リニューアルしたイクオスを徹底調査

株式会社キーリーから発売されている育毛剤イクオスは大人気となっています。イクオスは多くの方が育毛効果を実感しており、しかもリピート率も高く、優良なタイプの育毛剤です。

 

そんなイクオスですが、実は2016年9月1日にリニューアルを果たしました。
以前のイクオスよりも配合成分や配合量など内容が大幅に強化されたので、「イクオスが全く異なる育毛剤になった」といった声もあるほど。

 

もしも過去にイクオスを利用した経験がある方で育毛効果がなかったというケースでも、新しいイクオスであれば育毛効果が出てくる可能性は高いです。

 

こちらでは、リニューアルをされたイクオスについて徹底的に解説します。どのような育毛成分がイクオスに新たに加わったのでしょうか。さらにどのような育毛効果が期待できるのでしょうか。一つずつチェックしていきましょう。

 

目次

 

抜け毛等の原因と、その対策方法について|イクオスのパワーに注目

 

リニューアルされたイクオスで期待できる育毛効果

リニューアルされたイクオスは、配合成分量に大きな変化があり全体的な育毛効果が強化されたと言っても過言ではありません。

 

・2016年8月までの旧イクオスに含まれている育毛成分数・・・31種類
・2016年9月以降の新イクオスに含まれている育毛成分数・・・61種類

 

リニューアルされたイクオスと旧イクオスでは、配合成分数がほぼ倍増している状態なのです。しかも、イクオスの様々な育毛効果がまんべんなく強化されているといっても過言ではありません。

 

例えば、男性型脱毛症(AGA)だけではなく頭皮の血行不良によるびまん性脱毛症、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって起こる脂漏性脱毛症、頭皮環境悪化による脱毛といった薄毛の原因に対処できます。

 

具体的にお話すると、新イクオスには、抜け毛の量を少なくしたり、頭皮環境を良くして髪の毛を生えやすくしたり、頭皮の血行を促進して髪の毛を太くしたり、男性型脱毛症の原因に作用して発毛しやすい状態にしたり、といった育毛効果が期待できるわけです。

 

そもそも、多くの方は様々な原因があって薄毛になっています。AGAは発症しているのですが、同時に血行不良になっているケースもすくなくありません。新型イクオスであれば、男性ホルモン抑制と血行促進効果など複合的な育毛効果も得られやすくなっており、より根本的な薄毛治療ができるのです。

 

▲目次に戻る

 

リニューアルされたイクオスと旧イクオスの育毛効果の違い

リニューアルされたイクオスは、配合成分数がほぼ倍増していることは述べました。イクオスの配合成分数が増えることで想定されるのが、育毛効果が出やすくなるということです。

 

そもそも我々一人一人は体質が異なるため、育毛剤に一つの有効成分が配合されていたとしても、すべての人が同じような育毛効果を得られるわけではありません。
育毛剤に配合されている有効成分と自分の薄毛の症状の相性が良ければ高い育毛効果が得られるかもしれませんが、有効成分と薄毛の原因との相性が悪ければ全く育毛効果がないということもあるのです。

 

リニューアルされたイクオスは、例えば頭皮の血行促進成分も増え、頭皮環境を改善させる作用を持っている育毛成分も増えています。
例えば、Aという育毛成分で育毛効果がなかったとしても、変わりに同じ機能を持ったBという育毛成分が育毛効果を発揮してくれれば、結果的には同じ育毛効果が得られるということになりますよね。

 

新型イクオスのメリットとして、「育毛成分数が増えることによって育毛効果が現れやすくなった」ところは注目すべきです。

 

▲目次に戻る

 

リニューアルされたイクオスがおすすめな人

・旧型イクオスで良い育毛効果が得られなかった方
・過去に育毛剤を使っていたが育毛効果がなかった方
・発毛剤を使っていたが副作用が出てしまい、発毛剤の継続利用を断念した方
・薄毛の予防をしたい方

 

旧型イクオスで育毛効果がなかった人におすすめな理由

まだまだ新型イクオスをおすすめしたい方はいるのですが、大きく分類すると上のような方がリニューアルされたイクオスの利用がおすすめです。

 

まず、旧型イクオスで育毛効果が得られなかった方に関してですが、新型イクオスを使うのは気持ち的には少し複雑かもしれません。しかし、前のイクオスには含まれていなかった育毛成分が多数含まれています。リニューアルされたイクオスは育毛効果が旧イクオスよりも圧倒的に高められており、全く異なる育毛剤になったといっても過言ではありません。
イクオスという同じ名称でも昔のイクオスと同じ育毛剤ではないので、試してみる価値は十分にあります。

 

他の育毛剤を利用していた方におすすめな理由

リニューアルされたイクオスは、他の育毛剤を過去に利用していた方にもおすすめしたいところ。
育毛剤の育毛成分は日々進化しているので、昔の育毛剤とリニューアルされた育毛剤は成分も育毛効果も全く異なります。
そして新イクオスには、最新育毛成分も含まれているのです。
過去に使った育毛剤で育毛効果が出なかった方でも新しくなったイクオスをチャレンジしてみるべきです。

 

発毛剤を利用していた方に新イクオスがおすすめな理由

発毛剤を利用して発毛効果が出なかったり副作用が出てしまったりした方に関しても新イクオスはおすすめです。
イクオスは育毛剤なので、基本的に天然エキスなど優しい育毛成分を利用していて、頭皮のお肌を守るような育毛成分も多く含まれており安全性も高いです。
また、発毛剤とは違ったアプローチで髪の毛をはやそうとしているので、発毛剤で生えなかった方には、新イクオスは特に育毛効果が期待できます。

 

薄毛を予防したい方に新イクオスがおすすめな理由

薄毛を予防したい方に新イクオスがおすすめな理由は、単純明快で薄毛を予防する機能があるからです。
新イクオスが頭皮環境を整えることで、薄毛になるリスクを減らし、今ある髪の毛にしっかりと栄養を送って薄毛になりにくいようにしてくれます。
やとえ今、男性型脱毛症を発症していなかったとしても、今後発症するかもしれません。
新イクオスには男性型脱毛症の発症スピードを遅らせたりするような機能も期待できるんです。

 

無添加育毛剤イクオス

 

▲目次に戻る

 

イクオスがリニューアルされた部分

リニューアルされたイクオスは、旧タイプのイクオスが31種類でだったのが、新イクオスでは61種類に育毛成分数が大きく変化しました。

 

他にも、新イクオスには以下のような変更点があります。

 

・イクオスの育毛剤本体がスプレータイプから(スプレー)ノズルタイプへの変更
・イクオスの育毛サプリメントの成分数が29種類から46種類に増量

 

ここで注目してほしいのがイクオスの育毛剤本体がスプレーから(スプレー)ノズルに変更されたというところです。
実は、イクオスのノズルタイプの変更によって男性向きの育毛剤になったと判断できます。

 

旧イクオスの育毛剤本体のスプレータイプに関しては、頭皮にまんべんなく育毛剤を塗布する機能があるため全体的な薄毛に育毛効果を発揮しやすいのです。

 

