育毛剤は効果なし!?

育毛剤を利用しても育毛効果が出ないのではないか、と思っている方はかなりいます。

 

確かに、育毛剤に育毛効果があれば、現在社会で薄毛に悩んでいる人は一人もいない、といったことも考えられるわけです。

 

しかし、ちょっと考え方を変えてみて下さい。

 

実は、育毛剤を利用しても育毛効果が出ないと悩んでいる人には、自身の薄毛の症状にあわせた効果ある育毛剤選びをしていない方が多いのです。

 

自分の薄毛の症状に合っていない育毛剤を選んだら育毛効果が出るわけがありません。

 

こちらでは、育毛剤に効果なし、と考え方を決めつける前に、なぜ育毛効果がないと感じてしまうのか、どのように育毛剤を利用したら効き目が得られるのかをお話します。

 

薄毛に悩んでおり、どのような薄毛の対策方法を選択しようか頭を悩ませている方は要チェックです。

 

目次

 

なぜ育毛剤に育毛効果がないのか?

 

薄毛の原因にマッチングした育毛剤を利用していない

薄毛の原因はどのようなものがあると思いますか。

 

・男性型脱毛症による薄毛(遺伝が原因となっている)
・血行不良による薄毛(びまん性脱毛症など)
・頭皮環境の悪化による薄毛(脂漏性脱毛症など)
・栄養不足による薄毛(食生活の偏りなど)

 

このように、ちょっと上げただけでも複数の薄毛の原因が出てくるわけです。

 

上記の薄毛の原因を、さらに細分化することも可能です。

 

たとえば、頭皮環境の悪化ですが、脂性肌が原因で頭皮に炎症が起こり薄毛になっている方もいれば、乾燥肌が原因で頭皮に炎症が起こって薄毛になっている方もいます。

 

誰しも同じ原因で髪の毛が薄くなっているわけではありません。

 

注目して欲しいのが、育毛剤も万能ではないことです。

 

育毛剤には男性型脱毛症の改善に特化したものもあります。

 

一方で、血行促進に特化した育毛剤もあります。

 

頭皮環境を改善させる育毛成分を多く含んでいる育毛剤もあるわけです。

 

一方で、栄養不足が原因で薄毛になっている方は、塗布型の育毛剤はあまり育毛効果が期待できません。

 

食事で補うはずの髪の毛を作るために不足している栄養を補う育毛サプリメントの利用がおすすめです。

 

たとえば、自分の薄毛の原因が男性ホルモンによる薄毛だった場合の育毛剤選びについて解説します。

 

男性型脱毛症は体内の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって生み出される「ジヒドロテストステロン(DHT)」によって発症します。

 

育毛剤の中には、育毛剤の配合成分の中で5αリダクターゼの活性度合いを抑える成分を含んでいるものもあるのです。

 

男性型脱毛症が発症している方は、5αリダクターゼ対策ができる育毛剤を有効活用すべきですが、問題は男性ホルモン対策できる育毛剤ではなく他のタイプの育毛効果が得られる育毛剤を使った時です。

 

たとえば、頭皮環境を改善させるタイプの育毛剤を使ったとしましょう。

 

この場合は、頭皮の状態を良くする育毛効果は得られるかもしれません。

 

しかし、男性型脱毛症に対抗する育毛成分が配合されていないため、男性ホルモンによる抜け毛には育毛効果を与えてくれないのです。

 

薄毛の根本原因に何も良い結果をもたらしてくれなければ、育毛剤を使用する意味が無いといっても過言ではありません。

 

実はこの自分の薄毛の症状とマッチしていない育毛剤を利用していることが育毛効果が出ない原因なのです。

 

大切なのが、育毛剤を使う前に自分の薄毛の原因を明らかにすること、さらにその薄毛の原因に対応できる育毛剤を適切に選択することです。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤の利用を短期間でストップしている

育毛剤は1週間や2週間使用しただけで結果が出るものではありません。

 

最低でも2ヶ月から3ヶ月、理想を言えば半年間は育毛剤を利用しなければなりません。

 

育毛剤を使って髪の毛が生えてくる状態になるためには、体質がある程度変化しなければならないのです。

 

体質が変化するまでには、最低でも2ヶ月から3ヶ月はかかります。
体質が変化したからといって、すぐに太くてたくましい髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

体質が変化して、元気な髪の毛が生えてきてある程度の長さになってはじめて髪の毛が増えたとなるわけです。

 

そこまでに到達するには、やはり育毛剤を使用して6ヶ月程度の時間はかかってしまいます。

 

