イクオス(iqos)が20代に効果的な4つの理由

イクオス(iqos)は以下の4つの理由から、20代の薄毛対策にも高い育毛効果があります。

 

・髪に栄養を与え強くする血行促進効果
・男性ホルモン抑制効果による抜け毛防止
・頭皮環境の改善効果で髪を抜けにくくする
・20代の食生活の乱れをサポートする髪の栄養補給

 

このページでは、イクオスが20代の薄毛に育毛効果が得られる理由を解説します。

 

 

目次

 

イクオスは20代の薄毛に効果がある

イクオスは20代の薄毛対策に効果的な理由は以下の4つです。

 

・AGA対策ができる
・頭皮の血行促進効果
・頭皮の保湿効果
・頭皮の炎症を抑える

 

イクオスには20代のAGA対策ができる育毛成分が配合されている

育毛剤イクオスには、20代のAGAに様々な方向から対処する育毛成分が詰まっています。

 

例えば、オウゴンバナの根から抽出されるオウゴンエキスには、頭皮の抗炎症作用や保湿作用、活性酸素除去の作用があります。

 

さらに、男性型脱毛症のもっとも大きな原因であるジヒドロテストステロンを生み出す元となる5αリダクターゼという還元酵素を抑制する作用も持っています。

 

また、大豆から取れる大豆エキスは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

 

エストロゲンは男性ホルモンを抑える働きがありますので、これもジヒドロテストステロンの生成に働くもう一つの原因であるテストステロンの発生を抑制する働きがあります。

 

さらに、ビワの葉から取れるビワ葉エキスには、FGF-5やFGF-7といった毛母細胞の細胞分裂を促進する成長因子の、体内での生成を促進する働きがあります。

 

加えて、頭皮の血行促進や抗菌作用も持っています。

 

そして、マメ科のクララという植物から取れるクララエキスには、殺菌作用や血行促進作用、毛母細胞の活性化作用などがあります。

 

そして、ヒオウギ抽出液という育毛成分からは、オウゴンエキスと同じく5αリダクターゼを抑制する成分が配合されています。

 

ヒオウギ抽出液の5αリダクターゼ抑制作用は、国立がん研究センターの研究結果からも明らかにされています。

 

さらに、大豆エキスと同じくイソフラボンも含まれているので、男性ホルモンの抑制作用もあります。

 

このように、イクオスに配合されている育毛成分には、様々な角度から20代で発症した男性型脱毛症の原因にアプローチする働きが備わっているのです。

 

▲目次に戻る

 

イクオスにはTGF-β抑制効果もある

イクオスには、TGF-βの発生を抑制する育毛成分も含まれています。

 

TGF-βとは、脱毛を促進させる因子のことで、ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターに受容されることにより発生します。

 

TGF-βは毛根の内部で「髪の毛を抜きなさい」という強いシグナルを出します。

 

そのため、生えてきたばかりの髪の毛や、まだまだこれから成長していくはずの未来ある髪の毛が、TGF-βのシグナルによって抜けていってしまうのです。

 

イクオスに配合されているクワエキスやシャクヤクエキス、シヨウダイズエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキスなどといった様々な天然成分由来のエキスが、TGF-βの生成を阻害し、脱毛促進シグナルの発生を食い止めるのです。

 

5αリダクターゼの活動の阻害、そしてテストステロンの活動の阻害という、2つのアプローチからジヒドロテストステロンの生成を抑制し、さらに、ジヒドロテストステロンが毛根の内部で悪い働きをしようとしても、さらにTGF-βの働きを阻害するという、二重三重のブロック効果がイクオスにあるのです。

 

▲目次に戻る

 

イクオスには頭皮の血行促進効果がある

イクオスに配合されている育毛成分には、頭皮の血行を促進する効果が多く含まれています。

 

ドクダミエキスや、オランダカラシエキス、マツエキス、ジオウエキス、シラカバエキス、ニンジンエキス、天然ビタミンEなどです。

 

これらの育毛成分は、頭皮から毛根に吸収され、毛根周辺の毛細血管の活動を活発化し、さらに血管の内部を綺麗に掃除してくれます。

 

こうして、血行が良くなった頭皮は、毛乳頭に十分な量の血液と栄養分、酸素などを運びます。

 

そして、髪の毛が新たに生えてくるために必要な条件を整えてくれるのです。

 

様々な育毛成分によって男性型脱毛症の進行をストップさせたとしても、あらたに髪の毛が生えてこなければ薄毛の人にとっては意味がありません。

 

その意味で、イクオスの頭皮の血行促進効果というのは育毛効果があるので、有り難い効果ですね。

 

▲目次に戻る

 

イクオスには頭皮の保湿効果がある

イクオスは、高い頭皮の保湿効果を持っています。

 

イクオスに配合されている、頭皮の保湿効果のある育毛成分は、低分子ヒアルロン酸ナトリウム、高分子ヒアルロン酸ナトリウム、水素硫化大豆リン脂質、アルニカエキス、カンゾウ葉エキス、加水分解コラーゲン、ロパントテルアルコールなどです。

