育毛剤QEPPER(ケッパー)の効果について徹底解説【体験あり】

今回、ケッパーを1ヶ月間使用して頭皮状況にどのような変化があるか
自身の体験にもとづいて1週間ごとで皆様に状況をご報告していきたいと思います。

 

 

ではまず私の簡単な自己紹介をさせて頂きます。
年齢は今年30歳を迎えたアラサー男です。
頭髪状況は主に前額部の後退が激しく、M字の進行が加速しており
全体的な髪のボリュームもさみしくなってきているため、日々恐怖を抱いている現状です。

 

おかげでワックスなどでヘアスタイルを弄り
見た目を少しでもごまかしているのですが、髪全体のボリュームが不足しているため
若い頃のようにビシっとセットが決まらないのも悩みの一つです。

 

そのため、現在は様々な育毛剤を試してみながら
若かりしころのフサフサな髪を目指し日々奮闘中であります。

 

そこで、今回の育毛体験にピックアップさせて頂いものは
IGF-1育毛理論に注目し特許も取得した育毛剤ケッパーです。

 

では早速実体験や公式ホームページから調べた情報をもとに皆様に報告させて頂きたいと思います。

 

 

ケッパーの特徴について

まずはこの育毛剤がどのようなものか、ご説明させて頂きます。

 

公式ホームページを見てみるとケッパーは育毛に
内からも外からも同時にアプローチすることが出来ると紹介がありました。

 

これは、育毛剤による身体の外側から刺激を与えるだけではなく
サプリメントも一緒に使用することで、身体の内側からも刺激を加え育毛補助を行うことを前提としているからです。

 

これだけでは漠然とした情報なので、詳細もお伝えしていきます。

 

≪内側から刺激について≫

 

これはサプリメントのことを指しており
刺激のメカニズムとしては

 

・カプサイシン(知覚神経を刺激、CGRPを放出)
・イソフラボン(カプサイシンの働きをサポート、CGRPを放出)
※CGRPとは知覚神経から放出される「IGF-1」の源となる物質
この2つの最強成分が内側から刺激します。

 

さらに6つの角度からスカルプケアも行うため
以下の成分も加わっております。

 

・黒大豆種皮エキス (毛根のサビを防ぐ黒いポリフェノール)
・アスタキサンチン (毛根のサビを防ぐ赤いポリフェノール)
・ショウガエキス (血行促進成分で頭皮に刺激)
・シアル酸 (IGF-1の分泌を促進するエイジングケア成分)
・GABA (頭皮をストレスから開放するリラックス成分)
・バナナエキス (5αリダクターゼの活性を阻害)

 

 

≪外側からの刺激≫

 

これは育毛剤ケッパーの使用を指しており
刺激のメカニズムとしては
・ラズベリーケトン(頭皮の知覚神経に刺激を与え、育毛促進因子IGF-1の分泌を促進)
の配合作用と、サプリメント同様6つの角度からスカルプケアを行うため
以下の成分も加わっております。

 

・グリチルリチン酸2k (フケ、かゆみを抑え頭皮を健康な状態に保つ)
・アロエエキス-2 (頭皮を乾燥から守り潤いを保つ)
・海藻エキス (別名ミツイコンブエキス。髪を生み出す毛髪細胞を活性化、ヘアサイクルを整える)
・ビワ葉エキス (毛髪の成長促進)
・センブリエキス (血液促進や細胞活性化作用で発毛促進)
・チンピエキス (血液促進や細胞活性化作用で発毛促進)
・ショウキョウエキス (血液促進や細胞活性化作用で発毛促進)
・ヒオウギ抽出液    (脱毛の進行に強く関与する酸素の働きを抑制)
・冬虫夏草エキス    (薄毛を促進するDHTや5αリダクターゼの作用を抑制)

 

このWの刺激で育毛を行うというコンセプトは
チャップアップなど育毛剤としてメジャーなメーカーも
サプリメントの併用を取り入れておりますので、最近の主流といったところなのでしょう。
ただし、ケッパーのサプリメントに配合されている
バナナエキスAGA対策の新定番と紹介されており
私もたくさんの育毛剤を調査してきましたが、聞いたことがなかったので
効果には期待したいですね。

