遺伝による薄毛にチャップアップは育毛効果がある?

育毛剤チャップアップは遺伝による薄毛(ハゲ)にも育毛効果があるのか?
このページでは遺伝による薄毛への育毛剤チャップアップの育毛効果について見ていきます。

 

遺伝による薄毛は母方の祖父に注目!?

薄毛(ハゲ)が遺伝するかどうかは、母方の祖父の頭皮に注目すればいいことがわかっています。
どういうことかっていうと、母親の遺伝子「X」「X」の「X」と父親の遺伝子「X」「Y」の「Y」の遺伝子を片方ずつもらい、男が生まれます。
このうち、「X染色体」の遺伝子に薄毛に関する遺伝情報が含まれていることがわかったのです。
つまり、「X」の遺伝子をもらうのは母親からなので、母親の祖父の頭皮や頭髪を参考にするのが、確率が高いというわけです。

 

ただ、これもいろんな説があるなかの1つにしかすぎませんが、あくまでも男性ホルモンの影響を受けやすい体質が母方の祖父から遺伝するということであって、薄毛(ハゲ)が必ず遺伝するわけではありません。

 

チャップアップは遺伝による薄毛にも育毛効果があるのか?

何も薄毛は遺伝だけが全ての原因ではないんです。
もともと薄毛になりやすい体質を遺伝している人が、生活環境(食生活等)の乱れで薄毛のスイッチが入り進行している場合が多いんですね。
つまり、ほとんどの人がいろんなハゲの環境要因が組み合わさって薄毛を引き起こしているわけです。

 

下でその薄毛の原因を簡単にまとめます。

 

食事

脂っぽい食事
野菜不足
血液ドロドロ
血の巡りがわるくなり、血液の質も低下
元気な髪になりづらい

 

睡眠

身体は寝ている間にダメージを修復。
髪も、例外ではなく寝ている間に伸びる。
なので、いかに質の良い睡眠をとるかが大事。

 

運動

運動不足は血液の巡りが悪くなる。
運動不足による、筋肉量の低下は、血流悪化を招く。
筋肉は全身に血液を巡らせるポンプの役割をしているため血流悪化は、髪に栄養がうまく行き渡らないことも

 

最後に遺伝に関する薄毛の場合

遺伝による薄毛の場合、5αリダクターゼが、男性ホルモンテストステロンと結びつきやすい体質を遺伝しています。
この5αリダクターゼとテストステロンの両者が結びつくと、髪の毛を細く弱らせる悪玉活性酵素であるDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。
このDHT(ジヒドロテストステロン)が毛母細胞を攻撃することで脱毛の原因となります。
この症状は男性型脱毛症(AGA)と言われていて、男性の薄毛の症状として一番多いとされています。
つまり、遺伝による薄毛(AGA)を防ぐ場合であれば、このDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させないようにするしか手がないんです。

 

AGAが発症した場合は、M字ハゲと頭頂部ハゲの2つの部位にしか脱毛の症状が現れません。
チャップアップのM字ハゲと頭頂部ハゲへの詳しい育毛効果は以下のページをご覧ください。
チャップアップはm字の薄毛に対して効果を発揮してくれるのか?
チャップアップには頭頂部(つむじ)に対する効果が期待できるのか?

 

 

チャップアップの遺伝ハゲへの育毛効果

ただ、上記に挙げたような原因にも、育毛剤チャップアップが作用することは十分可能です。
ハゲになりやすい遺伝子を持っているのであれば、チャップアップの男性ホルモン抑制対策で発症を遅らせ発毛促進を行うことも可能なんです。
チャップアップには悪玉活性酵素DHTの生成を抑制する育毛成分が含まれています。オウゴンエキスやノコギリヤシ、フィーバーヒューなどです。

 

ノコギリヤシ、フィーバーヒューはチャップアップの育毛サプリメントに配合されている育毛成分ですが、これらの成分が男性ホルモンに作用してくれます。

 

さらに、睡眠、運動、食事等の生活習慣で頭皮が荒れてしまっている場合や血行不良が要因のハゲであっても、チャップアップの育毛サプリには食事では補いきれない栄養素が含まれていますし、育毛ローションには頭皮の皮脂の分泌を抑えたり、頭皮の殺菌効果や頭皮の血行促進効果のあるセンブリエキスなどの育毛成分が配合されているため、頭皮環境を正常に保つことも可能です。

 

AGAに行かなくても必殺の一本チャップアップ

 

M字部分へのチャップアップの育毛効果などその他の詳しい情報は以下のページにまとめてあります。

 

チャップアップ(CHAP UP)を試してみた感想と口コミレビュー

 

このエントリーをはてなブックマークに追加