育毛剤イクオスのM字(前頭部)への効果

過去には「育毛剤は頭頂部には効くけど、前頭部(M字)には効かない」といった話もあったことは事実です。
しかし、最近ではM字専用の育毛剤も生み出されるなど、状況が大きく変化してきています。

 

イクオスもM字ハゲに高い育毛効果を持つ育毛剤の1つで、M字ハゲを改善させる働きのある育毛成分が多く配合されています。
今回は、育毛剤イクオスの持つM字ハゲへの高い育毛効果について解説します。

 

イクオスの公式サイトを見る

 

目次

 

M字ハゲの原因

M字ハゲになってしまう原因は、2つから3つ程度となっています。こちらでは、重要度の高いM字ハゲの原因から1つずつ紹介していきます。

 

M字ハゲの原因その1|男性型脱毛症

M字ハゲの主要な原因となってくるのが、AGA(男性型脱毛症)です。
男性型脱毛症は、頭頂部と前頭部のいずれかから薄くなってくるケースが多くなっており、特にM字部分が薄くなりやすい、といった特徴を持っているわけです。

 

男性型脱毛症は、遺伝性のものです。睾丸で分泌された男性ホルモンのテストステロンと、体内にある酵素の5αリダクターゼが結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)といった物質が生み出されます。そのDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が、前頭部や頭頂部の毛母細胞の働きを阻害してしまうのです。

 

M字部分の抜け毛は特にジヒドロテストステロンの影響を受け易いことが分かっており、薄くなりやすいわけです。

 

▲目次に戻る

 

AGAと遺伝について

AGAはドイツのボン大学の研究によって、母方遺伝であることがわかっています。女性を介して薄毛が受け継がれてしまっているのです。
しかし、女性は男性ホルモンのテストステロンがほとんどないので、AGAが発症してしまうようなことはありません。

 

遺伝ですが、5αリダクターゼの活発度が関わってきます。5αリダクターゼの働きが活発化することで、積極的に男性ホルモンのテストステロンと結合します。その結果、ジヒドロテストステロンが大量に発生してAGAに発展してしまうのです。

 

※男性で薄毛にならない人は、ジヒドロテストステロンの量自体が少ないです。

 

▲目次に戻る

 

M字ハゲの原因その2|血行不良

髪の毛は血液によって栄養が送られています。血流が悪化すると、栄養が毛母細胞に送られにくくなってしまい、結果的に髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

 

ただし、血行不良の薄毛の場合には、M字だけではなくその他の部位も薄くなります。全体的に髪の毛が少しずつ薄くなる、「びまん性脱毛症」といったものになってしまうのです。

 

▲目次に戻る

 

M字ハゲの原因その3|頭皮環境の悪化

前頭部の薄毛の場合は、特に頭皮のニキビや炎症といったものが大きく関わっているケースが多いです。おでこにはたくさんの皮脂腺があり、大量の皮脂が分泌されています。
皮脂は頭皮にいる菌の餌となり、結果として大量繁殖してしまうのです。

 

前頭部に菌が大量繁殖すると、皮膚が炎症を起こしたり、ニキビが発生したり、といった状況になってしまいます。

 

皮膚が炎症すると髪の毛に送られるべき栄養が、皮膚に送られてしまうことになるので(皮膚の修復に栄養が利用される)、結果的に前頭部の髪の毛がやせ細ってしまいます。

 

▲目次に戻る

 

M字ハゲの原因番外編|髪型

男性の中にはオールバックの髪型をしている方も少なくありません。オールバックの髪型をしていると、毛根が後ろ側に引っ張られてしまうことになります。
ずっと毛根が負担を受けることになってしまい、「牽引性脱毛症」といったものが発生してしまいます。

 

髪の毛が簡単に抜けるようになってしまうこともあり、おでこが広がってしまうのです。M字部分も当然薄くなってしまうので、M字ハゲを気にしている方は前頭部の毛根が負担を受けないような髪型を心がけるべきです。
▲目次に戻る

 

M字ハゲの原因まとめ

M字ハゲの原因は、とにかく男性型脱毛症です。M字ハゲになる原因のほぼ100%がAGAなので、AGA対策をして改善していく他ありません。
他にも、血行不良や頭皮環境の悪化、さらには髪型も原因としてあげさせてもらいました。それらは、あくまでおまけのようなものです。
根本である男性型脱毛症をどうにかしなければ、M字禿が治ることはありません。

