育毛シャンプーと普通のシャンプーの違い

普段何気なく使っているシャンプー。
ただ、しっかりとチェックしていくと、さまざまなタイプのシャンプーが市販されていることが分かります。

 

特に育毛という観点からシャンプーを見た場合、スカルプDのような育毛シャンプーとテレビCMで放映されていてドラッグストアなんかに売っている普通のシャンプーの2つに大きく分けることが出来ます。

 

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いは含まれている洗浄成分にあります。

 

育毛シャンプーの洗浄成分は普通のシャンプーと違い、頭皮への洗浄力が弱いという特徴があります。
頭皮の洗浄力が弱いと聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれませんが、洗浄力が弱いことこそが育毛シャンプーが普通のシャンプーと違い、より優れている理由でもあります。
「洗浄力が弱いため、頭皮にダメージを与えない」、これが育毛シャンプーの最大の特徴になります。

 

ちなみに、シャンプーの洗浄成分は界面活性剤と言われる脂と水のような本来混ざり合うことが無い配合成分を混ぜ合わせる力を持っています。
頭皮の皮脂などの脂を水に混ぜ合わせて洗い流しやすくするのが界面活性剤を含んだ洗浄成分の働きになります。

 

界面活性剤は頭皮に悪いのかに関して詳しくは以下のページをご覧ください。

 

合成界面活性剤はなんで肌によくないの?

 

目次

 

シャンプーには3種類ある

 

普通(市販)のシャンプーの特徴

普通のシャンプーは2つのタイプに分けることが出来ます。
それが石鹸系シャンプーと石油系シャンプー(高級アルコール系シャンプー)になります。

 

石鹸系シャンプーの特徴

まず、石鹸系シャンプーです。
石鹸系シャンプーはその洗浄成分として脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムという洗浄成分が含まれています。

 

脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムの洗浄成分には後述する石油系シャンプーの洗浄成分のように、体内に蓄積して髪の毛の生成に悪影響を与えるといった心配はありません。
ただ、石鹸系シャンプーの頭皮の洗浄力は決して弱いものでは無く、特に乾燥肌の人であれば、頭皮に存在する皮脂を必要以上に洗い流してしまい、頭皮が乾燥することによりかゆみやフケなどの頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

 

皮脂というのは頭皮から分泌される脂のような成分になります。
「頭皮の皮脂による毛穴のつまりが薄毛の原因に…」などというフレーズを聞いたことがありませんか?このように何かというと悪者扱いを受けるのが頭皮の皮脂です。

 

ただ、実はこの皮脂は頭皮になくてはならない成分でもあります。
皮脂は分泌されると頭皮に薄い膜を張ってくれる性質があり、この頭皮の皮脂によってつくられた皮脂膜が外部の菌が侵入してくるのを防いだり、紫外線のダメージから頭皮を守ってくれる役割を果たしています。

 

したがって、頭皮の皮脂を洗浄力の強い石鹸シャンプーで洗い流しすぎると、体が頭皮を守るために、これまで以上に頭皮の皮脂を分泌するようになります。
「頭皮の皮脂を洗い流す→頭皮の皮脂の分泌量アップ→頭皮の皮脂を洗い流す…」というこの一連のサイクルが繰り返されることによって、どんどん頭皮の皮脂はその分泌量を増していきます。
しまいには頭皮の皮脂の過剰分泌状態に陥ることになります。

 

頭皮の皮脂が過剰分泌されると、皮脂をエサにする菌も頭皮で一気に増殖します。
頭皮の皮脂をエサとするこのような菌が頭皮のかゆみやフケなどの炎症を引き起こすケースが多く見られ、結果的にシャンプーによって頭皮の皮脂を洗浄しすぎることが頭皮環境の悪化につながります。

 

また、石鹸シャンプーについては洗い上がり後の感覚が悪いとしばしば指摘されることがあります。
その理由としては頭皮のすすぎ残しの存在があります。

 

石鹸シャンプーを使った後、頭皮に残った洗浄成分をしっかりとすすぐことが出来ず、頭皮に残したままの状態にしてしまうと、後述する酢を使ったリンスでケアを行った際、すすぎ残した石鹸カスと酢の成分が反応して脂肪酸と呼ばれる物質が生成されてしまいます。
この脂肪酸によって、洗髪後に髪の毛がべたついた状態になることがあります。
したがって、石鹸シャンプーの洗い上がりの感覚をすっきりしたものにしたいなら、シャンプーをした後のすすぎについては特に入念に行う必要があります。

