便秘と薄毛

便秘は食べ物を消化する胃や大腸などの消化器系の問題で、薄毛とは一見何の関係性も無いように思われます。

 

しかし、実はこの便秘が薄毛を引き起こす可能性があります。

 

今回の記事では、なぜ便秘が薄毛を引き起こすのかの関連性について解説し、その後薄毛を引き起こさないための便秘を解消する方法を紹介します。

 

薄毛に悩んでいて、特に女性に多い便秘がちだといった心当たりがある人はぜひ一読してください。

 

目次

 

便秘が薄毛を引き起こす原因

便秘が薄毛を引き起こす原因は以下の3つがあります。

 

便秘が原因の腸内環境の悪化により起こる免疫力の低下

体を病原菌やウイルスなどの外敵から守る働きを免疫機能といいます。

 

この免疫機能という働きの約7割は腸が担っています。

 

ちなみに、腸では体に良い影響を与えてくれる善玉菌、体に有害な働きをする悪玉菌、状況によって善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌といった腸内細菌達(腸内フローラ)が常に勢力争いをしています。

 

腸内において悪玉菌が優勢になった場合、腸内環境悪化によって現れる症状が便秘です。

 

便秘になっているということは腸内で悪玉菌が優勢になっているという証拠です。

 

ちなみに、悪玉菌が優勢になると腸の働きも悪くなり、腸内環境が悪化し体を守る免疫機能の働きも低下します。

 

これにより、体は病原菌やウイルスを撃退する力が弱くなってしまうため、病気になりやすくなります。

 

また、腸の免疫機能の働きの低下は、頭皮にも悪影響を及ぼします。

 

頭皮には常在菌という菌が存在しており、皮脂をエサに繁殖しています。

 

体の免疫機能が正常に働いている時は、この常在菌の数は大きく増加することはありませんが、一旦免疫機能の働きが低下してしまうと、常在菌が異常繁殖することがあります。

 

この頭皮における常在菌の異常繁殖は頭皮の炎症などを引き起こし、頭皮環境を悪化させる原因になります。

 

▲目次に戻る

 

便秘による毒素が腸から発生

便秘になると、体から本来便として排泄されるはずの排泄物が大腸の部分に詰まってしまいます。

 

大腸に便がずっと詰まっていると、徐々にこの排泄物が腐敗し始めます。

 

腸の中で腐敗物となった排泄物は、毒素や有害物質を出しその毒素が血液に交じって全身に流れていきます。

 

このような毒素は体の不調や肌荒れの原因になります。

 

ちなみに毒素や老廃物が血液に入ると、血液中の血球細胞から弾力が失われてしまい、血液が血管をスムーズに流れなくなるため、全身の血流が悪化します。

 

また、血液には体のさまざまな器官に酸素や栄養を供給する役割もあります。

 

ただ、腸の働きが弱ってくると、生命を維持する上で重要度の高い腸を支援するために集中的に腸に血液が流れるようになります。

 

結果的に髪の毛を生成する細胞のような生命維持に直結しない活動を行っている器官には血液があまり回ってこなくなります。

 

ただでさえ、血中の毒素の影響で血行が悪くなっているところに、血液自体も循環しなくなるため、頭皮の血行が著しく悪化します。

 

▲目次に戻る

 

便秘によってビオチンが不足する

髪の毛をつくるためにはさまざまな栄養素が必要になりますが、その中の一つにビオチンがあります。

 

ビオチンは別名ビタミンHとも言われており、体内でコラーゲンを生成する力を持っています。

 

したがって、ビオチンを豊富に摂取することでコラーゲンが増加し、頭皮にハリを与える効果が期待できます。

 

また、ビオチンは毛細血管を太くする働きも備わっています。

 

ビオチンによって毛細血管が太くなることで、血液もその分だけ多く流れるようになるため、自然に体内の血行が促進されます。

 

このように頭皮環境改善と頭皮の血行促進を実現し、育毛をサポートしてくれる成分がビオチンです。

 

このビオチン、もちろん食事から摂取することもできますが、腸内で善玉菌から作り出される栄養素でもあります。

 

腸内の善玉菌が作り出してくれるため、基本的にビオチンは不足することが無い栄養素であると考えられています。

 

