロカロリーです。
パントガールを飲んで太る、ということは基本的に考えられません。ダイエット中でも安心して利用できます。

 

 

飲むと効果がある症状

 

びまん性脱毛症の改善

びまん性脱毛症とは、多くの女性が経験することになる薄毛の症状の一つです。男性型脱毛症とは異なり、髪の毛が全体的に少しずつ薄くなります。例えば、一つの毛根からいままでは3本の髪の毛が生えていたのに、1本になってしまう、といった状態になるのです。

 

進行してくると分け目などから頭皮が露出してくることになるので、薄毛が目立ってしまう、という状況になりかねません。

 

びまん性脱毛症は様々な要因で発生することが分かっています。最も多い原因として考えられているのが更年期障害です。更年期障害は女性ホルモンが低減することによって、ホルモンバランスが乱れ自律神経に悪影響をもたらしてしまいます。自律神経が乱れると身体にストレスによる不可が起こって血行障害が起こり、結果的にびまん性脱毛症になってしまいます。
また、女性ホルモン自体には髪の毛に対して大きな働きをしています。まずは、髪の毛の成長期間を伸ばす、といった機能を持っているのです。さらに、血行促進作用があります。
更年期障害になり、髪の毛の成長期間が短くなったり、血行不良になってしまったりすると薄毛が進行してしまうわけです。

 

パントガールは更年期障害による薄毛にもしっかりと対応できます。新陳代謝などを活性化させる「パントテン酸カルシウム」や「ビタミンB1」などを含んでいます。

 

髪の毛の栄養も補給できるので、1本1本が太くなる、といった効果まで期待できるわけです。

 

分娩後脱毛症(産後脱毛)の改善

分娩後脱毛症とは、子供を出産した後に髪の毛が大量に抜けて頭髪が薄くなってしまう、といった症状です。多くの女性が体験していることであり、いまこの瞬間も悩んでいる方はいるでしょう。

 

分娩後脱毛症の原因として考えられるのが、女性ホルモンのバランスです。妊娠中は女性ホルモンが高まります。前述したように、女性ホルモンには髪の毛の成長期間を長くする、といった作用があります。その影響で、髪の毛が妊娠中は抜けにくくなります。
一方で出産をすると、女性ホルモンが一気に少なくなります。今まで女性ホルモンによって成長を続けていた髪の毛が一気に抜け始めるのです。分娩後脱毛症のメカニズムが分かってもらえたと思います。ある意味では、産後に脱毛量が増える、というのはしかたがないことでもあります。

 

分娩後脱毛症はホルモンの影響を受けているので、対策はかなり難しいです。問題となってくるのは出産した後もずっと薄毛のままになってしまう、ということです。なかなか回復してくれない、といった事例があるのです。

 

パントガールをそういった時に利用できれば、産後脱毛からの回復が早くなります。髪の毛を生成するために必要な栄養素。たとえば、髪の毛の主原料であるタンパク質の「ケラチン」や毛髪を作る主成分である「L-シスチン」を補給できます。髪の毛が生えやすい環境が出来上がるので、産後脱毛からの回復が著しく早くなる可能性がパントガールには秘められています。

 

パントガールの臨床試験データについて

パナマ(※国名)とグアテマラ(※国名)においてパントガールにし臨床試験が実施されました。実施に薄毛になっている方に服用してもらったところ、以下の様な結果が現れました。

 

【脱毛症の改善データ】
・投与開始前・・・軽度の薄毛の人の割合:13.3%、中程度の薄毛の人の割合:56.7%、重度の薄毛の人の割合:30.0%
・投与開始6週間後・・・軽度の薄毛の人の割合:70.0%、中程度の薄毛の人の割合:23.3%、重度の薄毛の人の割合:6.7%
・投与開始3ヶ月後・・・完全回復:20.0%、軽度の薄毛の人の割合:70.0 %、中程度の薄毛の人の割合:6.7%、重度の薄毛の人の割合:3.3%

 

※精神美容クリニックのホームページ(http://www.biyougeka.com/contents/hair/pantogar/)より

 

投与を開始して6週間で中程度の薄毛の方の割合が圧倒的に少なくなります。多くが軽度の薄毛に移行しているのです。さらに投与開始後3ヶ月で、完全回復した女性が20.0%も出てきているのです。
圧倒的な臨床試験結果となっています。

 

パナマでは17歳から75歳の方が試験に参加しました。グアテマラでは20歳から65歳の方が試験に参加しています。幅広い年齢層に対して高い効果がパントガールには期待できる、ということも分かったのです。

 

【脱毛量の減少データ】
・投与前の脱毛量・・・1日あたり94本
・投与6週間後の脱毛量・・・1日あたり53本
・投与3ヶ月後の脱毛量・・・1日あたり45本

 