新イクオスのノズルタイプに関しては、頭皮の気になる部分にピンポイントで塗布できます。
要は新イクオスのノズルタイプなら局所的な薄毛になっている方におすすめのタイプといえるわけです。
男性型脱毛症は前頭部だけ(M字部分だけ)、頭頂部だけ(つむじ周辺だけ)が薄くなっているケースが多いですよね。
だからこそ、新しいイクオスは男性型脱毛症を発症している人も多い男性向けの育毛剤になったといえます。

 

※イクオスの料金やコースに関してもリニューアルされています。

 

▲目次に戻る

 

新イクオスに含まれている育毛成分の数

・旧型イクオス・・・31種類
・新型イクオス・・・61種類

 

新イクオスは、旧イクオスよりも30種類も育毛成分が増加しています。
中には、新成分も含まれており、それが最も大きなウリとなっています。
しかもその新成分である育毛成分は、ミノキシジル配合の育毛剤、キャピキシル配合の育毛剤よりも育毛効果が高いことが分かっています。

 

イクオスの育毛成分数が増えたのはもちろんですが、育毛成分の質にもリニューアルによって大きな変化が加えられました。

 

▲目次に戻る

 

新イクオスに含まれるAlgas−2(あるがす・つー)という育毛成分

・海藻エキス「M-034」
・海藻エキス「ペルベチアカナリクラタエキス」

 

上記のM-034とペルベチアカナリクラタエキスの二つの海藻成分を組み合わせたものがイクオスの新成分Algas-2です。
今までのイクオスには、発毛剤の医薬成分であるミノキシジルよりも育毛効果があると言われている海藻エキスM-034という育毛成分が配合されていました。
そして新イクオスは、M-034にさらに海藻エキス「ペルベチアカナリクラタエキス」を加えているのですが、ペルベチアカナリクラタエキスは保水力が抜群に高いことでも知られています。
さらにペルベチアカナリクラタエキスは再生力も高く、頭皮に関して良い作用をもたらしてくれると考えられています。

 

Algas-2に期待できる育毛効果

・頭皮の保湿効果
・頭皮の細胞の代謝を高める
・成長因子によって髪の毛の成長を早める

 

Algas-2には上記のような育毛効果が期待できます。
Algas-2を形成する「M-034」も「ペルベチアカナリクラタエキス」も基本的には同じような育毛効果を持っているので、二つの海藻エキスの育毛成分がともに機能を発揮することで、相乗効果を与えてくれるような感覚なのです。
特に、頭皮が乾燥していたり、炎症など肌トラブルが起きやすかったりという方はAlgas-2が配合されているリニューアルされたイクオスがおすすめです。

 

 

M-034という育毛成分

海藻エキスM-034は多くの育毛剤にも配合されています。
リニューアルされたイクオスにも海藻エキスM-034は含まれていますが、原料は北海道の海藻エキスミツイシコンブ由来のエキスとなっています。
要はM-034はミツイシコンブの海藻のエキスを利用したものとなっているのです。

 

イクオスに含まれるM-034には、具体的にはフコイダンと呼ばれる成分が含まれています。
フコイダンは、ガンを抑制させる機能があるのではないかと指摘されている成分として広く知られていますよね。
そんなフコイダンには毛乳頭細胞にあるFGF-7(発毛促進因子)に良い働きがあることがわかり始めているんです。
育毛に効果的といった実験結果もでてきており、ミノキシジルと同等の育毛効果が確認されています。

 

さらにフコイダンは頭皮の保湿機能にも優れており、頭皮の乾燥を抑制させてくれる成分として話題になっています。

 

M-034は、多くの育毛剤に配合されていることからも分かるように、頭皮への副作用についてそれほど心配はなく、安心して利用できる育毛成分なのです。

 

 

ペルベチアカナリクラタエキス

ペルベチアカナリクラタエキスは、M-034と同じくAlgas-2を構成する成分の一つですが、フランスのブレア諸島で採れる海藻のエキスです。

 

ペルベチアカナリクラタエキスは、保水力に特に優れていることで頭皮の保湿性があると話題になっているのです。
例えば、女性がよく利用しているお肌を守るための保湿クリームにもペルベチアカナリクラタエキスが利用されてきた実績もあるほどです。

 

ペルベチアカナリクラタエキスは、実際に2週間水がなくても組成できる海藻です。それだけ水を体内に取り込める機能を持っているわけなので、頭皮にペルベチアカナリクラタエキスを塗布することで、頭皮が水分を逃しにくくなり、乾燥から守ってくれるのです。

 

ペルベチアカナリクラタエキスのすごいところは海藻由来のイソフラボンが含まれているところです。
イソフラボンはお肌を整える機能やホルモンバランスを整えるような機能があるため、体の内部への育毛効果まで期待できます。
さらにイソフラボンには成長因子も含まれているので、髪の毛の成長がしやすい状況を確保してくれます。

 

 

アサビノリエキス

アサビノリエキスは、有明海岸から採取できるスサビノリから抽出された海藻系のエキスで、育毛剤に含まれている育毛成分としては極めて珍しいと言っても良いかもしれません。

 

アサビノリエキスには、海藻多糖成分の「ポリフィラン」に、保湿成分であるヒアルロン酸に勝るとも劣らないほどの吸水力があることが確認されているんです。
アサビノリエキスの頭皮への保湿効果により髪の毛が生えやすい頭皮環境を獲得しやすくしてくれます。

 

アサビノリエキスで頭皮がしっかりと保湿されることで紫外線のような外部の刺激からも強くなります。
頭皮の日焼けによる薄毛を避けられる可能性が、スサビノリエキスにはあるのです。

 

リニューアルされたイクオスは、ここまで紹介した3つの海藻エキスが中心成分となります。
海藻エキスの力を最大限に活かした育毛剤が新イクオスともいえるわけです。

 

 

ヘアサイクルを整えるのが大切な理由

新イクオスは様々な育毛効果をもたらしてくれる育毛剤ですが、ヘアサイクルにも影響を与えてくれます。
実際に、薄毛にはヘアサイクルの乱れが大きく関わっており対応しなければなりません。

 

ヘアサイクルですが、基本的に成長期と休止期と退行期の3つのサイクルがあり、繰り返しやってくるわけです。
しかし、何らかの影響で、ヘアサイクルの成長期が短くなってしまうことが起こります。
実はこれが薄毛の発生原因となっているケースが多いんです。

 

男性の薄毛の原因として最も多い男性型脱毛症(AGA)ですが、体内で発生するジヒドロテストステロンという物質の影響で髪の毛の成長期が極端に短くなります。
本来であれば3年から5年程度は成長期となっているはずですが、ジヒドロテストステロンの影響で、数カ月から1年程度にされてしまうこともあり、髪の毛が伸びきる前に抜けてしまいます。
最終的には、産毛のような毛にしか成長しなくなってしまうのです。

 

