最新育毛はこれだ!!

育毛方法に関しては日々進歩している、といっても過言ではありません。新たな治療方法も確立されていますし、市販で販売されている育毛剤に含まれる成分の開発もどんどんと進んでいるのです。

 

むかしに育毛剤を利用したけど効果がなかったので諦めている、という方はもったいないです。最新の育毛方法を利用して、薄毛を一気に改善させてみませんか。試してみる価値は十分にあります。

 

こちらでは、AGAクリニックの治療で使われる薬や治療法と市販の育毛剤の最新成分の中身に迫ります。それぞれにはどのくらいの費用がかかり、どのような効果と副作用があるのでしょうか。確認していきましょう。

 

これを読めば、最新の育毛方法がわかり、その中でどの育毛方法が自分に合っているのかがわかります。

 

 

最先端のAGAの治療法

 

メソセラピー療法

メソセラピー療法は、様々な育毛成分をブレンドした育毛カクテルを頭皮に注入する方法です。注射器などを使って、薄くなっている部位の頭皮に育毛カクテル を打ち込みます。

 

大きなメリットとしては、直接頭皮に育毛に必要な成分を注入していくので、効果が現れやすい、というところです。塗布(塗る)タイプの育毛剤や飲む育毛剤は、体内に浸透しなければ効果が得られません。塗布(塗る)タイプの育毛剤は、特に頭皮のバリアによって育毛剤の成分の浸透が阻止され 、血行促進や男性ホルモン抑制等の育毛に必要な成分が届かない ということもあるのです。

 

デメリットは、注射器等で頭皮に直接育毛成分を注入するため、痛みが生ずることです。 ただ、麻酔を利用することも可能なので、ある程度の痛みは抑えることができます。費用に関しては下でも詳しく説明しますが 、メソセラピー療法は、1回あたり50,000円から70,000円程度かかるのでプロペシアなどの薬品を使用している人にとっては、月々の薬代に加えて大きな負担になるということを知っておかなければなりません。

 

メラソピー治療で得られる効果

メラソピー治療にはフィナステリドやミノキシジル、そして成長因子複合体(IGF-1、bFGF、VEGFなど髪を成長させるシグナルを出す物質)やコエンザイムQ10(コエンザイムQ10は毛母細胞内にもある物質。毛母細胞の活性化作用があり)などが配合されています。そのため、総合的な育毛・発毛対策ができます。
メラソピー治療は、男性型脱毛症(AGA)の治療にも効果がありますし 、頭皮環境の悪化による薄毛、さらには血行不良による薄毛にも効果が期待できます。

 

気になる副作用

メソセラピー療法は注射を使うので注射した部分が微量ですが出血したり、成分に反応した頭皮が赤くなるというリスクはあります。ですが、施術をしてくれる医師が様子を見て副作用の症状がひどいようであれば中止するなどの措置もとってくれるので安心です。
さらに、プロペシアやミノキシジルに関しては医薬品なので、当然副作用があります。ミノキシジルには、血圧を下げる副作用がありますし、プロペシアには、精力を減退させる作用があります。

 

メソセラピー療法の費用

1回あたり50,000円から70,000円程度が目安です。
クリニックによっては回数も異なっており、半年で6回から12回程度が目安になります。

 

総額で50万円から100万円程度かかってくることもあります。
今まで、AGAクリニック等でプロペシアやミノキシジルのみを処方されていた、または市販の育毛剤を使っても効果がなかった人は試してみてもいいかもしれません。

 

 

HARG療法

メソセラピーと似ていますが、HARG療法は日本医療毛髪再生研究会によってしっかりした検証と施術ができる施設であると認定されている医療機関でしか実施できない、といった特徴を持っています。

 

