市販されている育毛剤で生えた人はどんな人か知りたい!

この記事では、以下のように育毛剤で髪が生えた人は、どんな人でどんな育毛剤で生えたのか、にターゲットを絞ってお話します。

 

・病院ではなく市販で購入できる育毛剤で育毛効果があるのか
・育毛剤の育毛成分的に何か特定の育毛成分が入っていて育毛効果があったのか
・育毛剤に含まれている育毛成分のバランスなどが髪が生えた結果に関わってくるのか

 

この記事を読めば、どんな薄毛の症状の人がどんな育毛剤で髪が生えてきているのかがわかります。

 

目次

 

病院で処方してもらえる薬以外で、市販で購入できる育毛剤で医学的に発毛効果があるのはリアップのみ

 

リアップとは

リアップとは医薬発毛成分の「ミノキシジル」を配合した発毛剤です。

 

リアップは実際に発毛効果が認められているもので唯一市販されているものです。

 

医学的に臨床試験を経た上で発毛効果が認められているものであり、リアップには高い発毛促進作用があるとされています。

 

実際にリアップの利用者の中には「髪が生えた」という体験談を語る方もいます。

 

リアップを手に入れる方法としてはドラッグストアの利用があります。

 

しかし、いつドラッグストアに行ってもリアップを購入できるわけではありません。

 

リアップは一般的な育毛剤のような医薬部外品ではなく、第一類医薬品に指定されているので、薬剤師がいるときでなければ購入できません。

 

リアップは対面販売が義務付けられているのです。

 

※薬機法上、第一類医薬品は、使用上の安全性について薬剤師からの情報提供が義務づけられています(クスリのアオキのホームページより抜粋・参考:http://www.kusuri-aoki.co.jp/commodity/medicine/medicine.html)。

 

▲目次に戻る

 

リアップの発毛効果のメカニズム

リアップに配合されているミノキシジルには2つの発毛効果が期待できます。

 

・血行促進作用による髪の毛の成長促進効果
・血行促進作用による毛母細胞・毛乳頭細胞の活性化作用

 

リアップのどちらの作用にしても、ミノキシジルのメインの機能である頭皮の血行促進が関わっています。

 

髪の毛は血液から栄養を受け取って生えてくるものなので、頭皮の血行不良になると髪の毛が細くなってしまうこともあります。

 

そういった頭皮の血行不良を防ぐ機能がリアップに含まれるミノキシジルにはあるのです。

 

頭皮の血行が良くなると、髪の毛の生成に関わっている毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養がたくさん送られることになります。

 

毛母細胞に栄養がたくさん送られるようになることで、今まで眠っていた細胞が覚醒して再び髪の毛を生やす機能が改善するわけです。

 

リアップに含まれるミノキシジルは医学的にも発毛効果があると認められている薬なので、発毛効果が高いことは間違いありません。

 

しかし、リアップを使っている方全員が薄毛から改善しているでしょうか。

 

例えば、過去にリアップの広告塔になった元阪神タイガースの選手で現2軍監督の掛布雅之さんは頭髪が薄いままの状態です。

 

リアップで発毛効果が出る人もいれば、全く発毛効果が出なかった人がいるのもまた事実です。

 

さらに後で詳しくお話しますが、リアップには副作用もあります。

 

リアップを使って副作用が出てしまえば、発毛効果とは逆の結果となりかねません。

 

薄毛を促進させてしまう恐れもあるので、副作用に注意が必要なのがリアップなのです。

 

▲目次に戻る

 

 

リアップ以外の市販の育毛剤の育毛効果

 

市販で購入できる育毛剤とリアップの育毛効果を比較

市販で購入できる育毛剤に関してはリアップよりも育毛効果は弱いことは確かです。

 

リアップには血管を拡張する作用があります。

 

そもそもリアップの有効成分であるミノキシジルは高血圧の方の改善のために開発されました。

 

要は、高血圧の人の為に血管を強引に拡張させるような機能を持っているのです。

 

市販の育毛剤にも血管を拡張させるような育毛成分はいくつも配合されていますが、さすがにリアップのように血管を強引に拡張するまでの作用はありません。

 