 

 

IGF-1育毛理論について

現在販売されている育毛剤には、商品によって独自の開発理論があり
最近の育毛剤で言えばフィンジアのゲートアクセス理論などがあります。
ケッパーも同様で、IGF-1育毛理論を元に開発された育毛剤です。

 

ではいったいどのような仕組みなのかをご説明して行きます。

 

まずこの理論を発見されたのは岡嶋研二博士という方です。
2012年には毛髪内科名古屋Kクリニック院長を務めており
育毛に関する著書も多く出版されている医学博士で
血液学の研究から偶然カプサイシンとイソフラボンによる育毛効果を発見し
IGF-1育毛理論を完成させたそうです。

 

そもそもIGF-1(インスリン様成長因子-1)は、全身で作られる成長ホルモンで
成長だけでなく、私達の体の治癒力や免疫力を高める非常に重要な物質なのですが
岡嶋博士の研究グループが、IGF-1が知覚神経の刺激で増えるということを
世界で初めて発見し、育毛にも重要な役割を果たす物質であることを突き止めたそうです。

 

このIGF-1は誰もが持っているのですが、それが作られるには
CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質が不可欠です。
そこで知覚神経を刺激すれば、CGRPが増えるのことに着目し
内側からの刺激でも説明させて頂いたカプサイシン、イソフラボンによる効果で
CGRP増加させ、必然的にIGF-1も増えるため育毛効果に期待が出来るというのが
この理論の仕組みとなっております。

 

各種メディアでも紹介されており
岡嶋博士の知名度も相まって
この理論が注目されていることは間違いないのかと思われます。
個人的な見解ですが、よく最近の育毛剤で目にする
5αリダクターゼ抑制などのコンセプトも大変良いのですが
それとはまた違ったものなので、効果に期待してもいいのかなと感じています。

 

ケッパー

 

 

 

 

ケッパーを使用して2週間の経過報告

ケッパーを使用し2週間が経過したので、皆様に調べた内容と体験報告をさせて頂きたいと思います。
今回は以下の2点の紹介になります。

 

 

ケッパーの香料について

育毛剤によっては香料が意図的に含まれているタイプがありますが
ほとんど育毛には直接影響はありません。
ケッパーも香料が配合されているタイプですが
普通の香料とは一味違います。

 

実はラズベリーケトンという成分が香料の役割を果たしながら
育毛にもしっかりと効果があるといった変わった成分なのです。

 

あまりイメージが付かない方もいるかと思いますので
私が体験した内容を紹介していきたいと思います。
まず匂いとしては名前の通り
ほのかにラズベリーの香りがします。
個人的には、割と好きなタイプの匂いなので気にいっているのですが
使用した後は、どうしても若干匂いがありますので
出勤前に使用した場合は、周りの人に育毛剤を使用していることがバレる可能性があります。
私はすぐ嫁に「また違う育毛剤使ってるの?」とバレてしまったくらいですので
気になる方は仕事前や外出前などの使用は注意したほうが良いかもしれません。

 

効能については、前回の記事でも紹介させて頂きましたが
頭皮の知覚神経に刺激を与え、育毛促進因子IGF-1の分泌を促進するといった
IGF-1育毛理論に必要不可欠な成分となっております。
香料と育毛を両立できる珍しい成分のため
効果を調べた時は、驚きと今までにないタイプのものなので
個人的には期待の成分と考えております。

 

 

ケッパーのローションの成分について

ケッパーには育毛有効成分として3種類、その他の成分17種類の計20種類が配合されております。
以下が成分の紹介です。

 

 

≪育毛有効成分3種類≫
・センブリエキス:細胞分裂を促進する効果が期待されております。
髪の毛を作っている毛母細胞の働きを活性化すれば、それに比例して髪の毛の生産活動も増えることになるためです。
さらにセンブリエキスには保湿作用もあり髪の成長には欠かせないものなのです。

 