 

ちなみに、石鹸系シャンプーはアルカリ性の性質を持っています。
これに対して髪の毛は弱酸性の性質です。

 

石鹸シャンプーを使って洗髪することにより、髪の毛も一時的に弱酸性からアルカリ性の性質に変化することがあります。
髪の毛がアルカリ性の性質を帯びると、髪の毛の表面で保護膜のような役割をしているキューティクルという層が開いてしまうことが分かっています。
キューティクルが開いてしまうと、髪の毛の内部に存在する栄養分や水分が外に流れ出してしまいます。

 

これによって髪の毛のハリやコシが失われ、キシキシした感じの髪の毛になることがあります。
また、ハリやコシが失われることで、髪の毛がちょっとしたことで抜けてしまったり、切れてしまったりする切れ毛の原因になります。

 

そのため、石鹸シャンプーをした後はしっかりと髪の毛を弱酸性の性質に戻すケアを行ってやる必要があります。
髪の毛を弱酸性に戻すケアの方法としては、石鹸シャンプー専用のリンスやクエン酸・お酢といった成分をお湯に溶かして作った自作のリンスを使うのが良いでしょう。

 

石鹸シャンプーを実際に使用してみた体験談は以下のページを参照してください。

 

ハゲ治し隊のミヨシ無添加せっけんシャンプーの口コミと体験レビュー

 

▲目次に戻る

 

石油系シャンプー、高級アルコール系シャンプーの特徴

普通のシャンプーには石鹸系シャンプーとはまた違う、石油系シャンプーと呼ばれるタイプのシャンプーが存在しています。
石油系シャンプーは高級アルコール系シャンプーと呼ばれることもあります。

 

基本的に石油系シャンプーと高級アルコール系シャンプーは違いはなく同じものと考えてかまいません。
市販されている普通のシャンプーの大部分がこの石油系シャンプーに分類されます。

 

高級アルコール系成分のシャンプーに配合されている洗浄成分は、石油系合成界面活性剤と呼ばれ人工的に作れる化学物質であるため、大量生産が可能になっています。
その結果、価格も非常に安価になり、多くの家庭で使われているのが石油系シャンプーになります。

 

石油系シャンプーはテレビCMなどので頻繁に放映され、ドラッグストアやスーパーマーケットで安く販売されていますが、頭皮に刺激のある洗浄成分を基に作られているため、頭皮へのダメージなどへは触れることなく、洗い上がりや香り、泡立ち、洗髪後の髪の指通りの良さや潤いなど焦点をずらして良い面のみのが紹介されています。

 

石油系シャンプーには洗浄成分としてラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naといったものが含まれています。
石油系シャンプーの洗浄成分ラウリル硫酸・ラウレス硫酸は泡立ちがいいという特徴があり、髪の毛を洗った後の爽快感も大きいです。

 

ただ、石油系シャンプーの洗浄成分は石鹸シャンプー以上に強力な頭皮の洗浄力を持っています。
したがって、頭皮の皮脂を石鹸シャンプーより強力に洗い流してしまいます。

 

また、石油系シャンプーに配合されるラウリル硫酸・ラウレス硫酸は頭皮に悪影響を与えることも分かっています。
特にラウリル硫酸はその分子が非常に小さく、毛穴を通って体内まで侵入してしまいます。

 

体内にラウリル硫酸の分子が侵入すると、排出されずにどんどん体内に蓄積していくことになります。
ラウリル硫酸のような化学物質が体内に蓄積することで髪の毛の生成を阻害する可能性があると指摘されています。

 

▲目次に戻る

 

スカルプシャンプー、育毛シャンプーとよばれているもの

 

アミノ酸系のシャンプーの特徴

では、育毛シャンプーについてです。

 

育毛シャンプーはスカルプシャンプーという名前で呼ばれ、「スカルプ」は頭皮という意味で、頭皮ケアに効果があるシャンプーのことをスカルプシャンプーと呼んでいます。
育毛シャンプーは普通のシャンプーである石油系シャンプーや石鹸系シャンプーとは違い、頭皮の負担とならない天然成分で作られた頭皮環境の改善を第一の目的に置いたシャンプーなんです。

 

また、育毛シャンプーはその洗浄成分の性質から分類すると、アミノ酸系シャンプーというタイプになります。
アミノ酸系シャンプーに分類されるものに含まれる洗浄成分にはグルタミン酸・ラウリルリン酸・イセチオン酸といったものがあります。

