市販の女性用育毛剤と通販タイプの女性用育毛剤の違い

市販の女性用育毛剤と通販タイプの女性用育毛剤の違いについて詳しく解説していきます。

 

市販の女性用育毛剤と通販タイプの女性用育毛剤のどっちを購入しようか迷っている人に参考になるかと思います。

 

市販されている育毛剤

 

市販の女性用育毛剤の入手場所

 

・薬局
・ドラッグストア
・ディスカウントストア(育毛トニック)
・ネット通販
・美容師から購入

 

市販されている女性用育毛剤に関しては、基本的に薬局・ドラッグストアで取り扱っているケースが多いです。

 

医薬部外品の場合はディスカウントストアなどでは販売できないケースもあるので、基本的には薬局・ドラッグストアで購入する機会が多くなります。

 

一方で、市販されている育毛剤や薬用スカルプエッセンスもネット上で探すと出てくるケースがあります。

 

わざわざ店舗まで購入しに行くのが面倒、という方はネット通販で市販の育毛剤を購入しても良いかもしれません。

 

しかし、ネットのみで販売している育毛剤とは異なり、送料がかかってくるケースが多くなっているので注意してください。

 

また、正規の販売ルートではないので、劣化した古いタイプの商品が送られてきてしまう恐れもあります。

 

市販の育毛剤を薄毛対策に購入するのであれば、なるべく店舗で販売されているものを選択してください。

 

 

市販の女性用育毛剤のメリット

育毛剤であることには変わりがないのですが、通販タイプの育毛剤と市販タイプの育毛剤には違いがあることも確かです。こちらでは、通販タイプに比べて市販タイプのメリットを紹介します。

 

パッケージを確認した上で購入するかを判断できる

店舗で販売されているものなので、パッケージを直接チェックすることができます。パッケージをチェックすれば、全成分がしっかりと確認できるわけです。

 

何が入っているか分からない、といった育毛剤を利用しないで済む、といったメリットが市販の育毛剤にはあります。

 

また、容量というものを目で見て確認できる、といったメリットがあります。

 

そもそも、育毛剤が何ミリリットル入っているのか、ということを意識して購入している方は多くないかもしれません。

 

しかし、60ミリリットル入りだと、約1ヶ月分となります。

 

一方で、120ミリリットル入りだと約2ヶ月となるわけです。

 

コストパフォーマンスにも関わるので、容量は極めて重要です。

 

市販タイプであれば、直接パッケージの大きさも確認できます。

 

どのくらいの容量が含まれているのか、ということもはっきりと分かるわけです。

 

安全性の高いものが多い

市販されている育毛剤は、刺激の強い成分は含まれていません。

 

マイルドな効果を持っている植物エキスなどが配合されているのです。

 

大きな効果は期待できないかもしれません。

 

一方で、安全性が高い、といった嬉しいメリットがあるのです。

 

 

例えば、敏感肌の方に適した育毛剤、というものも多い傾向にあります。

 

ただし、前述したように添加物の問題もあります。アレルギー体質の方は避けたほうが良いかもしれません。

 

値段の安いものが多い

本体価格が比較的安い傾向にあります。

 

ドラッグストアに行けばわかりますが、本体価格が3,000円前後のものも多いですよね。

 

ほとんどが5,000円から6,000円以下で販売されています。

 

一方で、通販タイプの育毛剤に関しては、5,000円をオーバーしているものが多く、中には10,000円前後してしまうものもあるんです。

 

少しでも安い育毛剤を利用したい、と願っているのであれば市販タイプの育毛剤を選択しましょう。

 

市販の女性育毛剤のデメリット

通販タイプの育毛剤に比べて市販タイプの育毛剤にはどのようなデメリットがあるのかを幾つか紹介していきます。

 

最新の育毛成分が含まれていないことが多い

最新の育毛成分というと「キャピキシル」や「ピディオキシジル」、そして「アルガス-2」などがあります。

 

しかし、それらの最新育毛成分は、基本的には通販タイプのみとなっています。

 

市販品には含まれていません。

 

市販品に関しては、センブリエキスや甘草エキス、そしてクララエキスといった昔ながらの育毛成分が中心となっています。

 

目新しい成分は含まれていないのです。

 