育毛剤はなるべく長く利用を続けて育毛効果を確認して下さい。

 

早めに育毛剤の使用を止めて判断してしまうと、育毛効果が出かかっているのに、その育毛効果を遮ってしまうことになりかねません。

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境が悪化している時に育毛剤をつけている

頭皮に湿疹ができているような状態の時には、なるべく育毛剤を利用しないで下さい。

 

育毛剤の中には頭皮への刺激となる成分が配合されていない無添加タイプも有り、安全性が高い育毛剤も有ります。

 

しかし、一部の育毛剤にはアルコールが含まれているものも多く、頭皮への刺激が全く無いわけではありません。

 

頭皮環境が悪化している場合には、育毛剤の利用を一時ストップすることも大切なのです。

 

頭皮の状態が安定し始めたら育毛剤を利用して下さい。

 

育毛剤に関しては、基本的に頭皮環境を良くするタイプの有効成分が含まれています。

 

それらの機能が発揮され始めれば頭皮湿疹などもできにくくなり、継続して育毛剤を毎日利用できるようになるはずです。

 

※頭皮ニキビができている場合も、育毛剤の使用により敏感になっている頭皮の症状を悪化させることもあるため、なるべくその部位には育毛剤を付けないで下さい。

 

▲目次に戻る

 

 

医薬品と医薬部外品の育毛剤、さらに医薬部外品以外の育毛剤について

 

医薬品タイプの発毛剤

いわゆる発毛剤と言われるタイプのもので、医薬成分が主成分として含まれている育毛剤のことを指しています。

 

現状では、以下の医薬成分が入っている発毛剤が有名です。

 

・ミノキシジル(※ミノキシジルの詳しい発毛効果については「薬品系の育毛剤の効果と副作用」をご覧ください。)
・フィナステリド(※フィナステリドについて詳しくは「育毛薬のプロペシア」をご覧ください。)

 

また、2015年になってデュタステリドといった発毛剤に関しても国内に入ってきました。
※デュタステリドについて詳しくは「最新育毛法はこれだ!!」をご覧ください。

 

医薬成分が含まれている発毛剤に関しては非常に高い発毛効果が期待されています。

 

しかし、全員が発毛効果を得ているわけではありません。しかも、副作用が出てしまい、発毛剤が継続利用できなくなってしまう場合もあるのです。

 

薄毛に悩んでいて育毛剤が効果なし、といった現状だと、安易に発毛剤に手を伸ばしてしまう方もいるのですが、副作用が強いため気軽に利用できるものではありません。

 

▲目次に戻る

 

発毛剤の副作用が怖い人は育毛剤を使うべき

医薬成分が含まれている発毛剤には様々な副作用が報告されています。たとえば、プロペシア(フィナステリド)の副作用をチェックしてみましょう。

 

フィナステリドの主な副作用は、以下の症状があります。

 

・精力減退
・勃起不全
・うつ症状
・肝機能障害

 

髪の毛を生やす目的として「女性にモテたいから」という気持ちがある方も多いのではありませんか。

 

仮にプロペシアを利用して髪の毛が生えたとしましょう。その代わり勃起不全になってしまってはいかがでしょうか。髪が生えてモテても意味が無い、といった状態になりかねません。

 

プロペシアで勃起不全が起きた際には、勃起薬をつかえば良いのではないか、と思うかもしれませんが、勃起薬にも様々な副作用があるのです。

 

勃起薬には強力な血行促進作用があり、血圧を急激に下げるため心臓に負担がかかってしまい、死亡した例もあるほどです。

 

うつ症状に関しては、ホルモンバランスの変化が影響している可能性があります。

 

男性型脱毛症対策に特化したプロペシアなので、男性ホルモン抑制により身体の女性化もおこるのではないか、といったことが言われているほどです。

 

このように様々な副作用があるわけなので、無理をして使う必要はありません。

 

最近では、男性型脱毛症に特化した機能を持っている育毛剤も出てきています。

 

特に医薬部外品タイプの育毛剤には高い効果が期待できるのです。

 

▲目次に戻る

 

発毛剤「リアップ」の発毛効果と副作用

国内で最も早く認可された医薬系発毛剤がリアップです。

 

リアップにはミノキシジルと呼ばれる有効医薬成分が含まれており、その医薬発毛成分が発毛効果をもたらしてくれるのです。

 

<リアップのもたらす主な発毛効果>
リアップには頭皮の血行促進作用があります。

 

要は、リアップに配合されているミノキシジルに血管を拡張する機能があるのです。

 

髪の毛は血液によって成長しています。

 