 

▲目次に戻る

 

 

M字改善に必要な育毛効果と育毛成分

 

M字ハゲの改善させるために求められる育毛効果とは

 

男性型脱毛症を抑制させる機能が必要

M字ハゲの原因の殆どがAGAである、ということは述べました。
AGAに関わっているのは、男性ホルモンの一つであり睾丸から分泌される「テストステロン」と体内にある酵素の「5αリダクターゼ」です。その2つの物質が、結合すると出来てしまうのが「ジヒドロテストステロン(DHT)」であり、その物質が髪の毛を脱毛に導いてしまったり、髪の毛の成長をストップさせてしまったり、といったことを行ってしまうのです。

 

問題となってくるのが、男性型脱毛症を抑制させるためには、

 

・テストステロン
・5αリダクターゼ
・ジヒドロテストステロン

 

の3つの中でどれに抑制などの影響を与えればよいのか、ということです。

 

まず男性ホルモンであるテストステロンですが、これを抑制したりと影響を与えることは出来ません。テストステロンは男性の機能を維持するために直接的に必要なものです。仮にテストステロンを減少させることが出来たとしても、自律神経の乱れなどが発症してしまう可能性もあり、健康問題に大きな影響を与えてしまうのです。日常生活が困難になってしまうかもしれません。

 

ジヒドロテストステロンですが、これはテストステロンと5αリダクターゼの2つの物質が結合して出来上がるものです。ですから、2つの物質の機能のいずれかを抑制すればジヒドロテストステロンは生み出されません。だからこそ、目をつけるべきは5αリダクターゼなのです。

 

5αリダクターゼは、特に減ったとしても問題はないものです。健康被害をもたらしてしまうことはありません。そもそも、男性型脱毛症になる遺伝は5αリダクターゼの活性度合いの高さ、という部分に関わっているわけです。5αリダクターゼの活性度合いが高いと、積極的にテストステロンと結合してしまい、結果としてジヒドロテストステロンが大量に生み出されてしまいます。

 

M字ハゲの主要原因であるAGAを抑制させるためには、まずは5αリダクターゼ対策が必要なのです。

 

▲目次に戻る

 

前頭部の血行を促進させる必要あり

前頭部の血行が悪くなっていると、髪の毛に送られる栄養が少なくなり薄毛が発症します。
もちろん髪の毛に送る栄養という面は大きいのですが、それよりも考えておかなければならないのが、毛母細胞の状態です。

 

長期間、毛母細胞に少ない栄養しか送られない、といった状態になっている場合には、毛母細胞が休眠状態になってしまうのです。毛母細胞が寝ている状態になっているので、髪の毛の生成もほとんど行われなくなってしまいます。また、少ししか毛母細胞の機能が発揮されないので、産毛のような毛ばかりが生えてくる、といった状態になってしまうことも少なくありません。

 

血行を促進し前頭部の毛母細胞を活性化させることは、M字はげの改善にも役に立ちます。

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境を改善させる必要あり

健やかに髪の毛を成長させることは、薄毛を改善させることに役立ちます。問題はどのような機能で頭皮環境を改善させるのか、ということでしょう。特に前頭部が薄くなるM字ハゲの場合は、前頭部の頭皮環境に問題が発生しているケースも多くなっています。

 

まず注目して欲しいのが血行促進です。頭皮ですが、やはり血液によって栄養を送られることで皮膚ができています。栄養である血液が足りなくなってしまえば、その分、皮膚が古いものとなっているのです。要は皮膚のターンオーバーが乱れている、といった状態になります。頭皮の血行を促進させ、新しい健康的なお肌を作ることがとても重要です。

 

頭皮の菌の発生を抑える、ということも考えなければなりません。頭皮に菌が大量に発生すると、お肌に悪さをしてしまいます。頭皮の炎症やニキビといったものが出来てしまい、髪の毛の成長に悪影響をもたらします。抗菌作用や殺菌作用などを頭皮にもたらすことが必要になってくるのです。

 

頭皮の乾燥状態を取り除くこともどうしても必要になってきます。頭皮が乾燥していると頭皮のバリア機能がない状態です。ちょっと触れただけや刺激だけでも頭皮が炎症状態になってしまう可能性があるので、注意して対応しなければなりません。頭皮にフケなどが発生することもあります。保湿作用を頭皮にもたらす、といったことも重要になってくるわけです。頭皮にうるおいが戻れば、頭皮環境も大いに改善し、髪の毛が生えやすい状態になります。