 

これらの洗浄成分は石油系シャンプーに含まれる洗浄成分などと比較すると頭皮への洗浄力が弱く、泡立ちも良くありません。

 

ただ、普通のシャンプーよりも育毛シャンプーが頭皮への洗浄力が弱いという違いがポイントで、洗浄力の弱さから頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまうことは避けられます。
そのため、普通の石油系シャンプーや石鹸系シャンプーとは違って、育毛シャンプーは頭皮の皮脂を落としすぎることによってかえって頭皮の皮脂の過剰分泌の問題を引き起こすことはありません。

 

▲目次に戻る

 

アミノ酸系シャンプーの原料

ちなみに、アミノ酸は髪の毛の原材料となるケラチンを構成したり、頭皮を作るもとになる成分です。
育毛シャンプーのアミノ酸系洗浄成分はこのアミノ酸を洗浄成分に組み合わせてやることにより、その洗浄力を抑えています。

 

普通のシャンプーに分類される石鹸などの洗浄成分は親油基と親水基という2つの分子が組み合わさって、「親油基−親水基」の形で構成されています。
親油基は油となじみやすい性質を持つ分子であり、反対に親水基は水になじみやすい性質を持つ分子です。

 

この洗浄成分が頭皮の皮脂汚れとシャワーなどの水の仲介役となることで、「皮脂などの汚れ(油)−親油基−親水基−水」という形で本来は交わらないはずの「油」と「水」を混ぜ合わせ、頭皮の汚れを洗い流すことを可能にします。
ただ、「親油基−親水基」という組み合わせの洗浄成分は、親油基が強力に汚れを吸着してしまうため、頭皮に使うシャンプーなどに配合すると、頭皮の皮脂を洗浄しすぎるという問題につながります。
そこで登場するのがアミノ酸です。

 

親油基にアミノ酸をつなげてやることで、「親油基−アミノ酸−親水基」という形になっているのがアミノ酸系洗浄成分の特徴です。
アミノ酸が親油基に作用することにより、親油基の洗浄力を弱めて、親油基が頭皮に必要な皮脂まで吸着して洗浄することを防ぐ効果があります。
これがアミノ酸系洗洗浄成分で洗浄力が抑えられるメカニズムです。

 

また、育毛シャンプーには普通のシャンプーと違い天然由来の植物エキスを配合しているものも多く見られます。

 

例えば、ツバキオイル・シャクヤクエキス・ユキノシタエキスといったような天然成分が植物エキスの例です。
それぞれ頭皮の保湿効果・抗炎症効果、血行促進効果などが期待できる成分になっています。

 

それに加えて、アミノ酸系シャンプーにはシリコンと呼ばれる成分が含まれていない「ノンシリコン」であるという特徴があります。
シリコンは髪の毛の表面をコーティングして保護する役割を果たす成分になっています。

 

ちなみに、シリコンが入っている普通のシャンプーは髪の毛に良くないという意見がありますが、シリコン自体に髪の毛に悪影響を与える働きがあるというわけではありません。
問題はそのシャンプーがなぜシリコンを配合する必要があるかという点です。

 

その理由はシリコンを配合している普通のシャンプーは洗浄力が強力すぎるため、シリコンで髪の毛をコーティングしてやらないと、洗浄成分の刺激によって、髪の毛のキューティクルが破壊され水分が失われることで、髪が細く切れ毛になってしまうためです。

 

したがって、シリコンを配合している石油系シャンプーなどは、洗浄力が髪の毛にダメージを与えるほど強力であることを意味しています。
その点、石油系などの普通のシャンプーと違いこのアミノ酸系のシャンプーは洗浄力が弱いため、シリコンで髪の毛を保護してやる必要がありません。

 

また、アミノ酸系シャンプーの多くが無香料・無着色で製造されています。
石油系シャンプーなどに配合される香料や着色料は化学的な成分から作られており、決して頭皮に良い影響を与えるものではありません。

 

ただ、髪の毛にいい香りを与えるといったメリットが大きいため、シャンプーに配合されているんです。

 

石油系シャンプーに配合されている香料や着色料の中には頭皮の赤みやかぶれの原因になるものも存在しています。
したがって、肌が弱い人は特に香料や着色料の有無には注意を払いたいところです。

 

