シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー、どっちがいいの?

最近ドラッグストアなどでもよく目にするようになったノンシリコンシャンプー。ノンシリコンを使っている人も結構多いみたいですが、シリコンシャンプーとの違いってわかりますか?

 

ここではシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いをわかりやすくお伝えし、どっちのシャンプーの方が髪にいいのかについて書きます。

 

結論からはっきり言ってしまうと、管理人的にはノンシリコンかシリコン、どちらががいいのかっていう問題でもないと考えています。
シリコン(化粧品などではシリコーン)は、日常のいろんなものに使われていてゴムの材料になったり、シリコンオイルは化粧品やシャンプーに使われていて、髪の指通りなどを良くする成分です。

 

↑管理人が以前に使っていたシリコン入りシャンプーとリンス(※クリックで拡大)

 

 

なぜ市販のシャンプーのほとんどにシリコンが入れられているかというと、市販のシャンプーはだいたいが高級アルコール系と言われる洗浄成分を使っています。
これは「硫酸」と付く洗浄成分を使っているシャンプーで少しの量で泡立ちが良く洗浄力がメチャクチャ強く、さらに原料が安いので大量生産ができる、メーカーにとってはありがたい洗浄成分なのです。

 

でも硫酸系(石油系界面活性剤)の洗浄成分の洗浄力がメチャクチャ強いため、どうしても洗いあがりがキシキシしたり手櫛をした時に指が引っかかったりしてしまいます。
それをジメチコンなどのシリコンでなめらかにしているんですね。

 

本来であれば、シリコンの役割は皮脂が担っています。皮脂が薄く髪を包むので指が引っかかることなんてないんです。
わざわざ元から皮脂が指通りなどよくなるように髪をコーティングしていたものをあえて強い成分で洗い落とし、さらにその上から人工的にシリコンで皮膜をつくる。

 

なんともおかしな話ですよね?

 

シリコンが良くないと言われている理由について、「髪に皮膜をつくるシリコンは頭皮や毛穴にまで皮膜をつくり毛穴をふさいでしまうから」とよく言われていますが、頭皮自体は皮脂で異物が入らないように守られています。
万一詰まってしまったとしても、髪の毛は毎日伸びるのと、毛穴から出る皮脂と一緒に排出されるはずです。

 

つまりシリコンよりも、バリアの役割をしている皮脂膜を落としすぎてしまう洗浄成分の方に問題があるんです。
シャンプーの原料をできるかぎり安く抑え、莫大な費用をかけて有名女優を広告に起用しているシャンプーは注意が必要です!

 

管理人は、少し値段が高いですがアミノ酸系の洗浄成分のシャンプーを使っています。
脱脂力が弱いだけでなく人工的なシリコンなども一切入っていません。

 

そもそも洗浄力の強いシャンプーを使わなければそこまで、キューティクルが壊れたり髪の毛が広がったりなんてことはないんですよ。
管理人はアミノ酸系のシャンプーを使っていますが、指通りがわるくも、毛が広がったりなんてこともありません。

 

(※管理人が使っているシャンプーはコチラ

 

シリコン自体には髪の毛の指通りなどを人工的に抑えるだけなので髪などに栄養を与えたり保湿したりなんてことはないです。
そうなるとシリコンが含まれているシャンプーを使うメリットは完全にないですよね。。

 

次のページでは、管理人も使っている育毛シャンプーについてお伝えします。

 

 

 

<<合成界面活性剤はなんで肌によくないの? | トップページ | そもそも育毛シャンプーって何?>>

 

このエントリーをはてなブックマークに追加