※精神美容クリニックのホームページ(http://www.biyougeka.com/contents/hair/pantogar/)より

 

実験に参加した方の平均データとなっているのですが、パントガールを利用して3ヶ月後には脱毛量が半分以下になっています。
パントガールには脱毛量自体を減らす効果が確認されたことになります。

 

パントガールの効果が期待できる人

・抜け毛が増えてしまい、薄毛が気になり始めた方
・ストレスが高まっている、生活習慣(特に食生活)に問題があって薄毛になっている方
・パーマやカラーリングなどのヘアケアの影響で薄毛になっている方
・出産後の脱毛量が増え、その状態が維持されてしまっている方
・髪の毛のボリュームが減っていると感じている方
・髪の毛のコシがなくなりセットしづらくなってきた方

 

 

パントガールの副作用

 

副作用の心配は基本的になし!

パントガールに含まれている成分が、重度の副作用をもたらすものは含まれていません。安心して利用できるのです。
そもそもパントガールに関しては1回摂取すれば終了なのではありません。継続して飲むことが必須となっているので、安全性が高い内容となっているのです。

 

パントガールに含まれる成分ともたらす作用について

安全性を詳しく把握するためには、成分ここのもたらす作用を把握しなければなりません。こちらではパントガールに含まれる成分それぞれの効果について記載します。

 

ケラチン

髪の毛や皮膚、そして爪を作るためのタンパク質の一種です。
髪の毛の99%はケラチンとされており、不足してしまうと髪の毛の腰が弱くなってしまったり、結果的に産毛化してしまったりする可能性もあるのです。

 

ケラチンはタンパク質の一種なので、身体に対して害のあるものではありません。

 

L-シスチン

髪の毛や皮膚、そして爪を作るために利用されるアミノ酸です。髪の毛の主成分であるケラチンを生成するために必要な成分です。

 

髪の毛以外にも、シミの予防効果などがあることでも知られています。

 

アミノ酸は体内にあるものなので、こちらも大きな危険性がある成分ではありません。

 

パラアミノ安息香酸

白髪に対する予防効果がある成分とされています。ビタミンBの一種とされていますが、ビタミンではないといった指摘もあり、まだあまり良く分かっていない成分の一つです。

 

パラアミノ安息香酸は日焼け止めに利用されていたこともあり、安全性は高い成分とされています。

 

ビタミンB1

ビタミンB群の一つで、糖の代謝を促進します。エネルギーの生成もしてくれるので、疲労回復効果や筋肉痛などの解消にも大いに役立ってくれる、無くてはならないビタミンです。

 

ビタミンB1は食事で普段から摂取しているものなので、危険性はありません。

 

パントテン酸カルシウム

糖や脂質といったものの代謝を促してくれる成分です。髪の毛や皮膚の状態を保ってくれる効果も持ちあわせています。

 

水に溶けやすい、といった性質を持っているので、身体に蓄積はされにくい成分です。危険性は少ない、と考えられています。ちなみに、近年ではアレルギー対策効果があるのではないか、ということが指摘されている成分の一つでもあります。

 

薬用酵母

ビタミンやタンパク質を含んでおり、髪の毛を作るために必要な影響を補給してくれる成分です。

 

ビール酵母を洗浄して乾燥させたものを指しています。胃腸消化剤としても利用されており、体内環境を整える効果もあります。安全性に問題はありません。

 

各成分の安全性まとめ

過剰摂取をしないかぎりは副作用が出てくる可能性は極めて低い、と判断できます。また、多少多めに摂取したとしても水溶性タイプの成分もあり、特に大きな問題に発展しない、といったことも考えられるわけです。

 

特に問題のある成分はないので、安心して利用できます。

 

子供の利用について

子供の利用については、そもそも想定はされていません。科学的な試験が行われていないので、12歳未満の子供がパントガールを利用することは勧められないのです。

 

医薬品との相互作用について

特に問題点は指摘されていません。

 

もちろん医薬品を利用している場合には、ドクターに相談しなければなりません。その上でパントガールを利用してください。

 

ちなみに、ビタミン剤との相互作用についても確認はされていません。ただし、特定の成分を多めに摂取することになると、過剰摂取による危険性が出てくるかもしれません。パントガールに含まれている成分とビタミン剤に含まれている成分を確認しましょう。

 

妊娠中と授乳中の利用について

特に問題はないとされています。
ただし、妊娠初期などの不安定な時期の利用は推奨されていません。できれば、安定してからの利用に切り替えてください。また、妊娠中の利用は必ずドクターに相談してから実施しましょう。

 

