薄毛に椿油は効果ある!?管理人が実際に購入して使ってみました!

インターネットなんかの口コミで椿油が人気があるようです。
女性用の化粧品関連では、昔から使われているらしいのですが、椿油に含まれるオレイン酸が人間の皮脂にも含まれていることから保湿や頭皮のケアにいいと言われ、ネットで椿油が育毛に良いという噂があるようです。

 

育毛にいいと聞けば試さずにはいられない管理人が、椿油を実際に購入したので育毛に本当に良いのか試してみました。

 

↑不純物がほとんど含まれない椿100%の大島椿を購入。ほぼ使い切りました。

 

 

解説書によると椿油を髪や頭皮に使う場合は、用途は3つあるようです。

 

1、オイルパック…水分不足やカラーやパーマで傷んだパサついた髪に付けることでしっとりサラサラなヘアーになる
2、洗い流さないトリートメント…毎日のシャンプーに椿油を加えることでパサつきや枝毛をガード
3、頭皮ケアマッサージ…シャンプーで落とせない頭皮の汚れを椿油でしっかりと落とす

 

これら3つの用途で1つ気になるのが3の頭皮ケアマッサージ。
頭皮を守るための皮脂をシャンプーで落とせないからといってわざわざ椿油まで使って落とす必要があるのかということ…。

 

大いに気になりますが、使ってみなければ効果はわからないので使ってみようと思います。

 

まずは、オイルパック。
シャンプー前に髪だけに椿油を丁寧になじませていきます。(※頭皮にはつけません)
手の平や指に椿油を付けて手櫛で馴染ませます。

 

髪全体に馴染んだら、ぬるま湯で一度流してから、いつも通りシャンプーします。
最後に乾かしてオイルパックは終了。
週に1回のオイルパックで”美しくしなやかな髪になる”らしい。

 

たしかにいつもだったらドライヤーの熱でパサパサになりがちな髪もしっとりしていました。

 

 

お次は「洗い流さないトリートメント」。
通常のシャンプー後に、1滴から2滴程度手にたらし毛先を中心に髪にまんべんなく馴染ませていきます。
最後にドライヤーで乾かします。

 

説明書には、1滴から2滴とありましたが確実に足りないような気がします…。
管理人も以前から気になっていたドライヤーの熱に対して髪を守ってくれるので洗い流さないトリートメントはよかったと思います。

 

でも、管理人が実践しているハゲにくいドライヤーのかけ方でも書きましたが、熱風と冷風を交互にかけて最後の乾いたか乾いてないかくらいの湿り気は自然乾燥させれば、5分以内に終わるのでそれでも問題はないと思いました。

 

 

最後は頭皮ケアマッサージ。

 

ティースプーン1杯程度の椿油を手に絡め、今度は頭皮全体に優しくなじませていきます。
頭皮の皮脂にはすぐなじむので、とにかく優しくつけていくことが大事。

 

全体になじませたら5分ほど時間をおきます。
その時にツボ押しや頭皮マッサージを行うと血行促進とエイジングケア効果があるらしい。

 

その後ぬるま湯ですすいでシャンプーで2度洗いするとのこと。
後はいつも通りドライヤー。
頭皮ケアマッサージも週に1回でいいようです。

 

 

管理人的には、一番楽しみにしていた頭皮ケアマッサージは特筆すべき点もなく週1でしても変化は感じられませんでした。
というのも管理人は同じくオレイン酸を含んだ馬油のウーマシャンプーを使っているので、シャンプー自体にこの効果が含まれているんではないかと思います。

 

髪の毛がドライヤーの熱やカラーなどで傷んでいるって人は洗い流さないトリートメントをやってみると効果を感じられると思います。
でもそれはあくまで髪表面のことであって、育毛にはつながらないのではないかというのが管理人の意見です。

 

以上椿油の管理人レビューでした。

 

 

 

<<育毛に良い自作ドリンク | トップページ | ハゲの人にオススメする野菜ジュース>>

 

このエントリーをはてなブックマークに追加