THE SCALP5.0C(ザスカルプ5.0c)の口コミと効果

THE SCALP5.0C(ザスカルプ5.0c)は、配合されている育毛成分数がかなり多いのが特徴です。

 

ザスカルプ5.0cの成分数は41種類です。

 

商品の中には、最新スカルプ成分のキャピキシルも配合されています。
このキャピキシルは、髪の毛を支えている毛包を強化しながら、男性ホルモンをブロックする育毛効果があります。

 

ザスカルプ5.0cのキャピキシル育毛剤は髪を強くしながら、抜け毛の原因を抑えられることができるんです。

 

ザスカルプ5.0Cの公式サイトを見る

 

目次

ザスカルプ5.0Cのメリット

キャピキシル配合育毛剤のTHE SCALP5.0C(ザスカルプ5.0c)のメリットを管理人なりに3つに絞ってお伝えしていきます。

 

注目の成分キャピキシル配合

ザスカルプ5.0Cは、AGA治療薬にも使用される降圧剤を育毛に転用した医薬品ミノキシジルの3倍の効果があると言われている成分「キャピキシル」が配合されています。

 

キャピキシルは、アセチルテトラペプチド-3とビオカニンAが合わさってできた最新スカルプ成分になります。

 

アセチルテトラペプチド-3は、髪の毛を包む毛包のタンパク質を構成する基である4種類のアミノ酸でできています。
アセチルテトラペプチド-3は髪の毛を支える入れ物のような毛包の構造維持に効果がある成分です。

 

ビオカニンAは、男性ホルモンによる抜け毛AGAの原因でもあるジヒドロテストステロン(DHT)に対して強い対抗力があるといわれています。

 

キャピキシルは、このアセチルテトラペプチド-3とビオカニンAの2つの成分が合わさって抜け毛の原因の男性ホルモンを抑えながら、髪の健康を維持できる発毛促進成分なんです。
現在、日本でキャピシルが5%配合されている育毛剤はTHE SCALP5.0C(ザスカルプ5.0c)のみなので、キャピキシルを高濃度で使用したい場合は、ザスカルプ5.0c一択と言うことになります。

 

ただし、ザスカルプ5.0cは最新スカルプ成分キャピキシルを配合しているということもあり、内容量が80mlと他の育毛剤に比べて容量が少なくて価格も高いのがデメリットです。

 

▲目次に戻る

 

ザスカルプ5.0cには最多の41種類の成分を配合

ザスカルプ5.0cには、今通販されてる育毛剤の中でもかなり多い成分数が配合されています。
配合されている成分数が比較的多いナノインパクトプラスでも39種類なので、ザスカルプ5.0cは2種類も多いことがわかります。

 

ザスカルプ5.0cの中の成分を以下に少し解説します。

 

発酵プラセンタエキス配合

身体を若くするアンチエイジング成分も、薄毛に効果的だと言われています。

 

発酵プラセンタエキスは成長因子(EGF、FGF)が含まれていて、通常よりも長い3か月の間発酵と熟成を行い、通常のプラセンタよりも育毛への効果が高いんです。

 

▲目次に戻る

 

オクタペプチド-2

髪の毛を作るのが毛根の中の毛乳頭にある毛母細胞ですが、その毛母細胞を作っているのがバルジ体という部分です。
オクタペプチド-2にはこのバルジ体の活動を活発化させることがわかっています。

 

つまり、髪自体を作る毛母細胞を作っている部分を活発化させるので発毛促進への効果が期待できますよね。

 

▲目次に戻る

 

センブリエキス

いろんな育毛剤に配合されている有効成分センブリエキスは、頭皮の血行促進の効果があります。
頭皮の血行が良くなれば髪にそれだけ血液が届くので、強く太い髪を育てるうえで大事なポイントです。

 

▲目次に戻る

 

グリチルリチン酸2K

発酵熟成プラセンタ以外にもグリチルリチン酸2Kは抗炎症作用があり、頭皮のフケやかゆみを抑えるので、頭皮の状態を健康に保てます。

 

▲目次に戻る

 

ザスカルプ5.0cは刺激になる成分は無添加

男性用育毛剤ザスカルプ5.0cには香料、石油界面活性剤、パラベン、シリコンなど頭皮に刺激になるような成分は無添加です。

 

なので、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

 

さらに、発毛効果のあるミノキシジル配合発毛剤のように頭皮への刺激となるような副作用を起こす成分も配合されていないので安心です。

 

以上、ザスカルプ5.0cのメリットを3つにしぼってお伝えしましたが、返金保証が育毛剤の中で長いのも大きなメリットとなるでしょう。
ザスカルプ5.0cは返金保障が60日間もあるので、まるまる1本使用してみて頭皮の様子をじっくり確認してかた使用を続けるのか、返金するのかを決めることが可能です。

 

ザスカルプ5.0cの公式サイトを見る

 

