チャップアップは10代の薄毛にも効果的

10代の薄毛は生活習慣の改善やストレスの緩和で改善することも出来ますが、より早く治したい場合は育毛剤の使用も検討してみましょう。

 

10代で使う育毛剤を選ぶ際は、未成年が使用できない育毛成分の有無を確認する必要があります。

 

例えば、AGA(男性型脱毛症)の治療薬フィナステリドは男性機能や性ホルモンに影響を与え、ミノキシジルは血圧を大幅に下げる作用があり、成長途中の体には負担が大きいため使用できません。

 

育毛剤の中でも、AGA治療薬の発毛医薬成分を含まず、天然成分で構成されているチャップアップなら、10代でも問題なく使うことが出来ます。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

目次

 

10代が得られるチャップアップの育毛効果

10代でも使えるチャップアップは、「医薬部外品」という分類の育毛剤になり、薬より体への作用が穏やかで、通販サイトでも購入できるような信頼できる品質の育毛剤です。

 

そして、チャップアップは自然由来の育毛有効成分を使用しているため、AGA治療薬に心配されるような体の機能低下や体調不良などの副作用が起こりにくく、チャップアップの販売メーカーの公式サイトにも、デリケートな未成年の頭皮でも使用できることが明記されているため、10代でも使用しやすくなっています。

 

▲目次に戻る

 

チャップアップの頭皮の血行促進効果

血流が悪いと体の様々な部分に影響が出ますが、特に髪と血行不良は密接に関わっています。

 

血行不良で薄毛になるのは、髪に必要な栄養が血液によって運ばれることに関係しています。

 

髪は体の器官のうち一番外側にある末端器官なので、太い血管が少なく細い毛細血管が多いことから、少しでも血流が悪くなると毛根に栄養が行き渡らなくなり髪の成長に影響を与えてしまうのです。

 

10代が血行不良になる原因については、大きなストレスや食生活の乱れが大きく関係していると考えられます。

 

まず、ストレスですが、ストレスが多いと自律神経が乱れ心も体も常に緊張状態になり、緊張すると血管が縮小するので血流が悪くなります。

 

また、ジャンクフードや脂っぽいものなどを頻繁に食べていると、血中コレストロールが増えるので、血液の流れが悪くなり血行不良を引き起こします。

 

チャップアップはセンブリエキスやニンジンエキスといった植物由来の20種類の血流改善成分を配合しており、頭皮の血流を促進して毛根へ有効成分が届きやすくなることでより効果的に育毛効果を出すことが出来ます。

 

▲目次に戻る

 

チャップアップの男性ホルモン抑制効果

10代は体の成長に合わせて男性ホルモン量が増加する時期に当たります。
男性ホルモンはつむじ(頭頂部)や生え際(M字)の毛根が影響を受けやすいので、「M字ハゲ」や「つむじハゲ」になっていたら男性ホルモンの影響が大きいと言われています。

 

男性ホルモンは5aリダクターゼという酵素と結びつくことでより強力な「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変化します。

 

私達の毛は、毛根にある「毛母細胞」という細胞が働くことで成長していますが、ジヒドロテストステロンは毛母細胞を攻撃して活動を抑制させてしまうため、髪の成長をストップさせてしまいます。

 

チャップアップは、オウゴンエキスやヒオウギエキスといった8種類の男性ホルモン抑制作用のある育毛成分を配合しており、ジヒドロテストステロンの生成と毛根が攻撃されるのを防ぎ、抜け毛を減らす育毛効果が期待できます。

 

ただ、10代で男性型脱毛症(AGA)を発症している人に多い、M字部分やつむじ部分がハゲてしまうと、AGAを疑いたくなりますが、そもそもAGAは、「壮年性脱毛症」とも言われ、一般的には20代以降に発症する脱毛症なので、10代でAGAを発症する可能性は低いと考えられています。

 