 

逆に脂性肌もあまり良くありません。脂性肌とは、皮脂の分泌量が極めて多くなっている状態を指してます。頭皮の皮脂の分泌量が多いということは、それを餌に繁殖している菌の大量発生を招く、ということでもあるのです。
菌は皮膚に対して悪さをしてしまうことがあります。一定量までであれば、皮膚も耐えられるのですが、大量繁殖が起こってしまうと対応できなくなり、結果的に皮膚が耐え切れなくなって炎症を起こしてしまうのです。頭皮の痒みを発生させてしまう可能性もあります。

 

▲目次に戻る

 

M字ハゲを改善させる機能を持っている育毛成分例

 

男性型脱毛症に効果が期待される育毛成分

・フィナステリド
・ノコギリヤシ
・アロエエキス
・柑橘エキス
・亜鉛
・オウゴンエキス
・ダイズエキスなど

 

最も育毛効果が高いとされているのがフィナステリドです。あのプロペシアという医薬品の有効成分であり医薬成分でもあります。フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があるので、ジヒドロテストステロンの発生量を抑制してくれるのです。
しかし、フィナステリドの利用はあまりおすすめできないのが現状です。まず、育毛効果が出る確率がそれほど高くはない、ということです。さらに副作用が多くの方に発生している、という点も見逃せません。
フィナステリドの服用によって、性的機能に障害が出てしまう可能性が指摘されています。性欲減退や勃起不全、さらには精子の現象といったものも報告されています。妊活中の男性は利用できないので、フィナステリドは誰にでもおすすめできるものではないのです。

 

ノコギリヤシに関しては、天然のプロペシア、と言われています。実は、ノコギリヤシはフィナステリドと似た機能を持っています。フィナステリドと同様に前立腺肥大症の治療薬として用いられることもあるほどです。しかも、ノコギリヤシは、副作用報告がほとんどないので安心して利用できます。

 

アロエエキスと柑橘エキスに関しては、育毛剤にも利用されています。5αリダクターゼの活性度合いを抑えることが出来る、とされている成分です。亜鉛に関しても、同じく男性型脱毛症に対して育毛効果を発揮してくれる、とされています。

 

亜鉛に関しては食べ物からも摂取可能です。牡蠣や豚肉のレバー、さらにホヤやカニといったものにも亜鉛は多く含まれています。亜鉛は、肉類に多く含まれているのでカロリーが気になってしまいますが、育毛には大切な成分なので積極的に摂取するか、サプリメントの利用を検討すべきです。

 

オウゴンエキスとダイズエキスに関しても5αリダクターゼ対策が可能です。ダイズエキスに関しては女性ホルモンと似た作用があることでも知られている、大豆イソフラボンも含まれています。

 

▲目次に戻る

 

血行促進効果が期待できる育毛成分

・ミノキシジル
・センブリエキス
・ニンジンエキス
・ビタミンE(酢酸トコフェロール)
・ドクダミエキス
・ジオウエキス
・マツエキス
・M-034
・セファランチン
・ピディオキシジルなど

 

血行促進成分に関しては、実際に様々なものがあります。育毛剤の基本的な育毛成分、と言っても良いものだからです。男性だけではなく、女性の薄毛にも対抗してくれ、AGAにも一定の育毛効果を発揮してくれるもの、とされています。

 

上記した中では唯一の医薬成分がミノキシジルです。ミノキシジルは国内ではリアップ、海外ではロゲインに含まれている発毛成分です。血管を拡張する作用があり、髪の毛に栄養を送り込むことが出来ます。

 

その他の育毛成分に関しては、漢方でも利用されているような天然の植物エキスなどを利用したものです。やはり血管を拡張する作用が見られ、育毛に一定の効果を発揮してくれる、と考えられています。M字改善タイプの育毛剤にも多く含まれています。

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境の改善効果が期待できる育毛成分

<保湿系成分>
・センブリエキス
・ニンジンエキス
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・アロエエキス
・カンゾウ葉エキス
・アルニカエキス
・マツエキス
・アセロラエキス
・みかんエキスなど
<抗脂漏成分>
・ビタミンB群
・カシュウ
・イオウ
・ワカメエキス

