妊娠中・授乳中であったとしても利用できる育毛剤「アデノバイタル」

妊娠中や授乳中は女性の体について大きな変化が現れます。

 

そんな妊娠中や授乳中の時には、育毛剤を利用してしまうと、身体に大きな影響を与えてしまうかもしれません。

 

実際に、妊娠中や授乳中には利用がおすすめできないタイプの発毛剤・育毛剤があるのです。

 

こちらでは、薄毛に悩んでいる女性で妊娠中・授乳中に気をつけなければいけないことをまずお話します。

 

薄毛に悩んでいるとはいえ、お腹の中の赤ちゃんよりも大切なモノはありませんよね。
しっかりと考えなければいけないテーマです。

 

さらに、妊娠中や授乳中に利用してもよいとされる育毛剤として「アデノバイタル」を紹介します。

 

果たしてアデノバイタルにはどのような育毛成分が入っているのか、副作用はあるのか、徹底解説します。

 

記事の最後には、アデノバイタルよりも効果の高いおすすめ育毛剤も紹介しているので、気になる人はご覧ください。

 

アデノバイタルスカルプエッセンスをアマゾンで見る

 

目次

 

妊娠中と授乳中に気を付けなければいけないこと

 

ミノキシジルが入っている発毛剤の利用は辞めるべき

ミノキシジルは医薬発毛成分であり、血管を拡張して髪の毛を生成し、毛母細胞に栄養をたっぷりと送り届けるための医薬発毛成分です。

 

男性型脱毛症(AGA)にも発毛効果があるとされていますし、女性がなりやすい血行不良を原因とした薄毛「びまん性脱毛症」にも発毛効果が期待されています。

 

ミノキシジルは、医薬成分でもあるので、発毛効果が実際に認められているのです。

 

しかし、ミノキシジルは妊娠中や授乳中の利用はおすすめできません。

 

妊娠中や授乳中にミノキシジル含有の発毛剤を利用してしまうと、頭皮に血流が集中してしまい、赤ちゃんに送られるべき栄養が足らなくなってしまうかもしれません。

 

そもそも、赤ちゃんにも血液で栄養を送っているわけです。

 

仮に、ミノキシジルで頭皮だけ血行が良くなったとしたら、お腹周りの血流に何かしらの問題が発生してしまうかもしれません。

 

未熟児のような状況で生まれてくる可能性も捨てきれないので、ミノキシジルには注意しなければならないのです。

 

特に授乳中が良くありません。

 

そもそも、ミルクを赤ちゃんに与えている時期でもあります。

 

ミノキシジルが頭皮から血液内に入り込み母乳の中に入ってしまうことも考えられます。

 

結果として赤ちゃんの口から、ミノキシジルが体内に入っていってしまうかもしれません。
余計な医薬成分によって、赤ちゃんの身体が影響を受けてしまうかもしれないのです。

 

▲目次に戻る

 

ミノキシジルの副作用の問題にも注意せよ

ミノキシジル系の発毛剤自体は女性の利用も問題なし、とされています。

 

国内では、大正製薬から「リアップレディ」といった女性用の発毛剤も発売されており、利用している方もいます。

 

しかし、授乳中や妊娠中は副作用が出やすいことが分かっているのです。

 

塗布タイプのミノキシジルに最も多い副作用は、頭皮の肌荒れです。
頭皮に炎症ができてしまったり、フケが出てきてしまったり、といった状態になります。

 

仮にリアップを利用して肌荒れになってしまうと、逆に薄毛になってしまうかもしれません。

 

妊娠中・授乳中の女性は、そもそもホルモンバランスが通常とは違います。

 

要は、妊娠中はお肌に影響が出やすい時期なのです。

 

そんな時期にミノキシジル系の発毛剤を利用してしまえば、肌荒れする確率は飛躍的に高まってしまいます。

 

妊娠中にお肌が炎症を起こしてしまえば、髪の毛に送られるべき栄養が毛母細胞に利用されません。

 

お肌の修復の為に勝手に栄養を消費してしまう状況になり、髪の毛の成長が阻害され、薄毛へ一直線、となってしまうのです。

 

妊娠中・授乳中のミノキシジル系発毛剤の利用は絶対に止めて下さい。

 

▲目次に戻る

 

プロペシアの利用はお子さんに多大な影響をあたえるので絶対に禁止

発毛医薬成分プロペシアに関しては、妊娠中や授乳中といったことは一切関係ありません。

 

プロペシアは男性専用の育毛剤です。
女性には発毛効果をもたらさないので、利用する意味さえないのです。

 

