ラボモ(LABOMO)スカルプアロマローション(BLUE)(RED)の強みと特徴

ラボモ(LABOMO)スカルプアロマローション(BLUE、男性用)(RED、女性用)の強みと特徴について独自に調べまとめました。
人気の理由や、育毛剤としての機能、成分の特徴等まとめました。

 

ラボモ(LABOMO)スカルプアロマローション

値段 内容量 評価
6000円 100ml

 

>>ラボモスカルプアロマローションを購入する<<

 

 

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローション(BLUE、男性用)(RED、女性用)の強みと特徴

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローションは、あのアートネイチャーが開発した育毛剤です。
(BLUE、男性用)(RED、女性用)の2種類あることでも話題となっています。二つの育毛剤は、同じ成分が含まれているものもあります。一方で、片方にしか含まれていないものもあるのです。

 

こちらでは、LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローション(BLUE)(RED)について徹底解説します。どのような特徴があるのか、どのような効果が期待できるのか、といったことを知りたい方は必見です。

 

人気の秘訣とスカルプアロマローションの利用がおすすめの人とは?

 

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローションの人気が高い理由

頭髪の専門家といっても良いアートネイチャーが関わっている育毛剤だからです。頭皮や頭髪を知り尽くした企業が、満を持して発表した育毛剤です。期待せずにはいられません。

 

比較的手の出しやすい価格帯で販売されていることも人気に火をつけている一つの理由です。育毛剤の場合は、1本あたり10,000円前後してしまいます。中には、15,000円を超えてしまっているものもあるのです。

 

その点、スカルプアロマローションの価格は1本あたり数千円です。

 

本体価格6,000円+消費税(送料無料)

 

育毛剤としては価格が低くなっているので、継続利用しやすいのです。そもそも、育毛剤は1週間や2週間利用したからといって効果が出るわけではありません。

 

仮に効果が出た場合には、継続利用しなければ効果を持続させられない、といった特徴も育毛剤にはあります。何年間も利用することを考えると、少しでも価格が安いものを利用したい、と思うのは当然のことでもあります。

 

ちなみに(BLUE)と(RED)のどちらであったとしても、価格は同じく6,000円+消費税です。

 

スカルプアロマローションの利用が適している人とは?

様々な薄毛に対抗できるので、多くの薄毛に悩んでいる方にオススメできます。

 

入っている成分から考えると頭皮環境が悪化している方には特に適していると言わざるをえません。非常に高い保湿機能がある成分が含まれているのです。さらに、血行促進作用のある成分も含まれており、血行不良によって薄毛になっている方にも高い効果が期待できます。

 

 

スカルプアロマローションのどこに育毛剤としての魅力があるのか?

 

頭皮環境を改善させる安全性の高い効果が期待できる

医薬成分が含まれている発毛剤には副作用が出てしまう可能性があります。副作用が出てしまうと、かえって薄毛の確率をアップさせかねません。しかも、育毛剤は毎日利用することになるので、そのリスクは高まるばかりです。

 

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローションに含まれている成分の主体は天然エキスです。植物から抽出したような成分を利用しているので、危険性は極めて低い、といえます。

 

入っている成分の多くは保湿成分であったり、頭皮の生成を促進させるような新陳代謝を高めるような成分であったり、といったようなものばかりです。

 

過去に育毛剤や発毛剤を利用して副作用にあってしまった経験のある方は、LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローション(BLUE)(RED)の利用を検討すべきです。

 

 

なぜスカルプアロマローションはおすすめなのか?

 

二つの種類から自分にあっているものを選べる

今までの育毛剤は、基本的に1ブランドにつき1種類でした。しかし、LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローションには、二つの種類があり、自分にマッチングしているものを選べるのです。

 

例えば、(BLUE)を利用してみて効果がなかったら(RED)を利用してみる、 (RED)を利用してみて効果がなかったら (BLUE)を利用してみる、といったことも可能です。

 

・(BLUE)に期待できる育毛効果・・・脱毛の予防、発毛促進
・(RED)に期待できる育毛効果・・・髪のボリュームダウンの予防

 

性別に関係なく利用してもよいとされていますが、基本的に(BLUE)は男性の薄毛に対処する目的で利用するのに適しています。(RED)に関しては、女性の薄毛に適した効果が期待できます。

 

 

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローション(BLUE)(RED)がどんな育毛剤か簡単に解説

 

高い保湿力を持った育毛剤

(BLUE)と(RED)には双方ともに、しっかりとした保湿作用のある成分が含まれています。注目して欲しいのが「カンカエキス」です。

 

カンカエキスは、砂漠の高麗人蔘と呼ばれているほどの存在で、厳しい環境下でも生き抜く生命力があります。アートネイチャーが数千種類の成分の中から、特に保湿機能が高いとして選びました。

 

薄毛と頭皮の乾燥は密接に結びついています。頭皮が乾燥してしまうと、刺激に弱くなってしまいます。保湿されていることで、刺激から頭皮を守れるのです。乾燥した肌は紫外線にも弱く、分け目が薄くなっている方は乾燥によって頭皮内に紫外線が入り込み薄毛に至ってしまう、といったことも考えられるのです。

 

「自分はオイリー肌だから保湿機能は必要ない」と考えている方もいるかもしれません。しかし、その脂性肌自体も乾燥が関わっている可能性があるのです。我々の身体は良く出来ており、乾燥すると皮脂腺が活性化することがあります。自らの力で乾燥状態を変えることが出来るのです。しかし、皮脂の分泌量のバランスが取れません。過剰分泌を引き起こしてしまい、大量に菌が繁殖して頭皮の炎症やニキビを発生させてしまうこともあります。

 

LABOMO(ラボモ) スカルプアロマローション(BLUE)(RED)を定期的に利用すれば、頭皮がいつでも潤っている状態になります。その結果、皮脂腺が活性化することもなくなり、頭皮の状態が安定化する、といった効果まで期待できます。

 

共通成分「酢酸DL−α−トコフェロール」にも注目

酢酸DL−α−トコフェロールといった言い方ではなく「ビタミンE」といったほうが分かりやすいかもしれません。

 

期待できる効能としては、

 

  • 肌の活性作用
  • 抹消血管拡張作用
  • 血行促進作用

 

といったものがあります。

 

酢酸DL−α−トコフェロールが含まれていることで、血行不良による薄毛を避けられるわけです。髪の毛は血液によって栄養が送られているので、酢酸DL−α−トコフェロールが上手く働けば、髪の毛が太くなる、といった作用も期待できます。

 

 

スカルプアロマローションの注意点とは

 

危険性は特に無し

主成分は植物エキスなので、特別大きな危険性はないとされています。頭皮環境を改善させる機能もあるので、頭皮が赤くなってしまったりぶつぶつが出来てしまったり、といったリスクは殆どないとされています。

 

ただし、香料が含まれているので、臭いといった面では少し気になる方もいるかもしれません。また、香料にはアレルギーをもたらす可能性もあるので、中にはお肌に合わない、といった方が出てきてしまう可能性もあります。

1日2回塗布すること

育毛剤の効果が発揮される時間は短いです。1回塗布しても数時間しか効力を発揮しません。ですから、1日1回ではなく2回程度の利用がおすすめです。

 

塗布する時ですが、なるべく頭皮が綺麗な状態の時を選んでください。頭皮が汚れていると、せっかくの有効成分が皮脂などに阻まれて毛穴の奥まで浸透しないのです。

 

>>ラボモスカルプアロマローションを購入する<<

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加