男性の頭頂部の薄毛の原因

男性の頭頂部ハゲの原因は、以下の5つです。

 

・男性ホルモン
・頭皮トラブル
・遺伝
・生活習慣
・ストレス

 

頭頂部の薄毛はAGAや遺伝の影響よりも生活習慣の影響をより強く受けると言われています。

 

AGAで頭頂部の薄毛が起こりにくい理由は、AGAの原因となるU型の5αリダクターゼと呼ばれる酵素が頭頂部には少ないためです。

 

一般に薄毛の原因がAGAだった場合、他の原因で薄毛になっている場合よりもその改善は困難です。

 

したがって、U型の5αリダクターゼが多い生え際のM字部分の薄毛と比較すると、頭頂部の薄毛は改善しやすい傾向があります。

 

今回の記事では男性の頭頂部のはげにフォーカスして、頭頂部の薄毛の原因と対策方法について述べていきます。

 

目次

 

男性の頭頂部の薄毛の原因

ここからは男性の頭頂部の薄毛の原因について見ていきます。
先ほども少し述べましたが、頭頂部の薄毛のほとんどは、生活習慣の乱れが原因です。

 

ここからは頭頂部の薄毛を引き起こす原因となる生活習慣を見ていきます。

 

頭頂部のAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛

AGAは男性ホルモンが活性化して、体内に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつき、生み出されたジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質が原因で引き起こされます。

 

脱毛ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に育毛指令を与える毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターという部位と結合すると、毛乳頭細胞から脱毛因子TGF-βという物質が排出されるようになります。

 

脱毛因子TGF-βには毛母細胞に脱毛を促進するように働きかける作用があり、これにより抜け毛が引き起こされるというのがAGAの原因です。

 

ちなみに、側頭部や後頭部の髪の毛の毛乳頭細胞にはアンドロゲンレセプターが存在しないため、AGAによる薄毛が進行することはありません。

 

これに対して、頭頂部の髪の毛の毛乳頭細胞にはアンドロゲンレセプターが存在します。
これが男性がAGAで頭頂部が薄毛になる原因です。

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境の悪化が原因の頭頂部の薄毛

頭皮環境が悪化している場合、それが頭頂部の薄毛の原因になる場合があります。
頭皮環境の悪化には頭皮の乾燥・皮脂の過剰分泌といったものが挙げられます。

 

このような頭皮環境の悪化が発生すると、頭皮の炎症を引き起こし、フケ・かゆみの原因につながり髪の毛にうまく栄養が行き渡らなくなり抜け毛が増えることがあります。

 

頭皮の血行不良が原因の頭頂部の薄毛

頭皮が血行不良の状態になっていると、これも頭頂部の薄毛を引き起こす原因となります。

 

血液には体内を巡って栄養を供給する役割があります。
血行不良になり、血液が頭皮に巡ってこないようになると、髪の毛をつくる毛母細胞への栄養供給も不十分になります。

 

これにより、髪の毛の生成が著しく阻害され、頭頂部の髪もうまく栄養を受け取り髪を生成できなくなり抜け毛が発生することになります。

 

▲目次に戻る

 

遺伝が原因の頭頂部の薄毛

ちなみに、男性がAGAによる薄毛症状を発症するかどうかは遺伝的な要素が強く関わっていることが分かっています。
理由としてはジヒドロテストステロンと結合するアンドロゲンレセプターがどのくらいジヒドロテストステロンと結合しやすいかという特性が、遺伝によって大きく左右されるためです。

 

特に男性の親族にハゲている人が多い場合は要注意です。
この場合、自分の毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターにもジヒドロテストステロン(DHT)と結合しやすい性質が受け継がれている可能性があります。
AGAになりやすい体質が遺伝することも、男性の頭頂部の薄毛の原因になります。

 

▲目次に戻る

 

生活習慣の乱れ

さて、上記ではAGA・頭皮環境の悪化・血行不良といった薄毛の原因について紹介していきました。

 

しかし、ここから紹介していく生活習慣の乱れは、特に男性の頭頂部の薄毛に影響を与えるものです。

 

では、一つずつ細かく見ていきたいと思います。

 

睡眠不足が原因の頭頂部の薄毛

まず、頭頂部の薄毛を引き起こす生活習慣の乱れとしては、睡眠不足が挙げられます。
髪の毛は起きている時間では無く、眠っている間に成長ホルモンによって成長します。

 

したがって、睡眠時間が不足すると、髪の毛を生成する時間が確保できなくなり、どんどん頭頂部の薄毛が進行します。

 

▲目次に戻る

 

乱れた食事が原因の頭頂部の薄毛

食生活が乱れている場合も、頭頂部の薄毛を引き起こしやすくなります。

 

髪の毛を作るためには18種類のアミノ酸、亜鉛をはじめとしたミネラル、ビタミンといった栄養素を食事から幅広く摂取する必要があります。

 

ただ、食生活が乱れてくると、髪に必要な栄養素が体内で不足して、髪の毛の生成が進まなくなります。
その結果として、男性の頭頂部の薄毛が引き起こされる原因になります。

