育毛剤の効果を高める使い方

通販や市販で医薬部外品の育毛剤を購入したはいいが、正しい使い方がわからなくて困っている人も多いでしょう。

 

この記事ではそんな人のための育毛剤の効果を高める使い方のポイントとおすすめの使用方法について解説します。

 

目次

 

育毛剤の正しい使用回数

育毛剤の正しい使用回数は基本的には各育毛剤のタイプによって決まっています。

 

ただ、だいたいの医薬部外品の育毛剤は1日2回の使用回数となっています。

 

ですが、購入した育毛剤の用法、容量や説明書の使用量を守るようにしてください。

 

また、男性型脱毛症対策でAGAクリニックで処方される発毛成分が配合された医療用医薬品(外用薬含む)を使用している人もいるでしょう。

 

その場合は、用法容量を守らないと予期せぬ副作用が発生する場合があるため、必ず商品の説明書の指示通りに服用するようにしてください。

 

▲目次に戻る

 

 

育毛剤を使用するタイミング

育毛剤の効果を高めるおすすめのタイミングは、朝と夜の2回です。

 

もし、自分が購入した育毛剤の使用法が1日1回であれば、夜の使用をおすすめします。

 

睡眠中は成長ホルモンの分泌が多く、髪の成長にも相乗効果を与えることができるんです。

 

▲目次に戻る

 

 

育毛剤の効果を高める使い方

育毛剤の効果を高める正しい使い方を紹介します。

 

1番、育毛剤の有効成分が髪の毛に影響を与える夜の使用方法を解説していきます。

 

お風呂に入る

育毛剤を頭皮に付ける際は、いくもう成分や栄養を頭皮の奥まで浸透させるためにできるだけ、お風呂に入りシャンプー後の清潔な頭皮に使用しましょう。

 

また、お風呂に湯船をはり入浴することで、全身の血行を高め育毛剤の浸透を助ける働きがあります。

 

できるだけ、育毛剤を塗布する前は入浴することを心掛けましょう。

 

▲目次に戻る

 

シャンプー方法

シャンプーしていない頭皮だと、毛穴の周りに皮脂やほこりなどの汚れがつまり、育毛剤の浸透を妨げてしまう可能性もあります。

 

注意点としては、1日に2回育毛剤を塗るたびにシャンプーするのはかえって頭皮にとって刺激となり頭皮環境が悪化する可能性もあるのでおすすめしません。
ですが、1日の1回夜のみ育毛剤の使用前にはシャンプーをするのがポイントです。

 

▲目次に戻る

 

具体的なシャンプー方法

お風呂に入る前にクシで髪をとかしましょう。
この作業で、髪に付着した8割の汚れやホコリが落ちていきます。

 

ブラッシング作業で事前に汚れをできるだけ落としておくことで、シャンプー時間を減らすことができます。

 

その分、シャンプー成分が頭皮に付着する時間を減らすことができるため、頭皮への刺激や影響も少なく済みます。

 

薄毛改善のためにシャンプー時間を極力減らすことを意識し生活習慣にしましょう。

 

また、クシに髪がひっかかっても無理に引っ張ると抜け毛の原因となるため優しくとかしましょう。
ブラッシングの後は、まずはぬるま湯だけで髪と頭皮を流してからシャンプーしましょう。

 

詳しいシャンプー方法は以下の記事を参考にしてください。

 

シャンプーを使った正しい洗い方

 

▲目次に戻る

 

髪を乾かす

洗髪後は、髪をタオルドライし良く水分をふきとります。

 

タオルドライの後は、ドライヤーで乾かしていきます。

 

自然乾燥は雑菌が繁殖するため注意が必要です。

 

ドライヤーは熱風を同じ部分に当てすぎると、髪や頭皮が高温になりすぎるので、まんべんなく温風で乾かすか冷風を混ぜるようにしましょう。

 

また、髪や頭皮は8割程度乾かすのが目安です。
あまり乾かしすぎても頭皮の乾燥を招き、髪が乾いていない状態であれば、髪や頭皮の水分によって育毛液が薄まってしまいます。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤の塗布方法

育毛剤を塗布していきますが、頭頂部やM字部分など男性の薄毛が気になる部分を中心に塗布していきます。

 

女性も同様に、薄毛が気になる部分を中心にまんべんなく塗っていきましょう。

 

あまり一度に頭皮につけすぎると液ダレしてしまう可能性が高いので、ある程度頭皮に塗布したら、一度塗るのを止めて頭皮マッサージで周辺部分にも広げ馴染ませていくことをおすすめします。

 

頭皮マッサージをする際は、指の腹を使い両手で頭皮を掴むようにマッサージしていきます。

 

絶対に爪を立ててゴシゴシすることは頭皮を傷つける原因になるので止めましょう。

 

育毛剤のノズルタイプやスプレータイプなどの形状による使い方は以下の記事を参考にしてください。

 

▲目次に戻る

 

最後は乾かす

育毛剤を塗布した後は、髪や頭皮が乾くまで放置でOKです。

 

朝の出勤前の使用などで頭皮や髪が濡れていると困る場合のみ、ドライヤーの冷風で髪の毛のみを乾かしましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

育毛剤の効果の出ない使い方

育毛剤の正しい使用方法を解説してきましたが、以下の3点の間違った使用法だと育毛剤の薄毛対策への効果が弱まってしまいます。

 

3から6カ月は同じ育毛剤を使う

育毛剤を一度使用したら、同じ商品を最低3カ月から6カ月は使い続けるようにしましょう。

 

髪の毛の成長が止まっている状態や脱毛する直前の髪には育毛剤は作用しません。

 

そのため、髪の生え代わりや脱毛期間のヘアサイクルを考慮し、すべての髪に効果を与えることができる3ヶ月間から6カ月は使用を続けましょう。

 

▲目次に戻る

 

別の育毛剤同士で併用しない

育毛剤の効果を高めるためには、2つの育毛剤の併用は避けましょう。

 

育毛剤を併用させても効果が2倍になることはありません。

 

むしろ、育毛剤を頭皮が吸収できる量はきまっているので、併用したところで両者の育毛効果を得られることはなく、副作用の可能性も高まってしまいます。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤の用法、容量を守って使う

育毛剤の1日の使用回数、使用量を守って使うようにしましょう。

 

上にも書きましたが、育毛剤は付ければ付けるほど、効果が上がるわけではありません。

 

育毛剤を大事に使っていくためにも使用頻度やタイミングは守るようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

使い方をマスターしたら効果のある育毛剤を使おう

育毛剤は3ヶ月から6カ月同じ商品を使用し続けることが大事です。

 

だからといって、育毛効果のない育毛剤を6カ月使用するのは金銭的にも負担になりますし、結果的に満足いく効果を得られない可能性も高くなってしまいます。

 

そのため、初めから高い育毛剤を使用する必要があります。

 

下の記事で人気の育毛剤ランキングをご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加