育毛剤で髪が伸びる!

育毛剤には様々な効果が実際にあります。基本的には髪の毛に良い総合的な効果をもたらしてくれるものなのです。

 

その一つに髪伸びるというものがあります。髪の毛には成長スピードといたものがあり、人それぞれ伸びるスピードには個人差があるわけです。早い方もいれば、遅い方もいます。注目してほしいのが、薄毛で悩んでいる方の多くは、髪の毛の伸びるスピードが遅くなっている、というものです。基本的に、髪の毛がフサフサな方は、髪の毛の伸びるスピードはかなりの速さになります。

 

今回は育毛剤を利用することと、髪の毛が伸びる早さの関係性について明らかにしていきます。実際に髪の毛の成長スピードに育毛剤は影響を与えることが出来るのでしょうか。

 

 

髪が伸びる速度と育毛剤

 

育毛剤で髪の毛は早く伸びるのか?

利用したからと行って髪の毛の成長がからなず早くなる、ということはありません。しかし、育毛剤の効果がしっかりと発揮された、と仮定した場合には、髪の毛の成長スピードが早くなる、ということが考えられます。

 

そもそも、考えていかなければならないのが、髪の毛の成長が阻害されるからこそ、薄毛になってしまう、というものです。薄毛になっている方の髪の毛をチェックしてみましょう。細くなっていたり、短い毛ばかりになっていたりしませんか。成長が阻害されており、産毛のような状態にしか成長しなくなっているのです。

 

薄毛の改善を図るためには、その髪の毛の成長を鈍化させている原因に対処しなければならないのです。その役割を果たしているのが育毛剤なので、髪の毛が早く伸びる可能性は十分にある、と指摘させてもらいます。

 

髪の毛が薄くなる原因としては、大まかに分けると3つあります。

 

・男性型脱毛症・・・遺伝性の薄毛で、ジヒドロテストステロンといった物質により薄毛が発症してしまう
・びまん性脱毛症・・・血行が阻害されてしまうことで薄毛が発生してしまう
・頭皮環境が悪化することにより薄毛になる症状・・・頭皮の補修に栄養が取られ、髪の毛の成長が鈍化してしまう

 

上記の3つに関しては、全て髪の毛の成長スピードが遅くなります。育毛剤はそれら3つの薄毛に対して、何らかの作用を与えようとするものです。そして育毛剤の効果が発揮されれば、髪の毛が昔のようにしっかりと生えてくるようになり、髪の毛の成長スピードも回復する、というわけです。

 

 

育毛剤の役割をもう一度再確認

大まかに分けると、以下の3つの効果が育毛剤には期待できます。

 

男性型脱毛症を防ぐ作用

男性の薄毛の主要原因と行っても良いのが、AGA。すなわち男性型脱毛症です。
体内で、男性ホルモンのテストステロンと酵素である5αリダクターゼが結合することによってできる、ジヒドロテストステロンが毛母細胞に対して髪の毛を生やすな、といった命令を出します。その結果、毛母細胞は髪の毛を作る作用を弱め、結果的に髪の毛の成長が遅くなり薄毛になってしまうのです。

 

育毛剤には、男性型脱毛症を抑制させるための成分がいくつか含まれていることがあります。

 

・オウゴンエキス
・アロエエキス
・柑橘エキス
・ソウハクヒ
・冬虫夏草エキス
・フィナステリド・・・発毛医薬成分
・デュタステリド・・・発毛医薬成分

 

上記の成分に関しては、男性ホルモンのテストステロンに作用するわけではありません。酵素の5αリダクターゼの働きを抑制する機能があります。テストステロンと5αリダクターゼが結合しにくくなるので、髪の毛の成長スピードを鈍化させてしまう「ジヒドロテストステロン」が生み出されにくくなるのです。

 

血行不良を防ぐ作用

髪の毛は血液によって栄養が運ばれて生成されるものです。勝手に生えてきているわけではありません。血液の中にはタンパク質やアミノ酸といったものがあり、それらが合成されることでケラチンタンパク質になるのです。そして髪の毛が生えてくる、といった状態になっています。
仮に、毛母細胞に栄養を運ぶ血液量が少なくなってしまえば、当然髪の毛を作る成分が足りなくなってしまいます。髪の毛の成長スピードは遅くなり、細くなってしまったり、長く成長しなかったり、といった状態になりかねません。そもそも、毛母細胞自体が休眠状態になってしまう恐れもあるのでう。

 

そこで血行促進作用のある成分を育毛剤で頭皮に塗布していくことが求められるわけです。

 

・センブリエキス
・唐辛子チンキ
・ニンジンエキス(オタネニンジンエキス)
・ニンニクエキス
・イチョウ葉エキス
・ビタミンE
・クジンエキス
・ヒキオコシエキス
・ショウガエキス
・塩化カルプロニウム・・・・濃度が高いものは育毛剤として利用はできない
・ミノキシジル・・・医薬発毛成分

 

他にも様々な育毛成分がありますが、育毛剤には他にも様々な血行促進成分が入っています。育毛にとっては、血流を良くする、ということは最も大事なテーマでもあるのです。だからこそ、育毛剤には必ずといって血行促進成分が含まれています。

 

ちなみに、血行促進機能は髪の毛の成長などを早めるだけの作用があるわけではありません。頭皮環境を改善させる作用もあります。頭皮にターンオーバーを促進し、古い角質が早くなくなるような効果まで期待できるのです。

 

頭皮環境改善作用

頭皮には様々な問題が発生する可能性があります。例えば、炎症やニキビができている、ということもあるでしょう。姿勢鋳肌になっていたり、乾燥肌になっておいたり、敏感肌になっている、ということについても髪の毛にはよくありません。他にも、フケが出ていたり、痒みが出ていたり、といった事もあるのです。

 

問題となってくるのが、お肌に大きなダメージがもたらされてしまい、その結果頭皮の修復に髪の毛に使われるべき栄養が使い込見をされてしまう、ということです。髪の毛の成長は鈍化し、長くて太い毛には成長しない、といった事も考えられます。

 

頭皮環境を海戦させる成分も、育毛剤には必ずと行いってよいほど含まれています。

 

<保湿系成分>
・センブリエキス
・ヒアルロン酸
・イチョウ葉エキス
・ワレモコウエキス
・アロエエキス
・みかんエキス
・レモンエキス
・プラセンタ
・ヒオウギエキス
・オトギリソウエキス
・海藻エキスなど

 

<抗炎症系成分>
・グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)
・エビネエキス
・ヘチマエキス
・シラカバエキス
・アルテミシアウンベリホルミスエキス
・ヨーロッパシラカバ樹皮エキス
・トウガラシチンキ
・トウキンセンカエキス、
・ショウキョウエキス
・シャクヤクエキス
・ドクダミエキス
・スギナエキス
・月見草エキスなど

 

<抗菌・殺菌成分>
・イソプロピルメチルフェノール
・ヒノキチオール
・サンショウエキス
・ヨウ化ニンニクエキス
・オウゴンエキス
・クララエキス
・セイヨウオトギリソウエキス
・サボンソウエキス
・ドクダミエキス
・オウバクエキス
・チャエキスなど

 

抗菌作用に関しても、育毛費は非常に重要です。我々の頭皮には菌がたくさんいるわけですが、問題は大量繁殖してしまった場合です。菌によって皮膚は大きな影響を受けるようになるのです。ニキビも菌(アクネ菌)による影響が大きいですし、痒みや炎症といったものも菌が関連しています。

 

抗菌作用のある成分が含まれた育毛剤を利用することで、頭皮環境が落ち着く、といった効果が得られるわけです。

 

髪の毛は育毛剤によって1日でどのくらい伸びるのか?

