柑気楼の副作用

柑気楼(かんきろう)の配合成分を見ても、副作用がある育毛成分はありません

 

薬用育毛剤柑気楼(かんきろう)の成分は天然成分で構成されており、副作用が発生する可能性はほぼ皆無です。

 

そのため、男性女性の両者が使用できる柑気楼は、安心して使用することが可能です。

 

この記事では、柑気楼に副作用がない理由を詳しく解説します。

 

 

目次

 

柑気楼には医薬成分が配合されていないため安全

柑気楼には、発毛剤に含まれる副作用がある男性ホルモンを抑える医薬成分フィナステリド(プロペシア)や、血行促進効果のあるミノキシジルは配合されていません

 

この両者の発毛成分には、高い効果があるものの、その分副作用の発症確率も高くなります。

 

しかし、柑気楼の内容には、副作用の原因となるようなこれらの医薬成分は使用されておらず、天然由来の生薬成分だけで付く荒れているため安全性の高い育毛剤です。

 

▲目次に戻る

 

 

柑気楼に配合されているアルコールの副作用に注意

柑気楼には無水エタノールとエタノールという2つの成分が配合されています。

 

無水エタノールとエタノールの違いはエタノールの含有量ですが、基本的にどちらも同じ成分と考えてよいでしょう。

 

エタノールはアルコールの一種で、混ざり合いにくい複数の育毛成分を混ぜ合わせたり、頭皮に塗布することによって、こびりついた皮脂を溶かしてくれる効果があります。

 

ただし、最近の育毛剤はアルコールを配合していない商品が増えています。

 

アルコールを頭皮に塗布することで、アルコールアレルギーを持つ人に頭皮のかぶれなどを引き起こす可能性があるので、それを避けるためにアルコールの育毛剤への配合が避けられるようになりました。

 

ただ、アルコールアレルギーの体質でなければ柑気楼にアルコールが配合されていることについて過度な心配をする必要はありません

 

不安であれば、パッチテストという形でアルコールを実際に自分の腕などの目立たない部分の肌に塗布して腫れが生じるかといったことを事前に確認しておけば問題無いでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

柑気楼に配合されているパラベンの副作用

柑気楼にはパラベンという成分も含まれています。

 

このパラベン、育毛剤で防腐剤の役割を果たしているものです。

 

育毛剤には自然植物から抽出された天然由来成分を使っているものも多く、特に柑気楼は柑橘系のフルーツから抽出された柑橘エキスを配合しています。

 

柑気楼に配合されているような天然成分によるエキスは何の処理も加えないと、すぐに腐敗してしまいます。

 

育毛剤は購入すると、1〜2ヶ月程度使用し続けるものになるため、すぐに腐ってしまうようでは使い物になりません。

 

このような育毛剤の腐敗を防ぐために配合されているのが、柑気楼にも配合されているパラベンです。

 

ただ、パラベンにもアルコール同様、一部の人に頭皮のかぶれのようなアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

ただし、パラベンによってアレルギー反応を起こす人の割合は1,000人中3人程度です。

 

したがって、柑気楼にパラベンが配合されているからといって過剰に心配する必要はありません

 

▲目次に戻る

 

 

ニキビなどの炎症がある人は柑気楼の使用に注意

頭皮にニキビが出来ていたり、フケ・かゆみといった症状が出ている場合、頭皮環境が悪化して脂漏性皮膚炎になっている可能性があります。

 

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌によって引き起こされる頭皮環境の悪化で、皮脂をエサにする雑菌の異常繁殖がその引き金になります。

 

柑気楼に限ったことではありませんが、脂漏性皮膚炎などで、頭皮環境が著しく悪化している人には、頭皮環境を改善する成分を配合した育毛剤を使用しても、むしろ逆効果になるケースが多いです。

 

育毛剤が頭皮を刺激し、さらに頭皮の炎症を促進してしまうためです。

 

柑気楼の使用によって頭皮の炎症がひどくなると、そのかゆみで頭皮を掻くことで、抜け毛にもつながってしまいます。

 

柑気楼は、動物性原料などは不使用で頭皮の地肌と同じ弱酸性の性質を持っている低刺激の育毛剤ですが、もし柑気楼を使って、頭皮の状態が悪化したり、全く症状が改善しないようであれば、一旦柑気楼の使用は中止しましょう。