 

これだけ様々な育毛成分が、頭皮の湿度を保ってくれるのです。

 

頭皮が乾燥すると、フケやかゆみの原因となります。

 

痒みに負けて頭皮を掻いてしまうと、その引っ掻き傷が元となり、炎症が起こってしまう可能性があります。

 

また、頭皮に残っている脂分にはバリア機能が備わっており、紫外線などをシャットアウトしてくれる働きがあるのですが、頭皮が乾燥してしまうとその脂分を失われ、頭皮のバリア機能がなくなってしまいます。

 

すると、紫外線のダメージを直接頭皮が受けてしまうことになり、頭皮環境の悪化につながります。

 

▲目次に戻る

 

イクオスには頭皮の炎症を抑える効果

イクオスには、頭皮の炎症を抑える作用もあります。

 

前述のように、高い保湿作用によって頭皮を乾燥から守り、引っかき傷等をつくらないようにするという作用があるのはもちろんのこと、頭皮は脂分が増えすぎても炎症を起こしてしまいます。

 

それは、過剰分泌されて酸化した頭皮の皮脂が雑菌のエサになってしまい、そこから雑菌が繁殖し、毛根に入り込んで炎症を起こす可能性があるからです。

 

イクオスに配合されている育毛成分の中には、この頭皮の炎症の原因となる雑菌を抑制してくれる働きを持っているものがあります。

 

例えば、ビワ葉エキスやクララエキス、ボタンエキス、シナノエキス、ヒキオコシエキス等です。

 

これらの育毛成分が、抗菌作用を発揮して頭皮に住んでいる常在菌の過剰繁殖を抑えてくれるので、生活の乱れから頭皮の炎症が起こりやすい20代の頭皮の炎症によって髪の毛が抜けるという男性型脱毛症以外の髪の毛に関する不安要素を拭い去ってくれるのです。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスサプリも20代の薄毛に効果的

イクオスサプリも以下の3つの理由から20代の薄毛対策に育毛効果を発揮します。

 

・髪の栄養になる成分が配合されている
・血行促進成分が配合されている
・AGA対策に効果的な成分が配合されている

 

イクオスサプリには髪の栄養になる成分が配合されている

イクオスには、外用育毛薬だけではなく、育毛サプリメントも存在しています。

 

頭皮の外側からはイクオスの育毛剤本体の育毛成分が作用し、体の内側からは、イクオスサプリに配合された育毛成分が作用するという、二重の効果で発毛を促します。

 

イクオスサプリに配合されている育毛成分の中には、髪の毛の栄養になる成分が配合されています。

 

例えばその中のひとつであるL-シスチンは、天然型のシスチンのことで、髪の毛1本1本を強くする育毛サポートの作用があります。

 

さらに、それだけではなくイクオスサプリに配合されているビタミンAと同時に摂取することによって、脱毛を止めるという作用も認められています。

 

もちろんイクオスサプリにはビタミンA も同時に配合されているので、抜け毛予防にも効果がある育毛成分だということが言えます。

 

また、イクオスサプリに配合されている、ケラチン加水分解物という成分はタンパク質のシスチン結合を解いたものです。

 

髪の毛の原料はケラチンタンパク質というタンパク質の一種ですので、この成分は直接髪の毛の生成に使用される栄養素です。

 

▲目次に戻る

 

イクオスサプリには血行促進成分が配合されている

イクオスに配合されている成分には、血行を促進させる成分が配合されています。

 

育毛剤本体にも高い血行促進の成分が配合されていますので、イクオスサプリとイクオス本体を同時に使用することによって、頭皮の血行は非常に良くなるでしょう。

 

ビタミンEは、血管の内部をきれいに掃除してくれる役割があり、その他、イチョウ葉エキスやヒハスエキス、ショウキョウエキス、カプサイシンなどは純粋に血行を促進する作用があります。

 

また、カプサイシンは、イソフラボンと同時に摂取することによってigf-1という成長因子の生成を促進するという働きがあります。

 

イクオスサプリから吸収されたカプサイシンと、イクオス本体で頭皮に塗布した大豆エキスやヒオウギ抽出液などが頭皮で混ざることによって、igf-1が生み出され、発毛が促進されることが期待できます。

 

▲目次に戻る

 

イクオスサプリには20代のAGA対策に効果的な成分が配合されている

イクオスサプリに配合されている成分の中でも、特に期待できる育毛成分がノコギリヤシです。

 

ノコギリヤシは、もともとインディアンが滋養強壮のために摂取していた植物で、現在AGAクリニックなどで主成分として使用されている「プロペシア」という医薬品の原料となっている「フィナステリド」を作り出す元となった植物でもあります。

 

イクオスサプリに配合されているのは、ノコギリヤシから抽出された、ノコギリヤシ種子エキスです。

 

その働きは、5αリダクターゼの活動阻害です。

 