そもそも、もともとどのくらいのスピードで伸びていたのか、ということも関わってくるので、個人差が非常にあります。育毛剤を利用したからといって、成長スピードに全く変化がない方もいます。一方で、2倍のスピードで生えてくるようになった、という方もいるのです。

 

一般的な髪の毛の成長スピード・・・1日あたり0.3ミリメートルから0.4ミリメートル

上記が一般的なスピードになるわけですが、育毛剤を利用したからといって、0.3ミリメートルから0.4ミリメートルを超える早さになるわけではありません。理解してほしいのは、薄毛になっているということは髪の毛の成長速度が遅くなっている、ということです。

 

男性型脱毛症の影響を受けた毛根からは、髪の毛がゆっくりとしか伸びません。1日あたり0.1ミリメートルも伸びていないこともあるのです。そういった毛が育毛剤を利用して、1日あたり0.2ミリメートル伸びるようになったらいかがでしょうか、大きな変化、といえるわけですよね。確かに、通常よりは成長が遅いわけですが、十分に育毛剤の効果が得られている状態、といえるわけです。

 

ちなみに、髪の毛がフサフサである方が育毛剤を利用したからといって、髪の毛の成長スピードが特別早くなるわけではありません。もともと成長スピードが遅くなっている方であれば、もしかすると2倍弱程度の成長スピードがえられるかも知れませんが、1日で1センチ伸びる、とうことはありえないのです。
もしも育毛剤を利用して1日に髪の毛が1センチも伸びてしまったら、高頻度に髪の毛を切らなければならなくなってしまいますよね。
人体にそれほどの影響を育毛剤が与えることはありません。

 

季節による髪の毛の成長スピードの違いに注目

・夏・・・髪の毛の伸びるスピードが早い
・冬・・・髪の毛の伸びるスピードが遅い

 

実は季節によってかなり髪の毛の成長度合いに差があることがわかっているのです。冬と夏を比較すると、夏は冬の1.7倍の速さで髪の毛が伸びている、といった研究結果も出ているのです。

 

なぜ夏のほうが髪の毛が早く伸びるのかというと、やはり暖かさが関係しています。暖かいと血行が良い状態になります。血管が拡張しているわけです。毛母細胞にしっかりと栄養が送られるような状態になるので、髪の毛が伸びるスピードが早くなる、というわけです。

 

ちなみに冬と冷え性は似ています。体が冷えると、血管が収縮するといった状態になるのです。だからこそ、冬は毛母細胞に栄養が送られにくくなり、髪の毛の成長力がダウンしています。

 

 

育毛剤を使っているときと使っていないときの伸びる長さの差

育毛剤を使う場合と使わない場合で、1日あたりでは0.01ミリメートルや 0.02ミリメートルの差になっていることもあります。一方で、0.05ミリメートルや0.1ミリメートルの差になっていることもあるのです。

 

仮に、0.1ミリメートルの差の場合は、1ヶ月で0.3センチの差になります。3ヶ月で約1センチも変わってきてしまうのです。1日あたりではそれほど大きな差には感じなかったとしても、総合的に考えると大きな差になることはある、と覚えておきましょう。

 

 

育毛剤以外に取り入れたい生活習慣

栄養対策とストレス対策が非常に重要になります。育毛剤の効果を高めることにもつながりますし髪の毛の成長を早めることも、こちらの対策を行えば可能です。

 

栄養対策について

髪の毛を作る成分を積極的に摂取することが大事です。

 

<髪の毛を作るために必要な成分>
・タンパク質
・アミノ酸

 

髪の毛の99%はケラチンタンパク質、というものです。要はタンパク質が髪の毛のほとんどとなっているので、摂取量が足りなければ髪の毛が作られにくくなってしまいます。
質の良いタンパク質を積極的に摂取してください。例えば、大豆製品であるとか、魚などがおすすめです。鶏肉も脂分が少ないのでおすすめですよ。
牛肉や豚肉に関しては脂質が多いので、頭皮環境を悪化させる恐れがあるので注意してください。

 

※脂質が多い食品を摂取すると、皮脂腺を活発化させてしまいます。

 

ちなみにタンパク質の一日の推奨摂取量は、「体重÷1,000」です。
例えば体重が70キロの方であれば、

 

「70キログラム÷1,000=70グラム」となります。

 

ただし、運動を定期的に行っている方は、タンパク率の消費率が高いので多めに摂取しましょう。筋トレなどを行っている方は、「体重÷500」という計算式で1日の推奨摂取量を把握しても構いません。

 

アミノ酸については、髪の毛を作る時に利用されています。タンパク質だけでは髪の毛になりません。髪の毛を作るときにアミノ酸が必要になってくるのです。アミノ酸については、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。中には、体内で作ることが出来るアミノ酸もあるので、すべてのアミノ酸を食品で摂取する必要はありません。

 

ストレス対策

なぜストレス対策が必要になってくるのかと言えば、血行に関わってくるからです。ストレスが高まってしまうと、高血圧の状態になってしまうのです。血管が収縮してしまい、血流が悪くなってしまいます。
毛母細胞に髪の毛を作るための栄養素が送られない、といった状態になってしまうので、髪の毛の成長が鈍ってしまうんです。

 

ストレスを解消するために最もおすすめなのが、「寝る」ということです。睡眠不足になってしまうと、ストレスはいつまでたっても身体から抜けていきません。しっかりとした睡眠時間を確保することが何よりも大事なのです。

 

1日あたりの推奨睡眠時間・・・7時間

1日あたりの睡眠時間が5時間未満、という方は慢性的な寝不足状態です。ストレスも高まったままになってしまうので、髪の毛にもよくありません。

 

毎日の睡眠時間の確保、ということは髪の毛だけではなく全身の健康にも関わってくるものです。寝不足状態が続いている方は早急に対策をたてなければなりません。

 

ちなみに、質の良い睡眠をとるためには「朝起きた時に日差しを浴びる」という方法がおすすめです。人体には起きた時に日差しを浴びると、その16時間後に眠くなる、といったサイクルがあるのです。

