育毛剤の効果がある成分

育毛剤によく配合されている有名な成分で、効果がある成分が知りたい。

 

そんな人のためにこの記事で、育毛剤に配合されている成分にはどんな効果があるのか詳しく解説していきます。

 

目次

 

発毛剤、育毛剤、養毛剤で配合成分が違う

薬局などで市販されている育毛剤や養毛剤(育毛トニックタイプ)商品や、AGAクリニックや皮膚科などの医師から処方してもらえる医薬品タイプの育毛剤には、それぞれ異なる作用を持つ育毛成分が配合されています。

 

発毛医薬品の発毛剤はAGAクリニックで処方してもらえるフィナステリドに、薬局で購入できる日本で唯一の第一類医薬品の発毛剤リアップがあります。

 

医薬品の育毛剤は高い発毛作用がある代わりに、危険な副作用が発生する可能性が高いため使用には注意が必要です

 

市販で購入できる育毛剤には、厚生労働省によって一定の効果が認められた有効成分が配合されている医薬部外品タイプの製品がある

 

さらに、医薬部外品タイプの育毛剤とは別に養毛剤(育毛トニック)がある。

 

育毛トニックは頭皮のフケやかゆみなどの症状の改善や髪に栄養を与える程度にとどまり有効成分等は配合されていないため積極的な薄毛治療はできない。

 

そのため、まずはじめに育毛剤のタイプの選び方では、このサイトでは初めて育毛対策する人や抜け毛などの予防目的の人は医薬部外品タイプの育毛剤を。

 

薄毛の症状がかなり進行していたり、今までいろんな育毛剤を試してみて効果がなかった人で副作用よりも発毛効果を優先する人には発毛剤での治療法をおすすめしています。

 

▲目次に戻る

 

 

育毛剤によく配合されている効果的な成分

育毛剤に配合されている成分には、大きく分けて下の4つのタイプの効果に分けることができます。

 

育毛剤は自分の薄毛の原因に合った効果を持つ成分を配合していないと毛髪や頭皮ケアはできない。

 

そこで、下記で自分の薄毛の原因に効果を発揮する成分を見つけてください。

 

頭皮の血行促進効果のある成分

頭皮の血行促進効果は、育毛剤の核となる一番大事な成分と言えるでしょう。

 

頭皮の血流が悪くなると髪の毛を作るための栄養が血液から供給できなくなるため薄毛の原因となる

 

頭皮が血行不良になる主な原因は、ストレス、睡眠不足、食生活の悪化、運動不足などすべての生活習慣が関わっている

 

薄毛を発症している人のほとんどがこの頭皮の血行不良状態を引き起こしているといっても過言ではない

 

そこで、上記に当てはまる人は、以下の頭皮の血管拡張作用を持ち頭皮の血行を促進してくれる成分が配合された育毛剤を選ぶべき。

 

センブリエキス、ピディオキシジル、ミノキシジル(AGA治療薬)、塩化カルプロニウム(医薬成分)、海藻エキスM-034、セファランチン、イチョウ葉エキス

 

これらの成分が、髪の毛を作る栄養が不足していた毛乳頭細胞に栄養を届け、細胞分裂を活性化させることで髪が成長する発毛促進の働きをもたらします。

 

上記の成分が配合されているおすすめ育毛剤

チャップアップ
フィンジア
リアップ

 

▲目次に戻る

 

男性ホルモン抑制効果のある成分

男性ホルモン抑制効果のある成分は、頭皮の血行促進効果と並んでかなり大事な成分になります。

 

育毛剤を選ぶ際は主に、頭皮の血行促進効果と男性ホルモン抑制効果がしっかりしているかを重点的にみるべきです。

 

男性ホルモン抑制効果は、AGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼという物質を抑える働きがあります。

 

男性ホルモンが増える原因は、筋トレやストレスなどいろいろありますが、いくら男性ホルモンの量が元から多い人でも、全然薄毛にならない人もいますよね。

 

これは、男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかが遺伝によって決まっているためなんです。

 

そのため、AGAが発症した人はすぐに育毛剤での対策を行うべきです。

 