・グリチルリチン酸2K:頭皮のトラブルの一つに、皮脂の過剰分泌で皮脂が詰まり酸化すると毛穴に炎症が起きることがあります。
育毛促進のためにはこのトラブルを防ぐ必要がありますがグリチルリチン酸にはこれを防止する効果があります。

 

・ジフェンヒドラミン塩酸塩:血行促進や抗炎症効果など効能がある成分です。
湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症、痒みを抑える効果があり育毛や頭皮環境を整えるためにも不可欠な成分であります。

 

≪その他の成分≫
・冬虫夏草エキス(薄毛を促進するDHTや5αリダクターゼの作用を抑制)
・ビワ葉エキス(毛髪の成長促進)
・ヒオウギ抽出液(脱毛の進行に強く関与する酸素の働きを抑制)
・ショウキョウエキス(血液促進や細胞活性化作用で発毛促進)
・海藻エキス(別名ミツイコンブエキス。髪を生み出す毛髪細胞を活性化、ヘアサイクルを整える)
・チンピエキス(血液促進や細胞活性化作用で発毛促進)
・アロエエキス-2(頭皮を乾燥から守り潤いを保つ)
・ラズベリーケトン≪香料≫(頭皮の知覚神経に刺激を与え、育毛促進因子IGF-1の分泌を促進)
・濃グリセリン(頭皮の保湿作用。濃度98%以上のグリセリンの名称)
・エタノール(殺菌作用、防腐剤としての役割。直接の育毛・発毛効果はない)
・D-パントテニルアルコール(代謝促進作用、かゆみ防止作用、白髪予防、肌荒防止、育毛作用)
・ラウリルジメチルアミンオキシド液(製品安定剤、殺菌作用、防腐剤としての役割。直接の育毛・発毛効果はない)
・無水エタノール(殺菌作用、防腐剤としての役割。水分を0.05%以下しか含んでいない状態の、純度の高いエタノール)
・クエン酸(頭皮のphを整える。疲労回復にも効果あり)
・POE(40)水添ヒマシ油(保湿効果、肌の老化防止、血流循環改善、)

・BG(皮質性、吸湿性に優れ、頭皮にも低刺激な成分)
・フェノキシエタノール(パラベンの代用とされる防腐剤。アルコールの一種)

 

センブリエキス、グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
育毛効果に期待が持てる有名成分が配合がされているほか
チャップアップなど有名育毛剤にも配合されている海藻エキスやヒオウギ抽出液も
含まれており、成分内容として高評価と言えるでしょう。
しかも、ラズベリーケトンという珍しい成分が配合されている点も
大きな特徴かと思います。

 

 

私も沢山の育毛剤を見てきましたが、香料に育毛効果があるものはケッパー以外
知らなかったので
ほのかに香るラズベリーの匂いに興味があり
今までの育毛剤で効果が実感できなかった方はぜひ試す価値があるかと思われます。

 

ケッパー

 

 

ケッパーを使用して3週間の経過報告

ケッパーを使用し3週間が経過したので、皆様に調べた内容と体験報告をさせて頂きたいと思います。
今回は以下の2点の紹介になります。

 

ケッパーのサプリメントの成分について

 

・オリーブ油
・黒大豆種皮エキス :(毛根のサビを防ぐ黒いポリフェノール)
・大豆イソフラボン :(カプサイシンの働きをサポート、CGRPを放出)
・バナナエキス :(5αリダクターゼの活性を阻害)
・ショウガエキス :(血行促進成分で頭皮に刺激)
・ヘマトコッカス藻抽出物 :(毛根のサビを防ぐ赤いポリフェノール)
・ギャバ :(頭皮をストレスから開放するリラックス成分)
・ヒハツエキス :(血行促進作用、むくみ改善、新陳代謝活性作用、抗酸化作用)
・ホエイペプチド、(乳性分を含む) :(ホルモン作用、神経伝達作用、抗菌作用)
・ゼラチン             :(保湿作用、頭皮柔軟化作用、毛髪結合強化)
・グリセリン            :(抗アレルギー作用、保湿作用)
・ミツロウ             :(保湿作用・抗菌作用・防水作用)
・香辛料抽出物(カプサイシン)   :(知覚神経を刺激、CGRPを放出)