プロペシアの有効成分はフィナステリドです。

 

男性型脱毛症は、睾丸から分泌される男性ホルモンの「テストステロン」と体内にある酵素の「5αリダクターゼ」が結合することによってできる「ジヒドロテストステロン(DHT)」によってもたらされます。

 

そもそも、女性は睾丸がないので、AGAは発症しないとされています。

 

ですから、プロペシア自体を女性が利用する意味は無いのです。

 

プロペシアを妊娠中に利用してしまうようなことがあれば、赤ちゃんの性器に問題が生じてしまう確率が指摘されている点に注目しなければなりません。

 

男の子を身ごもっている状態でプロペシアを女性が服用している場合には、赤ちゃんの男性器に奇形が発生してしまうかもしれません。

 

この副作用は専門家からも指摘があるので、かなり信ぴょう性は高いです。

 

授乳中にプロペシアを利用したとしても、何らかの影響がある可能性は捨てきれないのです。プロペシアは、妊娠中・授乳中の女性から遠ざけておくべき薬剤です。

 

▲目次に戻る

 

妊活中から男性もプロペシアの利用は控えるべき

実は経皮、いわゆる皮膚からもプロペシアは影響を与えるとされています。たとえば、女性がプロペシアを触ると、それだけでも体内に影響をあたえるのではないか、といった指摘がされています。

 

男性で妊活している方もいるかもしれません。妊活中は、プロペシアの利用は一時的にでも良いのでストップするべきです。さらにプロペシアは授乳中にも影響を与えかねないので、子供がある程度大きくなるまでは利用しないようにしましょう。

 

▲目次に戻る

 

男性用育毛剤の利用もすべきではない

育毛剤には男性用育毛剤と女性用育毛剤があります。男性用育毛剤と女性用育毛剤のおおきな違いは爽快感です。

 

・男性用育毛剤・・・爽快感が強い
・女性用育毛剤・・・爽快感が弱い

 

なぜ、男性用の育毛剤のほうが爽快感は強いのか、と不思議に思うかもしれません。

 

その理由としてあげられるのが、男性の頭皮の皮脂の量の多さです。

 

男性は男性ホルモンなどの影響で女性の3倍もの皮脂が分泌されます。

 

ですから、頭皮が気持ち悪い状態になっているのです。
そこで、頭皮にちょっとした刺激を与える爽快感のある育毛剤を好む傾向があります。

 

爽快感を得るためには、頭皮の皮脂を溶解させるアルコール(エタノール)系の物質が利用されています。
さらに、スースーするメントールなどの成分が利用されていることも多いのです。

 

実はそれらの育毛剤に含まれるアルコール(エタノール)系の成分と妊娠中・授乳中の女性の相性が悪いのです。

 

妊娠中と授乳中は先程(ミノキシジルのところ)でお話したように、ホルモンバランスが通常とは異なっています。

 

女性ホルモンが多かったり少なくなっていたりするので、お肌の状態が不安定になっているのです。

 

男性用育毛剤に含まれるアルコール系の成分やメントールといった成分はお肌に一定の刺激を与えてしまいます。

 

頭皮に痛みを感じてしまうこともあれば、炎症が発生してしまう可能性も捨て切れません。

 

だからこそ、妊娠中や授乳中の女性には男性のみが利用できる育毛剤をお勧めできないのです。

 

授乳中におすすめできる育毛剤としては、

 

・女性用、または男女兼用タイプの育毛剤
・頭皮に優しい育毛剤(天然由来成分が多く含まれている)
・医薬発毛成分が含まれていない育毛剤

 

といったものが考えられます。

 

すべてを満たしている育毛剤はいくつかあるので、そういったタイプの育毛剤を積極的に選択して下さい。

 

あなたの身を守る事にもなりますし、お腹の中の赤ちゃん、これから生まれてくる赤ちゃんを守ることにもつながります。

 

もちろん、髪の毛が生えてくる確率も高まります。

 

▲目次に戻る

 

 

アデノバイタルの主要成分「アデノシン」とは?