HARG療法はHARGカクテルと呼ばれるものを直接頭皮に注入していきます。
HARGカクテルとは、幹細胞(いろんな細胞に変化できる細胞)から抽出したタンパクのAAPE(細胞を若返らせる効果)から生成しているHARGパウダーやビタミン、そしてアミノ酸をブレンドしたものです。
メソセラピーとの大きな違いはこのHARGカクテルに含まれるHARGパウダーを利用している点です。
HARGパウダーは、いろんな細胞に変化でき、どんな臓器や器官の一部にもなれる万能の細胞である幹細胞から、細胞の成長を助ける成分(成長因子)であるタンパクAAPEのみを抽出したものです。
この成長因子を含んだタンパクAAPEが、今まで元気のなかった髪の工場である毛母細胞に刺激を与え、髪の成長を促進する指示を与えるんです。

 

 

メリットはやはり直接頭皮に注入するので効果が早く現れやすい、というところです。一方で、注入方法によっては痛みを感じることもありますし、最先端の治療法なので費用が高くなってしまいます。

 

HARG療法で得られる効果

上で説明したHARGパウダーの成分であるAAPE に含まれる成長因子には毛母細胞を活性化させる機能があります。成長期が短くなって活力を失った毛母細胞が復活する、ということも十分に考えられるわけです。
HARGパウダーにはアミノ酸やビタミンなども含まれており、生えてきた髪の毛を太くする、といった作用もあります。

 

気になる副作用

今のところ、大きな問題はない、とされています。
実際にHARGカクテル自体には副作用はないのではないか、といった指摘もあります。

 

一方で、副作用に関してもまだまだ分からない部分がある治療方法でもあり、細菌やカビによって起こる幹細胞からの感染症の可能性もゼロではありません。

 

HARG療法の費用

1回あたりで10万円から15万円が目安になります。半年間から1年程度に集中して施術を受けることになり、年間で100万円をオーバーしてしまうケースもすくなくありません。
しかし、2年目以降は維持のために、年に1回程度の施術を受ける程度の対処となります。
初回のコストが大きくかかりますが、総合的にはある程度金額が抑えられるというわけです。

 

HARG療法は、予算的にも余裕があるか、何を試しても効果が見られず薄毛がだいぶ進行している人に向いている育毛方法になります。

 

 

市販の育毛剤

市販の育毛剤は主に天然のエキスを利用した育毛成分をブレンドしています。近年では最新の成分が多く生み出されており、昔の育毛剤とは一線を画しています。

 

さらに、育毛剤に配合されている成分の数もすごいことになっているのです。
30種類の植物エキスが含まれているものもあれば、60種類以上の植物エキスが配合されているものもあります。それだけ多くの成分が入っているということは多角的な効果が期待できるということでもあります。

 

様々な成分により様々な効果が得られるのが市販の育毛剤の大きなメリットです。さらに、副作用がなかったり費用が安いというメリットも見逃せません。

 

一方で、デメリットとしては効果が出るまでには比較的時間がかかる、というものがあります。

 

※効果が薬品よりも低いため最低でも3ヶ月から6ヶ月は利用し続けなければ効果が確認できないケースあり。

 

市販の育毛剤で得られる効果

・男性型脱毛症に対する効果
・びまん性脱毛症に対する効果(血行不良による薄毛)
・脂漏性脱毛症に対する効果
・頭皮環境の改善作用
・栄養不足を解消する作用

 

育毛剤は配合されている成分によって与えられる効果も全く異なってくるので、使う育毛剤によって大きな違いがあります。しかし、最近では今まではなかなか対応できなかった男性型脱毛症にも対応できる育毛剤 が増えていることには注目すべきです。

 

あの男性型脱毛症の改善薬であるミノキシジルと同等の効果を持つ育毛成分も出てきましたし、なんと3倍の育毛効果がある育毛成分キャピキシルまで出てきているのです。

 

このキャピキシルの育毛効果 に関しては、育毛成分キャピキシルを培養された細胞組織に対して添加したところ、ミノキシジルに比べて3倍の育毛効果が出たことが開発元であるカナダのルーカスマイヤーコスメティクス社より公表されています。