・アマモエキス
・褐藻エキス
・チオキソロンなど
<消炎成分>
・グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸二カリウム)
・エビネエキス
・アルテア根エキス
・シラカバエキス
・ケープアロエエキス
・ヘチマエキス
・塩酸ジフェンヒドラミン
・カンゾウエキス
・ボタンエキス
・セイヨウノコギリソウエキスローズマリーエキス
・カミツレエキスなど
<抗菌成分>

・イソプロピルメチルフェノール
・ヒノキチオール
・サンショウエキス
・エビネエキス
・ユーカリエキス
・ヒノキチオール
・クジンエキス
・オウゴンエキスなど

 

頭皮環境改善機能を持った成分ですが、分野別にかなりたくさんあります。前頭部の頭皮の状況を見て、どのような成分が頭皮の炎症を抑える効果をもたらしてくれるのか、といったことを事前に確認しておきましょう。

 

頭皮の保湿は育毛の基本とも言われています。頭皮が乾燥していると頭皮が特に傷つきやすくなってしまい、炎症などを招いてしまうこともあるのです。また、頭皮が乾燥することで、逆に脂漏肌になってしまうこともあります。頭皮が乾燥していると、皮脂腺が危険を察知し、頭皮の皮脂分泌を活性化させてしまいます。
頭皮の保湿成分としては、血行促進成分としても知られているセンブリエキスが有名です。他にもニンジンエキスやコラーゲン、ヒアルロン酸などが頭皮の保湿効果が高いとされています。

 

頭皮の抗脂漏成分に関しては、皮脂腺の活動を穏やかにしてくれる効果があります。頭皮の皮脂が多く分泌されると酸化して、過酸化物質になってしまい、結果的に毛根を痛めてしまうのです。頭皮の菌の繁殖も促します。
育毛剤に含まれる抗脂漏成分としてはビタミンB6が有名です。

 

頭皮の炎症を抑える成分として有名なのがグリチルリチン酸ジカリウムです。グリチルリチン酸ジカリウムは、数多くの育毛剤に含まれており、実績もあります。グリチルリチン酸ジカリウムに関しては、グリチルリチン酸2Kやグリチルリチン酸ニカリウムといった言い方もしています。名称が異なっていても、基本的には同じものです。

 

頭皮の菌が原因となっている炎症が起きているのであれば、イソプロピルメチルフェノールやヒノキチオールなどが含まれている育毛剤を利用するのがおすすめです。双方ともに抗菌作用と殺菌作用があります。イソプロピルメチルフェノールはニキビ薬にも使われるほど高い機能を有しており、M字部分にニキビができている方には高い抗炎症効果をもたらしてくれる可能性があります。
ヒノキチオールには頭皮のカビや雑菌の繁殖を抑える、といった機能もあります。夏は頭皮に汗も大量にかきます。頭皮が湿気ている状態になってしまうのです。そういった状況を抑えるために、ヒノキチオール入りの育毛剤を利用する、といったことも考えましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスはM字ハゲにも効果あり

育毛剤のイクオスは、M字ハゲの男性から圧倒的な支持を受けています。それはなぜなのでしょうか。
こちらでは、育毛剤イクオスがM字ハゲに育毛効果を発揮する理由について徹底解説します。

 

イクオスならM字ハゲの主要原因である5αリダクターゼ対策ができるから

イクオスには、一つではなく複数の男性型脱毛症対策ができる育毛成分が含まれています。一つの成分に5αリダクターゼを抑える効果がなかったとしても、その他の成分が変わりに5αリダクターゼを抑える効果を発揮してくれるかもしれません。イクオスは、多角的な育毛が出来る育毛剤なのです。

 

イクオスに含まれている男性型脱毛症対策ができる育毛成分

・オウゴンエキス
・ダイズエキス
・ビワ葉エキス
・クララエキス
・ヒオウギ抽出液
・ヒノキオコシエキス
・シャクヤクエキス
・シナノキエキス
・ローマカミツレ

 

これらの育毛成分の具体的な効果としては、5αリダクターゼ対策ができる、というものがあります。M字ハゲの元凶であるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制できる成分たちが大量に含まれているのが育毛剤のイクオスです。

 

▲目次に戻る

 

イクオスにはAGAよりもさらに厄介な脱毛因子のブロック機能もある

M字ハゲの根本原因はジヒドロテストステロンにあることは間違いありません。ただし、問題は、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターといった受容体と結合することで生み出される脱毛因子の「TGF-β」にあります。
TGF-βが生み出されることで、毛母細胞に脱毛司令が出されてしまうのです。