他にも、血行不良によるびまん性脱毛症も、髪の毛に栄養が送られにくくなることで発症してしまうので、成長期間が短くなり抜け毛が多くなるといった現象に悩まされます。

 

ヘアサイクルの乱れによって起こる薄毛は、ヘアサイクルを整え成長期の長さを通常の状態の長さに戻すことが大事になってきます。
イクオスでも注目しているのが、このヘアサイクルの乱れを戻す成長因子です。
成長因子によって毛母細胞が活性化すると、ヘアサイクルが元に戻るわけです。

 

ヘアサイクルが戻る時に起こる現象

ヘアサイクルが戻る時に初期脱毛が起きる可能性があります。
初期脱毛は発毛剤を使っている時に起こりやすい現象ですが、新しく生えてくる髪の毛の準備ができると、髪の毛は抜けます。育毛剤や発毛剤の影響によって、新しく生えてくる髪が一気に準備されると、大量の脱毛に見舞われてしまいます。
初期脱毛が起こると1日あたり200本から300本が抜けてしまうということも。

 

初期脱毛に関しては、起こったとしても2週間から1ヶ月程度で収まるので、それほど心配はありません。育毛剤や発毛剤が効いている証拠です。

 

無添加育毛剤イクオス

 

▲目次に戻る

 

リニューアルしたイクオスのボトルはどのように変わったのか

 

・スプレータイプ→スプレーノズルタイプへ変更

 

旧イクオスに関しては、スプレーで頭皮に塗布するタイプとなっていました。
スプレータイプの旧イクオスは、頭皮の広い範囲に育毛剤を塗布できたのです。
一方で、リニューアルされた新イクオスに関しては、スプレータイプではありますが、特定の部位に対しても育毛剤が塗布できるノズルタイプも追加となりました。

 

スプレーノズルタイプを具体的に説明すると、スプレーであることには変わりないのですが、ピンポイントで気になる部分に塗布できるので広範囲に散らばりにくくなります。

 

旧イクオスのノズルタイプと新イクオスのスプレータイプのどちらのほうが良くて、どちらのほうが悪いのか、と言うことは判断できません。
メリットがある方もあれば、メリットがない方もいるのです。

 

ただし、薄毛の種類にとって旧イクオスのノズルタイプと新イクオスのスプレータイプのどちらのほうが有利なのかはだいたい判断できます。

 

・旧イクオスのスプレータイプがおすすめの方・・・びまん性脱毛症の方
・新イクオスのスプレーノズルタイプがおすすめの方・・・男性型脱毛症の方

 

旧イクオスのスプレータイプは広範囲の頭皮に塗布できるので、びまん性脱毛症のような広範囲が少しずつ薄くなっている方におすすめできます。
新イクオスのスプレーノズルタイプは、広範囲に広がらずピンポイントで噴射できるため男性型脱毛症のように特定の部位が薄くなるような場合におすすめです。
新イクオスは男性型脱毛症の方に適したボトルに生まれ変わったといえるわけです。

 

 

イクオスの価格は高いのか?

 

【イクオス単品購入時の価格】
・イクオス単品購入価格・・・9,980円
・イクオス1日あたりのコストパフォーマンス・・・約333円

 

イクオスの価格は、リニューアル前と変更はなくイクオス1本あたり10,000円で販売されています。
コストパフォーマンスとしても、通販型の育毛剤としてはイクオスは平均的で、それほど高いわけではありません。

 

【イクオス定期コース利用時の価格】
・イクオス定期コース(1ヶ月分)・・・6,800円
・イクオス1日あたりのコストパフォーマンス・・・約227円

 

リニューアル前のイクオスの定期コースと新イクオスの価格は一緒です。
通常のイクオス単品購入と比較すると、1本あたりで3,000円以上も安くなり、1日あたりのコストパフォーマンスも200円台前半と、一気に価格が安くなることがわかります。
長期的にイクオスを利用する予定であるのなら定期購入コースを有効活用していくべきです。

 

上記したように、育毛剤として大幅に能力が高くなったイクオスですが、価格は不利になったわけではありません。
昔のイクオスと全く同じ価格でイクオスを単品購入できますし、定期コースの利用も可能です。

 

※育毛剤+育毛サプリの定期コースに関しては、以前と価格が異なっているので注意してください。イクオス初回購入は低価格となっているのですが、2回目以降は以前より高くなっています。イクオスの育毛サプリも併用しようと思っている方は事前にチェックして定期コースを利用するか決めましょう。

 

▲目次に戻る

 

イクオスのリニューアルが話題!

 

他の育毛剤とイクオスの違い

 

配合成分数に違いあり

通販タイプの育毛剤は、30種類から40種類の育毛成分を配合している育毛剤も多く基本的に育毛成分数が多くなっています。
新イクオスに関しては、それらも遥かに超えており61種類も育毛成分を配合しています。
多くの育毛成分を育毛剤に配合するにはそれだけコストもかかってしまいますが、新イクオスは利用者の立場に立って、より高い育毛効果を持った育毛剤を提供しようと思い、多くの育毛成分を配合してくれました。

 

イクオスは多くの薄毛に対応できる力が違う

他の育毛剤に関しては、頭皮環境を整えるだけや、頭皮の血行を促進させる機能だけや、男性型脱毛症だけに効果を発揮するという育毛剤もあります。
新イクオスに関しては、実は7つもの育毛効果を持っていることがわかっているのです。

 

・脱毛因子TGF-βを阻害する
・脱毛酵素5αリダクターゼをブロックする
・低分子ナノ水で頭皮への浸透力を高めている
・毛髪を若々しく保つエイジングケアも可能
・毛根イキイキさせる毛母細胞の活性化作用あり
・天然成分で頭皮環境を正常化する
・発毛促進エネルギーアミノ酸も配合

 

これだけ多くの育毛効果を期待できる育毛剤は新しいイクオス意外にありません。

 

特に注目してほしいのが、男性型脱毛症を2段構えで対処できる部分です。
基本的な育毛剤にも5αリダクターゼを抑制させる効果はありますが、イクオスのように脱毛因子TGF-βを阻害させる作用を持っている育毛剤はそう多くありません。
男性型脱毛症は、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンができ、そのジヒドロテストステロンがTGF-βを最終的に発生させることで発症します。
要は、5αリダクターゼだけではなく、TGF-βの対策も必要なのです。
これを理解している育毛剤はそう多くありませんが、イクオスではTGF-βを抑えることも想定した最新タイプの育毛剤というわけです。

 

イクオスは全額返金保証期間が長い

他の育毛剤に関しては、全額返金対象期間は「30日間」というものが多いです。購入をしてから30日間以内に育毛剤を返品すると返金してもらえます。
一方で、イクオスに関しては返金保証期間は「45日」間となっています。
イクオスを比較的長く利用した上で、継続利用するか、それとも利用をストップして返金してもらえるかを決められます。

 

ベタつきなし

他の育毛剤に関しては、ベタベタして使用感が悪いものもあり、髪の毛のセットが大変という声も多くなっています。
イクオスに関してはサラサラとしておりベタつきがないため、外出直前にも利用できる嬉しい特長があるのです。