 

そして、皮膚科を受診し、頭皮環境を改善する薬を処方してもらうのを強くおすすめします。

 

▲目次に戻る

 

 

柑気楼の副作用に関する口コミ

ロングセラー育毛剤の柑気楼を使用した女性の副作用に関する口コミを2つ紹介します。

 

「女性 46歳
1年くらい前から分け目が薄くなっているのが気になっていて、シャンプーを変えたりしたけど、効果無し。
意を決して、柑橘系育毛剤の柑気楼健露を購入してみることに。
育毛剤は柑気楼が初めて。
口コミでの柑気楼の評判が良かったことが購入の決め手。

 

柑気楼を使い始める前は「本当に髪の毛が生えるのか」と半信半疑だったのは事実。
ただ、使い始めて2週間もしないうちに髪の毛にハリ・コシが戻ってきたのはびっくり。

 

前にシャンプーが合わなくて、頭皮が腫れたことがあったので、柑気楼も恐る恐る使っていましたが、3か月経ってもその手の副作用に見舞われたことは無し。

 

ただ、柑気楼の液がサラサラしすぎてて、すぐ目に垂れてくるのだけは何とかしてほしい。
その点以外は、育毛剤特有の臭いもなく使い心地もよく柑気楼に特に不満はないので、今後の育毛生活に使い続けたいかな」

 

「女性 55歳
薄毛に悩み始めたのは2年前から。
薄毛だけでなく頭皮の乾燥も併発していました。

 

その間色々な育毛剤を渡り歩いて、結局帰ってきたのがこの柑気楼です。

 

少し前に使っていた、リアップジェンヌという育毛剤は頭皮が腫れる副作用が出てひどい目に遭いました。
その点、この柑気楼は頭皮が腫れるといった副作用もなく、安心して使うことが出来ています。

 

3ヶ月ほど柑気楼を使っていますが、育毛有効成分のおかげか全体的な髪の毛のボリュームが増えたなぁと感じます。
また、保湿効果のあるゆずエキスやドクダミエキス、だいだいエキス、ヒアルロン酸のおかげで頭皮の乾燥や炎症も防げてます。
この柑気楼、育毛剤としては非常に良い商品だと思います。

 

ただ、困ったのは柑気楼の営業が激しいこと。
インターネットの口コミを見ていたら、私以外にも柑気楼の営業で悩んでいる人が結構いました。
柑気楼はせっかく副作用もなく効果も得られるいい商品なのにもったいないなぁと感じます。」

 

▲目次に戻る

 

 

副作用がなくて柑気楼よりも育毛効果の高い女性用育毛剤

ちなみに、柑気楼を使うのであれば、もっとおすすめしたい育毛剤があります。

 

それが柑気楼よりも人気のマイナチュレ。

 

マイナチュレは柑気楼と比較してパラベンが配合されておらず、パラベンアレルギーの心配もないのがポイントです。

 

アルコールに関しては、柑気楼同様にマイナチュレにもエタノールが配合されているのですが、その配合濃度は25%程度であると言われています。

 

育毛剤の中にはアルコールの濃度が70%程度の商品もたくさん存在しており、その中でマイナチュレは、アルコール濃度を低くして、頭皮への刺激を抑えているタイプなのが分かります。

 

このように、副作用が無いというのもマイナチュレの魅力ですが、育毛成分が豊富に配合されているという点も見逃すことは出来ません。

 

頭皮の血行促進効果を持ち発毛促進を促す成分は柑気楼が2種類しか配合していないのに対して、マイナチュレは7種類配合。
頭皮を保湿する成分は柑気楼が5種類、マイナチュレが9種類。

 

このように、配合成分を見ると、柑気楼よりもマイナチュレの方が圧倒的に充実しています。

 

柑気楼を選ぶのなら、より高い育毛への効果が期待できるマイナチュレを選択することをおすすめします。

 

マイナチュレの公式サイトを見る

 

マイナチュレの副作用や詳しい育毛への効果、口コミまとめは以下のページをご覧ください。

 

マイナチュレの口コミ

 

みかん育毛剤柑気楼の副作用以外の詳しい効果は以下のページをご覧ください。

 

柑気楼

 

このサイトで一番のおすすめ育毛剤が知りたい人は、以下の育毛剤ランキングをご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較
チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加