ナノインパクト100とリアップx5プラスの比較

 

目次

 

リアップx5プラスの発毛効果

リアップX5プラスは、テレビCMなどもよく放送しているので、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
リアップX5プラスに配合されている有効成分は、ミノキシジルという育毛成分です。
ミノキシジルは、元々血圧降下剤だったという背景もあり、血管を拡張させ、血行を促進する作用があります。

 

リアップX5プラスは第1類医薬品に分類されており、厚生労働省が、市販されている育毛剤の中で唯一、医薬品として認可をしている発毛剤です。
CMの中で「日本で唯一発毛効果が認められている育毛剤」と言われているのを聞いたことがありませんか?
これは、リアップX5プラスが国が認可した育毛剤だということを表現しているのです。

 

そのため、リアップX5プラスの頭皮の血行促進効果は、医薬品よりも育毛効果が低い医薬部外品であるナノインパクト100と比較すると、リアップX5プラスの方が高いと言えます。

 

リアップX5プラスは配合成分数が少ない

リアップX5プラスに配合されている発毛成分は、ミノキシジルの他にはピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、i-メントール、セタノール、エチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノールという合計9種類の成分でできています。

 

リアップX5プラスの9種類の中で、発毛へのサポート成分はミノキシジルを含めて4種類です。
しかし、ミノキシジルが5g配合されているのに対し、ピリドキシン塩酸塩は0.05g、トコフェロール酢酸エステルは0.08g、i-メントールは0.3gと、非常に少ない分量しか配合されておらず、実際のところはこの5gのミノキシジルがリアップX5のほぼ全ての発毛効果を左右すると言っても過言ではありません。

 

つまり、リアップX5プラスの発毛効果は、ミノキシジルによる頭皮の血行促進というものにほぼ限定されてしまうのです。

 

▲目次に戻る

 

 

ナノインパクト100

ナノインパクト100は、リアップX5プラスのような医薬品ではありませんが、それでも厚生労働省が「薄毛に対して緩やかな育毛効果がある」と認可した医薬部外品に相当します。

 

そして、ナノインパクト100は配合成分の数が非常に多く、50種類以上です。
様々な植物から抽出された天然由来の成分や、頭皮の殺菌・抗菌作用のある成分、血行促進作用のある成分など、頭皮環境を正常化するために必要な育毛成分がナノインパクト100にはたくさん配合されています。

 

ナノインパクト100の育毛効果

 

頭皮環境改善

ナノインパクト100には、リアップX5プラスよりも頭皮環境を改善する効果のある育毛成分が特に多く配合されています。
ヒノキチオールやペンチレングリコール、オドリコソウエキス、ローズマリーエキス、ボタンエキス、冬虫夏草エキス、ジオウエキス、ツバキエキス、ステビアエキス、クエン酸など、様々な種類の頭皮環境を改善成分があります。

 

特に、現在話題になっている「スーパーヒアルロン酸」こと、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムも配合されていることに注目したいところです。
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは、頭皮への高い保湿力を持っている上に、油と相性の良い「親油性」も持っています。
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムなら頭皮の皮脂膜に反発することなく、湿度を保つことができます。

 

ナノインパクト100には頭皮環境を正常化し、髪の毛が生えてきやすい土壌を作るという意味では、非常に役立つ配合成分だといえるでしょう。

 

頭皮の血行促進

リアップX5プラスに配合されているミノキシジルの効果は頭皮の血行促進でしたが、ナノインパクト100に配合されている育毛成分にも、頭皮の血行促進が見込める育毛成分がたくさん配合されています。

 

センブリ抽出液や、チョウジエキス、アルニカエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、ニンニクエキスなど、天然の成分を中心として、様々な頭皮の血行促進効果の見込めるエキスがナノインパクト100にも配合されています。

 

リアップX5プラスのミノキシジルは、頭皮への発疹や発赤、かゆみなどの副作用の心配がありますが、ナノインパクト100に配合されてる血行促進成分は、天然成分なので副作用の心配もありません。

 

男性ホルモン抑制効果

男性型脱毛症(AGA)の原因は、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンです。
ジヒドロテストステロンを作るのは5αリダクターゼという還元酵素です。
ナノインパクト100には、この5αリダクターゼの活動を阻害する育毛成分が配合されています。

 

例えば、ビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液、ダイズエキス、クララエキス、オウゴンエキスなどの、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する育毛成分がこれだけの数で配合されている育毛剤は、業界の中でもナノインパクト100以外にはほとんどありません。