冒頭にも書いたように10代の薄毛の場合、生活習慣の改善やストレスの緩和がより重要になってきます。

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境の改善効果

10代は男性ホルモンの増加や、睡眠不足などの不規則な生活、食生活の乱れなどより頭皮環境が乱れやすくなっています。

 

男性ホルモンの増加や、脂っぽいものの食べ過ぎは頭皮の皮脂量を多くします。
頭皮の脂は必要な量であれば問題ないのですが、増えすぎると空気に触れ酸化し角栓という脂の塊になって毛穴につまり毛が生えにくくなるうえ、フケやかゆみなどの頭皮の炎症が起こりやすくなり頭皮環境が徐々に悪くなっていきます。

 

また、細胞が新陳代謝する時間に睡眠を取れていないと新陳代謝が不十分で肌あれしやすくなり、頭皮にニキビや炎症ができて頭皮環境が悪化します。

 

チャップアップは、頭皮の皮脂バランスの乱れや、荒れ気味の頭皮環境を改善するためにアルニカエキスやローマカミツレエキス等17種類もの育毛成分を配合し、薄毛になりやすくなった頭皮を健やかな状態に戻す作用があります。

 

さらに、乾燥によりうるおいを失った頭皮を保湿する海藻由来のM-034や、かゆみやフケなどの炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kやセンブリエキスにより、炎症が起きたり赤みが出てしまっても鎮静することで、健やかな頭皮環境に導きます。

 

頭皮環境を改善することによって、強く太い髪にすることができるんです。

 

▲目次に戻る

 

アミノ酸による発毛促進効果

チャップアップに含まれるアルギニンやグリシンなど15種類のアミノ酸は、髪を構成する要素であり、また成長因子として発毛の鍵を握っている育毛成分です。

 

私達の髪はタンパク質でできているのですが、このタンパク質はアミノ酸を主成分にして構成されています。
つまり、髪を増やしたり太くしたいと思ったら、男性ホルモンを抑制したり頭皮環境を整えたりするだけではなくアミノ酸を取り入れなくてはならないのです。

 

また、アミノ酸には成長ホルモンを促進する働きもあります。

 

毛根には毛乳頭という部分があり、毛乳頭から髪を作る毛母細胞へ髪の成長や休止の伝達物質を送っているのですが、アミノ酸は成長因子を分泌するのを助けるので毛乳頭から成長司令がたくさん送られるようになり髪の成長期間を長くして抜け毛を少なくしてくれます。

 

アミノ酸は発毛と抜け毛予防の療法に働きかけるので、チャップアップを使えば効率的に薄毛対策ができるのです。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

 

チャップアップサプリも10代が飲んでも問題ない

チャップアップは育毛剤だけではなく、身体の内側から育毛成分を摂り入れられる育毛サプリメントも販売しています。

 

チャップアップサプリは薬ではなく、ノコギリヤシや亜鉛といった天然由来の育毛成分を配合したサプリメントで、分類としては「食品」であり、健康食品と同じような間隔で使用できるので10代が使用しても問題ありません。

 

▲目次に戻る

 

ノコギリヤシも問題ない

チャップアップは、育毛剤と育毛サプリメントを併用することでより発毛効果を出すように構成されていますが、10代はチャップアップサプリを控え、育毛剤のみで対策をした方が安心です。

 

チャップアップサプリに含まれる男性ホルモン抑制作用がある「ノコギリヤシ」という育毛成分は、古くから老若男女問わず食用されてきた北米原産の植物で、天然由来なので10代が使用しても大きな問題が起こることはほぼありません。

 

しかし、体に取り入れるサプリメントは育毛剤より体内への影響が大きく、成長期の10代には負担になる可能性があり、また10代のうちはAGAを発症する割合は20代が6%以下(皮膚科医 高島厳氏調べ)で、10代で発症する割合はさらに少ないので 、育毛サプリメントの使用は控え育毛剤のみ使用した方がいいでしょう。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

チャップアップの詳しい育毛効果や使用体験レビューは以下のページにまとめました。

 

チャップアップ(CHAP UP)を試してみた感想と口コミレビュー

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加