 

育毛効果の実感率が圧倒的に高い

・ミノキシジル配合育毛剤を3ヶ月利用したケースの実感率・・・43%
・キャピキシル5%配合ローションを3ヶ月利用したケースの実感率・・・56%
・イクオスを3ヶ月利用したケースの実感率・・・78%

 

イクオスは他の育毛剤と比較して育毛効果の実感率が明らかに高いことが分かってもらえたと思います。発毛医薬成分のミノキシジルを含んだ育毛剤よりも、注目育毛成分のキャピキシルを含んだ育毛剤よりもイクオスのほうが育毛効果はあったと証明されているわけです。

 

イクオスは無添加の育毛剤

・香料なし
・石油系界面活性剤なし
・鉱物油なし
・タール系色素なし
・パラベンなし
・紫外線吸収剤なし
・シリコンなし
・合成ポリマーなし
・酸化防止剤なし
・ラノリンなし

 

育毛剤には様々な添加物が含まれていることもありますが、イクオスに関しては無添加で頭皮にとって圧倒的に優しい成分で作られている育毛剤です。
イクオスは、安全性が他の育毛剤とは大きく異なっているのです。

 

▲目次に戻る

 

イクオスのセット購入はお得なのか?

イクオスのセット購入ですが、単品購入をするよりもオトクであることは間違いありません。3本セットでの販売がありますが、1本あたりの価格はイクオスを単品で購入するよりもかなり安い状態となっているんです。

 

しかし、イクオス3本セットの1本当たりの価格はイクオスの定期コースの価格よりも安いわけではないので注意しましょう。
では、実際にイクオスのセット購入とその他の価格の比較を行ってみます。

 

イクオスの3本セット購入価格

・イクオス3本セット購入価格・・・23,800円(税込み)(送料無料)
・イクオス1本あたりの価格・・・約7,933円(税込み)(送料無料)
・イクオス1日あたりのコストパフォーマンス・・・約264円

 

イクオスの単品購入価格

・イクオス1本あたりの価格・・・9,350円(税込み)+送料630円=9,980円(税込み)
・イクオス1日あたりのコストパフォーマンス(税込み)(送料込み)・・・約333円

 

イクオスの定期コースの購入価格

・イクオス1ヶ月(1本)あたりの価格・・・6,800円(税込み)(送料無料)
・イクオス1日あたりのコストパフォーマンス・・・約227円

 

イクオスの3本セット価格ですが、単品購入時よりも送料を含めると2,000円以上1本あたりお得になることがわかります。しかし、イクオス定期コースのほうがさらに1,000円以上安くなっています。

 

イクオス3本の消費期間は約3ヶ月となっているので、そこまでの利用を考えているのであれば、3本セット価格はお得ですが、そうでなければ定期コースを選択してしまったほうがお得です。
もちろん、イクオスの定期コースは2本目(2ヶ月目)以降に関しても6,800円となっています。
さらに、イクオスの定期コースはいつでもストップできるので、解約したくなったら問い合わせをすればよいだけです。
イクオス定期コースを利用するにあたり、特別なハードルはないので、3本セットで購入するのであれば定期コースの利用を検討しましょう。

 

そもそも、育毛剤は1ヶ月や2ヶ月では育毛効果がはっきりと現れるものではなく、3ヶ月や4ヶ月と利用していって初めて育毛効果が出てくるわけです。
だからこそ、長くお得に利用できるイクオスの定期コースを選択すべきなのです。

 

無添加育毛剤イクオス

 

▲目次に戻る

 

新イクオスに増えた育毛成分の種類と数

・リニューアルされたイクオスは31種類から61種類へ増加
・Algas(アルガス)-2以外にも多数の育毛成分が増強されている

 

頭皮のエイジングケアのために新たに含まれた主な育毛成分

・セージエキス
・イエローヒマラヤンラズベリー根エキス
・アシタバエキス
・ベニバナエキス

 

顔のお肌は、年齢を重ねるとコラーゲンが減ってきたり、ヒアルロン酸なども低減することによって張りもなくなってきますし、保湿力も衰えてきますよね。
そんなときに役立ってくれるのが新イクオスに配合されているエイジングケア成分です。
イクオスのエイジングケア成分によって頭皮のアンチエイジングができるようになるので、頭皮の抗炎症作用や抗菌作用が自然に発揮されるようになります。
要は、お肌の劣化に強いような状態が期待できるわけです。

 

発毛促進のためのエネルギー補給のために新たに含まれた成分例

・L-ヒスチジン
・L-フェニルアラニン
・L-アスパラギン酸
・L-バリン
・L-イソロイシン
・L-メチオニン酸
・乳酸ナトリウム液

 

リニューアルされたイクオスには、髪の毛の成分であるタンパク質の生成に大きく関わっているアミノ酸が大量に含まれることになりました。
アミノ酸がイクオスに配合されたおかげで髪の毛が作られやすくなったのです。

 

頭皮の環境を良くするために新たに含まれたイクオスの保湿成分と血行促進成分例

<頭皮の血行促進成分>
・シラカバエキス
・天然ビタミンE
・ドクダミエキス
・ジオウエキス

 

<頭皮の保湿成分>
・水素添加大豆リン脂質
・カンゾウ葉エキス
・水溶性コラーゲン液
・ヒアルロン酸ナトリウム
・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

 

リニューアルされたイクオスに含まれる頭皮の血行促進成分は頭皮の生成を促進させる作用、さらには髪の毛を作る毛母細胞に栄養を送り届ける作用があります。

 

保湿成分には、頭皮環境を整える作用、刺激に強くする作用、乾燥肌を防ぐ作用、隠れ乾燥肌を防ぐ作用があります。
イクオスに含まれるドクダミエキスには、血管を強くしてくれたり、頭皮の皮脂を抑える効果もあるんですよ。

 

※隠れ乾燥肌・・・一時的にお肌が乾燥することにより、乾燥状態を取り除こうとしてかえって皮脂が大量に出てしまう状態のこと。保湿することで、皮脂の分泌量を抑えられる。

 

毛母細胞を活性化するために新たに配合した成分例

・コンフリーエキス

 

コンフリーエキスには、髪の毛の生成を促進させる作用があります。
コンフリーエキスが毛母細胞が活性化することで、休眠状態で産毛しか生やさなくなった毛根から太い毛が生えてくる可能性が高まります。

 

脱毛原因物質TGF-βを阻害するために新たに含まれた成分例

・クワエキス
・シャクヤクエキス

 

AGAの原因であるジヒドロテストステロンが発生してしまったとしても、そこからさらに発生するTGF-βを抑制すれば男性型脱毛症にはなりません。
新イクオスには男性型脱毛症を水際のところで対処できるクワエキスやシャクヤクエキスなどの育毛成分も新たに増強されました。

 

5αリダクターゼを阻害するために新たに含まれた成分例

・クララエキス
・ダイズエキス

 