ノコギリヤシの成分が体内から血液に乗って体の内側から5αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

 

実際に、この働きを持つフィナステリドが誕生したことによって、AGA治療の世界は急速に発展しました。

 

ただし、フィナステリドには副作用が存在し、服用するためには男性機能低下や、肝臓機能障害、鬱などの症状が現れる危険性がありますが、ノコギリヤシの場合は副作用がありませんので、安心して摂取することができます。

 

その他、合わせてイクオスサプリに配合されている亜鉛にも、5αリダクターゼを抑制する作用や、アミノ酸レベルまで分解されたたんぱく質を再びケラチンタンパク質という髪の毛の原料となるタンパク質に再構成する働きを助ける力があります。

 

▲目次に戻る

 

 

まとめ

このように、イクオスは育毛剤本体とイクオスサプリを合わせて使用することによって、体の内側と外側から男性型脱毛症の原因となる、ジヒドロテストステロンの発生を抑制し、さらに保湿作用や抗菌作用などによって炎症性の脱毛も抑えます。

 

そして、抜け毛の予防だけではなく、血行促進や毛母細胞の細胞分裂の活性化、成長因子の生成促進などによって育毛効果も期待できます。

 

20代の若さで薄毛に悩んでいる方にとって、イクオスは非常に効果的な育毛剤と言えるでしょう。

 

イクオスの公式サイトを見る

 

イクオスの副作用や他社メーカーとの比較記事は以下にまとめてあります。

 

育毛剤イクオス(IQOS)をハゲ治し隊が使ってみた口コミと効果を検証

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

ハゲ治し隊隊員によるイクオス1か月間使用体験レビュー
イクオスの女性への効果
イクオスのAGAへの効果
育毛剤イクオスのM字(前頭部)への効果
イクオスは発毛しない!?
チャップアップとイクオスの育毛剤を比較
チャップアップとイクオスのサプリを比較
チャップアップ、イクオス、ブブカを比較

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性用育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

20代で薄毛になる原因

 

20代で発症するAGAによる薄毛

AGAとは、男性型脱毛症のことで、20代でも発症する可能性があります。

 

AGAの原因は、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンです。

 

ジヒドロテストステロンが、毛根に存在するアンドロゲンレセプターというホルモン受容体に受け取られることによって、TGF-βという脱毛促進因子を発生させます。

 

そのTGF-βの働きで、本来成長し続けるはずの時期にある髪の毛が、異常脱毛を起こしてしまうのです。

 

ちなみに、AGAの発症率は年齢が上がるごとに上昇し、60代では2人に1人がAGAという割合になります。

 

しかし、20代ではその割合はまだ低く、わずか6%といわれています。

 

その低い数字が、逆にAGAの20代をマイノリティにしてしまい、薄毛に悩む20代の悩みを深刻なものにしているのが現状です。

 

▲目次に戻る

 

頭皮の血行不良によって起きる20代の薄毛

20代などの若い年代の方の薄毛の原因として多いのが、血行不良です。

 

なぜ血行不良が抜け毛につながるのかというと、髪の毛が生えるためのエネルギーになる成分や、髪の毛それ自体の材料となる成分は、血液を通して運ばれてくるからです。

 

血液が毛細血管を通じて毛乳頭に接触し、毛乳頭は血液の中から栄養分や酸素などを受け取り、毛母細胞に渡します。

 

栄養分や酸素を受け取った毛母細胞は、それらの成分をもとにして細胞分裂を繰り返し、新たな髪の毛として成長していくのです。

 

そのため、毛根に血液が十分に届いていなければ、髪の毛は生えてこないのです。

 

生活習慣の乱れや、ストレス、喫煙の習慣などによって血行は悪くなってしまうので、それが抜け毛の原因になる場合があります。

 

▲目次に戻る

 

20代の頭皮環境の悪化による薄毛

ほんの少しの原因で、頭皮環境は悪化します。

 

頭皮環境が悪化すると、皮脂が毛穴に詰まったり、炎症が発生したりします。

 

例えば、20代の人に多い脂っこい食生活を続けていると、頭皮自体も油っぽくなり、頭皮の皮脂が過剰に分泌されます。

 

そして、分泌された頭皮の皮脂は固まって頭皮の毛穴をふさいでしまいます。

 

さらに、空気に触れて酸化した皮脂は頭皮に住む細菌のエサになるので、それらの菌が過剰に繁殖し、毛根の中に入り込み、炎症を発生させてしまいます。

 

このような、皮脂の過剰分泌によって増えた雑菌が炎症を起こして、髪の毛が抜けてしまう症状を「脂漏性脱毛症」と呼びます。

 

また、逆に頭皮が乾燥しすぎてもフケやかゆみの原因となり、頭皮がかゆいから掻いてしまい、その引っ掻き傷が原因で、炎症性脱毛症を引き起こすという可能性もあります。

 

基本的に、これらの頭皮環境の悪化は、遺伝というよりは生活習慣によるものが多いです。

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加