イクオスとプロペシアはどっちが効果的なのか比較

育毛剤イクオスを使うか、AGAクリニックで処方してもらえる発毛薬プロペシアを服用するか迷っている…。
育毛剤イクオスも使いたいし、発毛薬プロペシアも使いたい。
イクオスとプロペシアは併用できるのか?

 

育毛剤イクオスとプロペシアは併用も可能で、プロペシアの方が発毛効果が高い分、強い副作用があります。
イクオスとプロペシアはそれぞれメリット、デメリットがあるので、このページでイクオスとプロペシアを徹底比較します。

 

イクオスの公式サイトを見る

 

目次

 

発毛効果はプロペシアが上、総合力と安全性で選ぶならイクオス

まず、イクオスとプロペシアの発毛効果で比較するのであれば、プロペシアの方が発毛効果が高いです。
プロペシアは、薄毛に医学的な発毛効果があると認められている医薬成分フィナステリドが配合されています。
プロペシアの発毛効果については折り紙つきですが、その発毛効果ゆえに副作用もあるため手放しでプロペシアをおすすめすることはできません。

 

その点、育毛剤イクオスであれば、副作用もなくプロペシア同様に男性ホルモンによる抜け毛であるAGAや血行不良による抜け毛など総合的な薄毛に対応できる育毛剤なんです。
以下にプロペシアとイクオスの薄毛への育毛効果についてまとめます。

 

プロペシア

プロペシアは薬品名で、配合成分はフィナステリドのみです。
このプロペシアに配合されているフィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)で髪を脱毛させる原因になる5αリダクターゼを抑制する効果を持っています。
5αリダクターゼと男性ホルモンテストステロンが結合して脱毛原因になるジヒドロテストステロンが作られるので、両者が結合する前に5αリダクターゼを抑制することで脱毛原因となるジヒドロテストステロン(DHT)自体を発生させないようにする効果があるのです。

 

▲目次に戻る

 

プロペシアの発毛効果

実際にプロペシアをAGAの男性に1日1錠3年間服用したところ、70%以上の人の薄毛の症状が改善したというデータがでています。
このことからもプロペシアには、発毛効果がかなり高いことがわかります。

 

AGAを発症した場合、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンが結びつくのはM字部分と頭頂部のみです。
つまり、AGAによって抜ける髪はM字部分と頭頂部のみであって、プロペシアを服用した場合、高い発毛効果が得られるのは、M字ハゲとつむじハゲの人だけということになります。

 

ただし、プロペシアが発毛効果をもたらすのは、男性ホルモンが原因となる薄毛のAGAを発症している人だけだという点にも注意しなければなりません。
AGA以外の、頭皮環境の悪化や血行不良による薄毛を発症している場合は、AGAではないためプロペシアでは発毛できないのです。

 

▲目次に戻る

 

イクオス

イクオスには、プロペシアほどの発毛効果はないものの、Algas-2(アルガス-2)という独自成分を始め、61種類の育毛成分が配合されています。
イクオスは、この豊富な育毛成分量でいろんな薄毛の症状に対応できる総合力が魅力の育毛剤です。

 

イクオスの育毛効果

イクオスに配合される最新育毛成分のAlgas-2(アルガス-2)は、従来からイクオスに配合されていた海藻エキスM-034に、新たに海藻エキス「ペルベチアカナリクラタエキス」を加えた新成分です。
このAlgas-2(アルガス-2)を使ったイクオスのメーカーが行った実験結果により、Algas-2(アルガス-2)とノキシジルと同等の毛の再生率があることが証明されています。

 

イクオスの公式ページによると、Algas-2(アルガス-2)配合のイクオスとミノキシジル配合の発毛剤とキャピキシル配合の育毛剤の3つで比較実験のデータが掲載されています。
なんと、実験結果はミノキシジル配合の発毛剤を使用した人のうち43%が育毛の実感を得たのに対して、Algas-2(アルガス-2)配合のイクオスは78%もの人が実感があったとの結果が出ています。

 