 

▲目次に戻る

 

ストレスが原因の頭頂部の薄毛

生活の中でストレスをため込んでいると、これも頭頂部の薄毛の原因につながります。

 

ストレスがたまってくると体の自律神経の交感神経という神経が活動する時間が長くなります。
交感神経には体を緊張状態にするという特性があります。
体が緊張状態になると、血管も収縮状態になります。

 

結果としてストレスによって血行が悪化して、頭皮の血行不良を引き起こし、頭頂部の薄毛につながります。

 

▲目次に戻る

 

喫煙が原因の頭頂部の薄毛

喫煙でニコチンを大量に体内に摂取することも頭頂部の薄毛の原因になります。

 

ニコチンには血管を収縮させる働きがあり、頭皮の血行を悪化させ、頭頂部の薄毛を進行させます。

 

また、ニコチンには毒性があり、その影響で体内において、髪に必要な栄養素でもある大量のビタミンが破壊されます。
そのため、体内でビタミン不足になり、髪の毛の生成がうまく進まなくなります。

 

▲目次に戻る

 

過度の飲酒が原因の頭頂部の薄毛

頭頂部の薄毛を引き起こす習慣としては、過度の飲酒も挙げることができます。

 

少量の飲酒であれば、血行を促進して育毛にプラスに働く場合があります。

 

ただ、過度の飲酒を行うと、体内に入ってきたアルコールを分解するためにメチオニン・システインといったアミノ酸が大量に消費されることになります。

 

メチオニン・システインは髪の毛の原材料となるケラチンを生成するために必要となるアミノ酸であり、メチオニン・システインが不足することにより、髪の毛の生成が進まなくなり頭頂部の薄毛の原因となります。

 

▲目次に戻る

 

運動不足が原因の頭頂部の薄毛

運動は育毛には効果的な習慣になります。
反対に運動不足は頭頂部の薄毛を進行させる原因になります。

 

運動不足になると、筋肉の力が衰えてしまいます。
筋肉には体内に血液を送り出すポンプの役割が備わっています。
したがって、筋肉が衰えることは体内の血行悪化につながり、頭皮の血行不良を引き起こし頭頂部の薄毛の原因となります。

 

▲目次に戻る

 

紫外線が原因の頭頂部の薄毛

紫外線をたくさん浴びることも、頭頂部の薄毛の原因になります。

 

頭皮が紫外線を浴びると、紫外線の熱でタンパク質と糖が結合する「糖化」と呼ばれる現象が発生します。
糖化が頭皮で発生すると、頭皮がカチカチに固くなってしまい、それに伴って頭皮の血行不良が引き起こされます。

 

これが頭頂部の薄毛につながります。

 

▲目次に戻る

 

シャンプーのし過ぎによる頭皮環境の悪化

間違ったヘアケアも頭頂部の薄毛の原因となってしまうことがあります。

 

市販のヘアケア剤のほとんどは、さっぱりとした洗い上がりを実現するために非常に強力な洗浄成分を配合しています。

 

ちなみに、頭皮には皮脂という脂が分泌されています。
皮脂には頭皮を保湿し、外敵から頭皮を守るという働きがあります。

 

しかし、シャンプーの強力な洗浄成分は、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまいます。
頭皮のバリアである皮脂がシャンプーで流されることによって、頭皮が乾燥し、頭皮環境の悪化が引き起こされ、頭頂部の薄毛の原因となります。

 

頭皮に負担とならないシャンプーで頭皮ケアを行うことにより頭頂部の薄毛の発生可能性を少しでも抑えることが可能です。

 

▲目次に戻る

 

 

頭頂部の薄毛の対策

では、男性の頭頂部の薄毛を引き起こさないためには、どのように対策を進めていけば良いのでしょうか。

 

頭頂部の薄毛の主たる原因が生活習慣の乱れにあるため、頭頂部の薄毛対策も生活習慣の改善をベースに考えていく必要があります。

 

生活習慣の改善

頭頂部の薄毛を改善したいなら、まずは生活習慣を改善しましょう。
生活習慣が乱れていると、頭皮にも悪影響の生活習慣病を引き起こすだけでなくどんな頭頂部の薄毛対策をしても上手くいきません。

 

ちなみに生活習慣の改善と言っても難しく考える必要はありません。
朝型の生活リズムで生活を送り、健康的な食生活を意識するといったことだけで十分です。

 

なお、健康な食生活と言ってもピンと来ない人はまず食生活に大豆と海藻類を取り入れてみるようにしましょう。
大豆には男性ホルモンの活性化を抑えるイソフラボン、海藻類には髪の毛の生成に必要なミネラルがそれぞれ豊富に含まれています。

 

これらの食材を取り入れるだけでも食生活を大きく改善することが出来ます。

 

▲目次に戻る

 

ストレス解消

男性で頭頂部の薄毛が進行している人で、「最近ストレスがたまっているな」といった自覚があるなら、心がけるべきはそのストレスの発散です。

 

ストレスの原因は人それぞれだと思います。

 

