イクオスとマイナチュレを比較

成分が充実しており、しかも天然成分ベースで安全性も高いということで人気を集めている育毛剤がイクオスです。
このイクオス、基本は男性用育毛剤なのですが、天然成分ベースで低刺激ということもあり、女性でも使用することが可能な男女兼用なんです。

 

また、女性用育毛剤であれば、マイナチュレが3本の指に入るほど人気を集めています。
マイナチュレも天然成分ベースで安全性の高い育毛剤です。

 

今回の記事ではイクオスとマイナチュレを比較し、どちらの育毛剤が女性にとってよりおすすめなのかを検証していきます。

 

イクオスの公式サイトを見る

 

マイナチュレの公式サイトを見る

 

目次

 

イクオスとマイナチュレの成分で比較

イクオスが薄毛に悩む人から人気を集めている理由の一つに主成分Algas-2(アルガスツー)の存在があります。
このAlgas-2、これまで男性用育毛剤の成分として人気を集めてきた天然由来成分M-034をさらにパワーアップさせた成分になります。

 

M-034はミツイシコンブと言われる海藻から抽出された成分です。
M-034は毛根部分で髪の毛を支える外毛根鞘細胞の細胞分裂を促し、髪の毛の土台を強固にすることで、抜け毛を減らして発毛を促進する力を持っています。

 

このM-034の育毛効果はAGA治療薬のミノキシジルとほぼ同等とも言われています。

 

この優れモノの育毛成分であるM-034にペルペチアカナリクラタエキスを加えて開発されたのがイクオスの主成分Algas-2です。

 

ペルペチアカナリクラタエキスも海藻から抽出された成分で、抜群の保水力を持ちます。
このペルペチアカナリクラタエキスがM-034に加わったことによって、頭皮環境改善効果も期待できるようになったのが、Algas-2です。

 

また、このイクオス、ペルペチアカナリクラタエキス以外にも強力な頭皮の保湿効果を持つ成分を配合しています。
それがスサビノリエキスとアセチル化ヒアルロン酸ナトリウム。

 

中でも注目したいのはアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムです。
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムはヒアルロン酸の原子を改良して、その保水力を2倍に高めたものです。
化粧品業界でも注目を集めている成分で、頭皮が乾燥している人には抜群の効果が期待できます。

 

一方、マイナチュレは海藻エキスという名前でオーソドックスにm-034を配合しています。
マイナチュレの主成分m-034には、Algas-2のような保湿効果は期待できませんが、育毛促進効果は十分に期待できます。

 

ちなみに、イクオスのように目を引く新成分はマイナチュレには配合されていません。

 

ただ、マイナチュレには薄毛の原因になる男性ホルモンを抑制するヒオウギ抽出液やオウゴンエキス、頭皮の血行促進効果を持ち毛母細胞を活性化させるセンブリエキスやクエン酸ナトリウム、シナノキエキス、頭皮の抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウム、クロレラエキス、サクラ葉抽出液といった実績のある育毛成分を配合しています。

 

国の厚生労働省から育毛への効果を認められた有効成分も多数含まれており、マイナチュレは育毛剤としての穴は無い印象です。

 

ただし、イクオスとマイナチュレの育毛剤自体の配合成分数を比較すると、イクオスが70種類、マイナチュレが51種類です。

 

ちなみに、マイナチュレが配合している成分は、ほとんどイクオスにも配合されています。

 

さらに、それに上乗せする形でアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムのような成分を配合しているのがイクオス。

 

したがって、イクオスとマイナチュレを育毛成分の成分量で単純に比較するなら、イクオスの方が充実していると言ってよいでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとマイナチュレの女性男性型脱毛症(FAGA)への効果で比較

女性も加齢や出産などのホルモンバランスの乱れによって、今まで体内の男性ホルモンを抑えていた女性ホルモンの分泌が減少します。

 

そうなると体内の男性ホルモンが優位となり、M字部分や頭頂部の抜け毛や薄毛が進行していくようになります。

 

そこで、育毛剤にも女性ホルモンの働きを助けたり、男性ホルモンの生成を抑えるような成分効果が必要になります。

 

イクオスとマイナチュレのFAGAへの効果を比較すると、どちらの育毛剤もオウゴンエキスやビワ葉エキス、ボタンエキス、ゴボウエキスなど、FAGAに効果のある基本的な成分は抑えてあるので引き分けという結果になりました。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとマイナチュレの頭皮への浸透力を比較

イクオスとマイナチュレの頭皮への浸透力を比較した結果、イクオスの方が優れていました。

 

頭皮への浸透力が高ければ、それだけ毛穴の奥の毛乳頭や毛母細胞へ到達し効果を発揮できる可能性が高まるというわけです。

 

イクオスには、育毛剤に配合されている成分を小さくするナノ化技術の低分子ナノ水が使用されていますが、マイナチュレには低分子ナノ水は使用されていませんでした。

 

結果、イクオスの方が頭皮への浸透力が優れていると言わざるをえません。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとマイナチュレの価格比較

次にイクオスとマイナチュレを価格で比較してみます。
育毛剤の価格を比較する場合、単品購入と定期購入の2つの観点から比較する必要があります。

 