 

 

髪の毛が抜けて伸びる仕組み

髪の毛にはサイクルがあります。いつまでも生え続けているわけではありません。ですから、毎日抜け毛が一定量ある、というのはおかしなことでもないのです。平均すると、フサフサの方であったとしても、1日あたり50本から100本程度は抜けています。

 

<髪の毛のサイクル>
・成長期・・・髪の毛が伸びている期間、通常は3年から6年程度
・退行期・・・髪の毛のシエ長がストップする時期、2週間程度
・休止期・・・毛根が縮小しきった状態になり最終的には髪の毛が脱毛する、3ヶ月から4ヶ月程度

 

髪の毛は、上記のサイクルを繰り返していることになります。「成長期→退行期→休止期→成長期→退行期・・・・・・・・・・・・・・・・」といった具合です。

 

薄毛はそのサイクルに影響が与えられることで発症します。成長期が短くなってしまうのです。数カ月から1年程度で脱毛へ向かってしまうこともあります。成長期が短いということは髪の毛の成長も遅いわけです。産毛の状態で成長もストップし、すぐに抜けてしまいます。その結果、1日あたりの抜け毛の数も増えてしまうわけです。

 

 

髪の毛を伸ばすために育毛剤を選ぶコツ

・AGAのケース・・・5αリダクターゼ対策ができる成分が含まれているものを利用すること
・びまん性脱毛症のケース・・・血行促進作用のある成分が入っている育毛剤を利用すること

 

髪の毛を伸ばすためには、何よりも薄毛の根本原因を取り除くことが大事です。だからこそ、AGAであれば原因を作る5αリダクターゼ対策ができるオウゴンエキスやフィナステリド(育毛剤ではなく発毛剤に含まれている成分)が入っているものを活用しましょう。

 

びまん性脱毛症は血行不良によって引き起こされるので、センブリエキスや唐辛子チンキ、さらにミノキシジル(育毛剤ではなく発毛剤に含まれている成分)などの血行促進作用のある成分が含まれているものを利用すべきです。

 

要は、まずは自分の薄毛の原因に対処できる育毛剤を選択する、ということが重要なのです。その上で、髪の毛に栄養を運びやすくなる血行促進作用のある成分が含まれていれば、言うことはありません。

 

 

髪の成分にオススメな栄養

髪の毛の直接的な成分になっているのは、タンパク質であることは述べました。その他に、髪の毛の成長に大きく関わるであろう成分を幾つか紹介します。食事対策をする場合や、サプリメントによる育毛を考えている方は参考にしてください。

 

【ビタミンA】
新陳代謝を促進させる機能を持った栄養素です。新陳代謝が良くなるということは、毛母細胞が活発に働きやすくなる、ということでもあります。
毛母細胞が休眠状態になってしまうと、髪の毛の成長も鈍化してしまいます。しかし、ビタミンAがしっかりとい作用すれば、毛母細胞も活性化し、髪の毛が成長しやすい状態を作り出してくれるわけです。

 

【ビタミンB群】
・葉酸・・・タンパク質の吸収を促してくれる、頭皮の環境改善作用あり、血行促進作用あり
・ビタミンB2・・・細胞の新陳代謝の活性化作用あり、皮脂の分泌バランスを整えてくれる
・ビタミンB6・・・タンパク質の吸収促進作用あり、ケラチンタンパク質(髪の毛の主成分)の生成をサポートする

 

ビタミンB群に関しては、タンパク質の吸収を促進させてくれるような機能を持っています。単にタンパク質を摂っただけでは、それが身体に活かされるとは限りません。ビタミンB群も一緒に摂取すれば、タンパク質が身体に活かされやすくなり、髪の毛の成長にも役立ってくれる、と考えられるわけです。

 

ちなみに葉酸に関しては、血液の巨大化を抑える機能があります。毛細血管まで髪の毛が行き渡りやすくする機能もあるのです。妊娠中にも必須の成分とされていますが、実は産後脱毛にも有効な成分としていま大注目されています。

 

【ビタミンC】
最近では、育毛剤にも含まれるようになりました。ただし、経口よりも経皮のほうが効果はあると言われているので、できれば育毛剤などで摂取したほうが良いかもしれません。

 

ビタミンCに関しては、抗酸化作用があるので頭皮の老化、というものを抑えてくれます。さらにコラーゲンやタンパク質の構成を促進させてくれる嬉しい効果もあるのです。

 

ビタミンCにはこうストレス作用もあり、ストレス過多状態が続いている方は食品やサプリメントで積極的に体内に取り込みましょう。

 

【ビタミンE】
酢酸トコフェロールと言ったネーミングのほうが分かりやすいかも知れません。ビタミンEには育毛効果があることが知られており、実際に多くの育毛剤に含まれています。

 

ビタミンEの育毛効果ですが、多岐にわたります。まずは血行促進効果があるので、髪の毛の成長を早めてくれるのです。他にも抗炎症作用や抗酸化作用があります。頭皮環境を整えてくれるような機能も期待できるわけです。

 

【亜鉛】
タンパク質の吸収促進作用があることでも知られているのが亜鉛です。しかし、男性の薄毛の根本原因にも対処してくれる機能を持っていることが分かっています。

 

5αリダクターゼの活性度合いを引き下げてくれる機能があることがわかっているのです。要は、AGAの根本原因に対処できる成分が普通の食事からも摂取できる、というわけなのです。

 

前頭部や頭頂部、といった局所的な薄毛になっている方は男性型脱毛症(AGA)の確率が極めて高いです。亜鉛を積極的に摂取して育毛対策としましょう。

 

 

髪を伸ばすために頭皮の健康も大切な理由

髪の毛に使われるべき栄養が、頭皮に使われてしまう可能性があるからです。仮に頭皮が赤く炎症を起こしてしまっていると、その修復に栄養が送られてしまいます。

 

ちなみに、手でも足でも指に炎症が起こった経験はありますか?実は指や足に強めの炎症が起きてしまうと、爪が成長しない、といった状態になってしまうことがあります。要は、炎症に栄養が吸い上げられてしまい、爪に対する栄養が届かなくなってしまうわけ。頭皮でも同じような状況になります。髪の毛に送られるはずであったタンパク質が皮膚の修復に利用されるので、髪の毛は成長しにくくなります。

 

頭皮の状態ですが、脂性肌もよくありませんし、乾燥肌もよくありません。

 

・脂性肌・・・皮脂が大量にあるので、菌が繁殖しやすい
・乾燥肌・・・皮膚のバリア機能がない状態なので、ちょっと触ってしまうだけでも傷ついてしまう

 

脂性肌と乾燥肌を抑える方法ですが、有効なのが保湿です。乾燥肌の場合は保湿したほうが良い、というのはよくわかると思います。一方で、脂性肌なのに保湿する、というのはおかしなことだと思いますよね。