自分がAGAかどうかは、M字部分の生え際やつむじハゲが進行しているかどうかで見分けることができます。

 

M字ハゲかつむじハゲが進行してきたと感じたら、以下の代表的な男性ホルモン抑制成分が配合されている育毛剤を使用するべきだと言えるでしょう。

 

フィナステリド(発毛薬、女性使用禁止)、オウゴンエキス、キャピキシル、ヒオウギエキス、エチニルエストラジオール、ペンタデカン酸グリセリド、ノコギリヤシ(育毛サプリ)、亜鉛(育毛サプリ)、フィーバーフュー(育毛サプリ)

 

これらの成分が、男性ホルモンの影響によってヘアサイクルの成長期が短くなってしまった髪をより長く成長させてくれるようになります。

 

上記の成分が配合されているおすすめ育毛剤

チャップアップ
イクオス
フィンジア

 

▲目次に戻る

 

頭皮環境改善効果のある成分

頭皮が皮脂でベトついたり、乾燥したり、フケやかゆみなどの炎症が起きていると、頭皮が強い毛根による髪を生やす土台となることができないため、抜け毛も増えやすくなります。

 

頭皮のフケやかゆみなどの炎症が気になる人は、頭皮環境改善効果のある成分が入った育毛剤を選びましょう。

 

頭皮環境の悪化を改善する代表的な育毛剤の成分は以下になります。

 

グリチルリチン酸ジカリウム、ビタミンB、ヒアルロン酸ナトリウム、ヒノキチオール、ジフェンヒドラミンHC

 

これらの成分は、頭皮環境を整えることが第一目的の育毛シャンプーにも多く配合されています。

 

植物から抽出されたエキスで安全性も高く、頭皮のフケやかゆみの原因となる殺菌効果や、乾燥を防ぐ高い保湿力があるので、育毛剤使用後にすぐにかゆみやフケは収まるはずです。

 

上記の成分が配合されているおすすめ育毛剤

チャップアップ
イクオス

 

▲目次に戻る

 

毛母細胞活性化効果のある成分

毛乳頭が頭皮の血液を吸い取り、毛母細胞が血液を使って細胞分裂を繰り返し髪を伸ばしていきます。

 

薄毛の人はもれなくこの毛母細胞の働きが低下しているため、毛母細胞活性化タイプの育毛剤で、働きを活発化してやるのが育毛を成功させるポイントとなります。

 

細胞分裂促進効果のある代表的な育毛剤の成分は以下です。

 

M-034海藻エキス、バイオポリリン酸、ビオチン、センブリエキス、オクタペプチド-2(成長因子)、アルギニン(アミノ酸)

 

これらの効果を持つ成分が配合された育毛剤を使用しましょう。

 

上記の成分が配合されているおすすめ育毛剤

チャップアップ

 

▲目次に戻る

 

 

最後に有効成分と全成分数をチェックする

育毛剤は、自分の薄毛の原因にあった効果を持つ成分が配合されていないと全く育毛効果を発揮しません。

 

そのため、自分の薄毛の原因に合った成分が入っている育毛剤を選ぶべきなんです。

 

この記事で、自分の薄毛にピッタリな成分が見つかったら、その成分が配合されている育毛剤を探します。

 

育毛剤を探したら最後に、その育毛剤の有効成分と全部の配合成分数をチェックしましょう。

 

育毛剤の成分数は多ければ多いほど、その分育毛効果を発揮できるチャンスが高くなるからです。

 

最近の育毛剤だと、有効成分はだいたい2種類から3種類。

 

全ての配合成分数は、40種類から80種類までと幅広くあります。

 

できるだけ配合成分数が多い育毛剤を選びましょう。

 

このサイトでのおすすめは人気のチャップアップでの育毛方法です。

 

頭皮に刺激となる成分が無添加で、全成分数81種類と最多。

 

この記事で記載しただいたいの育毛成分を網羅しているので、どの育毛剤が効果が高いのかわからないって人はチャップアップを選べば間違いないでしょう。

 

チャップアップの公式サイトを見る

 

詳しい効果は以下の記事にまとめてあるので参考にご覧ください。

 

チャップアップを試してみた感想と口コミ

 

▲目次に戻る

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加