 

気になる副作用

市販の育毛剤の副作用は、特にありません。
石油系界面活性剤やパラベン等の刺激が強い添加物はアレルギーが発症する可能性がありますが、育毛剤に配合されている成分は基本的に、添加物よりも刺激の少ない植物の天然エキスのみです 。植物の天然エキスもリスクゼロとはいえませんが、化学物質や添加物に比べて頭皮への刺激が弱いため大きなリスクにはなりません。

 

市販の育毛剤の費用

1本は約1ヶ月分となっており、1本あたり5,000円から15,000円が費用の目安です。
通販タイプの育毛剤であれば、定期購入で安く手に入るケースも多いです。
仮に1本8,000円の育毛剤とすると、年間で96,000円かかることになります。

 

育毛剤は他の最新育毛方法と比較しても非常に低価格であることがわかります。

 

なので、月々に育毛にかける予算が少ない方は、育毛剤の使用をまずおすすめします。

 

 

自毛植毛

自分の髪の毛を、薄くなった部位に移植します。薄くなりにくい後頭部や側頭部の髪の毛を、前頭部や頭頂部に植えていくわけです。
男性ホルモンによる影響を受けない後頭部や側頭部の自分の髪の毛なので、植毛後は生え続けます。

 

メリットは確実に薄毛が回復する、という部分です。後頭部や側頭部の髪の毛は薄くなりにくいので、植毛後も継続して成長してくれるのです。
デメリットは費用が高額であること、さらに副作用が起こりえる、という部分です。

 

自毛植毛で得られる効果

植毛した部位から確実に髪の毛が生えてきます。
ただし、定着率は100%ではありません。近年ではかなり定着率も高くなってきましたが、それでも90%程度です。植毛した10%近くの髪の毛は無駄になってしまいます。

 

自毛植毛の気になる副作用

自毛植毛には、副作用とはいえないかもしれませんが、傷跡が残る可能性があるというものがあります。メスを使う植毛方法であるFUT法(メスを使い後頭部などから毛根を採取する方法)を利用すると、後頭部に横に一直線の傷跡が残ります。刈り上げたりしなければ周りにバレるわけではありませんが、髪型に制約が出てきます。
他にも、植毛直後に髪が抜けるショックロスや、頭皮がボコボコとしてしまうピットスカーといった副作用も忘れてはなりません。

 

※ショックロス・・・植える時に周辺の細胞などを傷つけることで起こる可能性あり
※ピットスカー・・・植毛技術の低い医師が、髪の毛を深く植え込みすぎることで起こる可能性あり

 

 

自毛植毛の費用

1,000株(グラフト)の植毛で、100万円から150万円程度が目安となります。高額の費用は一気にかかってくるので、前もってある程度の資金が用意できる方向けの治療方法です。
医療ローンを用意しているクリニックもありますが、業者によってそれぞれ違いますが高いところだと10%を超える金利手数料も考えると気軽に利用できるものではありません。

 

※グラフト(株)・・・毛根単位を表しています。一つの毛根あたり髪の毛は1本から4本程度生えており、平均化すると1グラフトあたりの髪の毛の本数は2.3本から2.7本程度です。

 

 

毛髪再生医療

まだ研究段階なのですが、資生堂と東京医科大が現在毛髪再生医療の臨床試験を開始しています。薄毛の治療が難しかったケースに関しても、ある程度対応できるような治療が近い将来出来るようにもなるかもしれません。

 

実用化に関しては、資生堂では2018年を目指しているとのことです。

 

毛髪再生治療は、

 

・後頭部から頭髪を幾つか採取する(頭皮ごと)
・毛球部毛根鞘細胞を取り出す
・培養する
・培養した細胞を薄毛の部位に注入する
・注入した細胞が毛髪の細胞に変化する
・髪の毛が生えてくる

 

以上の流れで実施されます。後頭部から採取する頭髪の本数は10本程度なので、それほど多いわけではありません。

 