 

実は、脂性肌は乾燥肌によって引き起こされている可能性が高いのです。洗浄力の強いシャンプーを使っていると、頭皮から皮脂が除去されてしまうので風呂上がりに乾燥肌になってしまいます。その状態を危険と判断した皮脂腺は、活発に皮脂を分泌し始めるのです。その結果、頭皮が皮脂で覆われてしまい、脂性肌に・・・。「隠れ乾燥肌」と呼ばれる症状です。

 

育毛剤のほとんどに保湿成分が含まれています。育毛剤を利用したところ、頭皮環境が抜群に回復した、といった事例も多いので注目ですよ。

 

 

育毛剤の成分を確認

育毛剤を選ぶときには、必ず成分をチェックしましょう。そして原材料表などのトップに何が来ているのかを確認してください。実は、配合量が多いものから記載される、といった特徴があるのです。

 

一番に考えてほしいのは、自分の薄毛の原因位対処できる成分がトップに来ているか、ということです。

 

血行が悪いのが原因で薄毛になっている方は、血流促進成分がトップに来ている育毛剤を選択すべきです。
頭皮環境が悪化している方は、抗炎症成分や保湿成分がトップに来ているものを選択しましょう。
男性型脱毛症の方は、AGA対策ができる成分がトップに来ているかを確認してください。

 

育毛剤の効果は成分によって左右されます。自分と相性の良い成分を早めに発見する、ということが育毛生活を成功に導きます。

 

 

髪の毛を早く伸ばしたい人が知るべき情報

 

亜鉛がおすすめな理由

髪の毛の主成分はタンパク質ですが、そのタンパク質を構成するのに役立っているのが亜鉛です。亜鉛が足りない状態になってしまえば、タンパク質は摂取しているのに髪の毛が生成されない、といった状態になってしまうのです。

 

具体的に解説すると、タンパク質を摂取してもそのまま髪の毛に利用されるわけではありません。タンパク質から、髪の毛の主成分であるケラチンタンパク質に再構築されなければダメなんです。その時に役立っているのが亜鉛なのです。再構築するためには亜鉛は欠かせません。

 

亜鉛にはもう一つ注目すべき効果があります。男性の薄毛の主原因は男性型脱毛症(AGA)であることはすでに述べました。その男性型脱毛症ですが、原因となっているのはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれているものなのです。DHTは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼによって作られるわけですが、亜鉛はそのうち5αリダクターゼに対する働きかけがあることで知られています。
亜鉛には5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があるのです。

 

5αリダクターゼの働きが抑制されれば、男性ホルモンのテストステロンと結合しにくくなります。脱毛原因物質であるジヒドロテストステロンが生み出されにくくなるので、結果的に男性型脱毛症が改善していく、と言うわけです。

 

男性型脱毛症は体外からではなかなか対処できない、とされているのです。だからこそ、体内における亜鉛による対策、というものは極めて重要になります。

 

亜鉛が不足すると髪の毛はどうなってしまうのか?

・抜け毛が増加してしまう
・白髪が増加してしまう
・髪の毛が細くなってしまったり、短いまま抜けてしまったりする
・育毛剤を利用しても効果が得られない

 

亜鉛不足は髪の毛の状態を著しく悪化させる可能性があります。定期的にしっかりと体内に補給し続けてあげなければなりません。
特に注目をしてほしいのが、育毛剤の効果です。仮に育毛剤を利用して髪の毛に良い成分などを頭皮に塗布したとしても、そもそも髪の毛の生成に関わる亜鉛の摂取量が少なければ効果が出てこないわけです。育毛剤の育毛効果を促進させるためにも、亜鉛は積極的に摂取しましょう。

 

 

髪を早く伸ばす際に避けたい生活習慣

髪の毛の成長を阻害してしまう生活習慣で、特に注意しなければ奈良に事は5つあります。その一つでも行っている方は、薄毛のリスクが有る、ということになるので、見直しを検討しましょう。

 

髪の毛の成長を阻害する生活習慣その1 喫煙習慣

タバコを吸っている、という方は髪の毛の成長が遅くなってしまうことがあります。タバコには、そもそも血行を阻害してしまうような作用が認められているのです。髪の毛に栄養が行き届かなくなり、髪の毛の成長が遅くなってしまいます。

 

タバコには、ニコチンという物質が含まれています。中毒性のある物質であり、その補給のためにタバコを吸っている、と言っても過言ではありません。そのニコチンには、血管を収縮させてしまう機能があることでも知られています。血行を阻害してしまう機能がある物質を、タバコを吸うごとに体内に吸収していることになるのです。

 

喫煙習慣は特に育毛の達成を遠ざけてしまうもの。早急に禁煙対策を実施してください。

 

髪の毛の成長を阻害する生活習慣その2 夜更かし

寝る時間がバラバラで徹夜をしてしまうこともある、という方も多いのではありませんか。睡眠時間が不安定だと、それが影響で髪の毛の成長が遅れてしまう、ということがあります。

 

睡眠には脳をリラックスさせる、といった大事な機能があるのです。脳がリラックスをするとストレス解消をすることになります。起きているときにはストレスが我々の身体にはかかってくるのですが、そのストレスは寝ることによってのみ解消される、と言われているほどです。

 

ストレスには、血管をすぼめる作用があり、ストレス過多な状態が続けば血管がすぼまったままになってしまいます。太い血管のみに血液が集中し、頭皮の髪の毛に栄養を送っている毛細血管には血液が行き渡らなくなってしまうのです。

 

睡眠時間は1日あたり6時間から7時間は確保してください。また、週末の寝だめ対策、というのもあまり良くありません。その日のストレスは、その日のうちに解消する、ということが大事になってくるわけです。翌日以降に持ち越してしまうと、髪の毛に悪影響が出てきてしまいます。

 

髪の毛の成長を阻害する生活習慣その3 シャンプー・リンス・コンディショナー

髪の毛の成長を阻害するものとして、頭皮環境の悪化があります。特によくないのが頭皮の炎症ですが、その炎症に関わっているのが、シャンプーやリンス、そしてコンディショナーです。

 

シャンプーなどを利用した場合には、すすぎはしっかりと行ってください。リンスやコンディショナーに関しても頭皮に残ってないような状態にしなければなりません。もしもそれらが残ってしまうと、頭皮にとっては負担になってしまいます。かゆみを発生させることにもなりかねません。炎症を引き起こしてしまい、髪の毛の養分を奪い去ってしまう可能性も出てくるのです。

 

シャンプーやリンスを行ったあとは、念を入りに洗い流してくださいね。ちなみに、よく言われているのが、「シャンプーをする時間の2倍の時間をかけてすすぎを行う」ということです。頭皮にシャンプーなどが残っていないかを確認してください。

