ナノインパクト100の生え際の薄毛への育毛効果

数多くの育毛剤がありますが生え際(M字部分)の薄毛の改善は極めて難しいとされています。

 

生え際(前頭部)は血管が少なく、そもそも太い髪の毛が生えにくい部位でもあります。

 

さらに男性型脱毛症の原因物質であるジヒドロテストステロンの影響を受ける部位でもあるのです。

 

様々な育毛成分が配合されていたり、育毛効果があるとされている有効成分が配合されていたりするものでも結果が出ないことが多々ありました。

 

育毛剤の中には、生え際の薄毛の主原因である男性型脱毛症に対応できる育毛成分が全く入っていないものが多かったのです。

 

こちらではナノインパクト100で生え際が 生え際の薄毛に対抗できる育毛剤であるかを評価します。

 

ナノインパクト100の公式サイトはコチラ

 

 

生え際が薄毛になる原因

生え際が薄毛になる主な原因は2つあります。

 

・男性ホルモン
・頭皮の血行不良

 

1つ目の男性ホルモンによる生え際の薄毛の原因は、男性ホルモン過多によるホルモンバランスの乱れによって男性型脱毛症(AGA)の原因物質である悪玉男性ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)が大量に分泌されると、毛母細胞の働きが阻害されてしまいます。
結果、生え際の髪の毛が成長しきらずに抜けてしまうわけです。

 

2つ目の頭皮の血行不良ですが、頭皮は人体の最も高い部分に位置しています。
血を心臓よりも高い生え際の位置まで運んでいくことはかなり難しく血行不良になりやすいわけです。

 

さらに前頭部(M字部分)の血管に問題があります。
前頭部(M字部分)の血管は他の部位に比べて血管の数が少ないので流れている血の量が少なく、毛母細胞に栄養が行き渡りにくいのです。
血管の数的にも栄養が行き渡りにくい生え際は、栄養が足りなくなることで毛の成長がしにくくなったり、毛母細胞が休眠状態になったりして抜け毛が増えてしまうわけです。

 

生え際の薄毛の原因は主に男性型脱毛症(AGA)ですが、頭皮の血行不良による薄毛も併発している可能性が高いので二つの対策が必須です。

 

 

生え際に効果的なナノインパクト100の血行促進成分

 

センブリ抽出液を中心とした血行促進成分を配合

ナノインパクト100には、頭皮の生え際の血行を促進する育央成分として、厚生労働省に一定の育毛効果を認められた有効成分であるセンブリ抽出液を始めとして、チョウジエキスやアルニカエキス、そしてオランダカラシエキスやゴボウエキス、さらにセイヨウキズタエキス、ニンニクエキスやマツエキス、ニンジンエキスなどを配合しています。

 

ナノインパクト100の頭皮の血行促進成分には血管を拡張する作用があり、頭皮に流れる血液量を増やす作用があるのです。
これらの頭皮の血行促進成分が頭皮の血行不良となって栄養不足になってしまった毛根をサポートしたり、休眠状態になってしまった毛母細胞を覚醒させたりするような働きがあり前頭部(生え際)の血行不良による薄毛にも対抗できるわけです。

 

 

生え際に効果的なナノインパクト100の男性ホルモン抑制効果

ナノインパクト100はAGAに対して高い育毛効果が期待できます。
ナノインパクト100は医薬部外品の育毛剤なので発毛効果があるとはいえないのですが、それに近い効能まで期待できるほどの以下の育毛成分が配合されているのです。

 

・ビワ葉エキス
・オウゴンエキス
・ヒオウギ抽出液

 

上記の3つの育毛成分には、AGAの原因物質であるDHTの生成を抑える作用があります。
DHTはテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって生み出されます。ビワ葉エキス・オウゴンエキス・ヒオウギ抽出液には酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する作用があることで、テストステロンと5αリダクターゼが結合しにくくなり、AGAの原因であるDHTが発生しにくくなります。

 

特にナノインパクト100のエチニルエストラジオールが生え際に効果的

エチニルエストラジオールは卵胞ホルモン剤で、女性ホルモンのエストロゲンの働きをサポートするような役割があるのです。
エチニルエストラジオールは女性ホルモン的な作用をして男性ホルモンを抑える効能が期待できます。

 

※エチニルエストラジオールには前立腺がんや乳がんの治療に用いられることがあります。

 

エチニルエストラジオールによる育毛効果

男性ホルモンが過多になると、前述したAGAの原因物質であるDHTが増えてしまいます。エチニルエストラジオールを配合したナノインパクト100を利用することでAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンが分泌されにくくなり、生え際などのAGAが作用する薄毛が改善すると考えられているわけです。

 

ナノインパクト100のエチニルエストラジオールが育毛効果を発揮しDHTが分泌されなくなれば、生え際の薄毛も徐々に回復していくと考えられます。

 

 

ナノインパクト100なら生え際へも浸透力が高い

生え際の皮膚は薄いので、育毛剤が浸透しにくいのがネックでした。
その点をクリアしているのがナノインパクト100です。

 

ナノインパクト100はPLGAナノ粒子というものを利用し、毛穴の中に育毛成分が送り届けられるようになったのです。

 

一般の育毛剤は育毛成分の粒子が大きく、どんなに素晴らしい育毛成分であったとしても毛穴の奥には入り込んでいかず、頭皮の皮膚の上にしか育毛効果を発揮できないのです。
しかしナノインパクト100はナノ技術により育毛成分が微細な粒子となっています。
頭皮の毛穴の奥にまで育毛成分が浸透していくので、髪の毛の生成に関わっている毛母細胞や毛乳頭細胞のより近くで育毛効果を発揮してくれるわけです。

 

生え際に対しても奥深くの毛穴まで浸透できるので、前頭部の薄毛にも育毛効果が現れやすい設計となっています。
ナノインパクト100はいままでの浸透力の悪い育毛剤と一緒にはできません。

 

ナノインパクト100の公式サイトはコチラ

 

ナノインパクト100の生え際以外への育毛効果や1か月間の体験レビューは以下のページにまとめました。

 

ハゲ治し隊がナノインパクトプラスを買って使ってみた口コミレビュー

 

 

生え際の薄毛へはチャップアップもおすすめ

ナノインパクト100も生え際の薄毛対策におすすめですが、チャップアップの生え際への薄毛効果も見逃せません。
チャップアップにも生え際に効くオウゴンエキスやビワ葉エキスなどのAGAの改善作用のある育毛成分が配合されています。
さらにチャップアップには配合成分数がナノインパクト100の配合成分の50種類を遥かに超えるほど含まれているのです。
チャップアップにも生え際の薄毛に対して十分に育毛効果を発揮出来る条件が揃っているわけです。

 

ナノインパクト100とチャップアップは価格がほとんど一緒なので迷うところでしょう。
どちらか片方を3ヶ月から4ヶ月程度試してみて、生え際に育毛効果がなければ切り替える方法もおすすめです。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

チャップアップの生え際以外への詳しい育毛効果は以下のページをご覧ください。

 

チャップアップ(CHAP UP)を試してみた感想と口コミレビュー

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加