ドラッグストアにある市販の育毛シャンプーランキング

CMでやっているようなシリコンや石油系界面活性剤が配合されたシャンプーを使っていて、シャンプーの時に明らか100本以上抜け毛が出ている気がする。

 

敏感肌でもあり、前に使った市販のシャンプーでは、ヒリヒリしたりかぶれて痒くなってしまうことがあった。

 

そんな人のために、頭皮環境の乱れが原因の抜け毛を抑えてくれるのに役立つ、刺激が少なくて敏感肌や乾燥肌でも使える無添加の頭皮にやさしいシャンプーを紹介します。

 

自分の頭皮に合わないシャンプーを長く使うとその分、頭皮へのダメージとなります。

 

抜け毛が気になったタイミングで早めに薄毛予防を行いましょう。

 

自分のように、金銭的にも余裕がない人のために、3000円位で手に入り続けやすい薬局やドラッグストアで購入できる市販のおすすめ育毛シャンプーを紹介します。

 

目次

 

男性と女性の薄毛におすすめなのはアミノ酸シャンプー

頭皮の痒みやかぶれをなくし抜け毛を防ぐためには、頭皮の皮脂をほどよく残してくれる洗浄力が弱めで刺激も少なく、弱酸性で男性の頭皮に適しているアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

 

ですがインターネット上で人気のアミノ酸系シャンプーは、ドラッグストア等で買える高級アルコール系シャンプーより原料の原価が高く、値段も少し高めの3000〜6000円台が多いというデメリットがあります。

 

しかし、通販で購入できるアミノ酸系シャンプーは刺激が少なく頭皮環境を守りながら洗えるうえ、弱酸性の性質を持っています。

 

そのため、脂性の男性の頭皮に合っているので、薬局等で買える高級アルコール系洗浄成分のシャンプーよりも、頭皮トラブルが起こりにくく抜け毛のリスクも減らすことが出来ます。

 

アミノ酸系シャンプーは値段こそ高いですが、男性の頭皮にはアミノ酸系シャンプーの方が適しています。

 

このサイトでの一番のおすすめは毛髪診断士と美容師が開発したチャップアップシャンプーです。

 

4180円と少し値段が張るものの、とにかく頭皮に刺激を与えずに、頭皮の汚れを落としてくれます。

 

シャンプーが合わずにかゆみや赤みが発生し、シャンプー時の抜け毛に悩んでいる人にはぴったりのシャンプーです。

 

チャップアップシャンプーの公式サイトを見る

 

チャップアップシャンプー以外の通販型アミノ酸シャンプーのおすすめは以下のページにまとめました。

 

男性用育毛シャンプーランキング

 

▲目次に戻る

 

 

男性と女性の市販のおすすめシャンプーランキング

スーパーや薬局、ドラッグストアやドンキホーテのようなバラエティショップで市販されているシャンプーは、通販サイトのスカルプシャンプーより安価な商品が多い傾向があります。

 

しかし、市販のシャンプーの中にも、優れた洗浄成分を使用していたり、育毛有効成分が配合されていたりして育毛効果が期待できるシャンプーも存在します。

 

今回は市販のシャンプーの中でもおすすめのシャンプーをピックアップしランキングにしました。

 

1位ウーマシャンプー

ウーマシャンプーは、頭皮と髪を保護する作用のある馬油を使用しているスカルプシャンプーで、通販サイトでも購入できますが、市販もしています。

 

スカルプシャンプーでは洗浄力が弱く頭皮に刺激となりにくいアミノ酸系洗浄成分を使用するのが主流ではあります。

 

ウーマシャンプーのメインとなる洗浄成分は高級アルコール系洗浄成分のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naで洗浄力、脱脂力が強く頭皮への刺激も強めなので、皮脂が多い方向けの処方になっています。

 

そしてウーマシャンプーには育毛有効成分グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキスや、頭皮の血行促進作用のあるニンニクエキス、頭皮の保湿作用のあるアロエベラ葉エキス、男性ホルモン抑制作用のあるダイズ種子エキスなど20種類の植物成分を配合しています。

 

ウーマシャンプーの洗浄成分は高級アルコール系がメインで育毛に効果的とはいえないかもしれませんが、育毛成分が多いのは評価できます。

 

 

▲目次に戻る

 

2位スカルプシャンプー スカルプD オイリー(脂性肌用)

スカルプDには頭皮の状態に合わせて選べるドライ用、オイリー用、超オイリー用の3タイプのシャンプーがあります。

 

スカルプDオイリー用シャンプーは、スカルプシャンプーの中でも洗浄力と脱脂力が強く、頭皮の皮脂汚れをしっかり落とすタイプのシャンプーです。

 

スカルプDオイリーの洗浄成分は比較的刺激が少ないベタイン系のラウリン酸アミドプロピルベタイン液です。

 