 

リアップX5プラスは、頭皮の血行促進効果が高いですが、頭皮環境を改善する効果や、ジヒドロテストステロンの生成を抑える効果は持っていません。
そのような意味で、ナノインパクト100はリアップX5プラスにはない総合的な育毛効果が見込めるのではないでしょうか。

 

ナノインパクト100の公式サイトはコチラ

 

▲目次に戻る

 

 

ナノインパクト100とリアップx5プラスの副作用比較

 

リアップは副作用が高い

リアップX5プラスは、副作用が発症する危険性があります。
実際、リアップX5プラスの公式サイトに書いてある使用上の注意の欄を読んでみると、頭皮の発疹、発赤、かゆみ、かぶれ、フケ、使用部位の熱感などの副作用が挙げられています。

 

さらに、皮膚以外のリアップX5プラスの副作用で言うと、頭痛やめまい、胸の痛み、心拍数が上昇、手足のむくみ、急激な体重増加などの副作用の可能性が記載されています。

 

リアップX5プラスは、元々が血圧降下剤ですので、ミノキシジルには血圧に関係する様々な副作用が発症する危険性があるのでしょう。

 

ナノインパクト100には副作用がない

ナノインパクト100に配合されている育毛成分のほとんどは、天然由来の成分です。
薬用効果のある植物のエキスを中心に配合しており、人体にとって有害な物質は、ほとんど含まれていません。

 

とはいえ、ごくまれに、ナノインパクト100に配合されているアルコール成分を皮膚につけるとアレルギー反応を起こす方がいます。
ナノインパクト100にはエタノールというアルコールの一種が配合されていますので、頭皮に異常が出る事がごくまれにあるようです。

 

しかし、これはナノインパクト100に限った話ではありません。
リアップX5プラスにも、その他のほとんどの育毛剤にも、アルコール成分は配合されています。
そう考えると、ナノインパクト100は基本的には副作用についてほとんど心配する必要はないということです。

 

ナノインパクト100の公式サイトはコチラ

 

▲目次に戻る

 

 

ナノインパクト100とリアップx5プラスの使用感の比較

育毛剤を使用しているときに気になるのは、その匂いやベタつきです。
リアップX5プラスも、ナノインパクト100も、どちらもメントールが配合されています。
そのため、頭皮に付けた時にはメントール独特のハッカのような臭いがします。
匂いはどちらかというとリアップX5の方が強いですが、つけてから15分程度の時間がたてば、ほとんど気にならなくなります。

 

また、べたつきもリアップX5プラスの方が強く、ミノキシジル特有のベタベタ感がどうしても出てしまいます。
そのため、育毛剤の使用感や臭いで比較するとナノインパクト100の方が優れているという結果になりました。

 

ナノインパクト100の公式サイトはコチラ

 

▲目次に戻る

 

 

ナノインパクト100とリアップx5プラスの値段の比較

リアップX5プラスは、薬局やインターネット通販などでも販売されていますが、その金額は平均すると7500円程度です。
7000円を下回るショップはほとんどありません。

 

それに対しナノインパクト100は、通常価格こそ7560円なのですが、現在は50%オフで3780円で販売をしています。
リアップX5プラスと価格を比較すると、ナノインパクト100はほぼ半額という金額です。
もちろん、配合されている育毛成分や期待できる効果に違いがあるので、一概にリアップX5プラスよりナノインパクト100が安いとは言い切れませんが、単純に販売されている金額だけを比較するとナノインパクト100の方がかなり安いと言えます。

 

▲目次に戻る

 

 

まとめ

リアップX5プラスとナノインパクト100は、その育毛効果も、使用感も、金額も、かなり差があります。

 

副作用が発症するリスクを抑えたい人や、頭皮の血行促進だけではなく頭皮環境の改善や脱毛の予防などといった総合的な育毛を考えるのであればナノインパクト100を選ぶのが良いでしょう。

 

副作用があったとしても、高い発毛効果と血行促進を期待するのであればリアップX5プラスを使用するのが良いでしょう。
ご自身の状況に合わせて選んでみてください。

 

ナノインパクト100の公式サイトはコチラ

 

ナノインパクト100の詳しい育毛効果や、リアップX5プラス以外との比較記事は以下のページを参考にしてください。

 

ハゲ治し隊がナノインパクトプラスを買って使ってみた口コミレビュー

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加