薄毛に湯シャンは効果があるって本当!?管理人が試してみた!

インターネットでは、湯シャンが薄毛に効果があるという書き込みなんかをちらほら見ます。

 

そこで、管理人が実際に湯シャンに挑戦してみることに。

 

 

ネット上では、
湯シャンで髪の毛が元気になってきた!
髪の毛が生えてきた!

 

なんていう口コミをちらほら見ます。
果たして本当なのか?
一切シャンプーをしない、お湯だけで髪を洗うというアグレッシブな方法で本当に髪が生えてくるのか?

 

管理人が1か月間試してみることに…。

 

まず、湯シャン開始3日後、徐々に頭皮が赤くなってきてしまいました。
赤い頭皮の湿疹は同時に痒みも伴っています。

 

それでも我慢して湯シャンすること1か月。
かなり痒い…。
もう限界がくるくらい。
頭皮を見ても真っ赤っか!

 

夜になるとなぜか痒みが強くなりヒリヒリします。
時には、布団に入ってからもヒリヒリが止まらず寝られない時も。

 

もう限界だ!と、さすがに1か月で管理人の湯シャン生活は幕を閉じましたが、湯シャンをしてみてわかったことがあります。

 

まず、以前「皮脂は悪者じゃない!?頭皮を守る大事な皮脂」でも書きましたが、そもそも皮脂は頭皮を守るものであって悪者ではないということ。
この皮脂を市販の強い洗浄力のシャンプーでむやみやたらと落とすことは頭皮・髪の毛にとって良くないことだと言えます。

 

ただし、仕事の都合で整髪料を付けることもあります。
当然、整髪料を付けたまま寝れませんし、夜シャンプーで落とす必要があります。
さらに焼肉や中華料理などの脂っこい食べ物を食べに行くときもあります。

 

そんな翌日は頭皮もベットベトになってしまうんです。
そうなるともう湯シャンどころではありません。

 

どうしても髪の毛をセットしなければいけなかったり、脂っこい食事などに行かなければならない時もあるでしょう。
そんなときにも、湯シャンを貫くと過剰な皮脂が頭皮に溜まりかえって炎症を引き起こしてしまうんです。
管理人はそれを身をもって経験しました。

 

たしかに、頭皮の皮脂は落としすぎるとよくありません。
でも、それは正常な皮脂の量を守っているからこその話であって、過剰に分泌された皮脂を頭皮に残しておくことは良いことではないんですよね。
考えてみれば当たり前のことなんですが、頭皮の皮脂は少なすぎても多すぎてもダメなんです。

 

なので、どうしても湯シャンをやってみたいのであれば、頭皮の様子を見ながらベトベトしていたら洗うなど皮脂の量を調節しながらするのがいいかと思います。

 

管理人は、頭皮の環境が悪化しては元も子もないので、髪が元気になるかの検証結果が判明する前にやめてしまいましたが。

 

 

関連記事

ハゲを治す方法
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加