ただ、ストレスがたまっている人で、睡眠が不足している人がいれば、まず大切になるのはしっかりと睡眠時間を確保すること。
睡眠にはストレスを減らす働きがあります。

 

また、上記でも説明した通り、毛髪が成長するのは睡眠中です。
したがって、睡眠時間を確保しストレスを解消することは、頭頂部の薄毛の改善には非常に有効になります。

 

ストレスは放っておくと円形脱毛症も引き起こす恐れもあるので、日ごろからストレス解消を心掛けましょう。

 

▲目次に戻る

 

運動

男性の頭頂部の薄毛が進行しているなら、生活習慣にぜひ取り入れてほしいのが運動。

 

運動は筋肉を鍛えて血行を促進する効果が期待できるだけではありません。
運動で汗をかくことにより、体内に蓄積されているAGAの原因物質であるDHTが排出される効果も期待できます。

 

また、頭皮が汗をかくと、それが保湿につながり頭皮環境が改善することもあります。

 

このように運動は頭頂部の薄毛対策に非常に有効です。
ぜひ積極的に生活に取り入れていくようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

AGAクリニック

生活習慣の改善をしても頭頂部の薄毛が改善しない場合、または完全にハゲ上がってしまうくらいまで頭頂部の薄毛(O型ハゲ)が進行している男性の場合、こういった時は病院専門のAGAクリニックや皮膚科を受診してAGA治療薬などの発毛剤を処方してもらうことをおすすめします。

 

AGA治療薬として代表的なものにはAGAの原因にもなる5αリダクターゼを抑制する効果を持つプロペシア(フィナステリド)があります。

 

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)が原因の頭頂部の薄毛には抜群の発毛効果を発揮します。

 

また、ミノキシジルという外用薬のAGA治療薬には頭皮の血行を促進するのに非常に有効です。

 

このプロペシアとミノキシジルの2つの薬を組み合わせて男性の頭頂部のAGAによる薄毛にアプローチする治療法がおすすめです。

 

以下のページにおすすめのAGAヘアクリニックの薄毛治療の内容や治療費について紹介しています。
無料カウンセリングも可能なので、気になる人はご覧ください。

 

AGA最新治療ヘアメディカルについてハゲ治し隊が徹底解剖!

 

▲目次に戻る

 

育毛剤

生活習慣の改善のみの対策だと、男性の頭頂部の薄毛改善効果はやや心もとない部分もあります。

 

したがって、頭頂部の脱毛予防に万全を期すならおすすめは育毛剤を利用することです。

 

育毛剤には頭皮の血行促進・男性ホルモンの抑制・頭皮環境の改善などの育毛効果を持つ有効成分が配合されていて男性の、頭頂部の薄毛への幅広い効果があります。
頭頂部の薄毛がかなり進行していてハゲあがってしまっている場合、AGAクリニックしか選択肢がない場合もあります。

 

これらの育毛剤を頭皮の皮膚に塗布し、ツボを刺激する頭皮マッサージを行うことで頭頂部の薄毛の原因でもある毛根の血行不良の改善に役立ちます。

 

ただ、そうでなく頭頂部の薄毛の症状が初期から中期程度の進行度であれば、育毛剤でも十分に改善は見込まれるでしょう。

 

育毛剤の頭頂部への薄毛のアプローチには男性ホルモン抑制効果を持つ育毛成分により直接的に影響を与えたり、女性ホルモンの働きをする成分を取り入れることで相対的なホルモンバランスを整える2つの方法があります。

 

まずは育毛剤の利用から頭頂部の薄毛対策をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

育毛剤の選び方

 

このサイト内での男性用、女性用のおすすめ育毛剤は下記の記事をご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
女性の前頭部の薄毛の原因
遺伝子検査でハゲやすいかがわかる

 

▲目次に戻る

 

男性は頭頂部、いわゆる頭のてっぺんやつむじ部分は薄毛が進行しやすい箇所になります。

 

頭頂部のハゲは「つむじハゲ」、「てっぺんハゲ」「O型ハゲ」といった名前で呼ばれるケースが多いです。

 

ちなみに、男性が頭頂部の脱毛パターンを発症する場合、AGAという症状が原因になっていることがほとんどです。
このAGAという薄毛症状が発生するかどうかは遺伝的な要素が大きく関わっています。

 

ただし、頭頂部の薄毛はAGAや遺伝の影響よりも生活習慣の影響をより強く受けると言われています。

 

AGAで頭頂部の薄毛が起こりにくい理由は、AGAの原因となるU型の5αリダクターゼと呼ばれる酵素が頭頂部には少ないためです。
一般に薄毛の原因がAGAだった場合、他の原因で薄毛になっている場合よりもその改善は困難です。

 

したがって、U型の5αリダクターゼが多い生え際のM字部分の薄毛と比較すると、頭頂部の薄毛は改善しやすい傾向があります。

 

今回の記事では男性の頭頂部のはげにフォーカスして、頭頂部の薄毛の原因と対策方法について述べていきます。

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加