育毛剤とドライヤーの使い方

薄毛対策のために育毛剤を使う時に、ドライヤーのかけ方や順番、使用法を間違えると、育毛剤の効果を得られなくなる場合もあります。

 

育毛剤を使う時のドライヤーのかけるタイミングや使用方法は以下の順になります。

 

・シャンプー後にドライヤーで髪を8割程度乾かす
・育毛剤を塗布し、髪が濡れた部分のみ気になるようであればドライヤーをかけて乾かす
・育毛剤を塗布した部分の頭皮は自然乾燥させる

 

この記事を読めば、育毛剤とドライヤーを使うおすすめの方法がわかります。

 

目次

 

育毛剤を使う時の正しいドライヤーの使い方と流れ

育毛剤を塗布する時の正しいドライヤーの使い方とその流れを以下に解説します。

 

シャンプー後にタオルドライ

シャンプーで洗髪後のお風呂上りだと、頭皮の皮脂汚れも落ち、毛穴が開き頭皮も柔らかくなっているため、毛根への育毛剤の浸透力も上がりベストタイミングです。

 

そのため、以下で夜のシャンプー後の頭皮に育毛剤を塗布する時の流れを解説していきます。

 

まずは、お風呂上りの濡れた頭皮と髪をバスタオルでタオルドライしていきます。

 

その時に、タオルで力を入れてゴシゴシふきすぎると頭皮の地肌や髪の毛を痛めるので、頭皮にタオルを優しく指で押し付けるようにして水分を吸収していきましょう。

 

タオルドライによってしっかりと水分を吸収しておくことで、ドライヤーをかける時間が短くなり、ドライヤーの熱によって受けるダメージや枝毛などのトラブルも防ぐことができます。

 

▲目次に戻る

 

ドライヤーで乾かす

タオルドライが終わったら、ドライヤーを使用し髪の毛を乾かしていきます。

 

ドライヤーをかけてから育毛剤を塗布する理由は、髪が濡れたまま育毛剤をつけると、育毛剤の成分が薄まったり水分と一緒に流れたり、髪が乾くのと一緒に育毛成分が蒸発してしまうという理由から、髪を乾かしてから育毛剤を塗布します。

 

また、髪が濡れたままドライヤーを使用せずに自然乾燥させると、頭皮に雑菌が繁殖しフケやかゆみなどの症状が発生し頭皮環境が悪化する原因となる可能性があります。

 

ドライヤーの温風である程度毛髪と頭皮を乾かし、その後は冷風モードを使い、頭皮のほてりを抑えながら8割程度乾かしましょう。

 

ここで、ドライヤーで頭皮を完全に乾かしてしまうと、頭皮の乾燥の原因となったり、せっかくお風呂上りの頭皮の毛穴が開き育毛剤の浸透しやすい状態になった毛穴が頭皮が乾くことによって閉じてしまうため、8割程度の乾燥状態にしておきます。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤をつける

ドライヤーをかけ終わったら、育毛剤を頭皮に塗布していきます。

 

育毛剤を塗布する際には、頭皮の血行促進効果も得られる頭皮マッサージをしながら育毛剤を伸ばし浸透させていきます。
育毛剤を抜け毛やハゲが気になる部分にしっかりと塗ることが出来たら、5分ほど放置して乾かします。

 

※まれに育毛剤の商品によってはドライヤーで乾かす前の髪が濡れた状態で塗布する育毛剤もあるため使用前に念のため説明書を確認するようにしてください。

 

その後、濡れた頭皮は自然乾燥しますが、ピンポイントに塗ることができるノズルタイプの育毛剤ではなく、広範囲に噴射されやすいスプレータイプの育毛剤の場合、髪が濡れてしまう事もあるため、気になる人は、冷風のドライヤーで髪のみを乾かしましょう。

 

その時に、ドライヤーの風が育毛剤を塗布した頭皮に当たらないように注意してください。
育毛剤の頭皮への浸透には時間を置かなければいけないのに、ドライヤーの温風や冷風で乾かすと頭皮の表面から育毛に効果的な成分まで蒸発してしまうこともあります。

 

▲目次に戻る

 

 

ドライヤーの使用方法の注意点

以下にいくつか育毛剤を使用する上でのドライヤーの使い方の注意点を紹介します。

 

自然乾燥は髪と頭皮によくない

お風呂上りに濡れた髪を自然乾燥させると、頭皮に雑菌が繁殖し頭皮環境悪化の原因にもなります。

 

また、髪は濡れた状態だと髪の毛の栄養を守るうろこのようなキューティクルが開いている状態のため、そのままの状態で髪を乾かすと傷んでしまい、切れ毛や枝毛などのトラブルが発生します。

 

育毛剤の使用に関わらず、お風呂上りの濡れた髪は、ドライヤーで乾かすようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

育毛剤で濡れた髪に関しては、ドライヤーの冷風で乾かすといい

リアップのような頭皮に直接育毛剤の先端を付けて塗布するようなノズルタイプではなく、人気育毛剤チャップアップのようなスプレータイプの育毛剤は、プッシュ回数や一度に使用する量も決まっていて、広範囲に噴射されるため、狙った頭皮だけでなく髪の毛にもつきやすく、使用後は髪が濡れてしまうこともよくあります。

 

そのため、スプレータイプの育毛剤の使用によって濡れた髪が気になる場合であれば、濡れた髪の毛の部分のみドライヤーの冷風モードを使い乾かしましょう。

 

▲目次に戻る

 

ドライヤーの熱風には注意

ドライヤーの温風で髪を乾かす場合、ドライヤーを髪に近づけすぎると髪の毛が熱をもってダメージを受けてしまうため20センチから30センチ程度は離して使用するようにしましょう。

 

また、最初はドライヤーの温風モードである程度、髪の水分を飛ばし、冷風モードで乾かすのが髪と頭皮のダメージを防ぐためにもおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

 

おすすめ育毛剤チャップアップ

抜け毛予防や頭皮ケアに人気の医薬部外品の育毛剤がチャップアップです。

 

チャップアップは全81種類の育毛成分が、個人のハゲの症状に合わせた効果を発揮します。
特にチャップアップの頭皮の血行促進効果は高く、センブリエキスなどが血行不良を改善し、毛母細胞に栄養を送り込むことで発毛促進効果が得られます。

 

チャップアップは高い育毛効果を持ちながら副作用もなく、男性、女性共におすすめできる育毛剤です。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

チャップアップの詳しい育毛効果や、他の育毛剤との比較は以下のページをご覧ください。

 

チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
チャップアップのレビュー
育毛剤が浸透しやすい頭皮の作り方と浸透力の高い育毛剤
育毛剤が効果なし、効かない時の原因と対策方法
育毛剤の効果を高める使い方
育毛剤の効果を高めるために使う時間

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加