血の巡りが悪くなれば髪の毛に栄養が行き渡らず薄毛が発症してしまうわけですが、リアップによって血管が拡張されれば頭皮に送られる血液量も増えるわけです。

 

髪の毛を生成するために必要な栄養がたっぷりと髪の毛を作る毛母細胞に補給できるようするのがリアップの役割であり発毛効果です。

 

<リアップのもたらす主な副作用>
リアップに含まれるミノキシジルには頭皮への強い刺激があります。

 

リアップを使用すると頭皮環境を悪化させてしまう可能性があります。

 

たとえば、頭皮の炎症が発生してしまったり、頭皮ニキビが発生してしまったり、といったケースが非常に多いのです。
そのためリアップは敏感肌の方にはおすすめできません。

 

ミノキシジルによって血管を拡張させすぎてしまうことによって、様々な副作用が生まれることもあります。

 

血管を拡張させすぎてしまうと、低血圧になってしまうことがあります。

 

他にも、日常的に動悸や息切れなどの不整脈の症状が現れる可能性もあり、健やかな日常生活が送れなくなってしまうかも知れません。

 

▲目次に戻る

 

医薬部外品タイプの育毛剤

育毛剤にも医薬部外品タイプと、そうではないタイプの育毛剤に分かれています。

 

問題となってくるのが医薬部外品の育毛剤ですが、実は厚生労働省が許可を与えているか、いないか、といったことを表しているのです。

 

医薬部外品タイプの育毛剤は、厚生労働省が許可を与えている育毛有効成分を一定以上の濃度で利用している事を示しているのです。

 

公的機関である厚生労働省が、「その育毛剤には一定の育毛効果が期待できる」という事を認めているわけです。

 

【医薬部外品タイプの育毛剤の注目すべき特徴】
・男性ホルモンの抑制効果
・頭皮に対する抗菌・殺菌作用
・頭皮に対する保湿作用
・血行促進作用

 

医薬部外品タイプの育毛剤には様々な育毛効果を持っている育毛剤が多く販売されているのです。

 

特に注目なのが、多角的に育毛効果を得られるように考えて作られているところです。

 

発毛剤と医薬部外品の大きな違いは、表れる育毛効果が一辺倒ではない、といったところです。

 

・ミノキシジル系発毛剤・・・血行促進作用
・プロペシア(フィナステリド)・・・男性型脱毛症対策

 

上記したように、それぞれの薬剤にはそれ以外の育毛効果がありません。

 

たとえば、発毛剤には頭皮環境を良くしてくれるような機能を有していないのです。

 

あなたが男性ホルモンによる薄毛と頭皮が乾燥しているいることが原因の薄毛であった場合はどうなるでしょうか。

 

プロペシアは男性ホルモンが影響する薄毛には対応してくれるかもしれませんが、乾燥肌による薄毛には対処してくれません。

 

片方の薄毛の原因は残ってしまうのです。これでは完璧な薄毛対策とはいえません。

 

医薬部外品タイプの育毛剤には、男性ホルモン抑制効果や頭皮環境の改善効果など、それぞれの育毛効果を持った有効成分がしっかりと含まれています。

 

薄毛の原因に多角的にアプローチしてくれるのです。

 

<医薬部外品の育毛剤の副作用>
医薬部外品の育毛剤に関しては副作用の確率は極めて低いです。

 

全く無いとは言い切れませんが、発毛剤のような高い確率で現れるようなことはありません。

 

そもそも、医薬部外品の育毛剤に利用されている育毛成分は天然の植物エキスが多いのです。

 

アレルギーが発生してしまうようなこともほとんどないとされており、安心して継続利用できるメリットが有ります。

 

発毛剤はなぜ副作用のリスクが高いのかと思う方もいるでしょう。それは、発毛剤の作用が強いからです。

 

ですから、発毛効果が出る確率が高くなっている事も事実です。確かに、医薬部外品タイプの育毛剤に比べると、薄毛の回復が早く行われる可能性もあります。

 

しかし、発毛剤はかえって状況を悪化させてしまう可能性もある部分に大きな違いがあります。

 

特にミノキシジルに関しては、頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

頭皮に炎症が起こってしまうと、その皮膚の修復に血液の栄養が利用されてしまうのです。

 

髪の毛に利用されるべき栄養まで使ってしまう可能性もあり、発毛剤を利用しているのに、かえって薄毛になってしまうリスクも少なからずあります。

 

医薬部外品タイプの育毛剤は育毛効果こそ発毛剤より少ないですが、副作用のリスクが極めて少なく、継続して利用する育毛ケアアイテムとして適しているのです。

 

