管理人の脂漏性皮膚炎改善体験談2

前のページでは脂漏性皮膚炎がかなりひどくなってきたので病院に行ったところまで書きました。
ここまで脂漏性皮膚炎の痒みや赤みなどの症状が悪化したのは初めてで、頭皮がかゆくなってヒリヒリしたり、小鼻の周りの肌なんかは、痒いを通り越して痛いくらいです。
それが皮膚科で処方してもらった脂漏性皮膚炎の薬を塗り始めると…

 

今回、管理人が皮膚科の医者から貰って塗った脂漏性皮膚炎の薬は以下の2つです。

 

 

ニトラゼンクリーム2%とニトラゼンローション2%で、どちらも脂漏性皮膚炎の原因菌であるカビ(マラセチア)の殺菌効果のあるケトコナゾールを主成分とした外用抗真菌剤です。

 

 

管理人は脂漏性皮膚炎が悪化することによって頭皮環境が悪化し抜け毛が増加してしまいましたが、皮膚科学会が発表した薄毛の治療ガイドラインによると、ケトコナゾールはC1(考慮してもいいが、十分な根拠がない)の判定になっています。

 

ケトコナゾールの判定がC1と低めなのは、恐らく脂漏性皮膚炎による抜け毛に限った場合、ケトコナゾールによって脂漏性皮膚炎を治し頭皮環境を改善させることで育毛にも効果がありますが、AGAなどの脂漏性皮膚炎と関係のない薄毛で考えた場合に、育毛効果が低いということでしょう。

 

 

1日1回、お風呂上りに、ニトラゼンクリーム2%を眉毛やおでこ、小鼻の周りなどの顔で皮脂の分泌が多く赤くなっている部分に塗ります。
ニトラゼンローション2%は、育毛剤のノズルタイプみたいな感じになっているので、フケや赤み、痒いな感じる頭皮の部分に押し当てると薬が出てくる仕組みで、頭皮に付けます。

 

 

 

さらに、カビ菌の殺菌効果を持つ塗り薬の他に、頭皮や顔の皮脂を抑制するビタミンBやビタミンHが効果的だとのことだったので1か月分の飲み薬ももらいました。

 

画像の左がパンテチン錠シオエ100(ビタミンB)で、右がビオチン散0.2%(ビタミンH)です。

 

これらのビタミンBとHの飲み薬とケトコナゾールの塗り薬を塗ったところ…

 

 

あんなに真赤に荒れてた頭皮と小鼻の周りの脂漏性皮膚炎がこんなにキレイになりました!
写真は、塗り薬と飲み薬を使用してちょうど1週間経ったころです。

 

飲み薬と塗り薬を使用し、3日目ぐらいからかなり脂漏性皮膚炎に効果が表れ痒みやフケが収まってきました。

 

 

 

上の薬を塗る前の自分のお肌の画像と薬を塗った後の画像を見ると一目瞭然です。
少し見にくいですが、頭皮にこびりついていた大きなウロコのようなフケはなくなり、頭皮の色も真赤な状態から青白い健康な頭皮になっています

 

顔は鼻の部分だけでなく、額のおでこや頬、眉毛や耳の中の赤みや痒み、フケもきれいになくなりました。
むしろ、気になっていた小鼻の大きな毛穴も皮脂分泌の減少と共に小さくなってきています。
たぶん、1か月もすればこの脂漏性皮膚炎は完全に良くなるでしょう。

 

これから脂漏性皮膚炎の治療を行う人に注意してほしいのが、脂漏性皮膚炎の治療薬にステロイドは絶対に使わないことです。
ステロイドは非常に強い薬なので、使うと脂漏性皮膚炎の症状に対しての効果が高い代わりに、副作用が起きやすく、ステロイドの使用をやめると治ったはずの脂漏性皮膚炎のリバウンドが来てしまいます。

 

脂漏性皮膚炎が良くなってからは、シャンプーを洗浄成分の弱いアミノ酸系洗浄成分に変えることも大事(頭皮の皮脂を取りすぎない)。
頭皮の皮脂は取ればとるほどどんどん皮脂線が肥大化していき分泌する皮脂の量は多くなっていきます。

 

そして頭皮の皮脂の原因となる糖分を多く含む甘いお菓子や脂を多く含む食事を控え食生活に気を付けること。
適度な運動で運動不足を解消すること。
過度な飲酒も控える。

 

これらを守ることで、頭皮の肥大化した皮脂腺と分泌される皮脂量は元に戻り、健康な頭皮を維持していくことができると思います。

 

最後に管理人の経験から言って、脂漏性皮膚炎と抜け毛は関係があります。
抜け毛がひどくなる原因の1つに脂漏性皮膚炎は関係あるので、抜け毛が増えて脂漏性皮膚炎だった場合、まずは脂漏性皮膚炎を皮膚科等の薬によって治しつつ育毛剤を使って抜け毛を抑えるのもいいと思います。
もしくは育毛剤にも脂漏性皮膚炎を改善させる効果があるので、育毛剤のみの使用でもオススメできます。

 

脂漏性皮膚炎が原因の抜け毛に効果のある育毛剤

頭部の脂漏性皮膚炎によって抜け毛が増えた場合、脂漏性皮膚炎の治療と同時に育毛剤の使用もおすすめします。
育毛剤チャップアップは、脂漏性皮膚炎の原因を根本から改善していきます。

 

上の画像は、首の生え際の付け根(うなじ)部分に出たかなり症状の悪化した脂漏性皮膚炎ですが、チャップアップを付けて4日後に右側の写真のようにかゆみや赤み、それに伴う抜け毛も収まりました。

 

チャップアップには、頭皮の皮脂を抑える成分と、頭皮を殺菌し頭皮トラブルを抑える育毛成分が配合されているため、脂漏性皮膚炎の原因である頭皮のカビ菌の繁殖と、そのカビ菌のエサとなる頭皮の皮脂をダブルで抑えてくれます。
脂漏性皮膚炎は放置しておくとどんどん抜け毛が進行していくので、病院にすぐに通えない人は早めに育毛剤で対処するのがおすすめです。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

 

脂漏性皮膚炎関連ページ

すぐに脂漏性皮膚炎を抑えたい人に薦めたいシャンプー方法と選び方

今すぐに脂漏性皮膚炎を改善したい人におすすめしたいシャンプー方法と選び方を紹介します。この方法は実際に、管理人自身が体験した方法なので自信をもっておすすめできる方法です。

 

脂漏性皮膚炎がたったの7日間で完治した管理人の治療方法

かなりひどい症状の脂漏性皮膚炎がたったの7日間で完治した管理人の治療方法をお伝えします。脂漏性皮膚炎がなかなか治らない…、そんな人はもしかしたら間違った治療法や対策方法をとっているかもしれません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加