 

髪の毛の成長を阻害する生活習慣その4 過度なダイエット

運動ダイエットなどであれば問題ありません。多少糖質を制限するようなダイエットも大丈夫です。問題は過度なダイエットです。

 

髪の毛の成長には、タンパク質などの栄養素が必要です。過度なダイエットをしてしまうと、極端な食生活をすることになりますよね。例えば、お肉を食べない、という方もいるんです。そうなると引き起こされるのが、タンパク質不足。髪の毛の主原料が足りなくなってしまえば、当然成長も鈍化してしまいます。

 

さらに過度なダイエットが、空腹によるストレスも発生させてしまいます。前述したように、ストレスは髪の毛には大敵です。過度なダイエットはしないようにしてください。

 

運動ダイエットと取り込んで、一定以上の栄養素は確保する、といったダイエットを行いましょう。

 

髪の毛の成長を阻害する生活習慣その5 ストレス

ストレスは胃腸の働きを悪くしてしまいます。その毛か、しっかりとした栄養素を摂取したと思っても、腸から体内に吸収されていきません。腸内環境も悪化します。下痢に発展してしまったり、便秘になってしまったり、ということがあるのです。

 

ストレスを溜め込まないように生活してください。前述した睡眠時間の確保も重要です。また、週に1日くらいはストレスフリーな時間を作る、ということも重要です。一定時間好きなことだけをして過ごすわけです。

 

仕事のストレスや人間関係のストレスは、そう簡単に解消されるわけではありません。ストレスと上手く折り合いをつけていく、ということも大事になってくるのです。

 

髪の毛を伸ばすのにおすすめな食べ物

【タンパク質を豊富に含んでいる食べ物】
・お肉
・魚
・たまご
・大豆製品
・牛乳などの乳製品

 

原料になるものを摂取しなければ仮眠も毛は生えてきません。まずはタンパク質の摂取に重点を置いてください。タンパク質を含んでいる食べ物はたくさんありますが、その中で特におすすめとされているのが「たまご」です。

 

たまごにはタンパク質が含まれているわけですが、その他にも有効成分がたくさん含まれているのです。例えば、AGAを阻害する効果があるとされる亜鉛も含まれています。他にも髪の毛に良いとされる、鉄やセレニウム、そしてミネラルやビオチンまで入っているのです。

 

たまごはコレステロールにも影響を与えるとされているので、大量に食べるのはリスクが高いですが、1日あたり1個程度は摂取しておきたいところです。

 

また、大豆製品にも注目しなければなりません。大豆製品に関しては、まずは畑のお肉と言われるほど豊富なタンパク質が含まれています。さらに、大豆イソフラボンと行った成分が含まれているのです。大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た作用があると言われており、髪の毛の成長期間を伸ばす、といった作用が期待されています。

 

※女性の髪の毛の成長期間は男性よりも長いとされていますが、その原因として考えられているのが女性ホルモンの存在です。

 

緑黄色野菜を食べよう

ビタミンが多く摂取できる、といったメリットがあります。
髪の毛を成長させるためには、頭皮環境を良くする、ということが大事になって来るわけです。ビタミンには皮膚の状態を整えたり、新陳代謝を活性化させたりする機能もあります。頭皮が若い状態を保てるようになるので、髪の毛の成長を促進させるためには欠かせません。

 

ほうれん草や小松菜、そしてトマトや人参、そしてブロッコリーなどが特におすすめの緑黄色野菜です。

 

※果物にもビタミンは豊富に含まれています。

 

番外編 唐辛子について

唐辛子については、適量であれば、髪の毛の成長を促進させる機能がある、と考えられます。血行を良くする作用があるので、髪の毛に栄養が送られやすくなるのです。

 

ただし、大量に摂取すると皮脂腺や汗腺を刺激することになります。頭皮の上がベトベトの状態になってしまう可能性もあるので、逆に頭皮環境の悪化を招くようなことも考えられるわけです。唐辛子に関しては、摂取量には気をつけましょう。

 

※唐辛子以外の酵素やしょうがと行ったものにも体を暖める作用(血行を良くする作用)があるので、酵素や生姜を摂取をするのもおすすめです。

 

 

一緒に取り入れたい頭皮マッサージの方法

髪の毛の成長を促進させたいのであれば、育毛マッサージも取り入れるべきです。マッサージを行うことで頭皮の血行が良くなるので、髪の毛が成長しやすい状態になります。

 

頭皮マッサージの方法は、指の腹を使って頭皮を押す、というものです。マッサージ方法には、さすったり叩いたり揉んだり、というものがありますよね。その中でも、最も血行が高まるのは、「押す」というものなんです。ですから、頭皮マッサージを行う場合には、指の腹を使って頭皮を押してください。もちろん強く押すと頭皮を痛めてしまうので、軽く押してくださいね。

 

頭皮以外にも、耳の周辺をマッサージすることも忘れないでください。耳の周辺には太い血管が通っており、頭皮に血液を送っているのです。ですから、そこの血行を良くすることができれば、髪の毛にも栄養が送られやすくなります。

 

首や肩もできればマッサージしてください。首や肩に凝りがある場合には、その周辺の血行が悪くなっているケースがあるんです。当然、頭皮への血流も悪くなってしまうので、髪の毛の成長促進のためには首や肩残りも取り除かなければなりません。

 

 

育毛剤のほかに用意しておくといいアイテム

育毛剤のみでの育毛対策というものでは、少し頼りないこともあります。育毛剤だけだと、効果が現れるまでに時間がかかってしまうのです。

 

こちらでは育毛剤以外に髪の毛の成長を促進させるためのアイテムを幾つか紹介します。

 

育毛系シャンプー

今話題のスカルプシャンプーを利用すべき、と言っているのではありません。実はシャンプーにも頭皮に優しいものと悪いものがあります。
一般販売されているシャンプーですが、高級アルコールシャンプーと言われています。高級アルコールシャンプーは、洗浄力が極めて高いので頭皮に対して刺激を与えてしまうのです。

 

育毛のためにはアミノ酸シャンプーや無添加シャンプーを利用してください。アミノ酸シャンプーは、人のお肌と同じく弱酸性なので刺激が少ないです。

 

育毛サプリメント

それこそ、ここまで紹介してきた亜鉛と行ったものを摂取することにもつながります。また、男性型脱毛症対策ができるノコギリヤシ、といったものが含まれているケースも有るのです。
偏食気味の方は髪の毛の成長が悪くなることもあります。育毛サプリメントで効率的に身体に栄養を補給していきましょう。

 

獣毛ブラシ

ブラシには髪の毛を整える、といった機能以外にも汚れを落としたり、頭皮の血行を高めたり、といった役割があります。

 

獣毛ブラシに関しては、静電気が発生する確率が低い、といったメリットもあります。頭皮へのほどよい刺激もあり、血行促進作用も期待できます。

 

ちなみに、一般的なナイロンブラシや合成樹脂ブラシはおすすめできません。静電気を発生させてしまったり、髪の毛や頭皮を痛めてしまったりこともあるからです。

 

「ブラシ=育毛アイテム」といった考え方はなかったかもしれません。しかし、毎日利用するものですよね。だからこそ、ブラシ選びにも力を入れていきましょう。

 

 

女性の髪の毛も育毛剤で伸ばせるというのは本当なのか!