最新の育毛成分を試すことができない、というのは大きなデメリット、と言っても過言ではありません。

 

添加物が多く使われているケースが多い

ドラッグストアで販売されている育毛剤は、どちらかと言うと化粧品寄りとなっています。

 

たと言えば、

 

・つけ心地
・香り

 

上記のようなものが重視されてしまっているのです。

 

その結果、添加物が大量に使われているケースも珍しくありません。

 

特に香料に関しては、アレルギーの発生確率が高くなっているので、普段はアレルギーを意識していない、という方でも問題が発生してしまうかもしれません。

 

市販タイプの育毛剤には添加物のリスクがある、理解しておく必要があります。

 

品切れになっている可能性あり

店舗においている在庫の数にも限りがあります。

 

買い物に行ったのに、ちょうど売り切れていて購入ができない、といった事も十分に考えられます。

 

 

通販タイプであれば、自社ホームページで販売している場合には、品切れになる、ということはほとんどありません。

 

自社で在庫管理しているので、減ってきたら製造スピードを早めるなどの対応がスピーディーに出来るわけです。

 

置いている育毛剤の数が限られている

市販されている育毛剤ですが、数に大きな問題があります。どれだけの種類があるでしょうか。

 

10個もあったら多いですよね。少ない場合は、2種類から3種類しか置いていない、ということもあるのです。

 

種類が少ない中から利用する育毛剤を選択する、というのは問題があります。

 

その中に自分にマッチングする育毛剤がない、という可能性もありますよね。

 

 

市販の女性用育毛剤の成分の特徴

ここまで何度が指摘してきましたが、女性用育毛剤で市販品タイプは最新タイプの育毛成分は利用していません。

 

基本的に、昔ながらの成分を利用しています。

 

さらに配合されている成分が少なめ、という点も指摘しておかなければなりません。

 

通販タイプの育毛剤の成分数ですが、30以上というケースも珍しくありません。中には50種類以上の成分を含んでいるものもあるんです。

 

多くの成分を含むことで、育毛効果をさらに高める、と言うわけです。

 

一方で、市販タイプの育毛剤に関しては、10種類から20種類程度しか成分を含んでいない、ということも多くなっています。各成分の相乗効果が得られにくい状態となっているのです。

 

【市販の育毛剤に含まれている成分例】
・カンゾウエキス
・ヒノキエキス
・アロエエキス
・シャクヤクエキス
・ショウキョウエキス
・オタネニンジンエキス
・ヘチマエキス
・ヨモギエキス
・センブリエキス
・トウキエキスなど

 

 

市販と通販、どちらの女性育毛剤が成分的におすすめか

圧倒的に通販タイプの女性用育毛剤のほうが内容量や成分的にはおすすめです。

 

・最新の育毛成分が利用されている
・配合されている育毛成分数が多い

 

通販タイプの育毛剤には上記のようなメリットがあります。

 

もちろん、昔ながらの育毛成分に効果がないわけではありません。

 

効果は期待できるのですが、高い効果、というものはどうしても得られにくい状況となっているわけです。

 

細心の育毛成分は、今までの成分よりも高い効能が期待できるからこそ含まれています。

 

育毛剤の成分も日々進歩している、ということは理解しておくべきでしょう。

 

配合されている育毛成分の数にも注目しなければなりません。

 

配合されている育毛成分ですが、通販タイプは血行促進だけでも数種類。

 

抗炎症成分だけでも数種類といった具合です。

 

要は、一つの成分の効果がなかったとしても、他の成分が効果を発揮してくれれば良い、といった状態になっているわけです。

 

さらに複数の成分で相乗効果のようなものも得られる状態となっています。

 

市販品に関しては、成分数が少ないので相乗効果、とものいったが得られにくい状態となっています。仮に一つの成分に効果がなかった場合には、その効果は得られない、といったことに。

 

より確実な効果を得たいのであれば通販タイプの女性用育毛剤を選択すべきです。

 

 

市販の女性用の育毛剤の効果が実感できる時間

効果が実感できる時間に関しては、早くても3ヶ月程度となっています。育毛剤は市販タイプだろうが通販タイプだろうが、基本的に効果はゆっくりとなっています。

 