その点、普通のシャンプーと違い多くのアミノ酸系シャンプーは無香料・無着色であるため敏感肌の頭皮でも安心して使うことが出来ます。

 

また、香料・着色料などと並んで普通のシャンプーに配合されていることが多い成分にパラベンと呼ばれるものがあります。
このパラベンは防腐剤で、配合することにより、シャンプーの品質保持が出来るようになります。

 

パラベンはシャンプーに雑菌などが繁殖してしまうことを防ぐ効果があるため、有用な成分であることは間違いありません。
ただし、パラベンには皮膚のかぶれといったアレルギー症状を引き起こす可能性があることも分かっています。

 

したがって、そのようなアレルギーが心配な人はパラベンフリーのアミノ酸系シャンプーを選ぶのも一つの選択肢になります。

 

▲目次に戻る

 

皮脂の代わりに使えるオイル!頭皮と髪に優しい馬油とアルガンオイル

ちなみに、育毛シャンプーのアミノ酸系シャンプーには持ち味の洗浄力のやさしさだけではなく、頭皮に良い成分を追加配合してやることで、頭皮ケア効果をアップさせているものがあります。

 

アミノ酸系シャンプーの頭皮に良い成分の代表として挙げられるものに馬油・アルガンオイルがあります。

 

馬油はその名の通り馬の腹や首の部分から抽出されたオイル、アルガンオイルはアルガンと言うモロッコに生息する樹木から抽出されたオイルです。
馬油とアルガンオイル、動物と植物から抽出されるオイルで一見あまり共通点が無いように見えます。

 

しかし、この馬油とアルガンオイル二つのオイルの成分に着目すると、1つの特徴が見えてきます。
それが馬油とアルガンオイルは人間の皮脂と非常によく似た成分構成を持っているということです。

 

ちなみに、皮脂は脂肪酸という成分から構成されています。
脂肪酸というのは聞きなれない言葉ですが、いわゆる「脂肪」のことです。
脂肪が体内で吸収・利用される際、脂肪酸というものに姿を変えます。

 

ちなみに、皮脂は一つの脂肪酸から構成されているわけでは無く、さまざまな種類の脂肪酸が組み合わさって出来ています。
パルミチン酸・パルミトレイン酸・オレイン酸・ステアリン酸といった脂肪酸がその代表です。
中でも皮脂の脂肪酸について語る上で、必ず触れる必要があるのがオレイン酸とパルミチン酸。

 

なぜなら、オレイン酸は皮脂全体の50%程度、パルミチン酸は皮脂全体の25%程度という非常に大きな比率を占めている脂肪酸であるためです。
ちなみに、馬油の脂肪酸構成を見ると、オレイン酸が約33.1%、パルミチン酸が約19.6%という構成です。

 

また、アルガンオイルの脂肪酸構成はオレイン酸が約44.6%、パルミチン酸が約12.3%。
この構成を見ると、馬油とアルガンオイルの2つのオイルが人間の皮脂と非常によく似た脂肪酸の構成になっていることが分かります。

 

したがって、馬油とアルガンオイルを頭皮に塗布してやることで、馬油とアルガンオイルは皮脂と同じように頭皮を保湿したり、外敵から守る頭皮ケア効果を発揮してくれます。
また、馬油とアルガンオイルは体内から分泌される皮脂と成分構成が近く、全くの異物ではないため、髪や頭皮に優しいオイルになります。

 

(参考)

 

皮脂の構成比:http://www.kotorisekken.net/mamechishiki/0612.html

 

アルガンオイルの構成比:http://www.argandor.jp/argan-oil/element/

 

馬油の構成比:http://www.n-souken.co.jp/bayu/feelings.html

 

アミノ酸系シャンプーを使ってみた体験談は以下のページを参照してください。

 

育毛シャンプー体験談

 

▲目次に戻る

 

 

育毛シャンプーと普通のシャンプーの価格の違い

例えば、どこの薬局にでもあるような石油系の普通のシャンプーであれば1,000円程度の値段で購入することが出来ます。
また、石鹸シャンプーについてはさらに安く500円程度で購入することもできます。

 

普通のシャンプーとは違い、育毛シャンプーは安いものでも2,000〜3,000円程度。
高いものであれば5,000円近い価格設定のものもあります。

 

育毛シャンプーが石油系や石鹸系の普通のシャンプーと違い値段が高い理由、それは大量生産が出来ないということです。

 