ところが、便秘になると、毒素が腸壁を伝わり体内に排出されます。

 

この毒素は腸内を悪玉菌が生息しやすい環境に変化させる働きがあり、ますます悪玉菌の量が増加します。

 

そうなってくると、ビオチンを生成する善玉菌の働きがどんどん弱っていき、結果的にビオチン不足の状態になることがあります。

 

ビオチンの不足は、薄毛の原因にもつながる頭皮環境の悪化と頭皮の血行悪化を引き起こす一つの要因になります。

 

▲目次に戻る

 

 

便秘を解消する方法

育毛を考えた時に便秘は百害あって一利なし。

 

ここからは、生活習慣で便秘を改善するための具体的な解消法をみていきます。

 

腸内の悪玉菌が好きな肉や油料理を控える

腸内の悪玉菌は肉や油料理が大好物。

 

肉や油料理をエサにしてどんどん繁殖していきます。

 

したがって、肉や油料理を控えると、悪玉菌もエサが無くなってどんどん数が減少していきます。

 

過度なダイエットは逆効果ですが、もし肉や油料理中心の食生活に心当たりがあるなら、まずは食生活を改善し腸内環境正常化するところから便秘対策をスタートしましょう。

 

▲目次に戻る

 

身体を温めて血行を促進する

身体を冷やすことも便秘の原因になります。

 

体を冷やしてしまうと、血行が悪くなり、腸に巡ってくる血液が少なくなります。

 

その結果として、腸の体温が下がってしまうのですが、体温が下がると善玉菌の活動もだんだん鈍ってきます。

 

これに対して悪玉菌の活動は腸の体温が下がっても衰えないため、腸内では悪玉菌が優位になり、腸内環境が悪化します。

 

これが便秘を引き起こす原因になります。

 

したがって、体が冷えていると感じたら腸を中心に温めてやることが効果的です。

 

おすすめなのは蒸しタオルを腰の部分に10分ほどあててやる方法。

 

蒸しタオルが無ければ湯たんぽや温熱シートを使うのも良いでしょう。

 

これだけでも腸がかなり温まるため、便秘の解消につながります。

 

▲目次に戻る

 

青汁を飲む

便秘を改善するためには食物繊維を摂取することが大切です。

 

ただ、一言で食物繊維といっても、実は2種類のものが存在しています。

 

それが水溶性食物繊維と不溶性食物繊維。

 

水溶性食物繊維は大腸内で善玉菌を増やす働きを持つ食物繊維です。

 

これに対して、不溶性食物繊維は大腸の蠕動運動を促進する働きがあります。

 

蠕動運動というのは消化した食べ物を腸内で動かしたり、便を排出する動きです。

 

便秘の場合、こちらの不溶性食物繊維を積極的に摂取することが求められます。

 

この不溶性食物繊維を多く含む食品の代表として名前を挙げられるものに、モロヘイヤ・パセリ・明日葉があります。

 

実はこれらの緑黄色野菜は青汁に含まれる代表的な野菜です。

 

したがって、青汁を飲むことは便秘解消のための非常に有効な手段になります。

 

サプリメント等でもいいので野菜を意識して摂るようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

水分を摂取する

便秘の原因の一つに水分不足があります。

 

体内で水分が不足してしまうと、便から水分が失われてしまい、結果的に便がどんどん固くなります。

 

固くなってしまった便は排便するのに非常に困難が伴います。

 

便が固くなることで、便秘症状が引き起こされることもあります。

 

したがって、便秘に悩んでいる時は便を固くしないために、喉の渇きを感じなくても定期的に水分を摂取するといった対策が必要です。

 

▲目次に戻る

 

適度な運動をする

運動をすることは便秘解消に非常に効果的です。

 

運動の中でもおすすめは有酸素運動。

 

運動が便秘解消に効果がある理由の一つは、排便に必要となる筋力を自然に鍛えることが出来るということです。

 

また、運動が便秘解消に効果があるとされるもう一つの理由は、運動することによってストレス解消効果が期待できるということです。

 

ストレスを感じると下痢になるといった話がよく知られているように、ストレスは大腸の活動に大きな影響を与えます。

 