要は、髪の毛を取って、増やして、植える、というだけです。植毛に似ていますが、大きなメリットは培養の結果によっては、ものすごい数の髪の毛に増やすことも出来る、ということです。一方で、臨床試験中のためまだ効果がどの程度出るのかわからない、ということになるでしょう。

 

毛髪再生治療で得られる効果

一度の治療で継続的な育毛効果 が得られます。毛髪再生治療は自分の細胞を利用して、自分の髪の毛を生やす感覚です。
後頭部の細胞を利用するので、後頭部の髪の毛はいくつになっても残りAGAの影響を受けないことから男性型脱毛症の影響も出ないと考えられます。

 

毛髪再生治療の気になる副作用

実は、ここが全く分かっていません。現段階で研究しているところなので、しばらくしたら副作用が見えてくる可能性もあります。
ちなみに、細胞を培養して、それを移植する、ということになるので、「ガンが発生するのでは?」といった指摘がされていることも事実です。

 

毛髪再生治療の費用

まだ分かっていません。
実用化されても、すぐの段階ではかなり高額になると思います。培養する量にもよると思いますが、植毛手術の場合で1株あたり1,000円前後するので、それよりは間違いなく高い金額に設定されるでしょう。
ある程度の資金力がなければ難しいと思われます。

 

 

投薬治療

 

ミノキシジル

ミノキシジルは、もともとは血圧を下げる薬として開発されました。血管を拡張する作用があり、毛母細胞へ豊富な栄養を送るようにするための薬剤です。
毛母細胞の活性化作用も期待されています。

 

副作用に関しては、塗布(塗る)タイプには肌荒れ、内服(飲む)タイプには低血圧などがあります。特に肌荒れの発生確率は高く、リアップx5の場合は8.7%の方に問題が生じた、と大正製薬からの発表もあります。

 

費用は、ひと月あたり塗布型で7,000円から10,000円程度。内服薬は個人輸入代行サービスを利用すると3,000円台になっていることが多いです。

 

フィナステリド

フィナステリドはプロペシアに配合されている有効成分です。もともとは前立腺肥大症の改善薬として開発されました。
フィナステリドには、男性型脱毛症(AGA)を抑制できる効果があります。5αリダクターゼという体内の酵素の働きを抑えることで、AGA原因物質の男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を防げるのです。
ただし、フィナステリドの効果は、男性ホルモンによる抜け毛のみと限定的でどんな、直接的な原因ではないにしろ食生活やストレス等による症状にも効果を発揮するわけではありません。
副作用に関しては、精力減退があります。勃起不全(ED)に陥ってしまったり、精子の減少といったりしたリスクまであります。

 

価格に関しては、1ヶ月あたり7,500円が目安です。

 

パントガール

パントガールは女性用の薄毛治療薬です。
育毛効果 としては、主に抜け毛の減少があります。女性が発症するケースが多い「びまん性脱毛症」の抑制効果が高いとされており、海外では実績も上げてきています。
近年では、日本の薄毛系クリニックでも処方されるようになり、実際に多くの方が利用し始めました。
1日あたり朝昼夜の3回服用します。
パントガールは男性が服用することも出来ますが、男性ホルモンを抑える成分は配合されていないため男性ホルモンが原因の男性型脱毛症には効果はありません。

 

副作用に関しては、特に報告はありません。肥満になるのでは、といった事も言われているのですが、パントガールと肥満の関係性は証明されていません。ちなみに1カプセルあたりのカロリー数は0.5キロカロリーです。

 

価格についてはクリニックにもよりますが、ひと月あたり10,000円前後に設定されていることが多いです。

 

ザガーロ

有効成分はデュタステリドといい、AGAクリニックでは最新の育毛剤として処方され始めました。デュタステリドに関してもプロペシアと同様に前立腺肥大症の改善に役立つ、ということで生み出されました。
基本的にはザガーロとプロペシアの機能は同じです。しかし、与えられる効果はザガーロのほうが高い、ということが分かっています。