しかし、注目してほしいのが市販されている育毛剤にも十分に育毛効果が期待できる、という部分です。

 

そもそも、リアップに配合されているミノキシジルと同様の育毛効果を持っている育毛成分が市販の育毛剤には配合されています。

 

ですから、リアップに近いような育毛効果が期待できることも十分に考えられるわけです。

 

市販されている育毛剤の中には医薬部外品指定をされているものも含まれている、という点に注目です。

 

医薬部外品の育毛剤についてですが、厚生労働省が認めている育毛成分を配合していることを指しています。

 

公的機関に認められた育毛成分を配合している市販の育毛剤もあるのです。

 

ちなみに厚生労働省が認めている育毛成分ですが、センブリエキスやジフェンヒドラミン、さらにはグリチルリチン酸ジカリウムなどが挙げられます。

 

それらの育毛成分は市販されている育毛剤の多くに配合されているのです。

 

ですから、市販されている育毛剤に育毛効果が期待できない、とは言えないわけです。

 

▲目次に戻る

 

M-034(海藻エキス)とキャピキシルについて

市販の育毛剤の育毛成分で注目してほしいのが、「M-034(海藻エキス)」と「キャピキシル」です。

 

その二つの育毛成分ですが、ミノキシジルとほぼ同等の作用があること、ミノキシジルの3倍の育毛効果があることがそれぞれの成分の実験によってわかっているのです。

 

市販の育毛剤の育毛成分は最近ではリアップの有効成分を超え始めているものもある、ということは注目に値します。

 

だからといって必ずしも市販の育毛剤のほうが育毛効果はあるとはいえないわけですが、少なくても市販の育毛剤の育毛効果はリアップに匹敵してきているわけです。

 

※M-034の実験データ(育毛剤「ブブカ」のホームページより):http://bubka.jp/cp_a/
※キャピキシルの実験データ(キャピキシルのレポート(英語)より):http://usuge-nukege-taisaku.com/wp-content/uploads/2717fd581468bcfd494ad621e7a24bc0.pdf

 

▲目次に戻る

 

市販の育毛剤でも頭皮に何らかの影響を与えることはできる

市販されている育毛剤には厚生労働省が認めている育毛成分も配合しています。

 

市販の育毛剤は単なる水ではないので、頭皮に対して一定の育毛効果を与えるようなことも期待できるわけです。

 

市販の育毛剤の中には漢方系の育毛成分も実際に利用されているのです。

 

昔から漢方薬には血行促進作用があったり殺菌作用があったりすると認められてきた成分も、市販の育毛剤に含まれているので、血行促進など頭皮に対して一定の効果を与えます。

 

昔の育毛剤に関してはしっかりとした実験も行われませんでした。ですから、実際に育毛効果があるのかは分からなかったのです。

 

しかし、最近の育毛剤はしっかりと実験を実施しています。髪の毛の細胞を培養して、そこに育毛剤を塗布して結果がどうなるかを確かめるような客観的な試験も実施しているのです。

 

昔の育毛剤を使って育毛効果がなかった人であったとしても、いまの育毛剤を使えば育毛効果が得られる、ということは十分に考えられる状況になってきました。

 

▲目次に戻る

 

副作用によりリアップが使えない人にとって市販の育毛剤は安全なのでおすすめ!

リアップに含まれているミノキシジルには非常に強い刺激があることが分かっています。

 

リアップを利用している方の多くに、ミノキシジルの刺激によって「頭皮環境の悪化」といった状況が出てきてしまっているわけです。

 

頭皮に湿疹ができたり炎症ができたり痒みが出てきたりフケが多く出てしまったり、との報告もあります。

 

頭皮に痒みやフケなどの異常が起きてしまうと、育毛に逆効果となってしまいます。抜け毛が増える原因ともなってしまいかねません。

 

リアップで副作用が出るということは、ミノキシジルと相性が悪い可能性も高いです。リアップを使って副作用が出ると、もうリアップは利用できません。他の育毛方法を考えなければならないのです。

 

一方で市販されている育毛剤に関しては、頭皮への刺激はほとんどありません。市販されている医薬部外品の育毛剤とはいっても医薬成分が含まれているわけではありません(※一部を除く)。市販の育毛剤は安全性が極めて高いのです。

