あなたの抜け毛は大丈夫?抜け毛健康度チェック

抜け毛には抜けてもいい毛と抜けたらまずい毛があります。
通常、人間の髪の毛は1日100本程度は自然に抜けると言われています。

 

100本以上抜けるのはもちろんまずいんですが、それだけでなく抜ける髪の毛の成長度を見ることも重要なんです。
ここでは、簡単に分かる、抜け毛チェック方法を書きます。

 

 

抜け毛のチェック方法は、下の通りです。

 

抜けてもいい毛…通常のヘアサイクルを終え、太くて強く寿命をまっとうし自然に抜けてしまう毛

 

抜けたらまずい毛…通常のヘアサイクルが早まり(成長の途中)、細くて弱い毛

 

簡単に書くと上のようになります。
つまり、薄毛ではない人が抜ける髪の毛は上の「抜けてもいい毛」がほとんどなのに対して、薄毛が進行している人は「抜けたらまずい毛」の量が多いということになります。

 

そうなると少しずつヘアサイクルの期間が短くなってくるので髪の量が少なくなってくるんですね。

 

 

抜けてもいい毛・悪い毛の見分け方

洗髪時などに抜けた毛を見てみて確認してもいいと思います。

 

通常髪の毛は成長期に男なら3〜6年、女なら4から8年伸びると言われています。
だからその間一切切らずに放っておくと女性なら腰くらいまで男性はそれより短いくらいまで伸びる計算になるんですが、でもそんな長期間髪を一切切らないなんてことはありえないですよね?
なので通常の抜け毛は成長の途中で切った髪がほとんどなので、抜けた髪の毛の先端は円柱の断面のようにズバッと斬られているはずなんです。

 

それが、毛先が細くなってとがっている状態の短い毛が多く抜けていたら注意が必要です。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、管理人の髪の毛の抜け毛です。

 

一番上の毛は円柱の断面のようにプツッと切れているのに対して、真ん中と下の毛は細くとがっています。
このような状態の抜け毛が多いと注意が必要になります。

 

 

 

なぜこのような抜け毛がダメなのか?
それは、ヘアサイクルの成長期が早まっている可能性が高いからなんです。

 

 

関連記事

ハゲを治す方法
男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
育毛剤の比較

 

▲目次に戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加