 

なぜなら、男性ホルモンをパワーアップさせる5αリダクターゼにはT型とU型の2種類あるのですが、プロペシアはそのうちのU型のみに作用するのに対し、ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、5αリダクターゼのT型とU型の両方に効果を与えられる存在だったのです。ですから、男性型脱毛症であるにも関わらずプロペシアの効果が得られなかった、という方でも十分に改善できる可能性があります。

 

ザガーロに関しては0.1ミリグラムと0.5ミリグラムがあります。

 

ザガーロの副作用は、プロペシアと同じく性的な副作用が確認されています。
ただし、以下の理由からプロペシアよりも安全性が高い、といった指摘も専門家からされています。

 

プロペシアは有効成分のフィナステリドが1ミリグラム配合されています。ザガーロは有効成分のデュタステリドが0.5ミリグラムの配合です。低用量となっているので、副作用は出にくい、とされているのです。

 

費用は、ひと月あたり8,000円から10,000円ほどに設定されていることが多いです。

 

AGAの投薬治療は医薬品のため効果はありますが、金銭的な負担と副作用という問題も出てきます。
そのため、市販の育毛剤を使用してみて、効果を感じない人は試してみるといいかもしれません。

 

 

ナイナイ岡村の治療内容

AGAクリニックから処方された発毛剤で改善したことが分かっています。
彼がラジオで自ら語ったことは、

 

・病院で治療をしている
・飲み薬で治療をしている
・以前は塗る薬を処方されていたが、現在は止めている

 

以上の3つです。

 

まず飲み薬で治療しているとのことなので、プロペシアを使用していることは間違いありません。もう一つ注目すべきなのが、塗り薬の利用をやめた、というところです。
塗り薬はミノキシジルを指していると思われるので、その利用をやめたということはミノキシジルタブレットに切り替えた可能性が高い、ということでもあると思います。

 

よって彼は、

 

・プロペシア
・ミノキシジルタブレット

 

以上の2つの薬剤で改善した、と考えられるわけです。

 

 

市販の育毛剤の最新成分とその効果

市販の育毛剤は旧態依然としているものではありません。日々、新しくなっているのです。昔では考えられなかった有効成分を含んでいるようなものまで登場しており、多くの方を薄毛の悩みから救っています。

 

こちらでは、その育毛剤の最新成分の中でも特に注目してほしい成分を幾つか紹介します。そしてそれぞれ育毛剤の持っている効果についてもお教えしますね。

 

最後に、最新の育毛成分を含んでいる市販の育毛剤についても解説するので、育毛方法にあまりお金をかけれない人や、副作用がない方法で最新育毛成分が入っているものを利用したい、と考えている方は注目してください。

 

ヒトオリゴペプチド-5

発毛促進因子のことを指しています。
細胞分裂を促進させるタンパク質の一種であり、我々の身体の中に存在している成分でもあります。しかし、何らかの原因(脱毛症や加齢など)によって、我々の体内から発毛促進因子が減ってしまい、その結果薄毛になってしまうんです。

 

ヒトオリゴペプチド-5のメインの効果は、毛母細胞の成長を促進させることです。様々な原因で機能不全に陥ってしまった細胞を復活させるための成分です。

 

成長因子、と言うものに注目した育毛剤は昔にはありませんでした。新しい育毛剤は、細胞のことまで考えて、様々な成分が含まれているわけです。

 

ちなみに、もともと我々の体内にある成分なので、特に副作用が発生することはありません。安心して利用できる、といったメリットがヒトオリゴペプチド-5にはあるのです。

 

キャピキシル

発毛医薬成分であるミノキシジルと比べると3倍もの育毛効果あることが分かっています。
細胞組織の発毛反応が3倍になることが実際に確認されており、育毛成分であるのに発毛成分よりも期待できるわけです。