スカルプDオイリーに配合されている育毛成分としては、男性特有の皮脂分泌の多さに着目し男性ホルモン抑制作用のある豆乳発酵液、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキスを配合しています。

 

特にオイリー用は皮脂を抑えるサリチル酸、消炎作用のある育毛有効成分のグリチルリチン酸ジカリウム、抗菌作用のあるピロクトンオラミンを配合し、頭皮の皮脂を抑え頭皮を清潔に保つことに力を入れた処方になっています。

 

 

▲目次に戻る

 

3位スカルプケア薬用シャンプー

スカルプケア薬用シャンプーは、医薬部外品のシャンプーで、抗菌作用に優れた有効成分ピロクトンオラミンを配合しています。

 

スカルプケア薬用シャンプーの洗浄剤には、アミノ酸系洗浄成分の中でも刺激が弱いココイルグルタミン酸K、同じくアミノ酸系洗浄成分ラウロイルメチルアラニンNa、高級アルコール洗浄成分で洗浄力の強いラウレス硫酸Naをブレンドして、頭皮への刺激と使用感の良さのバランスを取っています。

 

スカルプケア薬用シャンプーの育毛成分としては高い抗酸化作用のあるリン酸アスコルビルMg、頭皮の保湿作用のあるセチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ジオウエキス、頭皮の血行促進作用のあるニンジンエキスなどを配合しています。

 

スカルプケア薬用シャンプーの洗浄成分の構成や育毛成分の配合内容からして、スカルプケア薬用シャンプーは、頭皮環境を清潔に保つ、保護するといった目的を重視したシャンプーだということがわかります。

 

 

▲目次に戻る

 

4位資生堂 アデノバイタル シャンプー

資生堂アデノバイタルシャンプーは、育毛や髪質改善用シャンプーとして販売されていますが、高級アルコール系洗浄成分のラウレス硫酸Naを使用しているうえ、かなり脱脂力が強いPEG-2ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naも使われており、頭皮への負担が大きいシャンプーとなっています。

 

アデノバイタルシャンプーには、アデノバイタルの育毛剤にも入っている、髪の成長期間を継続させる成長因子を増やす作用のあるアデノシンが入っています。

 

また、頭皮の血行促進作用のある酢酸トコフェロール、サンショウエキス、抗酸化作用のあるホップエキスなど、他のシャンプーには見られない独自の育毛成分を配合しています。

 

アデノバイタルシャンプーは独自の育毛成分を使用していますが、メインの洗浄剤が高級アルコール洗浄成分で頭皮への負担が大きいので、使う人を選ぶシャンプーだと言えます。

 

 

▲目次に戻る

 

5位みよし石鹸シャンプー

みよし石鹸シャンプーは、石鹸系洗浄成分を使用したシャンプーで、水とカリせっけん素地の2種類の成分で構成されたシンプルな処方になっています。

 

みよし石鹸シャンプーには育毛にいい成分は一切入っておらず、育毛を目的に使うシャンプーではありません。

 

みよし石鹸シャンプーの洗浄剤は石鹸系洗浄成分です。

 

石鹸と言うと自然で優しいイメージがありますが、実はアミノ酸系洗浄成分より脱脂力が強く皮脂を取る力が強いのが特徴です。

 

また、石鹸系洗浄剤はアルカリ性の性質があるため、皮脂が多く頭皮が酸性に傾きやすい男性の頭皮環境を壊したり、髪の外側のキューティクルという部分を開き髪をキシキシさせたり枝毛を増やしたりする恐れがあります。

 

みよし石鹸シャンプーは、アレルギーがあって肌荒れしやすい方、さっぱり洗いたい方向けのシャンプーだと言えます。

 

 

▲目次に戻る

 

6位カウブランド無添加シャンプー

カウブランドのシャンプーは、着色料、香料、パラベンなどの余計な添加物を加えず、育毛成分も特に入っておらず、育毛のためというよりシンプルに頭皮の汚れを洗浄することを目的に作られたシャンプーとなっています。

 

カウブランドのシャンプーの洗浄成分は、アミノ酸系よりやや洗浄力が強いベタイン系のコカミドプロピルベタイン、洗浄力が強い高級アルコール系のスルホコハク酸ラウレス2Na、アミノ酸系のココイルグルタミン酸Naなど頭皮への刺激と使い心地を考慮して洗浄力の違う洗浄成分を組み合わせています。

 

カウブランドのシャンプーには育毛成分は特に入っていませんが保湿作用のあるDPG、グリセリンを配合しているので、地肌の乾燥を防ぎ、頭皮トラブルを予防することが出来ます。

 

また、カウブランドのシャンプーはコンディショニング成分が少なく、使用後にキシキシしやすいのでリンスも使用した方が良いでしょう。

 