 

 

ケッパーサプリの最大特徴といえば
カプサイシンとイソフラボンの相乗効果による
内側から毛母細胞に刺激を与えることです。

 

この刺激のメカニズムは実に単純で
カプサイシンの効果により、知覚神経を刺激しCGRPを放出させ
イソフラボンがカプサイシンサポートしながらCGRPを供給します。

 

*CGRPとは知覚神経から放出される「IGF-1」の源となる物質であり
これを放出しサポートするカプサシンとイソフラボンは
IGF-1育毛理論には最強のコンビと言えるのです。

 

これによって、毛母細胞に内側から刺激を与えて
IGF-1(インスリン様成長因子-1:全身の細胞で作られる成長ホルモンで、成長だけでなく私達の体の治癒力を高める非常に重要な物質)
を増大させ、育毛を促進するというわけです。

 

この働きがあるからこそ、1GF-1育毛理論には
ケッパーサプリは欠かせない重要なものであるといえるでしょう。

 

ただ、バナナエキスなど5αリダクターゼの抑制効果もある成分を配合しており
頭皮環境改善にも考慮された内容になってはおりますが
育毛に育毛サプリの定番であるノコギリヤシエキスや亜鉛などの
成分がないことと、全体的に成分数が少ないことが少し気になるところですね。

 

まぁ1GF-1育毛理論に特化させたサプリというのが特徴ですので
この成分配合でも、しっかりと育毛効果は期待できると個人的には
考えております。

 

ケッパーのデメリット

ケッパーの特徴の一つである「配合成分で特許を取得」と
公式ホームページでも公言しておりますが
私が確認したところ、何の成分が具体的に特許を取得したかなどの
詳細が記載されておりませんでした。
正直、曖昧な表現が多くて見た人は
本当に特許とっているの?と疑問を抱いてしまうかと思います。
少なくとも私は公式ホームページからでは特許内容を理解することができませんでしたので…

 

なので育毛ローション、サプリの成分内容を確認してみたところ
たしかにラズベリーケトンやバナナエキスなど私はあまり知らなかった成分も
配合されており珍しいとは思いました。
ただ、特許を取得出来るような成分ではない気がしますし
その他の成分も市販されている育毛剤で使用されている成分ばかりでしたので
特許取得配合成分とはいったい何であったのか謎ばかりが残ってしまいました…

 

 

一応、ネットで色々知らべてみると
どうやら特許を取得している成分は、サプリメントのみで
育毛ローションは対象外との情報があったのですが
あまりに情報が少なく、正確性には欠けてしまうかもしれません…
しかし、この情報が正しければ、もしかしたらケッパーは育毛ローションよりサプリメントのほうが
重要なのかもしれませんね。

 

まぁ、特許取得番号も記載されていますので
嘘ではないことは間違いないなく
それなりの効果も期待できるとは思います。
今後は薄毛に悩む私のような方たちが正しい育毛剤を選ぶことが出来るよう、
公式ホームページを見た人が疑問を抱かないよう
ちゃんと詳細が記載されることを願うばかりです。

 

ケッパー

 

 

ケッパー4週間使用報告

ケッパーを使用し4週間が経過したので、皆様に調べた内容と体験報告をさせて頂きたいと思います。
今回は以下の3点を紹介し、ケッパーに関する報告を終了したいと思います。

 

使ってみた感想

 

育毛剤本体の使いやすさ

ケッパーの育毛ローション本体はスプレー式となっており
片手で手軽に使用することが出来ます。
スプレー式は広範囲の頭皮に使用する際には
活用しやすく、またノズル式よりも使用量の調整が容易であるのが特徴です。
個人的にはスプレー式が好みでケッパーも大変使いやすかったです。
ただし、初めてスプレー式を使う方でしたら
あまり頭皮にプッシュしすぎると、いくらスプレー状でも液が垂れてしまうので注意してください。

 

頭皮に刺激はないか

ケッパーを1か月使用した中では、一度も頭皮への刺激を感じたことはありませんでした。
市販のシャンプーでも発赤やかゆみが出るくらい
皮膚トラブルが多い私が使用しても、問題なかったので副作用や
刺激面では安全だと言えると思います。

 

育毛効果は?