 

※キャピキシル製造元であるルーカスマイヤー社が公表した試験データより。英語版論文データ「http://www.hatumou-life.com/wp-content/uploads/capixyl_kanzen.pdf」。日本語訳サイト「http://hatumou-life.com/lucas-meyer-capixyl-honyaku/」。

 

キャピキシルは、

 

・「アセチルテトラペプチド3」と呼ばれる4つのアミノ酸
・植物エキスである「アカツメクサ花エキス」

 

の二つを配合した成分です。
医薬品ではなくアミノ酸と植物エキスなので、性的な副作用もなく、どちらも刺激が弱いので頭皮に対してかゆみや赤み等の大きな負担をかけるようなことは一切ありません。 安心して利用できる、といったメリットがあるのです。

 

ちなみに、アカツメクサ花エキスには脱毛男性ホルモンDHTを生成する5αリダクターゼ還元酵素を阻害する機能も確認されており、男性型脱毛症への効果も大いに期待されています。

 

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド−31

IGFとも呼ばれる成分で、インスリン様成長因子とも呼ばれています。
IGFには毛母細胞や毛乳頭の機能を維持する効果や増殖効果が得られるとされており、発毛機能が高い、とされているのです。
再生医療にも利用されているほどの成長因子の一つです。

 

そもそも男性型脱毛症は、IGFを減少させることが分かっています。そこで、育毛剤でIGFを頭皮に補給してあげることで、AGAに対する高い効果も期待できる育毛成分なんです。

 

IGFはもともと体内 にある成分でもあるので、特別危険性のあるものとは判断されていません。安心して服用することが出来る成分 です。副作用についても、重篤な物は報告が今のところされていないのです。

 

M-034

現在多くの育毛剤に含まれている、スタンダードになりつつある育毛成分です。
M-034は、あの医薬発毛成分のミノキシジルと同等の発毛効果があることも確認されています。
効果については、詳しくは明らかにされていませんが保湿機能、そしてミノキシジルと同様に血行を促進する機能があると考えられています。抜け毛の減少といった報告もされているので、毛母細胞が復活する、といった事も十分に考えられます。

 

M-034は、海藻からできています。自然界にあるものを利用しているので刺激が弱く、頭皮に大きなマイナスの影響を与える、ということは考えられません。副作用を気にせずに利用できる、といったメリットがあります。
さらに、M-034は保湿機能によって、頭皮の肌荒れなどを抑えることも十分に可能です。

 

ピディオキシジル

ミノキシジル誘導体、とも呼ばれている成分です。
正式名称は「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」とされており、育毛のために新開発された成分なのです。
実は、ピディオキシジルはミノキシジルと非常に分子構造が似ているのです。ですから、同じ効果が期待できるのではないか、とされています。
ちなみに最初はまつげ美容液として利用が開始されていましたが、効果があるとのことで育毛剤にも含まれることになりました。

 

主なピディオキシジルの効果としては、頭皮の血行の促進、そして毛母細胞の活性化です。びまん性脱毛症や男性型脱毛症に対しても、もちろん効果が期待できる内容となっています。
さらに注目してほしいのが浸透力です。ミノキシジルで効果が出ない方が多い理由として浸透力の低さがありました。せっかくの成分もお肌の奥まで到達しなければ、しっかりとした効果が発揮されないのです。
ピディオキシジルに関しては、浸透力が極めて高いことがわかっています。有効成分が毛穴の中に入り込み、より深い部分で効果を発揮してくれるわけです。

 

ピディオキシジルは、副作用に関してもミノキシジルと大きな違いがあります。ピディオキシジルは医薬成分ではないので、大きな副作用が発生する恐れはありません。実際に、今までもこれといった副作用報告がないのです。
仮に、ミノキシジルで肌荒れの副作用が出てしまった方であったとしても、ピディオキシジル配合の育毛剤利用に関しては全く問題ありません。

 