石油系シャンプーについては人工的に製造できる化学物質から作られており、大量生産が出来るため、値段を安く抑えることができます。
また、石鹸系シャンプーについてはそもそもの原材料が安価な石鹸と言うことでさらに安価な値段に抑えることができます。

 

これに対して育毛シャンプーは自然由来の成分が豊富に配合されていることからも分かるように、植物を原材料として1つ1つ時間をかけて丁寧に製造していくことになります。
石油系シャンプーのように育毛シャンプーを人工的に大量生産するということは現時点では不可能です。

 

その育毛シャンプー1本のシャンプーをつくるのにかかる時間やコストの差がそのまま育毛シャンプーの値段に反映されています。

 

▲目次に戻る

 

 

普通のシャンプーを育毛シャンプーに変えるメリット

上記で紹介してきたように育毛シャンプーには普通のシャンプーと違い、頭皮ケアという点でさまざまなメリットがあります。
育毛シャンプーを使うことで得られるメリットには大きく2つのものがあります。

 

育毛シャンプーによって頭皮トラブルが改善される

育毛シャンプーを使うことで、まず頭皮トラブルが改善されるというメリットが得られます。

 

例えば、頭皮のふけやかゆみに悩んでいる場合、これらの症状は洗浄力の強いシャンプーで洗髪することにより、頭皮の皮脂が失われ頭皮の乾燥が原因になっているケースが多く見られます。
頭皮の乾燥を防ぐためにスカルプシャンプーにはさまざまな保湿成分が含まれています。

 

例えば、上記で紹介したツバキオイルなどは保湿効果に優れた成分として古来から用いられているものになります。
育毛シャンプーに配合されているツバキオイルのような自然成分の働きで頭皮に潤いを与えてやることで、ふけやかゆみの症状を改善してやることが出来ます。

 

また、頭皮から悪臭がするという頭皮トラブルもあります。
頭皮からの悪臭は頭皮の皮脂が雑菌によって分解される際に発生することが分かっています。

 

頭皮の皮脂が、洗浄力が強い石油系などの普通のシャンプーで落としすぎることによって、かえって皮脂分泌が過剰となることにより、頭皮の皮脂をエサとする雑菌が異常繁殖し、それらの雑菌が皮脂を分解してノネナールと呼ばれる物質を生成します。
このノネナールが大量に生成されることにより、頭皮から悪臭が漂うことになります。

 

ただ、育毛シャンプーには上記で紹介したように頭皮の皮脂を洗浄し落としすぎないことにより、頭皮の皮脂の分泌量を次第に抑えていく効果を持っています。
頭皮の皮脂の過剰分泌が改善されることにより、皮脂をエサにしている雑菌もその数を減少させていきます。

 

これによりノネナールの生成も抑えられることになり、自然に頭皮の悪臭も治まっていきます。

 

▲目次に戻る

 

育毛シャンプーは間接的には薄毛にも効果的

また、育毛シャンプーを使うことは間接的に薄毛症状を改善することにもつながります。
ただ、覚えておいて欲しいのは育毛シャンプーには薄毛を改善する直接的な育毛効果は無いということ。

 

あくまでも薄毛症状を改善したいのであれば、育毛剤を使用することが絶対条件になります。
ただ、育毛シャンプーには頭皮環境を整えて、育毛剤が育毛効果を発揮しやすい土壌をつくる働きがあります。

 

例えば、薄毛症状が進行する人の頭皮はよくカチカチに固くなってしまっていることがあります。
これは頭皮糖化という症状になります。

 

「糖化」というのは「コゲる」というのと同じイメージでとらえておいてください。
パンを焼いてトーストにするとカチカチになりますが、これと同じ現象が頭皮が紫外線にさらされることによって発生します。

 

この糖化が発生した頭皮は育毛剤などが非常に浸透しにくく、髪が生えにくい頭皮環境になっています。

 

ただ、育毛シャンプーにはこのようなカチカチになった頭皮を柔らかくする成分や潤いを与える保湿成分なども含まれています。
このように頭皮のフケやかゆみ、糖化などの頭皮トラブルを改善させる役割のある育毛シャンプーは、育毛剤を浸透しやすくし育毛効果を高める間接的な育毛効果をもたらしてくれるんです。

 

育毛にも効果的なアミノ酸系洗浄成分の育毛シャンプーを下のページでランキングにまとめました。
育毛シャンプーランキング

 

男性、女性ともにアミノ酸系シャンプーでおすすめを探している人はご覧ください。

 

▲目次に戻る

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加