 

女性の髪の毛も育毛剤で伸びるのか?

その可能性はあります。女性の薄毛の主原因は、血行不良によるものです。毛母細胞に髪の毛を作るための栄養があまり送られないことで発症してしまう薄毛です。そこで血行促進作用のある育毛剤を利用した場合には、髪の毛の成長がいままで以上に早くなる、ということは十分に考えられるわけです。

 

ただし、あくまで自身の薄毛の原因とマッチングした育毛剤を利用した場合のみです。血行不良による薄毛なのに、血行促進成分がほとんど入っていないような育毛剤を利用したとしても、良い効果があらわれるとは考えられません。

 

一方で、男性よりも女性の方が育毛剤によって髪の毛の伸びるスピードが早くなる可能性は高い、とも考えられます。男性の薄毛は、遺伝性のもので体内が深く関わっているのです。体内で脱毛原因物質が生み出され、その物質が毛母細胞に作用して薄毛を招いてしまいます。より複雑な薄毛の原因となっています。
女性の薄毛に関しては、血行不良であるとか頭皮環境の悪化、といった比較的単純なものです。育毛剤だけでも治る可能性の高い原因となっているので、男性よりも育毛剤の効果が得られやすい、ということは覚えておきましょう。

 

 

髪を伸ばすための育毛剤の使い方

【1日あたり複数回は利用すること】
育毛剤は、1日あたり1回だけ塗布すればいい、と勘違いしている方も多いです。しかし、育毛剤に関しては1日あたり2回利用してください。そもそも1回だけの塗布では、効果が与えられる時間帯が限定的なのです。1回塗布しても短ければ4時間程度で効力が切れてしまいます。長かったとしても8時間程度、とされてしまうのです。

 

1回しか塗布しなかった場合には、24時間中4時間から8時間しか髪の毛に良い作用が与えられない、ということになります。

 

育毛剤の多くは、1日あたり2回塗布するように設定されています。1日あたり2回塗布しても、1日あたり8時間から16時間程度の効果しか与えられないのですが、その期間は髪の毛に良い効果が与えられつづけることになります。1回の塗布よりも各段に髪の毛への効果が得られやすくなるわけです。

 

【頭皮が綺麗な時に利用すること】
頭皮が汚れていたり汗をかいていたりする時に、育毛剤を利用したとしても大きな効果は得られません。例えば、皮脂やホコリ等が頭皮にいっぱいあるということは、毛穴が詰まっているわけです。髪の毛の成長を促進させる可能性のある血行促進成分を含んだ育毛剤も、毛穴の奥に浸透できません。その結果、表面的な効果しか与えられない状態になってしまい、ほとんど結果が出ないことも考えられるわけです。

 

汗をかいている状態の時に育毛剤を利用するのもよくありません。頭皮に水分がいっぱいある状態で育毛剤を塗布すると、育毛剤の濃度が薄まってしまいます。さらに汗と一緒に育毛剤が顔や首などに流れていってしまうかもしれません。
育毛剤を利用する前には、頭皮に汗がついていないかを確認し、汗がついていたらタオルなどでしっかりと拭き取ってから塗布するようにしてください。

 

【頭皮マッサージも同時に行うこと】
育毛剤を塗布する時には、同時に頭皮マッサージも行いましょう。育毛剤にも血行促進作用があるのですが、頭皮マッサージにも血行促進作用があります。髪の毛に栄養が送られやすくなるので、髪の毛が太く逞しく生えてくる、ということも考えられるわけです。

 

マッサージは薄くなっている部位だけではなく、周辺もあわせて行なうと、より効果が高まります。

 

※マッサージする前には、必ず手を洗浄してください。仮に、手に汚れ(菌)がついたままマッサージをしてしまうと、頭皮環境を悪化する原因を自分で作ってしまうことになります。

 

【入浴後に育毛剤を利用すること】
入直後は最も頭皮が綺麗状態なので、育毛剤が浸透しやすい、といったメリットがあります。さらに、入浴することで頭皮が温められており、毛穴も開いている状態なので、そのような時に育毛剤を利用することで、育毛剤の浸透力はさらにアップします。

 

毛穴の奥に育毛剤が到達できれば、髪の毛の成長に関わる毛母細胞のより近い部分で作用してくれます。血行促進作用や頭皮環境を改善させるような後かも得られやすくなる、と言うわけです。

 

【育毛剤を適量利用すること】
よく行ってしまうのが、育毛剤をケチってしまう、ということです。1ボトルあたり1ヶ月程度が目安となっているのですが、育毛剤も安くはありません。高いものになると、1ヶ月分で15,000円から20,000円近くするものもあります。そこでしてしまうのが、わざと少量しか利用しない、ということです。そうすれば長持ちするので確かに経済的にはなります。しかし、効果は得られなくなってしまうかもしれません。

 

育毛剤には様々な成分が含まれているのですが、より効果的になる分量を1回分として計算して含んでいるのです。仮に、1回の容量の半分程度しか塗布しなかった場合には、有効成分量が少ないおかげで良い効果が得られない、といった事も考えられるのです。

 

育毛剤の1回あたりの利用量に関しては、説明書やパッケージなどに記載されているはずです。

 

・スプレータイプであれば・・・「5回プッシュ」など
・ノズルタイプやスポイトタイプであれば・・・「1ミリリットル」など

 

といった記載がされていませんか。その指定された分量を必ず守って育毛剤を塗布してください。ケチってしまって効果が得られない、といった状況を作り出すこと自体が無駄なことでもあるのです。適量使っていれば効果が得られたはずなのに、効果がないと思って利用をやめてしまえば本末転倒も良いところですよね。

 

 

・育毛剤を使っても髪の毛が伸びない人の特徴

 

・育毛剤の方向性がマッチングしていない
・生活習慣が乱れている

 

【育毛剤とのマッチングについて】
最も確率として高くなっているのが、薄毛の原因と育毛剤の効果がマッチングしていない、というこのです。

 

たとえば、

 

・頭皮環境の悪化が薄毛の原因なのに、血行促進効果がメインの育毛剤を利用していた
・血行不良が薄毛の原因だったのに、頭皮環境改善効果がメインの育毛剤を利用していた

 

というものがあります。自分の薄毛の原因と見当違いな育毛剤を使っていたとしても高い効果は得られません。

 

