育毛剤のセンブリエキスの効果と副作用

厚生労働省が認可した有効成分センブリエキスは、育毛剤や育毛シャンプーの中で最も見かける配合成分と言っても良いかもしれません。

 

今回の記事ではそんな育毛剤によく含まれている植物由来成分センブリエキスについて徹底的に解説します。

 

センブリエキスには脱毛や育毛にどのような効果があり、どのような危険性があるのか?さらにセンブリエキスが配合されている有名な育毛剤についても紹介します。

 

私がセンブリエキス入りの育毛剤を利用してどのような効果効能があったのか。

 

どのような副作用があったのか、といったことも掲載します。

 

目次

 

センブリエキスってなに?

センブリ茶と言うものを聞いたことがあるでしょうか。

 

センブリ茶は、飲むと顔がゆがむほどの苦味から罰ゲームなどでよく利用されているのですが、 実は育毛剤に配合されているセンブリエキスの原料も罰ゲームで飲まれるセンブリ茶と同じセンブリなんです。

 

センブリとはリンドウ科の植物であり、育毛剤に使われるセンブリエキスは、花、茎、葉、根の全てから抽出しています。

 

センブリエキスに含まれている成分

・スエルチアマリン
・オレアノール酸

 

上記の二つがセンブリエキスの主要な天然成分となります。

 

二つの成分は苦味配糖体(セコイリドイド配糖体)と呼ばれています。

 

他にもセンブリエキスには、血行促進作用のある「キサントン誘導体」や抗酸化作用のある「キトサン」が入っています。

 

※苦味配糖体(くみはいとうたい)とは・・・糖の反応性の高い部分に糖以外の物質が結合しているもの(本来は甘い糖が結びついているはずなのに、糖ではないもの(苦味)が結びついている)、クチナシの果実に含まれているゲニポシドも苦味配糖体である。

 

▲目次に戻る

 

薬として利用されてきた歴史あり

センブリエキスは、民間薬や生薬として利用されてきた経緯があります。

 

育毛剤のように頭皮に塗るのではなく、飲むことによって以下の効果を得ようとしてきました。

 

・食欲増進
・腹痛の緩和
・月経の改善
・蕁麻疹(じんましん)の解消
・胃腸を整える効果
・頭皮トラブルなどの消炎鎮痛作用

 

センブリは上記の症状への働きが高いとされており、現在の化粧品や育毛剤だけでなく苦味健胃薬として日本では江戸時代から利用されてきました。

 

江戸時代の書物である「本草弁疑」には、「腹痛の和方に合するには、此当薬(センブリのこと)を用うべきなり」と記載されています。

 

要は、「センブリは腹痛に効果がある」と書かれているのです。

 

ちなみに、センブリの独特な苦みのあるくさい臭いは、害虫も近寄れない程で、センブリ茶をしみこませた和紙をタンスに入れることで、防虫剤代わりにも利用されていたこともわかっています。

 

▲目次に戻る

 

 

センブリエキスの育毛への効果

・血行促進によって髪に栄養を与え栄養不足髪の毛を太くする
・毛乳頭細胞増殖促進作用と毛乳頭細胞の毛母細胞の細胞分裂を活性化する
・頭皮環境を改善させる
・活性酸素を抑える抗酸化作用
・抗腫瘍作用

 

センブリエキスの主な育毛効果は5つに分類されます。

 

どれも直接的な発毛効果には結びつかないのですが、総合的な育毛対策ができる育毛成分と言っても過言ではありません。

 

▲目次に戻る

 

センブリの血行促進作用による効果

頭髪が太くなる効果と毛母細胞増殖を活性化させる作用に関わっているのが、センブリエキスの血行促進効果です。

 

センブリエキスには、「スウェルチアマリン」や「スウェルチアニン」という苦味成分が配合されています。

 

毛細血管の血流を促進させヘアサイクルを正常化させる作用が認められている成分です。

 

頭皮の毛細血管の血流が改善することで、髪の毛を作る細胞にたっぷりと血液を通して栄養が送り込まれることになります。

 

髪の毛を作る成分が多くなれば作られる髪の毛も太くなり、コシが改善します。

 

日本皮膚科学会からも高評価の発毛剤ミノキシジルもセンブリエキスのように頭皮の血流改善効果があることで知られています。

 

薄毛の原因の一つには毛母細胞の弱体化があります。

 

血流が改善すると毛母細胞に栄養がたくさん送り込まれるようになり、結果的に「髪を作る活動を休止していた毛母細胞が覚醒し、細胞分裂促進効果が得られ髪の毛を太く長く成長させる」ということも考えられるのです。

 