授乳中の摂取についての副作用は確認されていません。母乳の中に仮にパントガールの成分が含まれたとしても、赤ちゃんに大きな影響をあたえることはない、とされています。

 

 

パントガールの飲み方

 

1日あたり3カプセルを服用すること

1回あたり1カプセル服用して、1日あたり3カプッセル飲むことになります。より効果を高めるために、1度に3カプセル飲む、という方法は推奨されていません。

 

パントガールは栄養を補給するタイプの育毛剤なので、いつでも髪の毛に栄養が届きやすい状態にしなければなりません。小分けにして間隔を空けて飲む、ということがおすすめなのです。

 

たとえば、毎食後に飲む、といった方法がおすすめです。3食ごとに毎回飲むようにしましょう。

 

効果を得るために1日の推奨量の2倍や3倍飲むということを行っても平気か?

大量に飲んだとしても、身体に利用される栄養素の量は大体決まっています。不必要な物は体外に排出されてしまうことになるので意味が無いことになりかねません。
また、過剰摂取を行うといくら安全性の高いパントガールでも副作用が出てきてしまう恐れがあります。
1日3カプセル、という摂取量は守ってください。

 

常温の水で飲むようにすること

パントガールは熱に弱い、といった特徴を持っています。そもそも、ビタミンや酵素の中には熱によって破壊されてしまうものもあります。
仮に熱い飲みものでパントガールを飲んでしまうと、期待しているような効果が得られない、といった状態になりかねません。

 

冷たい飲み物に関しては、悪いわけではありません。ただし、冷たい飲み物を飲むと、胃腸が一時的に機能を弱めてしまうことがあるのです。消化吸収が阻害されてしまえばパントガールの効果が得られない状況になりかねません。

 

パントガールを服用するときは、常温の水で飲むようにしてください。

 

継続して飲み続けること

パントガールは即効性のあるものではありません。1週間や2週間の服用で結果が出るわけではありません。
仮に育毛効果がえられたとしても、その効果を持続させるためには飲み続けなければなりません。長期的な付き合いになる、といった覚悟を持って利用する必要があります。

 

パントガールですが、効果が現れるまでには最低でも3ヶ月程度はかかるとされています。効果を実感できるまでには6ヶ月から12ヶ月程度はかかる、といった指摘もあります。

 

1ヶ月や2ヶ月利用して「効果がない」と諦めてしまうと、あと少し利用すれば効果が出たかもしれないのに、といった状態だったかも知れません。一定期間以上は利用してから、継続するか、それとも服用をストップするかを決めるべきです。

 

 

パントガールはどこで購入可能か

 

通販サイトで購入可能

大手ショッピングモールであるAMAZONでの取り扱いが開始されています。並行輸入品となっており、海外から発送されてくることになります。

 

2016年8月現在の価格は1箱(90粒(約1ヶ月分))で8,800円が最安となっています。3箱セットになると、最安で18,000円(1箱あたり6,000円)で販売されていました。

 

楽天市場でも取り扱いが開始されています。
ただし2016年8月現在では1つのショップでしか取り扱いがされておらず、1箱あたり12,000円と少し高額な取り扱い価格となっています。

 

個人輸入代行サービスで購入可能

パントガールは海外の育毛剤なので、個人輸入代行サービスを利用することで購入が可能です。個人輸入サービスは価格がかなりまちまちとなっていますし、為替レートの影響をもろに受けるので、購入する前にかならず確認してください。

 

個人輸入代行サービスとして有名なオオサカ堂の場合ですが、2016年8月現在では1箱90業入りで5,700円程度となっていました。1箱150錠タイプの2箱のセット価格は14,000円程度です。

 

クリニックで処方してもらうことが可能

女性の薄毛にも対応しているクリニックであれば、パントガールを保障してもらうことも可能です。薄毛対応もしている美容クリニックであれば、パントガールを取り扱っている可能性も高いです。

 

聖心美容クリニックであれば、90錠(約1ヶ月分)で15,000円(税込み16,200円)となっています。
明治通りクリニックであれば、90錠(約1ヶ月分)で10,000円(税込み10,800円)となっています。

 

クリニックによって、かなりの価格差があるのは事実です。パントガール目的であれば、各クリニックの価格比較を実施してから通うところを決めましょう。

 

 

 

 

関連記事

女性の育毛剤ランキング
産後の育毛剤ランキング
市販の女性用育毛剤ランキング
ベルタ(BELTA)育毛剤|使ってみた口コミと効果のまとめ
マイナチュレの口コミ|ハゲ治し隊の女性用育毛剤レビュー
バイオテック長春毛精
花蘭咲(からんさ)の口コミと評判のまとめ

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加