髪の毛にはサイクルといったものがあり、髪の毛の伸びるスピードにも限度があるわけです。

 

厳密に言えば、2週間から3週間から効果が現れ始めることもあります。しかし、抜け毛が減る程度の効果となっているのですぐに実感できる、というわけではありません。

 

髪の毛が太くなる始めるのは、1ヶ月から2ヶ月目程度です。

 

少し髪の毛にコシを感じはじめるわけです。

 

3ヶ月から4ヶ月目でやっと髪の毛の状態に変化が現れ始めます。

 

さらに、6ヶ月くらい経つと、随分と状況が変わってくるような感じになります。

 

ただし、どんな育毛剤でも効果があるわけではありません。

 

効果にも個人差があります。

 

育毛剤を使っても変化があらわれない方もいるので、自分にマッチングしているものを探し出す、ということが大事なのです。

 

 

市販は女性用育毛剤は誰でも使えるのか

アレルギーが発症しなければ、基本的には誰でも利用できます。

 

男性でも利用できますし、未成年の方が利用しても問題はありません。

 

市販されている女性用育毛剤は、安全性が高い設定となっているのでお肌に負担をかけることも少ないです。

 

性別を超えて利用できます。

 

もちろん男性に対して高い効果が得られないケースも考えられます。

 

未成年方の利用に関しても制限はありません。

 

医薬成分が使われているわけではないので、20歳未満の方も利用も禁止されていないのです。

 

若くして薄毛に悩んでいる方は、利用を検討しても良いかもしれません。

 

 

価格の違い

・女性用育毛剤の価格・・・2,000円台から7,000円が相場
・男性用育毛剤の価格・・・5,000円から10,000円が相場

 

男性用育毛剤と比べて、女性用育毛剤のほうが安い、といった特徴を持っているのです。

 

女性の方が安く育毛が行えます。

 

特に、市販タイプの育毛剤に関しては、安く販売されているものが多い、といった特徴があります。

 

安いものになると1,000円台というものもあります。

 

ただし、安すぎるものは成分に問題があるものもあるなど、安ければよいというわけでもありません。

 

香りの違い

・女性用育毛剤・・・香りがつけられている
・男性用育毛剤・・・無香料タイプが多くなっている

 

女性用育毛剤に関しては、香りがつけられているものが多いです。

 

バラの香りであったり、ラベンダーの香りであったり、というものもあります。

 

要はフローラル(花)系の香りが多く利用されているのです。

 

一方で男性用育毛剤に関しては、基本的に臭いはつけられていません。

 

無香料タイプとなっているのです。

 

ちなみに、香料に関しても添加物となっているので、お肌に対する危険性があります。

 

皮膚アレルギーを起こす可能性があるので注意しなければなりません。

 

 

まとめ

市販されている女性用育毛剤は、基本的に薬局・ドラッグストアで購入できます。

 

医薬部外品タイプは手に入れられる場所が限られていますが、薬局・ドラッグストアでも販売できるのです。

 

市販タイプの女性用育毛剤のメリットには、現物が見られ安全性も高く、価格が安い、というものがあります。

 

デメリットには、細心の育毛成分が使われていない、添加物が配合されていることが多い、品切れになっていることもある、というものがあります。

 

問題の市販タイプの女性用育毛剤の成分ですが、昔から育毛剤に使われているものが中心となります。

 

新しい成分は実は価格の問題もあって含まれていないことが多いんです。そういった事もあり、成分的には市販タイプよりも通販タイプの方が育毛剤はおすすめです。

 

効果が出るまでの時間は、市販も通販も大きな差はありません。

 

3ヶ月から4ヶ月で実感し始め、半年から1年程度で確実に違いを感じるようになります。

 

半年から1年使って変化が現れなければ、その育毛剤とは相性が悪い、ということになりますよ。

 

市販タイプの女性用育毛剤は安全性が高いので、基本的に誰でも使って平気です。

 

しかし、男性と女性では薄毛になる原因も異なっているので、男性が効果を得られる可能性は低い、ということは覚えておきましょう。

 

以下の記事でこのサイト内でおすすめしている女性用育毛剤がわかります。

 

気になる人はご覧ください。

 

育毛剤ランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加