イクオスには、フケやかゆみなどの頭皮環境を整える育毛成分や血行促進効果のある育毛成分など、薄毛に即効性が期待できる成分も多く含まれているためこういう結果になったと思われます。
実際にAlgas-2(アルガス-2)以外にも、イクオスには血行促進や男性ホルモン抑制成分、頭皮環境を正す成分が配合されていて、男性型脱毛症、頭皮環境の悪化が原因、血行不良による薄毛に対して総合的に薄毛対策を行うことが可能なんです。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの5αリダクターゼをブロックする育毛成分

プロペシアの発毛効果が高い理由が、脱毛の原因となる男性ホルモンジヒドロテストステロンの原料となる5αリダクターゼを抑制できるからですが、イクオスにも5αリダクターゼを抑制できる育毛成分が配合されています。
それが、オウゴンエキス、大豆エキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液の5種類の成分です。
さらに、イクオスの定期便を使うと付属するイクオスサプリexにも男性ホルモンを抑制する育毛成分ノコギリヤシやフィーバーフューも配合されているんです。

 

このように、イクオスには、プロペシアに負けないくらいに男性ホルモン抑制成分も配合されています。
単純な発毛効果で見るならプロペシア(フィナステリド)、プロペシアには発毛効果は劣るものの、しっかりと男性ホルモン抑制効果も配合されていて副作用のない育毛剤ならイクオスを選ぶといいでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

副作用がない方を選ぶのであればプロペシアよりもイクオス

上にも書きましたが、発毛効果が高いプロペシアはその発毛効果の高さ故に、副作用が起こる場合もあります。
副作用のない育毛剤イクオスとプロペシアの副作用について詳しく見ていきます。

 

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は、プロペシアの販売元でもあるMSDの公式ページにも記載されている通り、性欲減退、肝機能の低下、うつ症状などがあります。
これらのプロペシアの副作用は、発生率が5%未満となっていますが、実際にプロペシアを服用して周りで副作用を発症した人がいるという話しもよく聞いているので油断は禁物です。
プロペシアは、発毛効果こそ高いがそれなりに副作用もあるので、注意が必要です。

 

▲目次に戻る

 

イクオスの副作用

一方で、育毛剤イクオスには自然由来の育毛成分しか配合されてなく、配合量もそれほど高くないので副作用の心配はありません。
ただでさえ、塗布型の育毛剤は副作用が起こりにくい上に、イクオスは安全な自然由来の成分や頭皮への刺激となる添加物は配合されていないので安心して使用することができます。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプロペシアの値段は、イクオスが若干安い

プロペシアは、AGAクリニックで処方してもらうと薬の値段自体が約7000円に加えて診察代や検査代等がかかってくるので1か月に10000円程度がかかります。
一方、育毛剤イクオスは育毛サプリと育毛剤セットの定期コースで毎月6980円です。

 

※イクオスの定期コースは使用後、1回目で解約や中止が可能なため、単品よりも定期コースでの購入がお得です。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプロペシアは併用することも可能

イクオスは塗る育毛剤であり、プロペシアと配合成分が競合することもないため、イクオスとプロペシアを併用することも可能です。
プロぺシアには、男性ホルモン抑制効果しかないため、男性ホルモン以外の薄毛の原因がある場合は、プロペシアでは対応できません。
その点、イクオスを併用すれば、頭皮の保湿によってフケやかゆみなどをなくし、頭皮の血行を促進する効果もあるイクオスをプロペシアと使うことは、育毛にかなり効果的なんです。

 

▲目次に戻る

 

 

まとめ

プロペシアの副作用が怖い人はイクオス、イクオスを使って育毛効果がなかった人ならプロペシアの服用がおすすめです。
※ただし、プロペシアの副作用には注意

 

イクオスの公式ページはコチラをクリック

 

ミノキシジルとイクオスの比較や、イクオスのその他の育毛効果に関しては以下のページにまとめてあるので参考にしてください。

 

育毛剤イクオス(IQOS)をハゲ治し隊が使ってみた口コミと効果を検証

 

▲目次に戻る

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加