▲目次に戻る

 

医薬部外品タイプではない育毛剤

医薬部外品タイプではない育毛剤は、いわゆる「化粧品」に分類されている育毛剤です。

 

近年では、キャピキシルやピディオキシジルといったかなり期待できる育毛成分も生み出されてきましたが、化粧品タイプの育毛剤の作用としてはかなり弱いタイプの育毛剤である、と考えられています。

 

化粧品タイプの育毛剤の育毛効果

化粧品タイプの育毛剤には、育毛効果がほとんどないと考えて間違い有りません。

 

医薬部外品タイプの育毛剤に含まれている厚生労働省が認めている育毛効果のある成分が、化粧品タイプの育毛剤には一定濃度以上で含まれていないわけです。

 

禿げ上がってしまった方が化粧品タイプの育毛剤を利用したとしても、復活することはないと考えられます。

 

化粧品タイプの育毛剤に期待できる育毛効果としては、頭皮環境を整える効果程度です。

 

保湿成分が含まれていたり、抗菌作用のある育毛成分が含まれていたりすることがあります。頭皮の乾燥が収まったり、頭皮ニキビができにくくなったりします。

 

しかし、髪の毛を元気にさせるだけの作用が化粧品タイプの育毛剤にあるとは考えにくいです。

 

化粧品タイプの育毛剤に関しては、「予防目的で利用する」ことが適切です。

 

薄毛になってから化粧品タイプの育毛剤を利用したとしても、ほとんど意味はありません。

 

▲目次に戻る

 

 

育毛剤を使ったほうが良い人

・医薬品の副作用が怖い人
・医薬品を以前飲んで副作用が出た人

 

発毛剤の副作用は多くの方が経験しています。

 

仮に薄毛を改善させる発毛効果があったとしても、発毛剤は継続して利用しなければなりません。

 

発毛剤の副作用を抱えながら生活することは基本的に不可能です。身体に大きな負担を与えることになってしまい、後に大きな病気を抱えてしまうかもしれないのです。

 

発毛剤の中には、ミノキシジルタブレットというものがあります。ミノキシジルタブレットはリアップの飲むバージョンといえば分かりやすいでしょうか。

 

ミノキシジルタブレットを飲むことで、身体の中から血行を良くして髪の毛を生やそうとするものです。

 

実はそのミノキシジルタブレットはかなり危険です。全身の血管に影響を与えてしまうので、飲んだ方の血圧が下がりすぎてしまい倒れてしまうことも多く報告されています。

 

ミノキシジルタブレットに関して詳しくは以下のページを読んでみてください。
薬品系の育毛剤の効果と副作用

 

命を危険にさらしてまで育毛する必要はありません。
育毛剤であれば、命や健康を守りつつ育毛効果も期待できます。

 

過去に発毛剤の副作用にあってしまった経験がある方は、育毛剤に切り替えてみませんか。

 

▲目次に戻る

 

医薬品の育毛剤を飲めない人

プロペシアやミノキシジルタブレットに関しては、飲むタイプの発毛剤です。

 

飲むタイプの育毛剤のほうが育毛・発毛効果は高いとされているのですが、実は副作用が出てしまう可能性も比較的高いとされているのです。

 

特に注意してほしいのが、肝機能の状態です。肝機能の状態が悪くなっている方や、肝機能系の医薬品を利用している方は、飲むタイプの発毛剤を利用してはいけません。

 

肝臓に大きな影響を与えてしまう可能性もあります。

 

また、発毛剤自体が肝機能を悪くしてしまう、といった報告もあるので、飲むタイプの発毛剤を利用している方は定期的に肝機能の検査を受けて確かめなければなりません。

 

ミノキシジルを利用する方に関しては、血圧降下剤との併用はできません。

 

ミノキシジルも、実はもともと血圧降下剤だったのです。

 

血圧降下剤を患者さんが利用しているところ、髪の毛が復活するといった状況が生まれたので発毛剤に転用された過去があります。

 

仮にミノキシジルと何らかの血圧降下剤を併用してしまうと、双方の作用が強く出てしまう可能性があります。

 

一気に血圧が下がってしまうと、脳に血液が足りなくなり倒れてしまいます。意識を失ってしまうのです。生命の危険性もあるので注意してください。

 

育毛剤にも確かに血行を良くする作用の育毛成分が含まれています。

 

有名なところで言えば、ニンジンエキスやセンブリエキス、さらにはトウガラシチンキといったものです。

 