男性型脱毛症を抑制させるためにはどうしても必要になって来るのが、5αリダクターゼを抑制することです。
しかし、5αリダクターゼを抑制できる育毛成分数が少ないと、5αリダクターゼの抑制効果がなかなか発揮されないことも十分に考えられます。
そこで、リニューアルされたイクオスでは、クララエキスとダイズエキスを新たに加え、男性型脱毛症対策成分の増強を達成しました。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの副作用

イクオスには大きな副作用が起こる恐れは全くありません。

 

育毛効果が高い育毛剤と聞くとどうしても副作用が気になってしまいますよね。確かに、発毛効果がある医薬成分が含まれている発毛剤には副作用があります。
発毛剤の中には、ミノキシジルタブレットのように血圧に関する重篤な副作用が報告されているものもあるんです。

 

しかし、イクオスに関しては、副作用のリスクはそれほど高くありません。イクオスの口コミをチェックしてみても、副作用に関してはほとんど言及されているものもないからです。
イクオスに配合されている育毛成分をチェックしても危険性は少ないと判断できます。
そもそも、イクオスに含まれている育毛成分が、天然系のエキスばかりとなっています。
天然エキスに関してはリスクが全くないとはいえませんが、自然界にあるものなので、身体に大きな影響を与えてしまうこと自体が考えにくいのです。

 

もしも、リニューアルをしたイクオスで起こる副作用があるとしたら、以下の2つでしょう。

 

・アレルギー
・初期脱毛

 

アレルギーに関しては、体質的なものもあるので、誰でも起きる可能性はあります。
天然成分であったとしても例えば、大豆だって天然のものですし、乳製品だって天然のものですよね。
ですから、イクオスにも天然成分が配合されている限りアレルギーの発生確率はわずかながらにあるかもしれません。
もしも、イクオスを使って頭皮に炎症が起きるようになったら、アレルギーが発生している可能性があるので注意しましょう。

 

※イクオスを利用する前に、二の腕などでパッチテストを行ってください。問題がなければ、アレルギーが発生することは基本的に考えられません。

 

初期脱毛に関しては、育毛効果の高い育毛剤でよく起きるものです。特に大きなリスクはありません。一時的に髪の毛が大量に抜けることがあるのですが、しばらくすると抜け毛の量も落ち着き髪の毛も生えてきます。

 

 

新イクオスで育毛効果が実感できるのか

育毛効果を得るには、イクオスを継続して利用することが条件ですが、育毛効果が実感できる確率は極めて高いです。
イクオスは多くの育毛成分と、独自成分も配合しています。
さらにイクオスの口コミをチェックしても、育毛効果を実際に得ている方が多いことははっきりと分かるわけです。

 

今まで最高の育毛剤はチャップアップとの呼び声も高かったわけですが、リニューアルされたイクオスはそのチャップアップを凌ぐ存在と言っても間違いありません。

 

実際にリニューアルしたイクオスに関しては、120人の方に対して利用してもらった実験データが有るんですが、そのデータによるとリニューアルしたイクオスを使用3ヶ月で実感があったという方は93名に登ります。
率にすると、78%です。
もちろん薬事法などの関係性もあるので、ハッキリと育毛効果があったとか、発毛したということは記載していません。
しかし、新イクオスを使って実感したということは、それらに準ずるような結果が78%の方にはあったと判断できるわけです。

 

新イクオスには、キャピキシル5%配合育毛剤や、ミノキシジル配合育毛剤よりも実際に高い育毛効果が得られた結果も出ているわけです。
イクオスには育毛効果があると判断して間違いないでしょう。

 

無添加育毛剤イクオス

 

▲目次に戻る

 

リニューアルされたイクオスと他の育毛剤と比較

 

値段を他の育毛剤と徹底比較

 

【イクオスの価格をおさらい】
・単品購入価格・・・9,980円(送料630円)(税込み)
・定期コース価格・・・6,800円(送料無料)(税込み)
・3本セット価格・・・23,800円(1本あたり約7,933円)(送料無料)(税込み)

 

【チャップアップの価格とは】
・単品購入価格・・・7,400円(送料660円)(税込み)
・定期コース価格・・・7,400円(送料660円)(税込み)
・2本セット価格・・・13,800円(1本あたり6,900円)(税込み)(送料無料)
・2本セット定期便・・・12,000円(1本あたり6,000円)(税込み)(送料無料)

 

【ブブカの価格とは】
・単品購入価格・・・16,200円(税込み)
・定期コース価格・・・初回5,980円(税込み)、2回目以降11,664円

 

※ブブカの定期コースは、毎月先着制となっています。

 

【フィンジアの価格とは】
・単品購入価格・・・12,800円(税込み)(送料640円)
・定期コース価格・・・9,980円(税込み)
・3本セット価格・・・34,800円(1本あたり11,600円)(送料無料)

 

【Deeper3Dの価格とは】
・単品購入価格・・・14,100円(税込み)
・定期コース価格・・・初回価格14,100円(税込み)、以後段階的に安くなる、2本目は13,360円(税込み)、3本目は12,620円(税込み)、4本目は11,880円(税込み)・・・最大で1本あたり定価の14,850円から30%引きで購入できるようになる(9本目以降)
・3本セット価格・・・37,860円(1本あたり12,620円)(税込み)
・6本セット価格・・・62,370円(10,395円)(税込み)

 

有名な4つの育毛剤とイクオスの価格を比較してみました。
最も単品購入価格で安かったのはチャップアップですが、チャップアップの単品購入価格と、定期購入価格は全く同じになっていて、定期購入に変えたとしても得にはならないといった変なシステムとなっています。また、定期コースでも送料がかかってしまうというところには気をつけたいところ。

 

一方で、イクオスに関しては単品購入価格でチャップアップの後塵を拝してしまいましたが、定期購入で一気に逆転します。
イクオスの定期購入価格に関しては文句なしのナンバーワンの安さ、となっているのです。
定期購入価格に関してはブブカが初回はかなり有利な金額で対応していますが、2回目以降は10,000円超になってしまうので注意してくださいね。

 

またDeeper3Dに関しては、もともとの価格が高いです。Deeper3Dの定期購入になると徐々に低価格になるシステムを採用していますが、9本目から4,460円引きとなりますが、それでもまだ10,000円を超えてしまっています。
最大でも30%引きなので、Deeper3Dはイクオスよりも安く利用できることにはなりません。

 

値段的には、圧倒的にイクオスのほうが有利ということがよく分かってもらえたはずです。

 

どの育毛剤が実際におすすめなのか?