特に女性が気をつけてほしいのが、男性用の育毛剤を利用してしまう、ということです。男性型育毛剤に関しては、AGAに対する効果に特化して作られています。女性は基本的に男性型脱毛症が発症することはないので、高い効果をもたらしてくれるとは考えにくいのです。

 

※FAGA(女性男性型脱毛症)というものが女性にも発症する可能性はある、とされています。しかし、そもそも女性にはテストステロン(男性ホルモン)を分泌する機関である「睾丸」が存在していません。ですから、女性には基本的にAGAは発症しない、と考えられているのです。、テストステロンを投与するくらいのことをしなければ、FAGAにはなりません。

 

【生活習慣の乱れについて】
生活習慣が乱れている方も育毛剤の効果が得られにくいです。どんなに素晴らしい育毛剤を利用したとしても、体の基本と形作る生活習慣に問題があれば意味はありません。

 

・睡眠不足である
・暴飲暴食をしている
・喫煙習慣がある

 

上記に一つでも当てはまる方は、育毛剤の効果が出にくいです。

 

睡眠不足に関しては、ストレスと直結してしまいます。血行不良を招くので、かえって髪の毛の成長スピードは遅れてしまうのです。

 

暴飲暴食で気をつけたいのが、「お肉の食べ過ぎ」であるとか「甘いもの食べ過ぎ」です。脂分と油分を多く摂取してしまうと、頭皮環境の悪化を招きます。
脂分と油分を多く摂取すると、体内に不必要なほど脂分や油分が貯まってしまいます。排出しなければならないので、皮脂腺を活発化する作用が働いてしまうのです。頭皮には身体の中でも屈指ともいえる数の皮脂腺があります。要は、脂性肌になりやすい部位なのです。頭皮中が皮脂だらけになってしまい、その皮脂を餌とする菌が大量繁殖してしまいます。大量繁殖した菌は、皮膚に対して悪さをしてしまいます。ニキビがその代表格です。
暴飲暴食は育毛剤の効果を半減にすることもあるので、規則正しい食生活、というものも心がけてください。

 

健康にも良くないものとして知られていますが、髪の毛にもよくないのがタバコです。特にヘビースモーカーの方は、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。特に注意すべきは、ニコチンによる血行の阻害作用です。育毛剤に含まれる血行促進成分を全く無意味にしてしまうほどの作用があるので、育毛剤とタバコは共存できません。
育毛をしたいのであれば、禁煙をするほかないのです。

 

 

髪の毛の伸びる速さと女性ホルモンの関係

女性には男性と異なって、女性ホルモンが非常に多く分泌されています。女性ホルモンには女性的な機能を維持するための役割があるので、女性にとっては必要不可欠なもの。
そして注目してほしいのが、女性ホルモンは髪の毛に対して一定の作用を与えている、ということです。

 

女性ホルモンには髪の毛の成長を促進させる、といった作用があります。だからこそ、女性は女性ホルモンが減ってしまうと、薄毛になる可能性が高まってしまうのです。女性ホルモンが減る時期は、産後と更年期障害以後です。そのどちらの時期も女性の髪の毛が薄くなることは知られていますよね。
産後は産後脱毛、といったものが起こります。更年期障害になると、全体的に少しずつ髪の毛が薄くなる「びまん性脱毛症」を発症してしまうのです。

 

なぜ女性ホルモンが減ると髪の毛に問題が起こるのか、ということを知るためには女性ホルモンの働きを知らなければなりません。

 

女性ホルモンが髪の毛に与えている作用

・血行を促進し、髪の毛に栄養を送りやすくしている
・髪の毛の成長期間を長くしている

 

女性は冷え性が多いので、女性ホルモンには血行を阻害する作用があるのではないか、と思っている方も多いのは事実です。しかし、真実は異なります。女性ホルモンには、かえって血行を促進させるような作用が認められているのです。男性と女性で冷え性になる方の割合に差があるのは、女性ホルモンではなく筋肉量の違いがかかわっていることも忘れてはなりません。

 

女性ホルモンの髪の毛に果たしている、もう一つの大きな役割として注目してほしいのが髪の毛の成長期間を伸ばす、というものです。髪の毛にはサイクルがあり、髪の毛が伸びている機関のことを成長期、とよんでいます。薄毛が発症していない時の髪の毛は、成長期間が4年から6年間と言われています。一方で男性は3年間から5年間と言われています。1年間程度の差があるわけですが、その差に関わっているのが女性ホルモンなのです。

 

女性ホルモンには髪の毛の成長期間を引き伸ばす作用があるので、長い期間伸び続けます。その結果、男性に比べて1日あたりの平気の抜け毛量が少ない状態になるわけです。生えている髪の毛の割合も多くなります。
しかし、女性ホルモンが減ってしまえば、当然成長期間は短くなります。髪の毛が成長しきっていない段階で抜けてしまう、といった事もあるのです。髪の毛が長くなる前に抜けてしまう恐れもあり、女性ホルモンは女性の薄毛に大きく関わっている、ということが言えるわけです。

 

 

育毛剤は前髪を伸ばすこともできるのか?

 

前髪を早く育毛剤で伸ばせるのか

薄毛を発症していない状態であれば不可能です。髪の毛の伸びるスピードが大体決まっています。個人差はありますが、1ヶ月あたりで、1センチから1.5センチほど伸びるのです。それ以上の早いスピードで髪の毛を伸ばす、ということはいくら強力な育毛剤があったとしてもできません。

 

事情が変わってくるのが、薄毛を発症している場合です。前髪が薄くなっている方は、髪の毛の伸びるスピードが遅くなっている可能性があります。何らかの原因によって、髪の毛の成長が阻害されてしまっているからこそ、薄毛になっているわけです。
そのようなケースに関しては、効果的な育毛剤を利用すれば前髪を育毛剤で早く伸ばすことも可能です。

 

・薄毛ではない人が育毛剤を利用しても意味はない(予防目的としては意味がある)
・薄毛である方が育毛剤を利用すれば髪の毛の成長を早める可能性あり

 

上記のような特色があるのです。薄毛ではない人には髪の毛の成長力を高めるようなことはありませんが、薄毛が発症していれば効果が得られる可能性もある、ということになります。前髪の髪の毛の伸びるスピードが遅れてきた、ということを感じている方は、試しに育毛剤を利用してみても良いでしょう。その代わり、薄毛になっている原因にマッチングした育毛剤でなければ高い効果を得られないかもしれませんよ。

 

 

育毛剤のみでは早く前髪を伸ばせない訳

髪の毛にはヘアサイクルがあり、そのサイクルが育毛剤のみで前髪を早く伸ばせない理由となっています。

 

髪の毛には、成長期と休止期と退行期があります。髪の毛が伸びているのは成長期のみで、休止期と退行期に入っている場合には、髪の毛が成長していません。脱毛して毛穴に髪の毛がない、といった状態になっていることもあるのです。そういった状態の時に育毛剤を利用したとしても、髪の毛が休止期と退行期を飛ばして成長期がやってくる、ということはありません。