ちなみに、単品購入の価格は、イクオスが9,510円(税別・送料込み)、マイナチュレが5,745円(税別・送料込み)となっており、マイナチュレの方が4,000円近くも安い値段設定になっています。

 

したがって、育毛剤を単品購入するなら、イクオスよりマイナチュレの方がコストパフォーマンスが良いのは間違いありません。

 

ただし、育毛剤での薄毛対策というのは最短でも3ヶ月、平均して半年〜1年程度の育毛剤の使用期間が必要になります。

 

1ヶ月育毛剤で対策しただけで、抜け毛が治まって髪の毛が生えてくるほど甘いものではありません。
したがって、育毛剤の単品購入はあくまでもお試しのイメージ。

 

そして、単品購入で気に入った育毛剤が見つかったら、定期コースを購入するのが一般的です。

 

ちなみに、定期購入の価格は、イクオスが6,980円(税別・送料無料)、マイナチュレが4,457円(税別・送料無料)です。
価格だけ見るとマイナチュレがお得なように見えますが、おすすめしたいのはイクオスです。

 

その理由はイクオスの定期購入を申し込んだ場合、育毛剤だけでなく、もれなく育毛サプリメントが無料でついてくるという特典があるため。

 

イクオスサプリは、薄毛に効果のあるビタミンBなどの育毛有効成分がバランスよく配合されていて、育毛サプリメントの中でもトップクラスとなる46種類の育毛成分を配合しており、業界でも非常に評価の高いサプリメントです。

 

イクオスサプリ、単体で購入すると7,610円(税別・送料込み)です。

 

このイクオスサプリが無料でつくことを考えると、イクオスの定期購入は見た目の価格以上にコストパフォーマンスが良いのは間違いありません。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとマイナチュレの副作用で比較

イクオスとマイナチュレには、発毛効果があり副作用を発生させるような発毛剤に含まれている医薬成分は配合されていません。

 

さらにイクオス・マイナチュレは無添加を売りにしている無添加育毛剤です。

 

したがって、イクオスとマイナチュレには副作用の原因となるパラベンや石油系界面活性剤、男性育毛剤によくある香料などは含まれておらず、副作用の心配はほとんどありません。

 

ただし、イクオス・マイナチュレ共に、育毛成分を混ぜ合わせるためにエタノールのようなアルコール成分がわずかに含まれています。
アルコールに敏感な体質の人はこのアルコールの影響で頭皮が腫れることがあるかもしれません。

 

ただし、その確率はかなり低いです。

 

心配なら、購入する前に目立たない部分のお肌でアルコールアレルギーの有無をチェックするパッチテストをしてみるのが良いでしょう。

 

ただ、イクオス・マイナチュレ共に副作用の心配が無い、安全性が高い育毛剤であるのは間違いありません。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとマイナチュレの全額返金保証で比較

育毛剤には使ってみて体質に合わなかった時のために、購入代金を返金してもらえる全額返金保証制度が設けられているケースが多く見られます。

 

イクオス、マイナチュレにもこの全額返金保証制度が設けられています。

 

ちなみに、全額返金保証を受けられる期間はイクオスでは45日間、マイナチュレでは何と180日間です。
マイナチュレの180日間は業界の中でも最長レベルの全額返金保証期間の長さです。

 

また、全額返金保証制度の対象は定期購入している人に限られるというケースがほとんどです。
この場合、初回購入分しか返金保証の対象とならず、2回目以降に購入した商品の代金は返金されないケースが多く見られます。

 

しかし、マイナチュレの凄いところは180日間に購入した商品全てが返金対象となるため、最大で6本分の代金を返金してもらえるということです。

 

全額返金保証の内容で比較するなら、イクオスよりもマイナチュレはずば抜けて優れていると言って良いでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとマイナチュレ比較まとめ

ここまで女性向けのイクオスとマイナチュレを比較しながら見てきましたが、どちらも育毛通が多く使用している優れた育毛剤であることには疑いの余地はありません。

 

ただ、育毛成分で判断するなら、イクオスを選ぶ方が良いでしょう。
特に乾いたフケが出るなど、頭皮が乾燥している兆候がある人には保湿効果に優れたイクオスがおすすめ育毛剤です。

 

一方、まずは単品購入で自分に合う女性専用育毛剤を探してみたい人もいるかもしれません。
単品でイクオスを購入するとかなり割高になってしまうので、まずはマイナチュレを単品で購入して、試してみるのも良いでしょう。

 

ただ、もしマイナチュレの効果がいまいちなら、より育毛成分が充実しているイクオスを使ってみましょう。

 

イクオスの公式サイトを見る

 

マイナチュレの公式サイトを見る

 

イクオスとマイナチュレの詳しい育毛への効果やベルタ育毛剤、チャップアップなどの人気女性用育毛剤の比較記事については以下のページにまとめてあるので参考にしてください。

 

育毛剤イクオスの口コミと効果

 

マイナチュレの口コミ

 

イクオスとマイナチュレ以外にも、女性用育毛剤おすすめランキングもあるので以下の記事を参考にしてください。

 

女性の育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加