いま人気となっているのが、「チャップアップ」ですが、頭髪の専門家からもお墨付きをもらっているほどなので、文句なしの育毛剤といっても良いかも知れません。
チャップアップの利用者も多く、販売実績も申し分ありませんし、安全性も高いです。

 

そのチャップアップを猛追しているのがリニューアルされた「イクオス」です。
イクオスの販売実績という面では、まだチャップアップにはかないませんが、そもそも育毛成分面ではイクオスはチャップアップを超えていると言っても過言ではありません。
チャップアップには含まれていない育毛成分がイクオスには多数含まれているのです。
もちろん、M-034のように同じ育毛成分も含まれているのですが、チャップアップよりもイクオスが高い育毛効果が期待できることは間違いありません。

 

今後は、「チャップアップ」と「イクオス」が人気の育毛剤として競い合っていくことになるでしょう。
お互いに、さらなるリニューアルをしてくることも十分に考えられます。
そもそも、育毛剤は日々進化しているもの。
より素晴らしい育毛成分が配合されている育毛剤を選択していくべきです。

 

無添加育毛剤イクオス

 

▲目次に戻る

 

リニューアルしたイクオスの特徴を徹底調査

 

育毛サプリメントのイクオスでも追加された成分

イクオスは育毛サプリメントも大々的にリニューアルをしました。
今まではイクオスの育毛サプリはオマケ扱いとして取り扱っていたのですが、今回自信を持って販売に踏み切っているのです。
そして今までよりもたくさんの育毛成分を含んでいます。

 

こちらではイクオスの新サプリである「イクオスサプリEX」に追加された育毛成分を幾つか紹介していきます。
ただし、単に新たにイクオスサプリEXに配合された育毛成分を紹介しても意味が無いので、育毛効果ごとに分類して新配合された育毛成分を紹介していきますね。

 

髪の毛の生成に役立つ栄養素として含まれている新成分

・ミレットエキス末
・ケラチン加水分解物
・フィッシュコラーゲンペプチド

 

髪の毛の99%はケラチンと呼ばれるタンパク質によって作られています。
ですから、髪の毛がタンパク質不足になってしまうと薄毛になってしまうことも考えられるわけです。
そこでイクオスの新育毛サプリに含まれているのが髪の毛の原材料となるケラチン加水分解物です。
また、髪質を向上させる目的で、ミレットエキスとコラーゲンもイクオスサプリEXには含有してます。

 

細胞を活性化させる目的として含まれている新成分

・イチョウ葉エキス末
・ガニアシ
・根昆布末
・ダイズ抽出液(イソフラボン含有)
・カプサイシン

 

髪の毛は毛母細胞と呼ばれる細胞によって生成されています。
毛母細胞が休眠状態になってしまうと、どうしても髪の毛が成長しにくくなってしまいます。
そこでイクオスの新育毛サプリにはいくつもの毛母細胞を活性化させる作用がある育毛成分を含めたのです。

 

ちなみにイクオスサプリEXに配合されているイソフラボンとカプサイシン(唐辛子の辛味成分)に関しては、発毛効果があるとして一時期話題になりました。

 

※カプサイシンとイソフラボンの発毛効果に関しては、後に捏造があったとのことで大きな問題になりました。
一方で、絶対に育毛効果がないとは言い切れず、カプサイシンには血行促進作用、イソフラボンにはホルモンバランスを整えるような機能もあるとされます。
摂取しておくべき育毛成分といった評価が下されています。

 

イクオスの育毛サプリに含まれるイチョウ葉エキスにも、頭皮の血流改善効果や抗酸化作用、頭皮の抗炎症作用などの複数の効果を持つ育毛成分を新しく加えることにより体内から頭皮環境を整える効果もパワーアップしました。

 

ヘアサイクルを正常化させるために含まれている新成分

・フィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク)
・ダイズ抽出液(イソフラボン含有)

 

男性型脱毛症は、髪の毛の成長期を圧倒的に短くしてしまいます。
そこでイクオス育毛サプリは、成長期を短くし男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンを抑制させる育毛成分を増強しました。
今までは、イクオスの育毛サプリに含まれる男性ホルモン抑制成分は、ノコギリヤシと亜鉛でしたが、「フィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク)」と「ダイズ抽出液(イソフラボン含有)」を新たに加えたのです。

 

イクオス育毛サプリは、4つの成分でジヒドロテストステロンを包囲することが出来る状態にしたわけです。

 

血行を促進させるために新たに含まれている成分

・糖転移ビタミンP
・ヒハツエキス末

 

血管を拡張して、血液の流れを良くすることは育毛の基本中の基本です。
血行促進機能を持った育毛成分を、イクオス育毛サプリでは、糖転移ビタミンP、ヒハツエキス末とさらに二つ強化したのです。

 

頭皮の血行促進に成功すると、頭皮環境が良くなることもあれば、髪の毛の成長が早まる育毛効果が出てくることもあります。

 

頭皮環境を整えるために含まれている新成分

・コエンザイムQ10
・フィッシュコラーゲンペプチド
・ヒアルロン酸

 

頭皮の皮膚の状態を向上させるために、イクオスサプリEXに含まれている育毛成分たちです。
頭皮の保湿機能を高めることで、頭皮の皮膚の状態は向上することで、頭皮の皮膚は傷つきにくくなりますし、髪の毛が生えやすい状態にもなります。
イクオスサプリEXの保湿効果により頭皮の乾燥によるフケを抑える役割も果たしてくれるのです。

 

頭皮のアンチエイジングのために含まれている新成分

・高麗人参エキス(オタネニンジンエキス)
・L-アルギニン
・ガニアシ
・根昆布末
・ヨモギエキス
・αリポ酸
・生姜エキス

 

頭皮が老化してしまうと、髪の毛の成長にも大きな影響を与えてしまいます。
例えば、頭皮の炎症が治りにくくなったり、頭皮が乾燥しやすくなってしまうことも頭皮の老化により起こってしまいます。

上記したイクオスサプリEXに配合されている頭皮のアンチエイジング成分の多くにはアルギニンといった成分が含まれています。
アルギニンには血行促進作用があることでも知られていますが、アンチエイジング作用があることでも知られているのです。
また、ヨモギエキスも頭皮の糖化による悪影響を抑えることが出来る育毛成分として注目を集めています。

 

30代を超えてくると、特に頭皮の老化というものが髪の毛に影響を与え始めるため、リニューアルされたイクオス育毛サプリで対策しましょう。

 

▲目次に戻る

 

女性でもイクオスは使えるのか?