ピディオキシジルには圧倒的な安全性があるわけです。

 

最新の育毛成分を配合した注目の育毛剤

 

フィンジア

総合的な育毛効果が期待できる通販で購入できる最新型育毛剤です。抜け毛の予防、髪の毛のコシの回復、男性型脱毛症対策、血行促進対策、さらには頭皮環境を改善させる機能まで期待できるのです。

 

フィンジアはとにかく頭皮への浸透力 にこだわりを持っています。注目してほしいのが、カプサイシンを含んでいるというところ。カプサイシンは唐辛子の辛味の成分であり、毛穴を開く、といった作用があります。要は、それだけ育毛成分の入り口である頭皮の毛穴が開くことで、有効成分を毛穴から頭皮の奥まで浸透させる、 という効果が期待できるわけです。
フィンジアには、他にもキャピキシル(5.0%)とピディオキシジル(2.0%)が配合されています。有効成分が高濃度で含まれている、という部分にも注目しましょう。

 

<副作用について>
特にありません。キャピキシルもピディオキシジルも極めて安全性の高い育毛成分なんです。さらに、他にも植物系のエキスが満載です。褐藻エキスといった頭皮の保湿を行ってくれるものも含まれているので、かえって副作用どころか頭皮環境を良い方向へ持っていってくれるといった効果まで期待できます。

 

<費用について>
・通常価格・・・12,800円(税込み)プラス送料640円
・定期コース価格・・・ひと月あたり9,980円(税込み)(送料無料)
・3本セット価格・・・34,800円(税込み)(1本あたり11,600円)

 

通常価格は少し高いと感じてしまうかもしれませんが、セット購入にしたり、定期コースを利用したりすることでかなり金額を抑えられます。
ちなみに、定期コースの1日あたりのコストパフォーマンスは約333円です。

 

 

チャップアップ

チャップアップも総合的な育毛効果が期待できます。
チャップアップの中心成分は「M-034」なので、特に保湿機能といった頭皮環境改善作用が期待できます。男性は男性ホルモンの影響で、頭皮に皮脂が大量に分泌されやすいです。その結果、皮脂をエサとする菌が大量に頭皮に繁殖して、炎症やかゆみを発生させているケースもあるんです。そういった状態の方にも、チャップアップは適しているのです。

 

チャップアップには、抜け毛量の減少や髪の毛が太くなる、さらには男性型脱毛症などからの回復機能といったものも期待できます。配合されているセンブリエキスには保湿作用と血行促進作用。グリチルリチン酸には、抗炎症作用。ジフェンヒドラミンHCには血行促進と抗炎症作用があります。

 

<副作用について>
チャップアップは頭皮に刺激が少なく安全性の高い天然成分を採用しているので、副作用の心配はありません。
さらに無添加でもあります。

 

・香料なし
・着色料なし
・鉱物油なし
・石油系界面活性剤なし
・パラベンなし
・紫外線吸収剤なし
・シリコンなし

 

添加物はお肌にアレルギーをもたらす可能性もありますが、チャップアップにはそのリスクもほとんどないのです。

 

<費用について>
・通常購入価格・・・7,400円(税込み)プラス送料660円
・2本セット価格・・・13,800円(税込み)(送料無料)
・サプリメント付き定期便・・・ひと月あたり11,670円(税込み)(送料無料)
・2本セット定期便・・・12,000円(1本あたり6,000円)

 

チャップアップに関しては、通販タイプの育毛剤としてはかなり安い部類に入ります。都度購入でも、送料を合わせて8,000円程度です。
2本セット定期便にすると1日あたりのコスパは200円となります。

 

最新育毛成分が入っている育毛剤でも安いものもある、ということは覚えておいてください。
このページで紹介した医薬品やHARG療法などの費用が高く、副作用がある治療法ではなく、安全で比較的安い育毛法を試したいって人におすすめできるのが育毛剤だというわけです。

 

人気No1

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加