 

では、育毛剤にヘアサイクルを早めるような効果はあるのでしょうか。もしもあるのであれば、髪の毛の成長が早まる、ということも考えられるわけです。しかし、育毛剤にはヘアサイクルを早めて早く成長期を迎えられるようにする力もありません。だからこそ、育毛剤には前髪を早く伸ばすような効果は期待できない、とされているわけです。

 

育毛剤には頭皮環境を改善させ、さらにヘアサイクルを正常化する、といった役割があります。髪の毛の伸びるスピードを早める目的では作られていない点も注目しておくべきです。

 

 

育毛剤を使って前髪を伸ばすのに向いている人

 

育毛剤に髪の毛が伸ばせないわけではありません。あくまで限度を超えたスピードで伸びることはない、と言っているのです。髪の毛の状態が正常な方は、その上で育毛剤を使ったとしてもより良い効果は得られません。

 

育毛剤を使って前髪の伸びるスピードが早くなる可能性がある人として、

 

ヘアサイクルが乱れている人

が挙げられます。ヘアサイクルが乱れている場合には、髪の毛の成長力がだいぶ鈍化しています。ひどい場合には、成長期が圧倒的に短くなっている事もあるほど。通常は3年から6年間程度は成長期が続くのですが、ヘアサイクルが乱れていると、数カ月から2年程度に短縮化されていることもあるのです。成長期が短くなれば、伸びるスピードが鈍化する時期もすぐにやってきてしまいます。そしてすぐに休止期や退行期がやってきてしまいます。髪の毛の伸びがストップしやすい状態です。

 

育毛剤にはヘアサイクルを正常化させる役割があるので、利用すればサイクルがもとに戻る、と考えられるのです。短かった髪の毛の成長期が長くなることで、髪の毛が伸びている期間がそれだけ長くなります。髪の毛が復活しやすい、といった状態になるわけです。

 

ヘアサイクルが乱れる原因例

・男性型脱毛症(AGA)の発症
・びまん性脱毛症の発症
・寝不足
・食生活の乱れ

 

脱毛症の多くはヘアサイクルを乱すものなので、育毛剤を利用すると前髪の伸びるスピードが増す、ということも考えられます。

 

他に注意しなければならないのが、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスは、寝不足によるストレスや、食べ過ぎなどによって乱れた自律神経が大きく関わっています。ホルモンバランスは人間の根本部分にも関わっているので、ヘアサイクルにも少なからず影響をあたえるのです。ホルモンバランスを整えるためにも、規則正しい生活を行い、その上で育毛剤対策を実施しましょう。ヘアサイクルも徐々に回復していくはずです。

 

 

前髪を育毛剤以外で伸ばす方法

血行を促進させることで、髪の毛を作る毛母細胞に栄養をたっぷりと送り込むことができます。その結果、前髪の成長スピードが早まることがあります。そこで育毛剤以外で血行を高める方法を採用すれば、髪の毛の伸びも早くなる、となるわけです。

 

頭皮マッサージが効果的

指の腹を使って頭皮を軽く押すような感覚のマッサージが効果的です。頭皮の血行を高めることが出来るマッサージ方法です。注意してほしいのが、爪を立ててしまわないようにする、ということです。爪を立ててしまうと、頭皮を傷つけてしまう、といった状況になりかねません。髪の毛の成長を阻害してしまう可能性も出てきてしまうのです。

 

できれば、薄くなっている部分だけではなく頭皮全体をマッサージしましょう。頭皮全体をマッサージすることで、頭皮全体の血行が高まるのです。今後の薄毛予防にも役立ってくれます。

 

体を温めてくれる食べ物を摂取する

体を冷やさない、ということが血行にプラスに作用します。冷たい飲み物ばかりを飲んでいたり、冷たいものばかり食べていたりしている、という方は血行が悪くなりがちなのです。アイスクリームを食べるのが好き、という方は特に気をつけましょう。冬場に冷たいものばかり食べてしまう、というのは自殺行為ですよ。

 

逆に体を温めてくれる食べ物、というものが幾つかあります。それらを積極的に食べることで、全身の血行が高まり、前髪の伸びるスピードが早くなる、ということも考えられるわけです。

 

<体を温めてくれる食材例>
・野菜など・・・小松菜、さつまいも、玉ねぎ、らっきょ,れんこん、わけぎ、わらびなど
・果物・ナッツなど・・・あんず,杏仁、オレンジ、ぎんなん、ココナッツ、ライチなど
・香辛料・調味料・・・コショウ、山椒、クローブ、しょうが、唐辛子、にんにく、八角など
・肉・卵・・・鶏肉、鶏レバー、豚レバー、羊肉、鹿肉、牛の骨や髄など

 

ここに掲載したのは一部です。注目してほしいのが、それぞれの分野の食材に関しても、逆に体を冷やす食べ物もある、ということです。それらを多く食べてしまうと、血行が阻害される恐れがあるので注意しましょう。

 

<身体を冷やす恐れのある食材例>
・野菜など・・・かいわれ、キュウリ、トマト、なす、にがうり、はくさい、ほうれん草など
・果物・ナッツなど・・・羅漢果、パイン、柿、キウイ、スイカ、梨、バナナ、みかんなど
・香辛料・調味料・・・白砂糖、合成酢、テンメンジャン、トウチ、オイスターソースなど
・肉・卵・・・牛の胆のう、すっぽん、馬肉、ピータン、羊の肝臓など

 

頭皮に冷水を当てる

長時間当てるのは問題ですが、一時的であれば、血行を高めるような効果が期待できます。冷水シャワーを浴びせると、頭皮の血行が高まる、ということがわかっているのです。

 

先発したあとなどに、軽く頭皮に冷水をかけてからお風呂から上がる、といったことがおすすめです。冷たい水を頭皮に当てることで、頭皮の引き締め校家もあります。毛穴が閉じるので、皮脂の分泌が抑制される、といった嬉しい効果も期待できるんですよ。

 

定期的に運動をする

それほど高い血行促進効果が頭皮にもたらされるわけではありませんが、運動を全くしない方に比べれば、毎日30分でも1時間でも身体を動かしている方のほうが血行が良いことは確かです。

 

特に注目してほしいのが有酸素運動です。有酸素運動は身体にそれほど負荷をかけずにゆっくりと行う運動です。血行が高まっている時間が長くなるので、髪の毛に対しても良い効果が与えられやすい、と言うわけです。

 

ちなみに、入浴方法にも注意しましょう。シャワーですませている、という方は結構が阻害されている可能性があります。面倒かもしれませんが、毎日湯船に浸かる、ということを実施してくださいね。

 

ハゲ治し隊が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加