また、下痢では無くストレスの影響によって便秘になることもあります。

 

これはストレスによって、呼吸などの人間が無意識に行っている活動をコントロールする自律神経の働きが乱れることが原因です。

 

自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があるのですが、大腸の蠕動運動を促進するのは副交感神経です。

 

ただ、ストレスを感じるようになると、副交感神経では無く、交感神経が活発に働き始めます。

 

これによって、大腸の蠕動運動が鈍ってしまい、排便が促進されなくなることが便秘を引き起こします。

 

この便秘の原因となるストレスを解消できるのが運動の大きなメリットです。

 

▲目次に戻る

 

腸内の善玉菌を増やす

肉や油料理とは逆に、便秘解消を考えたときに積極的に摂取したい食品があります。

 

それがヨーグルト・納豆のような発酵食品と野菜です。

 

ヨーグルトはビフィズス菌のような善玉菌がたくさん含まれています。

 

そのため、ヨーグルトを食べれば基本的にはどんどん腸内で善玉菌が増えていきます。

 

しかし、注意したいのは乳酸菌などの善玉菌は胃酸に弱いため、腸内に届く前にほとんど死滅してしまうということです。

 

ただ、胃酸で死んでしまった乳酸菌などの善玉菌も腸内で生きている善玉菌のエサになるので、腸内環境の改善に一定の効果は期待できます。

 

もし、腸内の善玉菌を増やす効果を最大限引き出したいなら、「生きて腸まで届く」といった形の触れ込みを行っているヨーグルトを選ぶのがおすすめです。

 

次に納豆です。

 

納豆には納豆菌という善玉菌が含まれています。

 

この納豆菌には悪玉菌を殺す力が備わっています。

 

したがって、納豆を積極的に食べることにより、どんどん腸内の悪玉菌が減少し、相対的に腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。

 

また、納豆に含まれている水溶性食物繊維は善玉菌のエサになるため、善玉菌の増殖を助ける力になります。

 

そして、野菜についてですが、野菜には善玉菌のエサになるオリゴ糖と呼ばれる糖分や酵素が含まれています。

 

オリゴ糖が腸内の善玉菌の増殖を助けてくれます。

 

野菜の中でも特にオリゴ糖を多く含んでいるのが、アスパラ、タマネギ、ゴボウです。

 

便秘を解消したいなら、これらの野菜を積極的に食べるようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

 

便秘が解消しても抜け毛が改善しない場合は早めの育毛剤を

便秘が引き起こす頭皮環境の悪化と頭皮の血行不良が薄毛の原因になることは十分に考えられます。

 

したがって、上記で紹介した便秘への対策法で、便秘解消することは育毛対策としても非常に有効です。

 

ただし、便秘が解消したのに薄毛が治まらずにハゲが進行しているといった場合、頭皮環境の悪化や頭皮の血行不良以外の原因が考えられます。

 

その際、まず疑うべきはAGAです。

 

AGAというのは男性ホルモンの活性化によってホルモンバランスが乱れ引き起こされる薄毛症状です。

 

今さら聞けない!AGAとは?

 

AGAが原因だった場合、医薬品や育毛剤などで原因物質のDHTを抑制してやらない限り、抜け毛が改善されることはありません。

 

このDHTを抑制する働きを持ちおすすめできるのが育毛剤です。

 

また、育毛剤には、DHTを抑制する成分だけでなく、女性ホルモンと似た働きをする成分や頭皮の皮膚環境の改善や、髪の栄養不足を解消するアミノ酸や頭皮の血行促進のための成分もバランスよく豊富に含まれています。

 

したがって、便秘が解消されても薄毛が改善しない場合、さまざまな薄毛の原因に対して育毛効果を発揮する無添加育毛剤で、薄毛対策を行ってみることをおすすめします。

 

以下のページで、男性用育毛剤、女性用育毛剤で薄毛に効果的なチャップアップなどのオススメ育毛剤商品がわかる関連記事をまとめているので参考にしてください。

 

育毛剤ランキング

 

頭皮環境が乱れがちな人は育毛シャンプーで対策するのもおすすめです。

 

育毛シャンプーランキング

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

ハゲを治す方法
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加