アデノバイタルは資生堂から発売されている、次世代育毛エッセンスです。

 

多くの女性がアデノバイタルを利用しており、実際に好評を得ています。

 

女性の多くが悩んでいる産後脱毛にも効果的とされているのですが、実はアデノバイタルには注目育毛成分として「アデノシン」といった成分が含まれています。

 

こちらではアデノバイタルに含まれている主要成分の「アデノシン」とはどのような育毛成分なのか、といった事を中心に解説します。

 

女性で薄毛に悩んでいる方は必見です。

 

アデノシンとはどのような育毛成分なのか

アデノシンは特許成分です。
どのような育毛剤にも含まれているわけではありません。

 

いままで利用していた育毛剤で育毛効果がなかったとしても、新特許成分のアデノシンによって大幅に薄毛が改善する可能性もあるのです。

 

アデノシンのメインの育毛効果として期待されているのが、【毛母細胞活性化作用】です。

 

具体的に説明すると、アデノシンには、発毛因子である「FGF-7」といった成分を多く作りだす機能があるとされているのです。

 

発毛因子の「FGF-7」は毛母細胞の分裂を活性化させる効果があるとされており、毛母細胞対策ができるわけです。

 

そもそも、薄毛になる方はFGF-7が減っているということが研究で発覚しています。

 

アデノシンによってFGF-7を補給できるようになれば、根本的な育毛対策が出来るような状況も考えられるわけです。

 

他にも、アデノシンには【髪の毛のサイクルを正常化させる作用】が期待されています。

 

薄毛の多くは、髪の毛のサイクルの乱れが関わっています。

 

要は、髪の成長期間が短くなってしまうのです。

 

髪の毛の伸びが何らかの原因によって阻害されてしまい、抜け毛が増えてしまいます。

 

髪の毛も細かったり短かったりした状態で抜けてしまうので、地肌が露出するような状態になってしまうわけです。

 

アデノシンには、「髪の毛の成長期間を伸ばす」といった作用があるとされています。

 

髪の毛のサイクルが乱れてしまっている方であったとしても、アデノバイタルを利用すればサイクルが通常に戻って薄毛の悩みが解決するかもしれません。

 

アデノシンには【血行促進作用】もあるとされています。

 

女性の薄毛で増えているのが、血行不良による薄毛です。

 

特に、授乳中に関しては、一気に女性ホルモンが低減してしまいます。

 

女性ホルモンが減ると血行も悪くなってしまうので、髪の毛に栄養が送られにくくなってしまいます。

 

結果的に、髪の毛が成長しきる前に髪の毛がごっそりと抜けてしまうのです。

 

血行不良は産後脱毛の原因の一つでもあります。

 

アデノシンによって血行が高まれば、毛母細胞に栄養がたっぷりと送られます。

 

髪の毛も健やかに生えてくることが期待できるのです。

 

アデノシンには【抗炎症作用】も期待されています。
頭皮に炎症が起きてしまうと、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

 

要は、アデノシンには頭皮環境改善効果が期待できるわけです。

 

▲目次に戻る

 

アデノシンに期待できる育毛効果まとめ

・毛母細胞活性化作用・・・FGF-7の強化
・髪の毛のサイクルを正常化させる作用・・・髪の毛の成長期間を伸ばす
・血行促進作用・・・毛母細胞を活性化させる
・抗炎症作用・・・頭皮環境を改善させる

 

アデノシンには一つだけの育毛効果があるわけではありません。

 

複数の育毛効果があるので、総合的な女性の育毛対策ができる成分なのです。

 

▲目次に戻る

 

アデノシンには副作用があるのか?

実験なども行われているのですが、今のところアデノシンに副作用がある、といった報告はありません。

 

アデノシンを6ヶ月間といった、それなりに長期間の調査を実施したにも関わらず特定の重篤な副作用が確認されていないのです。

 

アデノシンは「極めて安全性が高い新しい育毛成分」と評価できます。

 

例外あり

アデノシンで問題のある報告として注目すべきなのが、もともとお肌に問題があった方や、敏感肌であるケースです。

 

上記したものに当てはまる方が利用した場合には、

 

・頭皮に痒みが出てしまう
・頭皮が赤くなってしまう

 

といった症状が出てしまったケースが報告されています。

 

アデノバイタル自体が悪いというのではありません。

 

育毛剤全体ですが、頭皮環境に問題がある場合には利用しない、ということが鉄則です。

 

育毛剤が傷口に入ってしまうと、もちろんシミてしまいます。

 

刺激も感じてしまうので、問題が発生してしまう確率は高いのです。

 

敏感肌である方は、頭皮環境が落ち着いてから育毛剤を利用して下さい。頭皮に傷がある方は、傷が治ってから育毛剤を利用して下さい。

 

▲目次に戻る

 

アデノシンにほぼ副作用がない理由とは

アデノシンは、もともと体にある成分だからです。

 

仮に、頭皮から体内に入り込んだとしても、拒否反応を起こすようなことは考えられません。もともと身体にあるものだからです。

 

▲目次に戻る

 

 

アデノバイタルで考えられる副作用はある?