ザスカルプ5.0cもキャピキシルが配合されていたりと、効果の高い育毛剤であることは間違いないですが、このサイトがオススメする育毛剤ランキング1位はチャップアップです。

 

ザスカルプ5.0cの配合成分が41種類なのに対して、チャップアップの配合成分は倍近くの81種類になります。
チャップアップには、血行促進成分など似た効果を持つ成分が複数配合されているので、1つの成分の効き目が弱くても別の成分が効果を発揮することも可能です。

 

チャップアップは、定期コースで購入すると育毛サプリが無料で付いてきて、全額返金保証も付いているので安心して試すことができます。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

チャップアップの育毛ローションの詳しい育毛への効果や成分については以下のページで解説してあるので参考にしてください。

 

チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

▲目次に戻る

 

 

ザスカルプ5.0cの使い方

ザスカルプ5.0cの効果を高めるための正しい使い方を以下に紹介します。

 

ザスカルプ5.0cを使う前の注意点

ザスカルプ5.0cを使用する前の注意点が、シャンプー後に使用することと、ザスカルプ5.0cの使用前に髪を乾かすことの2点あります。

 

シャンプー後に使用する

夜寝ている間は成長ホルモンが分泌し傷ついた細胞を修復してくれます。
髪の毛も例外ではなく成長ホルモンによって修復され、夜に髪が伸びていきます。

 

そんな大事な夜の就寝前には、ザスカルプ5.0cを塗る前に頭皮への浸透力を高める為にシャンプーで洗髪してから塗布しましょう。

 

その際に、シャンプー中やお風呂に入浴してリラックスできている時に合わせて頭皮マッサージを行うこともオススメです。

 

頭皮マッサージの方法は、指の腹で優しく頭皮マッサージをし爪を立てて、頭皮を傷つけてはいけません。
頭皮マッサージの最中に、頭にある百会というツボ押しを意識するといいでしょう。

 

百会は両耳のてっぺんをつないだ直線と鼻先から後頭部に向けた直線の交わる部分にあり、血行不良や抜け毛の改善に効果があると言われているツボです。

 

▲目次に戻る

 

ザスカルプ5.0cを使う前に髪を乾かす

お風呂上りに髪が水分で濡れているとザスカルプ5.0cの液体が薄まり頭皮への浸透力が弱まってしまいます。

 

一方で、ドライヤーのかけすぎで完全に乾かしてしまうのも髪と頭皮の乾燥を招くためよくありません。
そこで、8割程度に髪と頭皮を乾かし、ザスカルプ5.0cを頭皮に塗布し、後は自然乾燥させましょう。

 

▲目次に戻る

 

ザスカルプ5.0cの使い方

ザスカルプ5.0cは1日2回朝と夜に頭皮への塗布を毎日繰り返します。

 

夜は前述したとおり、髪の毛が成長する大事な時間なので、シャンプーで清潔になった頭皮にザスカルプ5.0cを塗布します。

 

朝にザスカルプ5.0cを塗布する前にもシャンプーをしてしまうと、1日2回もすることになり頭皮にとっては皮脂を落としすぎ、頭皮環境を悪化させる恐れもあります。
そのため、シャンプーは夜の1日1回にとどめておきましょう。

 

朝の起床後に、汗や皮脂汚れが多いと感じる場合は、37度から38度の人間の体温よりも少し高い温度のお湯で、頭皮と髪を軽く流してください。
これだけで、汗や皮脂汚れはだいぶ落とせるはずです。

 

シャンプー後の清潔な頭皮は、余分な皮脂や汚れも落ちていて、ザスカルプ5.0cが頭皮の奥の毛母細胞まで浸透しやすくなります。

 

さらに、欲を言えばシャンプー後にお風呂に浸かった後だと、頭皮の血行促進効果もあってさらに浸透力が上がるのでおすすめです。

 

ザスカルプ5.0cは先端がかなり細くなっているノズルタイプです。
薄毛や抜け毛が気になる部分に、ザスカルプ5.0cの先端を付けてボトルの腹を押すことで、育毛液が出てくる仕組みになっています。

 

ザスカルプ5.0cを強く押してもドバっとは出てこない作りになっているの安心してください。

 

ザスカルプ5.0cを薄毛が気になる部分に塗った後は、ザスカルプ5.0cを塗った部分の周辺にもなじませるように優しく頭皮マッサージを行ってください。

 

ザスカルプ5.0cの公式サイトを見る

 

▲目次に戻る

 

 

ザスカルプ5.0Cの箱と本体の体験談画像

※画像はクリックで拡大します

 

ザスカルプ5.0cの箱は80mlなので意外と小さい印象です。

 

 

ザスカルプ5.0cの裏面使用方法と使用上の注意

 

 

ザスカルプ5.0cの全成分

 

 

ザスカルプ5.0c育毛剤本体の裏面

 

 

ザスカルプ5.0Cは使いやすいノズルタイプ

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加