しかし、それらの育毛成分の効果はソフトなのです。穏やかに血管に影響をあたえるものなので、特に他の医薬品と相性が悪いといったことはありません。

 

▲目次に戻る

 

予防目的で利用したい方

医薬部外品タイプの育毛剤に関しては、一定の育毛効果は期待できますし、安全性も高いのです。

 

ですから、「自分は将来的に薄毛になってしまうかもしれない」と考えている方の利用も問題ありません。

 

たとえば、自分の母親の父親が薄い場合は薄毛の遺伝子を引き継いでいる可能性が高いです。

 

男性型脱毛症は母方遺伝となっており、母親の父親が薄いと高確率で薄毛になってしまうのです。

 

将来的に自分が薄毛になるか、それとも薄毛にならないかは予測がつく時代になってきました。

 

今は現在、薄くなかったとしても将来的に薄くなってしまう可能性がある方は、予防目的で副作用の心配がほとんどない医薬部外品タイプの育毛剤を有効活用して下さい。

 

予防目的とは少し違うかもしれませんが、頭皮環境が悪化したと感じた時に育毛剤を使う方法もおすすめです。

 

育毛剤によって頭皮環境を改善させることができれば、結果的には薄毛になりにくい状態にできるわけです。

 

たとえば、冬の時期だけ頭皮が乾燥する方が、冬の時期だけ保湿成分が含まれている育毛剤を利用する方法もおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

 

全員に効く育毛剤は残念ながらない

 

育毛効果がない人もいれば育毛効果がある人もいる

医薬部外品の育毛剤にしても、発毛医薬成分を含んだ発毛剤に関しても、必ず育毛効果があるものではありません。

 

育毛効果が出る人もいれば出ない人がいるのが現状なのです。

 

発毛剤でも発毛効果がないケースがあるのに、育毛剤を利用して育毛効果が出ない人が出てきてしまうのもしかたのないところです。

 

ただ、育毛剤にしても選択方法や利用方法によっては育毛効果が出る確率を高めることが可能です。

 

自分には育毛剤の育毛効果がないと諦める必要はありません。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤の育毛効果を高める有効的な方法

・自身の薄毛の症状にマッチングした育毛剤を選択すること
・育毛剤は最低でも半年間は利用し続ける

 

上記の二つをクリアしていれば、育毛が成功する確率が飛躍的にアップします。

 

ほとんどの方は、自身がなぜ薄毛になっているか分かっていないのです。分かっていなければ、適切な育毛剤選びは出来ません。

 

育毛剤の利用期間も育毛効果に大きく影響します。

 

どんなに効果的な育毛剤でも、1ヶ月利用してフサフサになるわけではありません。

 

育毛効果が出て、髪の毛が生えてくるまでには最低でも6ヶ月程度はかかってしまうのです。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤選びの方法例

・前頭部や頭頂部など局所的にハゲている・・・男性型脱毛症対策ができる育毛剤がおすすめ
・全体的に少しずつ薄くなっている・・・血行促進作用の高い育毛剤がおすすめ
・頭皮が乾燥していたり、湿疹ができていたりする・・・頭皮環境改善作用のある育毛剤がおすすめ

 

どのように薄くなっているのか、頭皮環境はどうなっているのか、といった事を確認してください。

 

かなりおおまかな育毛剤の選び方ですが、非常に重要な事です。

 

ただし、育毛剤も安くはありません。1ヶ月あたりで10,000円や15,000円してしまうものもあるのです。

 

それを継続して利用していくとなると、経済的な負担に感じてしまいます。

 

育毛効果があればよいですが、育毛効果がなければ意味のないものにお金を使ってしまっている状況と言っても過言ではありません。

 

▲目次に戻る

 

返金保証のある育毛剤で試してみよう

返金保証期間・・・30日
返金保証期間・・・45日
返金保証期間・・・60日

 

育毛剤の中には、上記のような期間設定で全額返金サービスを行っているところもあります。

 

その期間、育毛剤を利用してみて頭皮に問題が起こってしまった場合には、支払ったお金を全額返金してくれる制度があるのです。

 

※送料は自分で負担することになります。

 

少なくても1ヶ月程度は育毛剤を利用できるので、その時に頭皮との相性が悪いと感じたら、返送して返金してもらえれば懐は痛みませんよね。

 

最近では、返金保証サービスを用意している育毛剤メーカーが非常に多くなっています。

 

確かに、金額が高い育毛剤はたくさんありますが、まずはお試しといった感覚で利用してみましょう。

 

育毛剤に問題があれば返金サービスを利用すればよいのです。

 

ハゲ治し隊が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加