 

考え方を変えると、ジヒドロテストステロンの分泌を抑制できなかったとしても、FGF-βを抑制できればM字ハゲにはならない、といえます。

 

▲目次に戻る

 

イクオスに含まれている脱毛因子(TGF-β)のブロック効果が期待できる育毛成分

・クワエキス
・シャクヤクエキス
・セイヨウキズタエキス
・ゴボウエキス
・ローマカミツレエキス
・シナノキエキス
・ヒキオコシエキス
・ボタンエキス

 

脱毛因子(TGF-β)がブロックできる育毛成分が多数含まれているのがイクオスの特徴です。複数の成分で脱毛因子が生み出されないように包囲しているような感覚、と言っても良いかもしれません。

 

▲目次に戻る

 

イクオスはM字回復を早める育毛効果が得られやすい

M字の薄毛を抑制できる育毛成分が含まれていたとしても、現状維持の育毛効果しか得られない、というケースが極めて多くなっています。男性型脱毛症の影響は非常に強く、その機能を抑えられたとしても、改善に持っていくのは容易ではありません。
その点、イクオスには様々な育毛成分が含まれているので、比較的早い段階でM字部分が回復していく可能性があります。

 

・センブリエキス・・・血行促進機能があり、頭皮や髪の毛に栄養を運んでくれる、保湿機能もある
・グリチルリチン酸2K・・・抗炎症機能がある、頭皮のフケや痒みを抑制する効果も期待できる
・ジフェンヒドラミンHCI・・・頭皮の炎症やかゆみを抑える機能がある

 

一部の育毛効果を持った成分を記載しました。これらの育毛成分が、M字部分の回復を促進させてくれるわけです。他にも、数十種類の育毛成分がイクオスには含まれています。それらの全てにしっかりとした役割があります。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの浸透力にもM字部分の回復の秘密があった!

どんなに素晴らしい育毛成分を含んでいる育毛剤であったとしても、浸透力がなければ意味がありません。頭皮の奥に育毛剤が浸透していくことで、強い育毛効果が期待できるようになるわけです。

 

イクオスに関しては、低分子ナノ水、といったものを利用しています。低分子ナノ水は、その名の通りに低分子となっています。低分子ナノ水によって、毛穴の奥まで育毛成分を届けるようなことが出来るわけです。
より毛母細胞の近いところにまで育毛成分を届けることで、強い育毛効果が与えられるようになります。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスはどのくらいの期間使い続ければM字部分に変化が現れ始めるのか?

 

早ければ2ヶ月から3ヶ月程度

M字部分は回復するのが難しい場所でもありますが、少しでも回復すればすぐにでも気づける、といったメリットがあります。

 

M字部分の回復ですが、まずは産毛がM字部分に生えてきます。そして段々と濃くなっていき、M字部分が覆われていくのです。
M字部分に産毛が生える段階まではそれほど時間がかからないケースが多いです。早ければ2ヶ月、遅くても6ヶ月程度でM字部分の育毛効果が見えてくるはずです。
M字部分が生えそろうまでには1年程度かかる、と考えてください。

 

ただし、高性能な育毛剤であるイクオスであったとしても、必ずM字部分が回復するわけではありません。薄毛の原因が他にあったり(偏食による栄養不足や円形脱毛症、牽引性脱毛症など)、育毛剤との相性といったりしたものもあるのです。
仮に、イクオスを利用して1年たってもM字部分に育毛効果が見られない場合には、他の育毛剤へ切り替えたり、生活習慣を見直したりしてみましょう。ちなみに、M字部分が維持されている場合にはイクオスの育毛効果が出ている可能性が高いです。もう少しイクオスを利用してみると育毛効果が現れてくる可能性もあります。
男性型脱毛症は進行型なので、育毛剤に育毛効果がなければどんどん薄くなるはずです。それが維持されている、ということは、育毛剤が何かしらの育毛効果を果たしている、と考えるほうが自然なのです。

 

無添加育毛剤イクオス

 

イクオスの頭頂部(つむじ)部分やその他の育毛効果に関しては以下のページで詳しく解説してあります。

 

育毛剤イクオス(IQOS)をハゲ治し隊が使ってみた口コミと効果を検証

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加