 

▲目次に戻る

 

7位UL・OS(ウルオス)

ウルオスは、比較的安価でありながらも、頭皮の殺菌、消炎効果のある成分を多く配合して頭皮環境を整えることができるシャンプーです。

 

ウルオスの洗浄成分はアミノ酸系で頭皮への刺激は少ないながらも泡立ちが良いラウロイルアスパラギン酸Na、洗浄力を高めるために高級アルコール系のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使用しています。

 

ウルオスの洗浄成分としては殺菌効果のあるシメン-5-オール、消炎作用のある育毛有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。

 

この他には特に育毛に効果的な成分は特に配合されていないことから、ウル・オスは頭皮環境を清潔に保つことに長けているシャンプーだと言えます。

 

ウルオスの洗浄成分は比較的頭皮に優しいものを使用していますが、清涼感を与える目的でメントールを配合しているため、敏感肌の方は刺激が強いと感じるかもしれません。

 

 

▲目次に戻る

 

 

市販のシャンプーに配合されている危険な洗浄成分

市販のシャンプーは比較的安価な分、洗浄力が強く頭皮にとって危険な洗浄成分を使っていることがあります。

 

シャンプーの洗浄成分は界面活性剤という、水と油をつなぐために乳化剤として使用されたり、頭皮への洗浄のためや泡立ちを良くするために使用される成分のことを指しています。

 

ですが、特に石油系原料を元に生産された「ラウレス硫酸」、「ラウリル硫酸」という名称の、高級アルコール系洗浄成分に属する石油系界面活性剤は、頭皮の皮脂を根こそぎ落としてしまうほど頭皮への刺激が強く、発毛の妨げになることがあります。

 

石油系界面活性剤は石油から生成された洗浄成分で、脱脂力とタンパク質変性作用があるため肌を傷める可能性が高く、育毛の妨げになってしまうんです。

 

石油系界面活性剤は、肌への刺激が強く、強い洗浄力と脱脂力で頭皮に必要な皮脂まで取り除いたり、アルカリ性の性質を持っているので、酸性状態に傾きがちな男性の頭皮環境を壊し薄毛を深刻化させる可能性があるため危険な洗浄成分だと言われています。

 

▲目次に戻る

 

 

なぜ市販のシャンプーには危険な成分が配合されているのか

高級アルコール系洗浄成分は、食器用洗剤や洗濯用洗剤にも使用される、比較的安価な洗浄成分で、泡立ちも良く使いやすいので市販の多くのシャンプーに使用されています。

 

市販されているシャンプーに危険な成分が配合されていることが多いのには、大手メーカーの広告や大量生産が関係しています。

 

特に大手のシャンプーメーカーは、テレビCMなどマスメディアを使って商品を宣伝しており大幅に広告費がかかっているため、商品の開発費や原料にあまり費用を掛けられず、安価な洗浄成分になっていることが考えられます。

 

またシャンプーの拡販用に在庫をたくさん用意するために、手に入りやすく原価の安い洗浄成分を使用し大量生産することも関係しています。

 

このように、市販のシャンプーはメーカーの事情により、頭皮に刺激となる安い洗浄成分が使用されていることで価格が安くなっているのです。

 

そのため、値段こそすこし効果ですが頭皮に刺激とならない育毛シャンプーを使用するのがオススメです。

 

このサイトでオススメしている育毛シャンプーは以下のランキングをご覧ください。

 

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性用育毛シャンプーランキング
育毛シャンプーの価格で比較しランキング
育毛シャンプーの返金保証で比較しランキング
育毛シャンプーを内容量で比較しランキング
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性用の育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

薬局やドラッグストアで市販されている、1000円から2000円の価格帯の比較的安いシャンプーは、頭皮への洗浄力や脱脂力の強い洗浄成分を使用しているシャンプーが多いのでおすすめできませんと言われています。

 

薬局やドラッグストアで市販されているシャンプーが安いのは、500円以下で買えるような食器用洗剤や洗濯用洗剤にも配合される石油系界面活性剤を使用しているためです。

 

市販のシャンプーには、高級アルコール系洗浄成分に分類される「ラウリル硫酸Na」や「ラウレル硫酸Na」などの洗浄力が強く頭皮への刺激の強い洗浄成分を洗浄剤として配合しています。

 

薬局やドラッグストアで市販されている頭皮への強い洗浄力、脱脂力を持ったシャンプーは、皮脂を取りすぎたり頭皮への刺激が強すぎたりすることで、かえって頭皮の皮脂が過剰に分泌されるようになったりします。

 

これによって、かゆみやフケなどの炎症が起こるなどの頭皮トラブルの原因となり抜け毛を増やす可能性があるので、市販の高級アルコール系洗浄成分を使用した安価なシャンプーは育毛にはあまりおすすめできません。

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加