イクオスは男女兼用の育毛剤となっているので、女性でも利用できます。

 

イクオスには、男性型脱毛症に効果的な育毛成分が多く含まれていることでも知られていますが、それだけでなく頭皮の血行を促進させたり、頭皮環境を整えたりといった機能もあるのです。
女性の薄毛ですが、血行不良で起こってしまったり、頭皮環境が悪化して起こってしまったりということが極めて多くなっているからこそ、イクオスは大いに役立ってくれるわけです。

 

さらに、女性専用の育毛剤と比較しても、イクオスについてはより豊富な育毛成分を含んでいる特徴があるわけです。
新イクオスにたくさんの育毛成分が含まれていることで、髪の毛がさらに生えやすくなる事も期待できます。
「女性用育毛剤を利用していたけど、全く育毛効果が現れなかった」という方でも、イクオスであれば大きな育毛効果も期待できるというわけです。

 

女性が特に気になる使用感

・液体は透明
・液体はサラサラとしている
・臭いはほとんどなし

 

イクオスに関しては、頭皮に塗布しても色がつくようなことはありませんし、ベトベトもしていないので髪の毛に影響を与えることもなく、基本的に女性でも使いやすい液体となっています。
イクオスの臭いについても香料がつけられているわけではないので、きつい臭がしてしまう恐れも全くなし。
育毛成分の臭いも気になってしまうと思いますが、鼻を近づけてもほとんど臭わないのが現状です。
イクオスを頭皮に塗布して1分から2分程度経つと、ほとんど臭いがしなくなるので、出かける直前に利用しても全く問題ありません。

 

注目してほしいのが、イクオスからはアルコールの臭いがしないところです。
多くの育毛剤は高濃度でアルコールを含んでいるので強い臭いがしてしまいますが、イクオスに関してはアルコールの臭いはありません。

 

イクオスは、お肌への刺激という面も問題なしです。
男性が使う育毛剤は、清涼感を求めるためにメントールのようなスースーする成分も使っていますが、敏感肌の方の頭皮は、その刺激も嫌に感じてしまうものです。
しかし、イクオスに関しては強い刺激も全くなく、敏感肌の方でも安心して利用できる強みがあるわけです。

 

▲目次に戻る

 

イクオスに配合されているDHT(ジヒドロテストステロン)抑制の成分

育毛剤のイクオスと育毛サプリのイクオスの双方に、DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する成分が含まれているので、それぞれを紹介していきます。

 

育毛剤のイクオスに含まれているジヒドロテストステロン抑制成分

・オウゴンエキス
・クララエキス
・ダイズエキス(大豆エキス)
・ヒオウギ抽出液
・ビワ葉エキス

 

育毛剤のイクオスに含まれているジヒドロテストステロン抑制成分のメインは「オウゴンエキス」です。
オウゴンエキスは、DHTを抑止させる効果が特に高いとされており、男性型脱毛症を抑制させるための育毛剤の多くに含まれています。

 

ちなみに、以前のイクオスにはジヒドロテストステロン抑制成分は3つ含まれていましたが、リニューアルされたイクオスはビワ葉エキスなどの2つのDHT抑制成分が増強され、計5種類になりました。

 

育毛サプリのイクオスに含まれているジヒドロテストステロン抑制成分

・ノコギリヤシ
・亜鉛
・イソフラボン含有大豆抽出物(ダイズ抽出液(イソフラボン含有))
・フィーバーフュー(フィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク))

 

リニューアルされたイクオスの育毛サプリにも、ジヒドロテストステロンを抑制するノコギリヤシが300ミリグラムも含まれています。
実はノコギリヤシは、天然のプロペシア(フィナステリド)とも言われていて、その機能は飲む発毛剤とも同等とも言われており、高いジヒドロテストステロン抑制効果が期待できます。
ちなみに、ノコギリヤシには特に大きな副作用はありません。

 

以前のイクオス育毛サプリにはジヒドロテストステロン抑制成分としては、「ノコギリヤシ」と「亜鉛」のみ含まれていました。
しかし、新たに「ダイズ抽出液(イソフラボン含有)」と「フィーバーフュー乾燥エキス(ナツシロギク)」の2成分を含め、計4成分がリニューアルされたイクオス育毛サプリには配合されているわけです。

 

イクオス育毛サプリに関しても、男性型脱毛症対策がよりできる環境が整えられました。

 

チョウジエキスという成分

チョウジエキスは、フトモモ科の常緑高木であるチョウジ(丁子)のつぼみから採取されているエキスです。
チョウジは基本的に暖かい地域に生えている植物となっており、インドネシアやマダガスカル、さらにはマダガスカルやマレーシア、そしてブラジルやスリランカで見かけられるものです。

 

チョウジは、昔から民間療法として利用されており、胃腸薬的な扱いも受けていました。
さらに害虫を駆除するためや、香料としても利用されきており、現在でも多くの食品に利用されています。
例えば、チョウジ(丁子)は、お菓子やお酒にも配合されていることもあるんです。
育毛剤だけではなく化粧品にも含まれているんです。

 

チョウジエキスにはどのような育毛効果が期待できるのか?

・血行促進作用
・抗炎症作用
・殺菌作用

 

チョウジエキスには、血行を促進して毛母細胞に栄養をたっぷりと送り届ける役目や頭皮の炎症や菌の繁殖を抑えるような作用もあるんです。
頭皮環境が悪化している方と、頭皮の血行不良による薄毛になっている方には、チョウジエキスの血行促進作用が欠かせません。

 

※チョウジエキスは育毛剤の品質を保つために利用されていることもあります。
チョウジエキスには、防腐機能もあるので、育毛剤の品質の劣化を防ぐ役割もあります。
防腐剤というと添加物の印象も強いと思いますが、チョウジエキスは天然エキスなのでお肌に対する悪影響の心配もありません。

 

無添加育毛剤イクオス

 

▲目次に戻る

 

イクオスが人気な理由

 

リニューアルしたイクオスの返金保証の内容

・イクオスを購入してから45日以内であること
・最初の1本目のみが対象になる
・返金の前にフリーダイヤルで連絡をすること
・販売会社にイクオスのボトル本体と納品書を送付すること
・送料や手数料、振込手数料に関しては自己負担となる
・返金は、返品商品が届いてから2週間から4週間程度はかかる

 

以上が、リニューアルされたイクオスの返品に関わる特徴です。
注目してほしいのが、イクオスは返品保証期間を45日間としている部分です。
他のメーカーの育毛剤は、30日間程度に設定しているところもあるのですが、イクオスでは45日間に設定しているので、ある程度使用感を確かめてから返金保証を利用するか決定できる特徴があるわけです。

 

イクオスの返品保証の手続きの流れですが、まずしなければならないのが販売会社への連絡です。
連絡をせずに勝手にイクオスを返品をしたとしても返金対応はしてくれません。
必ず事前に連絡をして、返品する旨を伝えなければならないのです。

 

フリーダイヤルに連絡をして全額返金保証を受けることを伝えたら、次にすべきはイクオスの返品の準備です。
イクオスを返品する時には、商品と納品書が必要で、その二つをしっかりと送り返さなければ返金してもらえません。
イクオスの返品時にかかった費用に関しては自己負担となるので、その点は理解しておきましょう。
イクオスを返品したら、後は返金してもらうのを待つのみで、料金が返金されるのは少し時間がかかりますが、基本的に2週間から4週間程度で行われるはずです。

 

他の育毛剤の返金保証とイクオスの返金保証の違い

・チャップアップ・・・返金保証期間は30日間
・ブブカ・・・返金保証期間は30日間
・プランテル・・・返金保証期間は30日間
・ポリピュア・・・返金保証期間は45日間

 

イクオスの返金保証期間は、ポリピュアとは一緒ですが、その他の育毛剤と比較しても返金保証期間が長いことがわかると思います。
返金保証期間が長い点はイクオスの大きなメリットであり、人気の理由といっても過言ではありません。
もしも良い結果が出なければ、返金して貰えばいいので安心してイクオスを始められます。

