育毛剤の防腐剤について

最近、ネットなどでも防腐剤についてよく議論されているのを見かけます。

 

管理人が今まで使ってきた育毛剤もパラベンフリーなどの表記を見ます。
パラベンなどの防腐剤は頭皮に良くないのか、など防腐剤についてお伝えします。

 

最近どの育毛剤・育毛シャンプーを見ても「香料」「着色料」「パラベン」などが無添加のものを見かけます。
確かに、合成着色料や合成香料など育毛に関係のない成分は確実に不要ですが、保存料に関しては不要と一言で片付けられない部分もあります。

 

保存料は毒性があるものもなかにはありますが、だからといってなんでもかんでも保存料無添加ならいいとは限りません。
無添加無添加と謳っていても何をもって無添加なのかの基準があいまいで、「パラベンフリー」と表記されているものはしっかりとフェノキシエタノールなどの防腐剤が含まれています。

 

防腐剤を悪いと頭ごなしに否定するのではなく、安全に使用するために防腐剤も必要だから含まれているんです。
じゃあ何をもって安全かを判断するのか?

 

ズバリ、判断基準は自分の頭皮に炎症が起きないかどうかです。

 


※画像はクリックで拡大します

 

管理人が好んで使っているブブカとチャップアップも、パラベンではなくフェノキシエタノールが配合されています。

 

今まで育毛剤を使ってかぶれたことがある・フケやかゆみがすごくて頭皮が赤くなったりっていう炎症がある人は慎重になってしまってもしょうがないですが、実際パラベンやフェノキシエタノールで炎症やアレルギーが出る人は、かなり少ないと言われています。

 

なぜなら、防腐剤などの刺激の強い成分は、国が化粧品や育毛剤のように毎日使っても問題ない程度の量に制限しているからです。

 

 

パラベンは旧指定成分(以前、成分全表示が義務付けられていない頃の表示義務があった成分)のため悪い悪いと言われているが、実際コンビニで売っている日焼け止めとかにも普通に含まれています。
防腐剤が一切入っていない腐った育毛剤と防腐剤入りの育毛剤の安全性は一目瞭然ですよね?
腐った育毛剤の方がずっと肌に悪いんです。
開発者側も腐ったような危険なものを使わせないために防腐剤を入れているという側面もあります。

 

このことからも一方的に防腐剤を悪いと決めつけるべきではないですね。
もっと言うとどんな成分にも少なからず副作用の可能性はあるんです。
なので、これらの成分は使い方はもちろん、使ってみて肌に合うのが一番大事なんです。

 

頭皮への環境を選び多少の防腐剤には目をつむるか、防腐剤などに目くじらをたてて、敬遠するか…。

 

どちらも間違いではないですが、実際敏感肌の管理人でもだいたいの育毛剤は、問題なく使えています。
一度、炎症などを経験してしまうと、悪く言われがちな防腐剤のせいだと思い込んでしまいがちですが、別の成分が原因ということだって十分考えられますよね。
防腐剤は少量では、問題ないと言われているので試してみて、自分の頭皮に合ったものを使うのがいいと思います。

 

どうしても、防腐剤や香料・着色料など一切入っていないものを使いたいという方は、M-1ミストをおすすめします。

 

 

成分表を見ても、防腐剤は入っていません。
育毛剤は、毎日使っていれば長くても2か月くらいでなくなってしまうので、腐る心配もないと思います。

 

 

関連記事

男性におすすめの男性用育毛剤ランキング
女性の育毛剤ランキング
AGAへの育毛剤ランキング
つむじハゲに育毛効果のある育毛剤ランキング
m字はげに育毛効果のある育毛剤ランキング
男性用の発毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加