センブリエキスは男性型脱毛症(AGA)の原因である血行不良にも効果がある成分といえます。

 

▲目次に戻る

 

センブリの抗炎症作用と抗酸化作用による効果

センブリには頭皮の炎症を抑制させる抗炎症効果と酸化を抑える育毛作用があります。

 

センブリに含まれる抗炎症成分と抗酸化成分は以下になります。

 

・スウェルチアマリン
・キサントン
・ゲンチオビクロシドなど

 

頭皮に炎症が起きてしまうと、髪の毛を作る栄養も頭皮の修復に利用されてしまうのです。

 

栄養を頭皮の修復に取られることは、髪の毛が細くなる原因となってしまうので、センブリエキスの抗炎症作用には大きな育毛効果が期待できます。

 

酸化は老化の一種であり、頭皮環境を悪化させます。

 

酸化によりお肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)の乱れにもつながり、頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまう恐れもあるので、センブリによって頭皮の酸化を抑えることは、頭皮のターンオーバーの促進にもつながり育毛上重要なのです。

 

そこで、センブリが含まれた育毛剤を頭皮に塗る事で、頭皮の皮膚の酸化還元反応が期待できます。

 

酸化還元反応とは、酸素により酸化したものの酸素(酸化)を取り除く作用です。

 

つまり、センブリエキスが頭皮の酸素と結びつき、いわゆる錆びた状態になっている頭皮の酸素を取り除くことで酸化を防ぐ役割を果たしてくれます。

 

※お肌のターンオーバー・・・肌の新陳代謝のことで、新しい肌と古い肌の入れ替わりの期間は28日とされているが加齢や年齢が高くなることなどの影響によってその期間は長くなってしまう

 

▲目次に戻る

 

センブリ入りの育毛剤で得られた効果〜体験談〜

私もセンブリが配合された育毛剤を利用しています。

 

センブリエキス入りの育毛剤でまず実感したのは頭皮環境の改善です。

 

特に頭皮のニキビができにくくなりました。

 

皮脂が多い前頭部の生え際に炎症ができやすかったんです。

 

しかし、めったにニキビができなくなりました。

 

これもセンブリの抗炎症作用が働いてくれたからだと思います。

 

頭皮環境が改善してからは徐々に毛髪のコシが改善しました。

 

髪の毛根から根本が太くなったような気がするんです。

 

髪の毛が立ち上がりやすくなりました。

 

たしかにセンブリエキスには発毛効果はないかもしれませんが、髪の毛に対して良い効果を持っていることは間違いないと思います。

 

育毛法としてはおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

 

センブリエキスの副作用

センブリエキスは頭皮に塗布することになるわけですが、AGA治療薬のミノキシジルのように特に刺激が強いものでもありません。

 

頭皮の血行を良くすることで発毛促進効果が得られますが、ホルモンバランスに影響を与えるものでもないのです。

 

センブリエキスなら男性だけでなく女性が育毛方法として利用しても問題ありませんし、妊婦さんでも利用可能です。

 

子供でも老人でも利用できる安全性の高い成分です。

 

センブリエキスには、基本的に頭皮環境を整える緩やかな作用を持っている補助成分なので、身体に大きな影響を与えてしまう可能性は低いので乾燥肌や敏感肌の方でも利用可能です。

 

▲目次に戻る

 

 

センブリエキス入りの育毛剤と副作用〜体験談〜

炎症が起きやすく、あまり健康ではない頭皮の私にも、センブリエキス入りの育毛剤は特に副作用はありませんでした。

 

塗布したときも刺激はありません。

 

ヒリヒリした間隔もなく、安全性が極めて高い育毛剤の成分だと思いますよ。

 

▲目次に戻る

 

 

センブリエキスが配合されている育毛剤

センブリエキス主成分のおすすめの商品はチャップアップです。

 

チャップアップには抜け毛の原因である男性ホルモンを抑制する成分やグリチルリチン酸などの頭皮環境を改善する成分が全部で81種類の配合されていてセンブリエキスと相乗効果を発揮します。

 

チャップアップ以外にもセンブリエキスが配合されている育毛剤メーカーは多くあります。

 

以下に、センブリエキスが配合されている育毛剤を紹介しているのでご覧ください。

 

チャップアップ
イクオス
ハリモア
ベルタ育毛剤
花蘭咲(からんさ)
マイナチュレ
長春毛精(ちょうしゅんもうせい)
濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)
薬用ポリピュアEX
プランテル
ザスカルプ5.0c
・Wアプローチヘアプログラム
など

 

このサイトでの男性用、女性用のおすすめ育毛剤は以下の記事をご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

ハゲを治す方法
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加