アデノバイタルの副作用ですが、基本的に心配することはありません。

 

アデノバイタルの中心的な育毛成分である、アデノシン自体にも大きな問題はありません。

 

医薬発毛成分である、ミノキシジルやフィナステリドのような、リスクを気にしながら利用する、といったことはしないで済むのです。

 

しかし、前述したように、アデノバイタルで頭皮に対して「痒み」や「赤み」といったものが発生する可能性もあります。

 

こちらでは、アデノバイタルの副作用の確率を高めるケースと危険性がある配合成分についてお話します。

 

より安全にアデノバイタルを利用するためにも、非常に重要なテーマです。

 

▲目次に戻る

 

カフェインが含まれているドリンクや食べ物が好きな方は要注意

アデノシンのウィキペディア(※外部リンク)に気になる一文が据えられています。

カフェインによりその作用が抑制される

どのような意味合いがあるのか調べてみると、アデノバイタルに含まれている中心成分のアデノシンはカフェインによって育毛効果がブロックされてしまう、ということが分かりました。

 

要は、アデノバイタルをせっかく利用したとしてもコーヒーなどのカフェインが含まれている系の飲食物が好きな方は育毛効果が現れにくいわけです。

 

もちろん、アデノシンの育毛効果を抑制させるだけなので、直接的な副作用が出るわけではありません。

 

しかし、アデノシンの育毛効果が出ないことで、大量に育毛剤を使い始めてしまう方がいるのは確かなことです。

 

育毛剤の過剰利用は頭皮の負担となってしまうこともあります。

 

当然ながら副作用が出やすい状態になってしまうのです。

 

カフェイン系は妊娠中にもあまり良くないとされています。

 

アデノバイタル利用時や妊娠時・授乳時についてもなるべく摂取は控えましょう。

 

▲目次に戻る

 

カフェインが含まれている飲食物例

・コーヒー
・チョコレート
・ココア
・シリアル
・アイスクリーム
・フローズンヨーグルト
・プリン
・頭痛薬
・PMS(月経前症候群)の薬など

 

ここに紹介した飲食物は一部に過ぎません。

 

もちろん上記したものの中にもカフェインレス物があります。

 

特に、コーヒーが好きな方は急にはやめられないかもしれません。

 

カフェインレス系のもので対応する、といったこともおすすめです。

 

酢酸DL-α-トコフェロールに僅かながら副作用の可能性あり

アデノバイタルには酢酸DL-α-トコフェロールという、合成されたビタミンEが含まれています。

 

酢酸DL-α-トコフェロールは、まれにアレルギー性皮膚炎が発生する可能性がある育毛成分なのです。

 

ただ、アデノバイタルに酢酸DL-α-トコフェロールが大量に含まれているわけではありません。
アデノバイタルは高い危険性はない、と判断できるわけです。

 

ちなみに酢酸DL-α-トコフェロールには血行促進作用があり、頭皮環境を改善したり、髪の毛に栄養を送りやすくしてくれたりする育毛成分です。

 

▲目次に戻る

 

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油に僅かながら危険性あり

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油には、発疹や蕁麻疹などの皮膚に対する悪影響が出てくる可能性が指摘されています。

 

しかし、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油は、酢酸DL-α-トコフェロールと同じくアデノバイタルに少量しか含まれていないので、それほど心配することはありません。

 

危険性は殆どない、と考えられるのです。

 

▲目次に戻る

 

 

男性がアデノバイタルを利用してもよいのか

アデノバイタルはあくまで女性用育毛剤の一つです。

 

もちろん、危険性があるわけではないので男性がアデノバイタルを利用しても構いません。

 

頭皮環境が悪化して薄毛になっている、といった男性には高い育毛効果が得られる可能性もあります。

 

一方で、アデノバイタルに含まれる注目育毛成分の「アデノシン」ですが、男性型脱毛症には大きな育毛効果はありません。

 

もちろん、アデノシンには毛母細胞を活性化させる作用が期待されているので、まったく育毛効果がないとは言い切れません。

 

しかし、男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンに対する抑制効果は期待できないのです。

 

アデノバイタルは女性用の育毛剤です。男性は、男性用の育毛剤を活用して下さい。

 

>>アデノバイタルの購入はコチラ

 

アデノバイタルよりも、成分的にも育毛効果的にも管理人が使ってみてよかった育毛剤がチャップアップです。

 

どんな症状の薄毛に人にも対応できるような育毛成分が多く含まれていて万能タイプの育毛剤です。

 

人気No1

 

このサイト内でのチャップアップの体験談や効果についての解説は以下の記事をご覧ください。

 

チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加