使い続けて1か月立ちますが、さすがにこの短期間での
見た目の変化は望めませんでした。
しかし、若干ですが細い髪の毛が太くなってきたように
感じましたので、少しは効果があったのかなと思います。
まぁ、本格的に効果が表れるとすればあと2か月は継続し
経過を見たほうが良いのかと感じます。

 

抜毛の変化は?

抜け毛に関しては、以前は細く短い毛のほうが多くみられたのですが
使用後からは、太く長い毛が多くなり
抜け毛の本数も、シャンプー後の排水溝を見る限りでは
少なくなってきたように感じます。
これは成長しきる前に抜け落ちてしまっていた毛が
しっかりと育ってきてくれているのだと思いますので
ケッパーに配合されているヒオウギ抽出液や冬虫夏草エキスなど
5αリダクターゼの抑制効果による影響が表れてきたかと考えています。
しかし、1か月では評価期間としては短く
育毛剤の効果だけではなく、体調や生活習慣などの変化でも左右されやすいものかと思いますので
これもあと2か月程度は継続しないと
育毛効果同様、ケッパーによる明確な効果を実感することは難しいでしょう。

 

ケッパーの値段・購入方法

 

現在の1000円キャンペーンについて

以前は育毛ローション単品ですが、1000円で購入できたようです。
しかし、現在はキャンペーンも終了しており、私もタッチの差で間に合わず
定期便での使用となってしまいました。
1000円で育毛が出来るとかなり太っ腹な企画ですので
また再開してほしいところです。

 

通常購入の値段と定期便の値段について

育毛剤ケッパーを通常購入した場合の値段は6800円(税抜)
サプリメントは別売りで4800円(税抜)となっております。

 

ケッパーはサプリと一緒に使用することが前提となってますので
合わせると11600円とお財布には厳しい価格です。

 

しかし、通常価格で購入するよりも
定期便を利用すればより安くお得に購入することが出来るので紹介いたします。

 

 

ケッパーの定期便ですが、育毛ローションとサプリがセットとなっており
初回購入時のみ特別価格で4980円(税抜)と激安です。
また、2回目以降も9000円(税別)で購入でき通常購入よりもお得な上
いつでも解約できるので、ケッパーを試してみたい方は
定期便を利用したほうが、確実に得をするでしょう。
ただし、いつでも解約できるとはいっても次回お届け予定日の
10日前までに電話をしないといけないため、営業時間外や土日、祝日や年末年始など
電話がつながらな場合には注意が必要です。
なので、解約する際には日にちに余裕をもって電話することオススメ致します。

 

 

30日間返金保障について

最後は返金保障についてです。
ケッパーは購入後に万が一商品にご満足いただけない場合は
商品代金を全額返金してもらうことが出来ます。

 

ただし、これにはいくつか条件がありますので内容をご説明いたします。

 

・全額返金保障は商品受け取り後30日以内が対象
・返品時には必ず事前に電話連絡行う。
・返品時の送料、振り込み手数料は購入者の負担(なので返金金額から振り込み手数料を差し引いた金額が返金される)
・定期コースはの返金保障は1回目の購入時のみ。

 

紹介したすべて条件を満たす場合のみが対象となりますので
うっかり事前の電話を忘れたり、2回目の購入後に返金しようとしても
保障対象外になりますので注意してください。

 

まぁ最近の育毛剤ではこの制度は大抵あるものですが
商品注文後からでなく到着後30日からと
長めの期間を設けてくれているということは
メーカーもこの商品に相当の自信をもっているからこそ
出来ることだと思います。

 

ただ、どんなに良い代物でも必ず誰にでも効果的とは限らないので
もしこれから育毛剤の購入を検討されている方は
高いお金を払って、自身に合わないものを使用するリスクを
軽減するためにも返金保障制度があるものから選ぶことをオススメいたします。

 

ケッパー

 

このエントリーをはてなブックマークに追加