合成界面活性剤はなんで肌によくないの?

最近、合成界面活性剤が悪いと言われ始めてきましたが、合成界面活性剤の何が悪いかはっきりと理解している人はおそらく少ないと思います。

 

このページでは、合成界面活性剤がなんでよくないのかを書いていくのでよかったら読んでみてください。
今後シャンプーを選ぶ際の参考になればと思います。

 

石鹸は主に動植物の脂から作られており、100%天然の界面活性剤ですが、合成界面活性剤はというと石油などから精製し化学的に作った界面活性剤のことを言います。

 

界面活性剤と一言で言ってもいろんなものに使われているのを知っていますか?

 

たとえば、台所用洗剤・シャンプー・ハミガキ粉・洗顔料やクレンジング料・化粧品などなど。
これらに含まれる界面活性剤の役割は、通常では絶対に交わらない水と油を混ぜるためです。

 

化粧落としでもそうですが、頭皮や皮膚の汚れは皮脂や汗、ほこりなどが混じった油汚れと同じです。
この油汚れは水では落ちないですよね?

 

そこで、これらの脂と交わらせて汚れを落とすのが界面活性剤なんです。
なので、決して界面活性剤が悪いわけではないんですよ。

 

悪いのは、原料が安く低価格で大量に作れるために市販のドラッグストアなどで買えるような安いシャンプーに使われている石油や高級アルコールから精製した合成界面活性剤を使っているシャンプーなんです。

 

値段をできるだけ抑えて頭皮にとって良くない原料を使い、一方ではCMで有名人を起用してバンバンお金を使っている…。
そういったシャンプーは使わずに、原料を見て硫酸と名のつく成分が入っているシャンプーは購入をやめてください。

 

台所用洗剤が手や肌に悪いのは誰でもわかりますよね?
そんな台所用洗剤を使って頭を洗っているようなものって知っていましたか?
まだ、台所用洗剤には界面活性剤が何パーセント使用しているかの表示義務があるためいい方ですが、シャンプーにはどの原料をどれくらい使っているかの表示義務がないので、もうね、怖いったらなんの…。

 

これらの洗浄力の強い界面活性剤を使いすぎると、頭皮の皮脂を必要以上に落としすぎてしまうため、頭皮のバリアが壊れ抜け毛につながります。
普段嫌っている皮脂も、必要以上に取りすぎることによってかえって皮脂腺を刺激し大きくさせてしまうんですよ。

 

さらにさらに、食器洗いに使ったスポンジの泡を完全に落とすのって無理ですよね?
あれだけの残留性が強い合成界面活性剤が、頭皮にも残りやすいため界面活性剤や一緒に含まれている化学物質やらが毛穴から体内へ入っていくとも言われています。
こんなのが頭皮にいいわけがありません。

 

一方、対抗馬はアミノ酸系シャンプー。
これらは、原料が石油や高級アルコール系よりも高く広告費にそこまでお金を使えないのかネット販売のみのものも多いです。

 

管理人も3年前からずっとアミノ酸系シャンプーを使っていますが、市販の高級アルコール系シャンプーを使ってた時に比べて頭皮のトラブルがほとんどありません。
次のページでは、最近話題になっているノンシリコンシャンプーについて、書きたいと思います。

 

 

 

<<頭皮の状態でシャンプーの種類を選ぼう! | トップページ | シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー、どっちがいいの?>>

 

このエントリーをはてなブックマークに追加