 

▲目次に戻る

 

リニューアルされたイクオスの購入方法

リニューアルされたイクオスは、公式通販サイトで購入できます。
イクオスに関しては、店舗販売はされていないので気をつけてください。

 

イクオス公式ショップで、購入方法をまずは選択します。
様々な購入方法があるので、その購入方法が良いのかを考えておきましょう。

 

・単品購入・・・9,350円(税込み)(送料630円)
・定期コース・・・6,800円(税込み)(送料無料)
・3本セット・・・23,800円(税込み)
・イクオス+イクオスサプリEXセット購入・・・11,530円(税込み)(送料630円)
・イクオス+イクオスサプリ定期コース・・・初回4,980円(税込み)、2回目以降8,980円(税込み)(送料無料)
・イクオス+イクオスサプリ3セット・・・30,340円(税込み)

 

育毛剤イクオスだけではなく、育毛サプリメントとのセット販売もされているので、そちらの利用も検討したい方はチェックしておきましょう。
また、イクオスの通常購入よりも定期購入のほうが1本あたりの価格が安くなることは把握しておくべきです。

 

イクオスの決済方法

・クレジットカード
・代金引換
・銀行振込
・NP後払い

 

上記の4つの中から選ぶことになります。
クレジットカードに関しては、VISA・MASTER CARD・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブの5つの国際ブランドが利用可能です。

 

イクオスの代金引換に関しては、手数料が420円かかってくるので注意しましょう。
銀行振込に関しても振込手数料は自己負担となってきます。
手数料に関して抑えたいと思うのであればクレジットカードかNP後払いを選択しましょう。
NP後払いに関しては、請求書の跛行後14日以内にしはらう決まりがあります。
支払い場所は、「コンビニ」「郵便局」「銀行」となっています。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの発毛促進力が期待できる成分

イクオスの発毛促進力が期待できる成分はたくさんあります。
アスパラギン酸やアラニン、アルギニンやイソロイシン、そしてグリシンやメチオニンといったアミノ酸が髪の毛の成長スピードを早めてくれる事も期待できるわけです。

 

他の育毛剤の中にはアミノ酸に注目していない育毛剤もあるのですが、育毛には欠かせない成分として最近では話題になっているアミノ酸を大量に含んでいるのがイクオスです。

 

イクオスに含まれている発毛促進系の16種類のアミノ酸

・DL-PCA・NA液、乳酸Na液、アルギニン、セリン、ヒスチジン、PCA、アスパラギン酸、イソロイシン、トレオニン、フェニルアラニン、塩酸リジン、アラニン、メチオニン、バリン、プロリン

 

▲目次に戻る

 

毛母細胞活性化を期待できる成分

イクオスには、発毛促進力があるアミノ酸に毛母細胞活性化作用もあります。
前述した16種類の成分が毛母細胞を活性化するために役立ってくれるわけです。

 

実は他にもイクオスには毛母細胞を活性化させる育毛成分である血行促進成分が配合されています。
血行促進効果によって、毛母細胞に血液がしっかりと行き渡ることで、毛母細胞の働きがパワーアップするわけです。
髪の毛の成長も促進されることになり、たくましい毛が生えてくる期待もできるわけです。
イクオスには、その血行促進成分も特にたくさん含まれています。

 

特にオランダカラシエキスなんかは、血行促進や頭皮の老化を防ぐ抗菌作用があるだけでなく、頭皮の皮脂も抑えてくれるので、頭皮トラブル全般に対応できる育毛成分なんです。

 

イクオスに含まれている血行促進成分(毛母細胞活性化成分)

・ジオウエキス、白髪場エキス、ドクダミエキス、天然ビタミンE、オランダカラシエキス、ニンジンエキス、マツエキス

 

▲目次に戻る

 

頭皮の良い状態を目指す育毛成分

イクオスには、頭皮環境をよくする育毛成分がたくさん含まれています。頭皮環境が悪化しやすい方からイクオスが圧倒的な人気を誇っている理由として、頭皮環境改善作用が強いからという理由があるわけです。
育毛剤で頭皮環境を良くするためには、頭皮の保湿作用であったり、抗炎症作用であったり、抗菌作用であったりといくつかの機能が必要になってきます。

 

イクオスに含まれている頭皮の保湿成分には、センブリエキスやコンフリーエキス、カンゾウエキスや高分子ヒアルロン酸ナトリウム、低分子ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン、水素添加大豆リン脂質、D-パントテニルアルコール、アルニカエキスがあります。
他にも頭皮の毛穴の炎症を防いでくれるグリチルリチン酸2K、頭皮の皮膚の炎症やかゆみの原因にもなるアレルギー物質ヒスタミンを抑えるジフェンヒドラミンHCI(塩酸ジフェンヒドラミン)も頭皮の良い状態を確保してくれます。

 

▲目次に戻る

 

血行促進効果を期待できる育毛成分

育毛剤には、血行促進作用がある成分が含まれていますが、イクオスにも多く含まれています。
前述したようにリニューアルしたイクオスには、複数の血行促進作用のある育毛成分を配合しているので、相乗効果も得られやすい状態となっています。

 

イクオスに関しては、血行不良を原因とした薄毛で女性に多い「びまん性脱毛症」の方からも高い人気を誇っているのです。

 

 

発毛促進エネルギーといわれている育毛成分

前述したイクオスに含まれるアミノ酸成分が、まさに発毛促進エネルギーとされています。
そもそも、細胞はアミノ酸をエネルギー源としているのです。
体内のアミノ酸量が減ってしまえば、細胞自体が元気にならず髪の毛の状態が悪化してしまうことも十分に考えられるわけです。
発毛促進エネルギーが足りていないと、髪の毛の成長も遅くなってしまいます。髪の毛の伸びが遅いと感じている方は、イクオスを使ってアミノ酸を毛母細胞に補給してあげましょう。

 

 

エイジングケアを目指せる成分

年齢による薄毛で悩んでいる方もイクオスを選択しています。
20代の時よりも30代のほうが髪の毛は細くなってしまいます。
30代よりも40代のほうが髪の毛が細くなってしまいます。
年齢が高くなるごとに髪の毛の質が悪化してしまうんです。

 

実はそのエイジングケアに関しては女性からも注目されていて、頭皮のエイジングケアや髪の毛のエイジングケアが出来いるということで、若々しく見えるケースが増えているのです。

 

リニューアルしたイクオスには特にエイジングケアが出来る育毛成分が多く含まれています。

 

イクオスに含まれるエイジングケア系成分

・ベニバナエキス、オドリコソウエキス、セージエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、アシタバエキス、サクラ葉抽出液、ローズマリーエキス

 

新イクオスには、7種類ものエイジングケアが出来る育毛成分を含んでいるので、頭皮や髪の毛のアンチエイジングをしたいという方は必見です。

 

無添加育毛剤イクオス

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加