 

※第一三共ヘルスケアの「カロヤンシリーズ」には医薬成分の塩化カルプロニウム(カルプロニウム塩化物)が配合されています。ただし、カロヤンシリーズに含まれている塩化カルプロニウムの配合濃度は低くなっており、リスクは極めて低いです。

 

さらに市販の育毛剤の安全面で注目してほしいのが、育毛剤自身に頭皮環境を改善させる育毛成分が配合している、という部分です。

 

頭皮の保湿成分も配合されていますし、抗炎症成分も配合されています。

 

さらに抗菌成分も配合されているので、頭皮に菌が大量繁殖してしまうことも防いでくれるわけです。

 

リアップは敏感肌の方の利用はおすすめできませんが、市販の育毛剤に関しては敏感肌のの方の利用はかえっておすすめです。

 

市販の育毛剤を利用することによって丈夫な頭皮を手に入れられるかもしれませんよ。

 

▲目次に戻る

 

薄毛の原因が血行不良以外の場合には市販の育毛剤がおすすめ

リアップのメインの機能は血管を拡張する、というものです。

 

要は、リアップだと血行不良が原因となっている薄毛以外には強い作用を持っていません。

 

たしかにリアップは、男性型脱毛症の方への発毛効果も確認はされています。

 

しかし、頭皮の血行を促進するだけでは、男性ホルモンの影響で抜け毛が増える男性型脱毛症の根本原因には対処できません。

 

リアップで一時的に改善したとしても、ずっと男性ホルモン対策をしないかぎりAGAの脅威に晒され続けてしまうわけです。

 

一方の市販されている育毛剤は全く別です。リアップのように一つの発毛効果しか持たされていないわけではありません。複数の薄毛の原因への作用を持っているのです。

 

リアップが持っていないAGAの根本原因であるジヒドロテストステロン(DHT)対策もできます。

 

市販の育毛剤なら頭皮環境を改善させるための、保湿効果や抗炎症効果もあります。

 

そしてリアップと同じように頭皮の血行を促進させる作用も期待できるわけです。

 

要は、

 

・リアップ・・・血流改善以外の発毛効果がほとんど期待できない
・市販の育毛剤・・・総合的な原因への育毛対策が期待できる

 

といった特徴があるわけです。
自分の薄毛の原因が血行不良のみである、という場合にはリアップの利用も良いかもしれません。

 

しかし、頭皮の血行不良以外にも様々な要因が絡み合って薄毛になっているケースがほとんどなわけです。

 

市販の育毛剤を利用して総合的な育毛対策をしたほうが効率的に薄毛が改善しやすいことも覚えておきましょう。

 

ハゲ治し隊が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!

 

▲目次に戻る

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
ハゲを治す方法
育毛剤の選び方
女性の育毛剤の選び方

 

▲目次に戻る

 

 

幾つかの育毛剤を利用したのに髪の毛が生えてこない、というかたも多いと思います。

 

一方でネットなどの体験談をチェックしていると、「育毛剤の利用で髪の毛が生えてきた」というケースも報告されているのも事実です。

 

そこで気になるのが、どんな薄毛の症状の人がどんな育毛剤で髪が生えてきているのか、ということです。

 

今回は育毛剤で髪が生えた人は、どんな人でどんな育毛剤で生えたのか、にターゲットを絞ってお話します。

 

育毛剤の育毛成分的に何か特定の育毛成分が入っていて育毛効果があったのか?それとも育毛剤に含まれている育毛成分のバランスなどが髪が生えた結果に関わってくるのでしょうか。

 

育毛剤はそもそも色々なメーカーから出ています。

 

数が多すぎてどの育毛剤が良いのか全く見当がつきませんよね。

 

AGA治療薬であるプロペシアもありますが、プロペシアは医療機関で処方してもらう医薬品です。

 

そこで今回は、現在、医学的に発毛効果が明らかにされているプロペシアは除いて、病院ではなく市販で購入できる育毛剤で育毛効果があるのか?髪が生えるのか?ということを重要視します。

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加